Article square balloon green
2017-08-15

ダイレクトメールとは | DMの種類・メリット・デメリット・活用事例

ダイレクトメール(DM)とは、個人や法人宛に郵便やメール便などを利用して直接送られる、商品の案内やカタログ</b>のことです。今回は、印刷物であるダイレクトメールの種類やメリット・デメリット、活用事例をご紹介します。
クラウドメール
Large

日常でもよく目にするダイレクトメールとは、郵便やメールなどを利用して企業が行う営業・宣伝の一つです。ここでは、ダイレクトメールの種類やタイプ、メリットとデメリット、活用事例などをご紹介します。これからダイレクトメール導入を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

ダイレクトメールとは

ダイレクトメールとは、個人や法人宛に郵便やメール便などを利用して直接送られる、商品の案内やカタログのことです。DMと略されることも多く、企業・小売店の営業・宣伝の手段の一つでもあります。ダイレクトマーケティングのメディアとして、特定の顧客へ直接アプローチできるダイレクトメールが活用されています。

近年では、インターネットも直接顧客へアプローチできるためインターネットマーケティングへもダイレクトメールの方法が多く応用されています。

ダイレクトメールの種類

具体的なダイレクトメールの種類と用途などをご紹介していきます。

<ハガキ>
ダイレクトメールの中でも手軽に取り組入れやすくA4大判やうちわなど大きさ、形状も工夫できます。ハガキは手に取るだけで、情報を目にしてもらいやすいメリットがあります。

<ポストカード>
最も安価で、利用用途も広く、ダイレクトメール初心者でも取り入れやすいメリットがあります。他のダイレクトメールに比べて掲載できる情報量は少なくなるので、要点を絞りデザインに工夫が必要です。

<圧着ハガキ>
圧着部分を開くことで、ハガキよりも多くの情報量を載せることができます。封筒よりも開きやすく読んでもらえる確立が上がります。

<レター>
封筒などで、複数枚のちらしやカタログ、新商品サンプルなどより多くの情報を載せることができます。他のダイレクトメールと比べ、コスト面では割高になるのでロイヤリティの高い顧客の選別などが必要となります。

<OPP封筒ダイレクトメール>
透明や半透明のフィルム上の封筒で送るダイレクトメールです。既存のチラシデータやカタログなどをそのまま送ることができるメリットがあります。

郵便ダイレクトメールのメリット・デメリット

案内状、カタログの発送、新商品サンプルなどの発送にも適した郵便ダイレクトメールのメリット、デメリットを紹介してきます。

メリット

  1. 視覚に訴えることができる
    カラーや写真を使うことで目を引いたり、実際のイメージが伝わりやすく、販売に繋がります。

  2. 伝える情報量が増加する
    封筒でカタログや冊子、CDなどを同封することでより多くの情報を伝えることができます。

  3. アイディアが結果に反映されやすい
    サンプルの同梱など、企画・アイディア・デザインにより、開封率やレスポンスにも効果が上がります。

デメリット

  1. コストがかかる
    郵送料の他に、印刷費や発送作業費などもコストが割高になります。

  2. 開封されないことが多い
    封筒や圧着ハガキの場合、開封されないこともあるので、住所面などに工夫が必要です。

  3. 時間がかかる
    企画から印刷、発送作業など早くても1~2週間、一般的に1ヶ月以上は準備期間が必要です。

ダイレクトメールとバリアブル印刷

インターネットやデータベースの発達により、顧客のニーズに合わせた情報を印刷するバリアブル印刷があります。一人ひとりに合わせた可変情報を送ることにより、顧客からのより高いレスポンスを目指していきます。顧客データベースを元にして、顧客の購買傾向、ニーズに合わせたメッセージの展開を行っていきます。

ダイレクトメールとインターネット

高度化するインターネットとの連携が増えています。たとえばニーズに合わせたサイトへアクセスするQRコードやデジマークを印刷したものをダイレクトメールで送ることで、インターネットコンテンツへ繋げていくことができます。それにより、更にデータベースに情報が蓄積でき、効果測定なども行えます。また、その後の反応によってメッセージを変えていくクロスメディア的な展開も増えています。

ダイレクトメールの活用事例

ダイレクトメールの活用事例を紹介していきます。

事例(1)サンキューダイレクトメールで2回目購入率アップ

新規に商品を購入した顧客にサンキューダイレクトメール(ありがとうダイレクトメール)を送るようにしたところ、2回目の購入率が前年比126%にアップした事例があります。感謝の気持ちを込めたダイレクトメールを商品イメージに合わせたデザインのはがきで郵送することでリピート率アップに繋がりました。

事例(2)封筒がスマホスピーカーに変身するダイレクトメールで開封率アップ

第30回全日本DM大賞金賞を受賞したソフトバンクの事例では、封筒がそのままスマホスピーカーになるダイレクトメールを送りました。その結果、開封率は従来ダイレクトメール平均値の1.3倍となる83%に向上し、機種変更を行った割合は従来ダイレクトメールの1.8倍となったケースです。

事例(3)心に残るダイレクトメールでレスポンス率アップ

主に子育て世代をターゲットにした商品への集客や販売促進のとして、いつまでも捨てられない心に残るダイレクトメールを1年かけて企画しました。オリジナルイラストで描かれたパラパラマンガをOPP封筒で送ることで、開封率を高めスポンス率は約40%に達しました。

目的に合わせたダイレクトメールを有効活用

ダイレクトメールは、企画とアイデア次第で売上げを向上にも直結してきます。顧客名簿から目的に合わせリストアップし、ハガキやレター、OPP封筒などのそれぞれのメリット・デメリットを考慮した上で種類を選ぶ必要があります。効果的なダイレクトメールを送ることは、企業の売上げ向上には大事な要素となります。顧客の維持や購買促進のためにダイレクトメールを有効活用を有効活用していきましょう。

ボクシルとは

ボクシルでは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのか分からない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのか分からない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

また、マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得することができます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間600万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事