コピー完了

記事TOP

特権ID管理とは?目的・リスク・情報漏えいの対策ポイントを解説

最終更新日:
記事の情報は最終更新日時点のものです。
特権IDをうまく活用していますか?この記事では、特権IDとは何か、管理の目的、一般的なIDとの違い、特権IDのリスク、特権IDを導入する際のポイントを図を用いてわかりやすく解説します。

企業の大規模なシステムを停止したり起動したりする際には、通常のIDを使うことはほぼありません。この場合に多くの企業で使われているのが特権IDです。便利な方法ではありますが、しっかり管理しなければ、だれでもシステムダウンを行えてしまう状況になる可能性もあるので注意しなければいけません。

そこで本記事では、特権IDのリスクと管理方法を徹底解説したうえで、おすすめのサービスを紹介します。

本記事で紹介している「おすすめ特権ID管理システムの資料」はこちらから無料でダウンロードできます。料金プランや機能をまとめて比較できるので、ぜひサービス導入を検討する際にご利用ください。

ボクシルおすすめID管理ツール 【PR】

iDoperation アカンサス
無料トライアル:◯
フリープラン:-
月額料金:要問い合わせ
無料トライアル:◯
フリープラン:-
年額料金:1,050,000円~
・特権ID管理に必要な5つの基本機能を搭載
・豊富な監査レポートや監査人向け説明マニュアルを用意
・アカウント管理作業を自動化
・IDの棚卸業務を自動化
・管理元が異なる従業員データを集約し、フォーマットを統一
・従業員のID利用状況が一目でわかる

特権IDとは

特権IDとはシステム管理において、高いレベルの権限を付与されたID(アカウント)のことをいいます。設定の変更から必要なアプリのインストール、修正パッチの適用など、さまざまな保守運用に必要な作業を行うことが可能なIDです。

システムに対してあらゆる権限をもっているため、管理を怠ると不正を許してしまう可能性があるので、慎重な扱いが求められます。

特権ID管理ツールをお探しの方は、ぜひ以下の記事もご覧ください。

特権ID管理の目的

特権IDが使われる場面は、上述のようにシステム変更や停止・起動など、システム管理者がシステムの運用を行う時に使われます。もう少し詳しくみてみましょう。

特権IDを利用する状況

通常、システムにログインするためのIDは当該システムが提供している機能やサービスを利用するためのもので、システムの稼働や機能の追加・削除などに関しては一切関与できません。一方、特権IDはシステム管理のうえで必要なシステム自体の起動・停止、パッチの適用、必要なアプリのインストールや削除をするための強力な権限をもっています。

企業のシステム管理者が使いやすさを向上させたり、不具合を修正したりするためのIDであり、いわゆる「root」や「Administrator」などと呼ばれることもあります。前者はLinuxやUnixに関する権限で、後者はWindowsでの権限を意味することが多いです。

特権ID管理の必要性

特権IDはシステムに関するさまざまな権限をもっている分、管理は慎重にしなければいけません。部外者に特権IDを使われてしまうと、システムを不正に変更されたり、機密扱いの情報を持ち出されたりする可能性が出てきます。

詳しくは後述しますが、企業にとって大きなダメージとなる不正行為が行われてしまうリスクがあるので、企業の正規のシステム管理者が必要な場面で必要なシステム制御ができるように、適切に特権IDを管理する必要があるのです。

一般的なIDとの違い

特権IDには、一般的なIDとは異なる点が2つ存在します。

1つのシステムに1つのID

標準的なIDでは、1人に1つのIDが与えられています。システムを使って各々の仕事をするために、障害にならない程度の権限のみが与えられているわけです。

それに対して、特権IDは1つのシステムに1つのIDしか存在しないのが普通です。複数人で作業を行うことが前提の場合には2つ以上のこともありますが、基本的に1つのIDのみが特権をもっています。

