原価管理とは?原価計算した結果を経営判断に生かそう!

公開日:
正しい原価管理の仕方|原価管理と原価計算の違い|原価計算が必要とされる理由|これらについて解説しました。
原価管理システム

会社を運営していく中で、売上を増やしていくことのほかにコストをいかに下げられるかということに、苦心している方も多いかと思います。働き方改革の一環として、残業時間を削減したり細かな事務用品に至るまで厳しく管理されるようになったという会社が多くなってきています。こうした背景の中、ぜひ覚えておきたいのが「原価管理」という言葉です。原価管理は製造業で行うものというイメージが強いかもしれませんが、どの業種でも正しい知識のもと原価管理を行うことでコスト管理・削減が可能となります。

そこで、原価管理とは何か、そして原価管理が必要な理由を本記事では解説します。より適切にコスト管理を行いたいと考えている経営者・財務・経理担当者の方はぜひご一読ください。

原価管理とは

原価管理の説明の前に「原価」そのものについて簡単に説明をします。
原価とは、1つの製品(商品)にかかったコストのことをいいます。例えば、店頭での売価が100円のナスを農家さんから1つ40円で仕入れてきた場合、原価は40円ということになります。
原価管理はこの原価をしっかりと把握し、経営に活かしていこうというものです。その要素は、①標準原価の設定 ②原価統制 ③原価低減の3つです。これらについては一つずつ下記にて説明します。

①標準原価の設定
これは年間を通じてAという商品の原価はいくら、という形で標準的な原価を決めることです。これに基づき1つ売ったらいくらの粗利がでるかを算出します。
標準原価はあくまで概算であり、実際の原価とは異なります。先ほどのナスの例でいうと、40円で農家さんからナスを買える時期もあれば、それが20円、60円と変動する時期もあるのでそれを標準化したものが標準原価というイメージです。

②原価統制
先ほどの標準原価と実際の原価(ナスをいくらで買ったのかを1つ1つ出していく)の差異を算出し、なぜ差異が出てしまったのかを分析します。

③原価低減
標準原価を引き下げるために、調達価格の引き下げ、大量購入による割引、輸送方法の変更などを行うことです。製造業では、生産性の向上を求められることがままありますが、生産性向上もこの原価低減の1つといえます。また、小売業でも調達場所を複数に分散するなどして、安定して安く調達できるようにすることが、この原価低減の1つといえます。

原価管理と原価計算の違い

原価管理と原価計算の違いですが、簡単に言うと原価管理は原価計算の結果を用いてそれを分析し、経営に活かすという仕組みをいいます。

先ほどの「原価管理とは」のところで説明しましたが、原価計算とは実際の原価を計算することを言います。製造業などではこの原価は、製品を作るのにかかる原料費、部材費、労務費、管理部門などのスタッフの人件費等を全て入れ込んで計算されます。原価計算はまさにこの個々の計算を行うことをいいます。

これに対して原価管理は原価計算の中身により踏み込み、例年よりも原料費が上がったがそれはなぜか、減らすためにはどうしたらいいのか、といったことまで考えます。人件費がかさんでいるようであれば、人員過多にはなっていないかなどを検証し、最終的には原価を下げることで経営に寄与する仕組みです。

原価管理が必要な理由

原価管理の必要性については、世界中の企業がコストを削減をしようとしている大きな動きがある中で、そのコストダウンのために繋がる大きな1つであることはお分かりいただけたかと思います。
さらに、実際に原価管理を行うことでのメリットを3つあげていきます。

(1)現場にコストダウンの必要性を説ける

現場に対してただただコストダウンを指示するのではなく、きちんとその理由を加えることでなぜやるのかの理解度がより深まります。たとえば製造業であれば、「この工程がボトルネックとなりコストを引き上げている、そこでこのボトルネックをなくすような施策を講じたい」と説明することで、現場にもすんなりと納得してもらえる理由付けにも使うことが出来ます。そして、原価管理をもとに原価低減=コストダウンを達成し、業績向上という結果を会社全体で享受することができるようになります。

(2)経営判断の材料となる

原価管理により算出された各数字を分析することで、製品・商品ごとの損益分岐点を出すことも可能となります。この製品であれば製造コストがいくらかかるので、どの程度売れないと赤字になってしまうということも分かります。
一度出した製品・商品を市場から撤退させることは特に難しいことといわれます。とりあえずで市場に出し続けたことにより、気がついたら赤字が膨らんでいたということもあります。原価管理によって、この引き際も見極めることが可能となります。

(3)現場単位での指標としても使用可能

標準原価によって営業の粗利管理などが行われているため、調達の担当者や製造の管理担当者は実際の原価をこの標準原価内に収めるようにすれば、会社の計画数値達成に貢献できることになります。そのため、原価管理が適正になされている会社においては、現場単位での指標としてもそレラの数値を使用することが出来ることとなるのです。

原価管理の理解で適正な経営判断

以上で解説してきたように、これからの企業経営において原価管理はとても重要な取り組みとなります。1つの製品・商品を売るとどのくらいの利益が得られるのかということが明確もなることで、スピーディーかつに適正な経営判断を実現できるのです。

ボクシルとは

ボクシルでは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、様々なサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのか分からない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのか分からない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

また、マーケティングに問題を抱えている法人企業様はボクシルを活用することで、効率的に見込み顧客を獲得することができます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成など様々なニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事