コピー完了

記事TOP

スマホアプリ開発・作成ツール比較5選!初心者でも製作可能?【iOS/Android】

最終更新日時:
記事の情報は2021-08-31時点のものです。
スマホ用のアプリ開発はiPhone(iOS)・Androidプログラミングの知識や経験がないとできない、と思い込んでいませんか?どのような知識と環境が必要なのか、おすすめのアプリ制作ツールとともに紹介します。

iPhoneやAndroidのスマートフォンやタブレット端末は、日本国内はもちろん世界中で普及が進んでいます。これらの端末が持つ最大の特徴は、インターネット上にあるオンラインで登録されているさまざまなアプリを追加でインストールできることでしょう。

アプリは、毎日その種類と数を増やしており、数億人を超える人々が好みのアプリを自在に活用しています。アプリ開発には、企業のみならず多くの個人も参加しており、ヒットすれば莫大な収益を得ることができます。そのため、アプリ開発を手がけてみたいと考える方も多いのではないでしょうか。

しかし、プログラミングの知識や経験のない方は、アプリ開発を始めるのをためらってるかもしれません。ここでは、そんな初心者の方がアプリ開発を行うため、どのような知識が必要なのか、開発のためにどのようなツールが必要なのかを、アプリ開発のおすすめツールとともにご紹介していきます。

ボクシルおすすめスマホアプリ作成ツール 【Sponsored】

MGRe
・最短1か月でアプリをリリースできる
・管理画面から簡単にプッシュ通知やニュース、クーポンの配信が可能
・店内でアプリを起動すると、自動的で会員証を表示

アプリ開発の前に

実際にアプリ開発を始める前に、アプリ開発のために何が必要なのかという知識を得て、対象にするOSを選定したり、開発環境を整えたりする必要があります。今回は、アプリ開発に「必要な知識」と「必要な環境」に分け、それぞれを解説していきます。

アプリ開発に必要な知識

アプリ開発の現状

スマートフォンのOSには、大きくiPhone用の「iOS」と広く使われている「Android」が存在し、開発されたアプリはiOS用の「App Store」Android用の「Google Play」などの販売プラットフォームを経て購入・ダウンロードする仕組みになっています。開発環境が充実してきた現在では、膨大な数のアプリが公開されているだけでなく、新たなアプリのリリースも次々に行われ、競争は激化しています。

アプリ開発のメリット・デメリット

競争が激化しているということは、時間をかけて開発・公開したアプリが注目されず、利用される可能性が低いというデメリットがあるかもしれません。

しかし、有料アプリの開発や、無料アプリ内に広告を埋め込むなどで、副収入としての利益を上げることは可能ですし、アプリ開発を通じてプログラミングに慣れ親しむことによって、転職や就職の助けになるというメリットもあります。アプリ開発は、ゲーム業界等に限らず行われる傾向もありますので、特に転職や就職には有利になるかもしれません。

アプリ開発に必要な環境

Apple社製PC(Mac)

iPhone用のiOSアプリ開発を行うにはApple社のMacが必要になります。MacがあればiOSアプリ開発だけでなく、Androidアプリの開発も可能です。

Windowsでは、これまでAndroidアプリ開発は行えても、iOSアプリ開発は行えませんでした。それが2017年5月、Xamarin Live Playerという開発ツールが登場し、iOSアプリの開発が可能になりました。

しかし、まだまだiOSアプリの開発ではMacを使うケースが多く、どちらのアプリも開発する可能性があるならば、Macを準備しておくのが効率的かもしれません。

Macを準備する際は、デバッグというアプリの動作確認作業に耐えうるマシンスペックが必要ですが、現時点で販売されているMacであれば問題ないでしょう。

Xcode

AppleがiOSアプリ開発のために無償提供しているソフトウェアがXcodeです。詳細はAppleのWebで見ることができますが、iOSアプリの構築、実機検証、デバックという、アプリ開発を一元化した統合開発環境を持っており、iOSアプリ開発のためにXcodeは欠かせないソフトウェアとなっています。

XcodeはApp Storeから入手可能ですが、Apple IDが必要になりますので、Macを導入した際は忘れずにApple IDを作成しておきましょう。

Apple Developer Program

上述したように、開発したiOSアプリはApp Storeを通じて販売・ダウンロードされますが、アプリ開発者が作成したiOSアプリをApp Storeで公開するためには、Apple Developer Programに登録を行う必要があります。

Apple Developer Programの登録は有料となっており、年間1万1,800円が登録料としてかかります。しかし、解約すると公開したアプリのダウンロードができなくなってしまいますので、継続してダウンロードしてもらうには登録の継続が必須となります。

Android Studio

iOSアプリ開発に必要なのがXcodeだとすれば、Androidアプリ開発環境に必要になるのがAndroid Studioです。このソフトウェアはAndroid StudioのWebから無償ダウンロード可能となっており、Androidアプリ開発に必須のSDK Toolもダウンロードできます。