ただし、システム管理者が複数いる場合は1つの特権IDを使いまわすことも多いため、それが原因でシステムに不正に侵入される問題も起こっているのが現状です。特権IDは徹底的に管理する必要があります。

非常に強い権限を持つ

一般的なIDは、会社の中枢システムの停止や変更などは権限として与えられていません。だれもがシステムを変更できる状態は非常に危険だからです。

一方、特権IDはシステムの仕様変更ができるほど強い権限をもっているので、悪用されるとシステムに甚大な被害を被る可能性があります。IDは種類にかかわらず慎重に管理しなければなりませんが、特権IDに関しては情報漏えいのリスクが高いため、決して杜撰(ずさん)に管理してはいけません。

特権IDのリスク

特権IDは強力な権限を持っているため、もし悪用されてしまうと重大な障害・損害が生じる可能性があります。具体的には、次のような甚大な損害を企業にもたらすリスクを考えなければいけません。

  • 企業機密・個人情報を流出などの情報漏えい
  • システムダウン・破壊
  • 利用者の特定が困難

それぞれのリスクについて説明します。

企業機密・個人情報を流出などの情報漏えい

特権IDを悪用すれば、企業の顧客情報や機密情報を容易に盗み出すことが可能です。特に近年は企業の情報漏えいに対して社会の厳しい目が向けられる傾向があるので、損害賠償の問題に発展するだけでなく、企業ブランドの著しい低下につながってしまいます。

情報漏えい対策についてもっと知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

システムダウン・破壊

特権IDは本来、システムのメンテナンスやアップデートなどに利用されるものですから、システムの稼働を停止したり、場合によっては破壊したりも可能です。

部外者に悪用されるケースはもちろん、管理者の制御ミスによって一時的にせよシステムダウンが起こった場合、現場の混乱やユーザーからのクレームは避けられないでしょう。

利用者の特定が困難

一般的なIDでは、1人に1つのIDが付与されているので、不正利用が起こった場合に個人を特定をするのはそこまで難しくありません。もちろん「なりすまし」などのケースもありますが、どのIDが利用されたかが判明すれば、相手を絞り込むことができます。

一方特権IDの場合は1つのIDを共有しているので、不正利用が起きた場合に個人の特定が難しいケースがあるので特に注意が必要です。

特権IDの情報漏えい対策

特権IDのリスクを対策する方法は次のとおりです。

  • 特権ID管理ソリューションを活用する
  • 特権IDの利用申請・承認のフローを明確にする
  • ユーザー認証、操作画面の録画機能などのアクセスログを利用する
  • ワンタイムパスワードを利用する
  • 申請された操作に応じた権限を付与する
  • 特権ID管理に有効なワークフローを構成する

それぞれのリスク対策方法について説明します。

特権IDのリスクを踏まえたうえで、導入する際のポイントを解説していきます。

特権ID管理ソリューションを活用する

「餅は餅屋」という言葉があるように、もっとも手っ取り早いのは専用のソリューションを導入し、活用することでしょう。特権ID管理ソリューションとは、IDの利用制限や権限の割り当て、システムの利用状況のチェックや利用されているアプリケーションの分析を行える管理ツールです。

社内のIDに関する問題点を洗い出したうえで、サービスプロバイダーに相談すれば自社に合ったサービスの導入ができます。

特権IDの利用申請・承認のフローを明確にする

特権IDが悪用されてしまう最大の要因は、社内のシステム周りの煩雑なワークフローにあります。

どういう流れでシステムを運用し、責任者はだれなのか、各メンバーの権限はどこまでかを明確にしておかなければいけません。特にパスワードの利用申請や承認の流れを明確化していないと、気づかないうちに悪用されてしまうリスクが高まります。

ユーザー認証、操作画面の録画機能などのアクセスログの利用

特権IDの悪用がしづらくなるように、ユーザー認証や操作画面の録画機能をつけるのも有効です。万が一、悪用が起きた場合に、すぐ個人を特定できるようにしておくわけです。

