VR会議とは | バーチャルリアリティによるメリットや必要なツールを紹介

最終更新日:
VR会議とは、バーチャルリアリティ(仮想現実空間)に会議室を設け、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)を装着した参加者同士で行われる会議です。移動コストの削減や会議の生産性向上、多様な働き方への対応などのメリットがありますが、知らない方も多いのではないでしょうか。そんなVR会議のサービスやHMDの紹介とともに概要を解説します。
営業テレビ会議システム

VRを会議に応用

VR(バーチャルリアリティ)会議とは、VR技術を応用したバーチャル環境で行う会議です。

これによって、遠隔地にいるメンバーと同じ空間を共有し、あたかもその場で会議しているかのような効果が得られます。さまざまな働き方に対応できるので、多くの企業から注目されているテクノロジーだといえます。

そんなVR・VR会議の概要、メリット、おすすめのサービスなどを紹介します。

そもそもVRとは

VRとは、Virtual Reality(バーチャルリアリティ)の略称で、仮想現実を意味します。

その親和性の高さから、ゲームをはじめエンターテイメントでの利用が先行しています。しかし、概念を理解していても、「具体的にはどういう技術、原理なのかわからない」という方も多いでしょう。

よく混同されがちなARとともに、VR会議に利用されている基本的な技術について知っておきましょう。

VRの特徴

VRは人間の五感を刺激して、コンピュータで作成した3Dモデルやサイバースペースにあたかも存在しているような疑似体験させるものです。

わかりにくいので、もう少し手順を噛み砕いて解説します。

まず、CG映像や現実世界を実際に撮影した映像で、三次元空間の映像を作成します。この映像を「HMD(ヘッドマウントディスプレイ)」といわれるディスプレイで視聴すると、実際にその映像内に自分が存在しているかのような錯覚が起こるのです。

HMDはゴーグルのような形状をしています。
ヘッドセッドとも呼ばれているので、そちらの名称の方がピンと来るのではないでしょうか。そのHMDにより3D映像では人間の視覚を、ヘッドフォン音声では聴覚を刺激し、装着者を360°空間に没入させます。

多くのゲームやアトラクションなどで活用されているVRですが、現在ではスマートフォンで視聴できる360°映像も配信されており、VRがより手軽な物として認識されはじめています。

VRとARの違い

ARはAugmented Realityの略称で、拡張現実を意味します。一斉を風靡したスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」で利用されているのもこのAR技術です。

ARも人間の視覚を刺激するという点ではVRと共通しています。しかし、VRは“仮想の現実”を見せるのに対し、ARは現実世界に映像を重ねて表示するのが両者の違いです。

ARもスマートフォンが主流に利用されていますが、専用デバイスの「ARグラス」が登場するなど進化を続けています。VRに並び、ARも汎用性の高い技術として注目が高まっています。

VR会議に必要なもの3つ

さて、VR会議に話を戻します。VR会議は「共有された仮想現実で会議を開催するものだ」ということは冒頭で説明しました。

VR会議を実施するためには、相互接続のためのネットワーク、インターネット環境が必須となります。
そのうえで、VR会議を開催するには以下の3つのツールが必要となります。

  • VR会議サービス/アプリケーション
  • HMD(ヘッドマウントディスプレイ)
  • VR対応PC

それぞれを順番に解説します。

VR会議サービス/アプリケーション

まず、会議スペース用のVRを構築するサービス、アプリケーションが必要です。
現時点では、SaaS型で提供されているもの、インストールして利用するものの2種類が存在します。

サービスによって構築された仮想現実には、参加者の身振り手振りがアバターに反映されてリアルタイムで再現されるほか、ホワイトボードと3Dペン、3DCGやCADモデル(コンピュータによって設計されたモデル)を利用したプレゼンテーション、デスクトップの共有なども可能です。

HMD(ヘッドマウントディスプレイ)

頭に装着するHMDも必須です。

HMDといっても、用途によっていくつかの種類が存在します。スマートフォン用、ゲーム用、PC用に分類されます。これらのなかでVR会議に必要となるのはPC用のHMDです。

PC用HMDの特徴は、HDMIやUSBなどの複数接続端子を備え、高解像度の映像を視聴できることです。もちろんスマートフォン用やゲーム用と比較して、高額になる傾向があります。

VR対応PC

現在のVRは、SaaSかWindows/Macアプリが主な利用形態になっています。このため、インターネットに接続可能なPCが必要です。

また、VRは2Dの映像より大きなデータを扱うので、パソコンにも一定以上のスペックを要求されます。高性能なCPUや大容量のメモリはもちろん、GPUといわれるグラフィックスカードの性能が非常に重要と言えるでしょう。

さらに、デスクトップ共有や動画共有も行うため、できる限り高性能なPCが望ましいです。そして当然のことながら、HDMIやUSB、用意したHMDと接続可能な端子を備えていることも必須条件です。

VR会議を行うメリット3つ

VR会議が注目されている理由のひとつに、働き方改革と相性がよい点が挙げられるでしょう。では、そのメリットとは具体的にどのようなものでしょうか。

リモートワークへの対応

少子高齢化により労働人口の減少が深刻化するなか、リモートワークを許可する企業は増加しています。

さまざまな働き方に対応する環境整備が進められているものの、会議には、メンバーが集まらないと開催できないという点でいくつかのハードルが残っています。VR会議はこれを解決するソリューションともいえます。

