Article square balloon green
2018-08-08

VR(仮想現実)とは | AR・MRとの違い - 注目の利用分野・サービス紹介

2016年ごろから、仮想現実(VR=バーチャルリアリティ)を体験できるサービスが急増中です。このVRは、類似の用語で仮想世界を意味するAR・MRと混同されがちです。VRとAR・MRの違いとは何か、VRの利用例について紹介します。
VR動画制作
Large

2016年以降、仮想現実を体験するVRコンテンツが次々に登場するとともに、その利用範囲も広範に渡るようになり、VRの一般的認知度が急速に拡大しています。

古くからのAppleユーザーは、20年以上前に開発されたQuickTime VRを思い起こせるように、VRという概念やテクノロジー自体は目新しいものではありません。

近年、VRがあらためて注目された理由は、コンピューターの処理能力が向上し、ハードウェアが進化したことで、VRのクオリティが高まってきたことが挙げられます。

VRの認知度が高まる中で、VRの定義を把握できていない方も多いでしょう。VRとはどのようなもので、AR・MRとは何が違うのかについて解説します。さらに、今後注目していきたいVRサービスも紹介していきます。

VRとはなにか

VRはVirtual Realityの略であり、日本語では仮想現実と訳されます。広義のVRとは、その創造された仮想現実をまるで現実であるかのように、人間の五感を刺激して体験させるテクノロジーや概念の総称を指します。

VRの定義とは

VRには明確な定義はありませんが、一般的にはVRヘッドマウントディスプレイやVRゴーグルなどを使用することで、360度に渡る視野や音場、あるいは触感などを確保し、仮想現実で創造された空間に自身が入り込んでしまったような感覚を得られるもの、という形で認識されています。

VRで何ができるか

現時点で、VRの特性と最も親和性が高いのは、VRゲームやアトラクションなどのエンターテインメント領域です。ここ数年で、VRを体験できる施設が増加しているほか、家庭用ゲーム機にVRを適用する動きも進んでいます。

そのほかでは、医学生のトレーニングなどの医療現場、教材の内容を疑似体験するVR教室などの教育現場、試着をシミュレートできる小売店舗などにもVRが応用されています。

Oculus Go、Vive Proほか新製品続々、AR・VRヘッドセット世界市場「高成長」のワケ | ボクシルマガジン
IDCは3月29日、AR・VRヘッドセット市場の 2017年の国内/世界出荷台数および世界市場予測を発表した。これ...

AR・MRとの違いとは

続いて、VRと混同されがちな「AR」や「MR」とVRとの違いについて簡単に紹介します。ARは拡張現実(Augmented Reality)を、MRは複合現実(Mixed Reality)と訳されていますが、VRとは何が違うのでしょうか。

ARとは

VRは、現実世界とは隔離された関わりのない新たな空間や世界を構築しているものです。これに対してARは、現実世界にCGなどの仮想現実を追加・反映した空間や世界を構築しているものです。つまり、ARはあくまでも現実世界を主体としている点がVRとの大きな違いです。

ARを使ったものでは、スマートフォンのゲームアプリ「ポケモンGO」が活用例です。そのほか、交通事故のシミュレート、旅客機のパイロットの視線移動を最小限にするためのヘッドアップディスプレイなどもARの一例といえます。

MRとは

MRとは、仮想現実の世界と現実の世界を組み合わせ、ミックスさせた世界を構築しているものです。つまり、VRやARをさらに進化させたものといえます。

MRの特徴は、ARとは異なり、カメラなどから得た現実世界の情報を展開された仮想世界上に反映するという、仮想現実がメインでありながらも現実との共有も可能というもので、同じく仮想現実がメインのVRとは、この点で大きく異なっています。

注目されるVRの利用分野

VRを体験するためのソフトウェア、ハードウェアの充実だけでなく、VRコンテンツ制作のプラットフォームが進化してきたことにより、現在ではさまざまな形でVRを体験できるサービスが増えてきています。ここからは、どのような分野でどのようなVRサービスが行われているかを、具体的に紹介していきます。

ホームゲーム分野

ゲームとVRの親和性が高いということはすでに紹介しましたが、PlayStation4にVR機能を追加するPlay Station VRに代表されるように、VRヘッドセットを用いた臨場感溢れるVRゲームが増加中です。複数プレイヤーでのゲームや、オンラインマルチゲームへのVR対応はもちろん、今後は専用デバイスを使用したさらなる臨場感アップも期待できるほか、360度のVR動画を鑑賞することも可能になっています。

不動産分野

さまざまな物件に足を運び、内容の確認を行わなければならない不動産分野でも、VRの導入が進んでいます。

スマートデバイスを使い、現場に行かずに物件を内覧したり、膨大な候補物件の中から、希望に添うものだけに絞ったりすることができます。さらに、中古ミテクレが提供するサービスでは、物件の内覧から一歩踏み込んで、リフォームを行った場合の様子をシミュレートできるというシステムも登場しています。

エンターテインメント分野

近年、テーマパークなどを中心に本格的なVRアトラクションが登場してきており、人気を博しています。

中でもVR ZONE SHINJUKUでは、アニメの世界を体験する非現実のVRから、実際のアクティビティ体験をシミュレートするVRまで、多彩なVR体験が可能なエンターテインメント施設となっており、VRを身近に楽しめるようになってきています。

ファッション分野

商品を実際に確認できないオンラインショッピングでも、VR技術が応用されるようになっています。

洋服を買う際には、試着によるサイズ感や質感の確認をしたいという方が多いですが、こうしたニーズに対応すべくVRを利用したサービスが提供されています。

たとえば、Psychic VR Labでは、ファッションブランドと提携したVRショッピングサービス「STYLE」の開発を行っています。さらに、さまざまなクリエイターがクラウド上でVRブランド空間を作成できるプラットフォーム「STYLE suite」も公開しています。

ビジネス用途でVR・AR市場拡大 世界のヘッドセット出荷台数は2022年6,594万台へ | ボクシルマガジン
IDC Japanは7月10日、2018年第1四半期(1~3月)のAR/VR ヘッドセットの国内/世界出荷台数、お...

おすすめのVR動画制作会社

このように、現在ではゲームだけではなくファッションや不動産などさまざまな分野で取り入れられ、活用されはじめています。

自社でもVRを活用し、マーケティングや顧客満足度向上に利用したいと考えている企業は多いでしょう。そこで、VR動画を制作してくれるVR動画制作会社を最後に紹介します。

VR PARTNERS

  • 企画から制作、配信、効果測定までのワンストップソリューション
  • 年間500本以上のVR動画制作
  • 国内最多規模のVR配信プラットフォーム

VR PARTNERSは、株式会社360Channelが提供するVR動画制作サービスです。国内最多規模のVR配信プラットフォーム「360Channel」を運営しているため、企画・動画制作に限らず、配信および配信後の効果測定(再生回数、再生時間、UU数、視聴完了率、流入経路分析など)まで可能です。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
VR PARTNERSの資料を無料DL

VRが進む今後の行方

目新しい技術や概念ではないVRが急速に注目を集めるようになった背景には、ハードウェア・ソフトウェアを含むテクノロジーの進化が挙げられます。同時に、それによって自由度が増したVRという技術が、さまざまなアイディアで広い分野に応用されたことも挙げられます。

さらなるテクノロジーの進化によって、VRのますますの普及が期待されます。一方で課題もあり、ユーザーの立場に立ったインターフェースの開発はもちろん、幅広いアイディアに基づいた、魅力的なコンテンツ開発が必要となってくるでしょう。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間600万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事で紹介されたサービス
この記事とあわせて読まれている記事