コピー完了

記事TOP

特権ID管理とは?目的・リスク・導入のポイントを徹底解説

最終更新日:
特権IDをうまく活用していますか?この記事では、特権IDとは何か、管理の目的、一般的なIDとの違い、特権IDのリスク、特権IDを導入する際のポイントを図を用いてわかりやすく解説します。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
ID管理システムの資料を無料DL

システム運用に便利なツール

大規模なシステムの停止、起動などをする際に通常のIDを使うことはほぼないでしょう。

この際、多くの企業で使われているのが特権IDです。しかしこの特権ID、ちゃんと管理をしないと誰でもシステムダウンを行えてしまう状況に陥る可能性があります。そんな特権IDのリスク、管理を徹底的に解説します!

特権IDとは

管理の仕方を説明する前に、特権IDについて少し解説をします。特権IDとはシステムの管理において、高いレベルの権限を付与されたID(アカウント)のことをいいます。

特権ID管理ツールをお探しの方は、ぜひ以下の記事もご覧ください。

特権ID管理の目的

特権IDが使われる場面はシステム変更や停止、起動など、システム管理者がシステム運用を行う時に使われます。

一般的なIDとの違い

特権IDには、一般的なIDとは異なる点が2つ存在します。

1つのシステムに1つのID

標準的なIDでは1人に1つずつのIDが与えられています。そして各々の仕事をするには障害にならない程度の権限が与えられています。

しかし特権IDでは通常1つのシステムに1つのIDしか存在しません。(複数人で作業を行うことが前提の場合には2つ以上のこともあります。)

非常に強い権限を持つ

一般的なIDにおいては、会社の中枢システムの停止や変更などは権限として与えられていません。誰もがシステムを変更できる状態にあることは非常に危険だからです。

特権IDのリスク

特権IDは強力な権限を持っているため、もし悪用されてしまうと重大な障害が生じます。

企業機密・個人情報を流出などの情報漏えい

特権IDを利用すれば、企業の顧客情報や機密情報を盗み出すことも容易に可能です。情報漏えいが起これば損害賠償、そして企業ブランドの低下につながります。

情報漏えい対策についてもっと知りたい方はこちら

システムダウン・破壊

特権IDは元々システムメンテナンスなどに利用されるものですから、システムを停止したり、破壊したり可能です。例え一時的なものであっても現場の混乱、ユーザーからのクレームは避けられません。

利用者の特定が困難

一般的なIDでは、1人に1つのIDが付与されていますから、不正利用が起こった場合に個人を特定をするのはそこまで難しくありません。(もちろん「なりすまし」などのケースもあるので一概には言えません。)

ですが特権IDでは、1つのIDを共有していますから不正利用が起きた場合の個人の特定が難しいケースがあります。

導入のポイント

以上のリスクを踏まえたうえで、特権IDを導入する際のポイントを解説していきます。

特権ID管理ソリューションを活用する

餅は餅屋という言葉があるように、最も手っ取り早いのは専用のソリューションを導入、活用することでしょう。社内の問題点を洗い出してサービスプロバイダーに相談すれば自社に合ったサービスの導入が可能です。

特権IDの利用申請・承認のフローを明確にする

特権IDの悪用の最大の要因は、煩雑なワークフローにあります。パスワードの利用申請、承認の流れを明確化していないと悪用されてしまうリスクが高まります。

ユーザー認証、操作画面の録画機能などのアクセスログの利用

特権IDの悪用がし辛くなるように、また悪用が起きた場合に個人を特定できるようにユーザー認証や操作画面の録画機能をつけましょう。

ワンタイムパスワードを利用する

いちいちパスワードを変更するのが面倒、という理由でパスワードを長期間同一のものにしておくのは避けましょう。また、推測されやすいパスワードは専用の解析ツールで見破られてしまうリスクがあります。特権IDが悪用された時のリスクを考えればワンタイムパスワードを利用するのは当然です。

申請された操作に応じた権限の付与

特権IDを利用する前にそもそもの利用目的を明確にさせ、操作目的に応じた権限を付与するという方法もあります。利用した後に事前に申請された操作目的と実際の操作を突き合わせることも重要です。

理想的なフロー

最後に特権ID管理をするうえで、理想的なワークフローは下記図のような形になります。

ボクシルおすすめID管理ツール 【PR】

ボクシルおすすめID管理ツールはこちら

iDoperation
特権ID管理の課題はこれひとつですべて解決!
「セキュリティ」「ガバナンス」「コスト削減」
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料を無料DL

おすすめの特権ID管理システム

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
ID管理システムの資料を無料DL

CyberArk Privileged Account Security(PAS) - 株式会社ディアイティ

CyberArk Privileged Account Security(PAS) - 株式会社ディアイティ 画像出典:CyberArk Privileged Account Security公式サイト

  • 3,450社、Fortune 100の50%以上が導入
  • 豊富な機能をワンストップで提供
  • NW機器やデータベース、クラウドも一元管理

CyberArk PASは、ID管理システムだけでなく、特権アカウントに強力な保護も施すID管理システムです。サイバー攻撃にも、内部からの攻撃にも有効なので、CyberArk PASだけでさまざまな事態に対処できます。特権アカウントのパスワード自動変更や利用者ごとのアクセス制御をはじめ、多くの機能を搭載している点が特長的です。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
CyberArk PASの資料を無料DL

iDoperation - NTTテクノクロス株式会社

iDoperation - NTTテクノクロス株式会社 画像出典:iDoperation 公式サイト

  • 特権ID管理に求められるすべての機能を搭載
  • 監査への対応力と実績
  • 管理に関わる多くの作業を自動化

iDoperationは、「特権IDを」「誰が」「使うのか」を適正に管理し、特権ID管理に関わる課題を解決するID管理システムです。5つの基本機能(ID管理、ワークフロー、アクセス制御、アクセスログ管理、操作ログ管理)を1つのパッケージで提供します。顧客が効率的に監査対応を実現するための材料として、豊富な監査レポートや監査人向け説明マニュアルを用意。アクセスログと申請書の突合せ点検といった監査対応作業や、定期的なアカウント管理作業を自動化することで、管理工数削減が期待できます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
iDoperationの資料を無料DL

最低限のリスクで活用しよう!

特権IDをうまく利用すれば業務効率化を図れます。しかし、利用にあたって伴うリスクはけっして小さくなく、管理の方法を徹底しなければなりません。特権ID管理ソリューション導入を含めて検討してみてください!

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事