移動費用・時間のコスト削減

インターネット環境があれば、国内外の各拠点をつないで即座にVR会議を開けます。

すでに解説したように、VR会議で試作品の3DCGやCADモデルも利用できるため、関係者が同じ場所に集まる必要はありません。これにより、移動費用や時間を削減できます。特にグローバル企業であれば削減効果はより大きくなるでしょう。

会議の生産性向上

デスクトップ共有や、ファイル共有、表情の確認は、テレビ会議でも同様の効果が期待できます。

しかし、実際にVR会議を体験した方の話を聞くと、VR特有の没入感とともに会議への集中力が高まり、より生産性の高い会議が開催できたそうです。

これはお互いの顔だけが見えるテレビ会議と異なり、それぞれの分身となるアバターが、ひとつの空間に集合していることによるのかもしれません。これによってコラボレーション感が高まり、意思決定も早くなるという傾向があるともいいます。

もちろん、VR会議にもデメリットはあります。高スペックを要求するVR機材にかかるコストや、現時点では重くて大きいHMDの装着に抵抗がある、などが挙げられます。

ただし、VR自体が進化中のテクノロジーであることから、こうしたデメリットは将来的に軽減されるでしょう。

VR会議におすすめのサービス2選

以下では、VR会議を実施したい方に向けて、おすすめのサービスやハードウェアを紹介します。

PCは選択肢が幅広くなるため割愛しますが、サービス・ハードウェアの必須要件を参考に選んでください。

NEUTRANS BIZ

  • クラウド環境のVR空間に複数人が接続・共有
  • 3DCGやCADなどのビジュアルデータを共有
  • カスタマイズなしで幅広いビジネスシーンに活用可能

NEUTRANS BIZは、教育や製造業向けに開発されたVR空間構築ソリューション「NEUTRANS」をもとに、ビジュアルデータを共有しながら複数人でコミュニケーションできる、SaaS型VR会議サービスです。

アバターで表示された参加者の身振り手振りをリアルタイムに表現します。ブレインストーミングによるアイディア出しが可能なほか、3DCGやCADモデルの共有などで、テレビ会議にはないコラボレーションを実現します。

SaaS型を採用したことで導入費用が抑えられ、幅広いビジネスシーンに活用できます。

RUMII

  • プロフェッショナル向けソーシャルVRアプリ
  • デスクトップ・ビジュアルデータの共有
  • Windows / Macに対応

RUMIIは、マルチプラットフォームに対応する、プロフェッショナル向けソーシャルVRアプリです。

現時点では、HTC、oculus、Windows Mixed RealityなどのHMD、デスクトップ用途ではWindows/Macへの対応となりますが、将来的にはスマートフォンにも対応予定で、手軽に参加できる次世代会議ツールを目指して開発中です。

NEUTRANS同様、アバターによる表現、デスクトップ・ビジュアルデータ共有が可能です。3人以下が参加可能な無料アカウントでは1GB、4人以上の有料プランでは10GBのストレージを使用できます。

VR会議におすすめのHMD2選

oculus rift

  • 適応性の高いインテリジェントなデザイン
  • Touchオプションで直感的なコントロール
  • 360°空間オーディオ採用のヘッドフォン

oculus riftは、ヘッドマウントディスプレイ専門メーカーであるoculusを代表する、PC用HMDです。HDMIや複数のUSBでPCと接続可能、高品位な画像とVR体験で、多くのVRゲームが採用しています。

オプションとなるTouchを利用すれば、仮想現実内でさまざまな動作を直感的にコントロール可能です。360°空間オーディオを採用したヘッドフォンとあわせ、VR空間への高い没入感を味わえます。

HTC VIVE

  • モーショントラッキングセンサー搭載
  • HD触覚フィードバックコントローラー
  • 前面カメラで現実世界の確認も可能

HTC VIVEは、前面カメラを搭載し、現実世界の確認も可能なPC用HMDです。

高精度のHD触覚フィードバックを持つコントローラーが付属し、ヘッドセットに搭載された2つのモーショントラッキングセンサーで、VR空間内のリアルな動きを体験できます。

HDMI、DisplayPort、USBでの接続に対応し、ゲームやVRコンテンツだけでなく、PCで再生するビデオも視聴可能です。プレイエリアの限界も警告してくれます。

VR会議でワークスタイル変革

NEUTRANSを開発していたSynamonがNEUTRANS BIZをリリースした背景には「商談や会議で、3DCGやCADなどのビジュアルデータを共有したい」「お互いの身振り手振りでブレインストーミングできる会議システムが欲しい」といった要望を寄せられたからだ、といわれています。

会社に出勤するのが当然であった時代には、これらの解決には、全員が集まればいいだけの話でした。

しかし、労働人口減少が深刻化し、さまざまな働き方で生産性を上げなければならない現代では、従来の会議ではかえってコストがかさんでしまうのかもしれません。

VR会議は、現場の要望に応えて登場しました。VRが会議の重要な1形態として現場に定着したとき、ワークスタイルは大きく変革しているでしょう。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

テレビ会議システム
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
エイネット株式会社、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
利用規約とご案内の連絡に同意の上
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事