ワンタイムパスワードを利用する

頻繁に「パスワードを変更するのが面倒」という理由で、特権IDに関するパスワードを長期間同じものにしておくのは避けましょう。

推測されやすいパスワードも専用の解析ツールで見破られてしまうリスクがあります。特権IDが悪用された時のリスクを考えれば、いわゆるワンタイムパスワードを利用するのは当然と考えましょう。

ワンタイムパスワードについて、詳しくは以下の記事で解説しています。参考にしてください。

申請された操作に応じた権限の付与

特権IDを利用する前に、本来の利用目的を明確にしておき、操作目的に応じた権限を付与することも大事です。闇雲に権限を付与してしまうと、何か問題が起こった際に、だれによるものかが判別しづらくなってしまいます。また、利用後に事前申請された操作目的と、実際の操作を突き合わせてチェックすることも重要です。

特権ID管理に有効なワークフロー

一例ですが、特権ID管理をするうえで有効なワークフローは下図のような形になります。参考にしてください。

おすすめの特権ID管理システム

ボクシルおすすめの特権ID管理システムを紹介します。各サービスの料金プランや機能をまとめて比較検討したい方は無料でダウンロードできる資料をご利用ください。

CyberArk Privileged Account Security(PAS) - 株式会社ディアイティ

CyberArk Privileged Account Security(PAS) - 株式会社ディアイティ 画像出典:CyberArk Privileged Account Security公式サイト

  • 3,450社、Fortune 100の50%以上が導入
  • 豊富な機能をワンストップで提供
  • NW機器やデータベース、クラウドも一元管理

CyberArk PASは、ID管理システムだけでなく、特権アカウントに強力な保護も施すID管理システムです。サイバー攻撃にも、内部からの攻撃にも有効なので、CyberArk PASだけでさまざまな事態に対処できます。特権アカウントのパスワード自動変更や利用者ごとのアクセス制御をはじめ、多くの機能を搭載している点が特長的です。

iDoperation(アイディーオペレーション) - NTTテクノクロス株式会社

iDoperation - NTTテクノクロス株式会社 画像出典:iDoperation 公式サイト

  • 特権ID管理に求められるすべての機能を搭載
  • 監査への対応力と実績
  • 管理に関わる多くの作業を自動化

iDoperation(アイディーオペレーション)は、「特権IDを」「誰が」「使うのか」を適正に管理し、特権ID管理に関わる課題を解決するID管理システムです。5つの基本機能(ID管理、ワークフロー、アクセス制御、アクセスログ管理、操作ログ管理)を1つのパッケージで提供します。顧客が効率的に監査対応を実現するための材料として、豊富な監査レポートや監査人向け説明マニュアルを用意。アクセスログと申請書の突合せ点検といった監査対応作業や、定期的なアカウント管理作業を自動化することで、管理工数削減が期待できます。

「iDoperation」の導入事例 【PR】

「iDoperation」の導入事例を無料でダウンロードしていただけます。



導入企業:三井不動産株式会社
導入前の課題:セキュリティ強化のため、特権ID管理のシステム化を検討。
課題解決のためにiDoperationを導入。導入結果で得られた効果とは?気になる導入事例の詳細は、資料でご覧ください。

アカンサス - NTTテクノクロス株式会社

アカンサス - NTTテクノクロス株式会社 画像出典:アカンサス公式サイト

  • 管理元が異なる従業員データを集約
  • IDの利用状況が一目で判別できる
  • 30日間の無料トライアルで全機能試せる

アカンサスは、IDの棚卸作業を自動化するID管理システムです。現状IDを管理しているシートをそのままインポートするだけで、フォーマットの読み替えや部署ごとの表記ゆれなどをアカンサスが自動で統一します。また、ID情報と従業員情報を突合し「所有者」「所有者候補」「所有者不明」の3つに分類分けすることで、誰がどのIDを利用しているのか一目で把握できます。IDの棚卸作業を自動化することで、棚卸作業の手間が削減され、正確に管理できるようになります。