Android Studioは、Windowsだけでなく、MacやLinuxにもインストールが可能で、幅広いプラットフォームに対応しています。対応しているマシンスペックもWebに記載されていますので、確認してみることをおすすめします。

アプリ開発におすすめのツール紹介

アプリ開発のなかには、プログラミングの工数を最小限にしてくれるツールがあります。ここからは、アプリ開発におすすめのツールを紹介します。

MGRe - 株式会社ランチェスター

MGRe
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 最短1か月でアプリを作成できる
  • 情報配信やプッシュ通知の設定も簡単
  • ユーザーの行動分析が可能

MGReは、アプリ開発から運用、マーケティングまで幅広く支援するモバイルアプリプラットフォームです。

管理画面よりプッシュ通知やニュース、クーポンなどを簡単に配信可能。また、ダッシュボード機能では、新規ユーザー数やアクティブユーザー数、スクリーンビュー数などを可視化できます。運営側の管理工数を削減し、ユーザー獲得に向けた施策立案へと時間を割けるようになるでしょう。

カラー設定やニュースレイアウト設定、会員証券面設定など、さまざまな利用目的に合わせてレイアウトをカスタマイズ。自由度は高いながらも、AppleやGoogleが定めた標準的なUIのガイドラインへ準拠しています。

App Publisher - エンバーポイント株式会社

App Publisher
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 最短1 週間の導入実績あり
  • 収益性のあるアプリ設計と内製化サポート
  • オプションで公式サイトと自動連携可能

App Publisherは、アプリ開発だけでなく、顧客や店舗などの情報を統合分析できるサービスです。効率的な顧客獲得や施策検討、実行など、継続運用にむけたサポートを受けられます。

オプションでSNS連携やスタンプカード、抽選などの機能を利用できます。ノーコードでアプリ内に独自コンテンツを構築可能です。

※ボクシル掲載資料参照(2022年3月時点)

GMOおみせアプリ - GMOデジタルラボ株式会社

GMOおみせアプリ
BOXIL SaaS AWARD 2021 Autumn BtoCビジネスツール部門受賞
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • O2Oに必要な機能を網羅、顧客との関係性構築をサポート
  • 導入実績2,000社以上
  • 開発もアップデートもワンストップで

GMOおみせアプリは、店舗への集客、販促に必要な機能を搭載した店舗アプリ制作サービスです。オンライン予約、決裁、クーポン、プッシュ、ポイントカードなど、販促に必要な機能をアプリひとつで実装可能。来店誘導や購買率向上からロイヤルカスタマーの育成につながります。また、アプリ開発からストア申請までワンストップで担い、開発工数や業務負荷を軽減します。

Monaca

Monaca
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • Web担当者向けのHTML5アプリ開発環境
  • クラウド/ローカル両対応の制作環境
  • アプリの開発・運用を統合サポート

Monacaは、企業のWeb担当者がアプリ開発を行いやすい、HTML5をベースとしたiOS / Androidアプリ開発ツールです。企業や開発者の用途に合わせ、ブラウザベースだけでなくローカル開発環境を整えており、アプリのパフォーマンス問題も解決しています。また、アプリ公開、データ分析を含むアプリのライフサイクルを総合的にサポートすることにより、アプリの開発・運用を効率的に行うことが可能です。

Yappli - 株式会社ヤプリ

Yappli
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • テンプレートベースで簡単なアプリ作成
  • マルチプラットフォーム対応のアプリ作成
  • オプションでアプリ利用分析にも対応

Yappliは、使いたい機能を選び、デザインを設定、コンテンツを登録するだけでアプリの登録代行まで行ってくれる、簡単で素早い運用が可能なアプリ開発ツールです。さらに法人用プランであれば、スマートフォンだけではなく、iOS / Android搭載のタブレットやiWatch用にも最適化できるマルチプラットフォーム対応も可能。その他、各種オプションの利用、アプリの制作サービスにも対応など、要望に応じたカスタマイズも可能です。

アプリ開発のハードルは高くない

プログラミングの知識や経験を持っていない方には、アプリ開発は技術的にハードルが高いもののように思えるかもしれません。しかし、ここまで紹介して来たように、グラフィカルなインターフェイスを持つiOS / Androidアプリ開発環境が整備され、ドラッグ&ドロップでアプリを作成する便利なツールが登場して来ている現在、アプリ開発のハードルは、思いのほか高くないことがお分かりだと思います。

そういった技術的な問題よりは、どのような目的で、どのようなアプリを開発するのかというアイディアの方が、アプリ開発成功のカギを握っていると言えるでしょう。

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計800社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

スマホアプリ制作ツール選び方ガイド
スマホアプリ制作ツール
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
スマホアプリ制作ツールの最近更新された記事