「アカンサス」の導入事例 【PR】

「アカンサス」の導入事例を無料でダウンロードしていただけます。



導入企業:auカブコム証券株式会社
導入前の課題:ID台帳をExcelで管理。煩雑で作業負荷もかかっていた。
課題解決のためにアカンサスを導入。導入結果で得られた効果とは?気になる導入事例の詳細は、資料でご覧ください。

infoScoop x Digital Workforce(インフォスクープ×デジタルワークフォース) - 株式会社ユニリタ

infoScoop x Digital Workforce(インフォスクープ×デジタルワークフォース) - 株式会社ユニリタ 画像出典:infoScoop x Digital Workforce(インフォスクープ×デジタルワークフォース)公式サイト

  • クラウドとオンプレミス両方に対応
  • 使いやすいポータル画面により業務効率化を実現
  • 充実したセキュリティ対策

infoScoop x Digital Workforce(インフォスクープ×デジタルワークフォース)は、クラウドとオンプレミスの両方に対応したSSOサービスです。SMAL方式と代理認証方式を組み合わせることで、クラウドはもちろん、社内にサーバーを置くオンプレミスのシステムにもSSOでログインできます。各種システムと連携可能なポータル画面を通して、使いたいシステムを瞬時にログインしたり、社内掲示板の即座な確認などが可能です。さらに、ワンタイムパスワード認証やアクセス制限、ログの収集、分析などセキュリティオプションも充実しています。

日本電気株式会社(NEC)統合ID管理ソリューション

日本電気株式会社(NEC)統合ID管理ソリューション

  • 複数システムのID情報を一元管理
  • アクセス権限情報の管理
  • IT統制の強化とシステム運用効率の向上を実現

日本電気株式会社(NEC)統合ID管理ソリューションは、複数システムのID管理とアクセス管理をユーザーのシステム環境に応じて統合管理し、利便性や管理効率の向上を実現してくれます。

システムの拡張やクラウドサービスの利用などによって拡大してしまったアクセス管理を整理し、自社に合った形態での運用が可能です。IDの払い出しや周辺システムへのID情報の配信もできます。

JSOL 統合ID管理ソリューション

JSOL 統合ID管理ソリューション

  • さまざまな商習慣や雇用形態に対応
  • 実績に基づいたテンプレート活用
  • ID管理ルールの策定や関連部門との調整をサポート

JSOL 統合ID管理ソリューションは、ユーザーIDに関する要件定義から設計・構築・運用保守まで一貫して利用できるID管理システムです。ユーザーIDが乱立してしまっているケースや、退職者のIDが残ったままの場合などに管理IDを整理できます。管理ルールの策定や関連部門との調整を提供会社がサポートしてくれるので、スムーズなシステム構築が可能です。

複雑な商習慣や雇用形態にも柔軟に対応できるのが特徴で、クラウドとの連携やシングル・サインオンなどの認証基盤に関するニーズにも対応しています。


次の記事ではおすすめ特権ID管理システムの料金や機能、評判・口コミを比較しています。サービスを比較検討したい方は、ぜひ参考にしてくてださい。

特権IDを最低限のリスクで活用する!

特権IDをうまく利用すればシステム周りの業務効率化を図れます。しかし利用にあたっては、さまざまなリスクを考慮する必要があり、管理の方法を徹底しなければなりません。安全に管理するためにも、ぜひ特権ID管理ソリューション導入を検討してみましょう。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
ID管理システムの最近更新された記事
ID管理システムのサービスに興味がありますか?
CLOSE
MicroStrategy 2020
CyberArk Privileged Account Security
ROBOT ID
iDoperation
AccessMatrix USO
アカンサス
しっかり比較検討したい方はまず、一括資料請求をご利用ください。