工程管理システムの関連情報

コピー完了

記事TOP

工程管理とは?方法・目的・メリット・手順・種類

最終更新日:(記事の情報は現在から500日前のものです)
工程管理の手順や流れ、目的やメリット、工程表の種類を解説し、実際にどのようなメリットや事例があるのかを紹介します。現状の改善を試みようと計画中の企業の方は必見です。

工程管理とは

工程管理とは、品質・コスト・納期を最適化し、常に効率の良い状態を維持できるように統制することです。

この工程管理を行うことによって、生産の現場での無駄を省き、生産性を上げるられます。

工程とは

製造業で頻繁に使われる「工程」とは、作業の順番を示すものであり、決められた順序と方法で作業をすることです。この工程は以下のの3つの構成要素から成り立っています。

  • 作業員
  • 機械
  • (作業)方法

「生産計画」と「生産統制」

工程管理業務は、主に「生産計画」「生産統制」に分けられます。

はじめに「生産計画」として、作業プロセスの計画をし、そこで基本的な作業フローや使用する機械・工具などを決めていきます。そして、作業手配や進捗管理などの「生産統制」を行うことによって、すべての工程を管理できます。

工程管理の目的

工程管理の主な目的は、「納期を確実に守ること」と「作業時間の短縮」です。それに加え、次の4つのような目的も果たせます。

人員と設備の調整

現場では、人が多すぎても少なすぎても意味がなく、適正人数で行うことがポイントになります。工程管理を行うことによって、人員と設備の調整が可能です。

生産期間を短縮

工程管理により、機械が空いている状態や、作業者の空き時間を削減し、結果的に生産期間の短縮につながります。

作業手配や準備を先に行うので、作業者と機械を最大限に回し続けるられるので、だらだらと作業を続けることがなくなります。

イレギュラーに対処しやすい

現場にトラブルはつきもので、急な機械の故障や作業員の欠勤などのイレギュラーは起こってしまうものです。しかし、工程管理をすることで全体図を俯瞰してみられるので、イレギュラーにも対処できます。

原料や材料の所在や数量を正確に把握

工程管理をすることで、「どれだけの物が必要で、どれだけ消費するのか」ということを計算できるため、常に正確な数字を把握できるようになります。

原価管理をするうえで、原料や材料の所在や数量を正確に把握することは欠かせません。適切な量とタイミングで発注できるようになり、迅速な作業につながります。

工程管理のメリット

工程管理をすることで以下のような4つのメリットがあります。

品質維持により顧客満足度向上へ

作業者や機械に無理な負担をかけずに、適正な工程で現場が回るため、一定の品質と生産性を保てます。その結果、品質を維持することにより、顧客満足度を高めることにつながります。

顧客満足度とは | 向上させる施策や取り組み、方法【CS担当者必見】
既存事業の売上を拡大させる、販売店舗の売上の落ち込みを回復させる、などの課題を達成するためには顧客満足度の向上が欠...
詳細を見る

無駄なコストを削減可能

工程管理をすることによって、作業のどの部分に無駄があるのかを把握できます。

それらの無駄な部分を省くことによって、原価を下げ、コスト削減につなげられます。なぜか原価が上がってしまっているという課題は工程管理で改善します。

作業員の仕事への満足度を高められる

従業員はただ目の前の作業をこなすだけでは、仕事への満足度を高められません。

しかし、「どうしたらより生産性が上がるのか」「どうやったらコストを削減できるのか」ということを考えながら仕事をすることによって、会社への貢献度が増し、仕事への満足度を高められます。

在庫の調整が楽になる

在庫管理できる量は決まってしまっているので、多すぎても少なすぎてもいけなく、製品の売れ行きによって、在庫をコントロールしなくてはいけません。

そこで工程管理をすることによって、生産する量を調整できるため、在庫の調整が楽になります。

在庫管理の3つの方法 - Excel・システム・アプリ | 基本知識
在庫管理の方法は主に、Excelと在庫管理システム、在庫管理アプリに分けられます。それぞれのメリット・デメリット、...
詳細を見る

工程管理の手順

工程管理の手順について簡単に説明します。

計画(Plan)

まずは計画(Plan)を立てます。

どれくらいの期間内にどれくらいの製品を製造するのかを決定し、必要となる原料や材料について検討しましょう。

生産計画を立てることで、工程の全体像をイメージしやすくすることがポイントです。

実施(Do)

次は計画したことを実施(Do)します。

立案した計画をもとに実際に生産を行います。実施していくうえでさまざまな問題や課題が見つかるため、その都度どのような問題や課題があったのかをメモして残しておきましょう。

評価(Check)

次に実施した生産活動を評価(Check)します。

生産の進捗状況を把握しながら計画と実施の工程を比較検討し、問題がある場合は改善策を立てるようにしましょう。

計画通りにいっているか、いっていないかだけを評価するのではなく、具体的にどのような改善策が必要であるかも同時に考えることがポイントです。

改善(Action)

最後に評価をすることで見つかった問題や課題を改善(Action)します。

立案した改善策を実行し、結果が出ない場合はもう一度計画段階から見直しながら、結果に結びつくまで一連のサイクルを繰り返します。

これこそがPDCAサイクルであり、改善をした後にはもう一度計画(Plan)に戻って、計画(Plan)→実施(Do)→評価(Check)→ 改善(Action)の順番で徐々に精度を上げていきましょう。

工程管理手法の種類

一般的に使われている工程管理手法の3種類について説明します。工程管理をするためには、工程表を作成する必要があり、3種類ある工程表の特徴に合わせて管理をすることがポイントです。

横線式

横線式とは、各工程がどれくらいの期間で行われるかを横棒グラフで示したものです。これは、まず上から下へ向かって各工程を挙げ、左から右に時間の流れを書いたものです。

横線式では、作業の詳細や工程間の関係が理解しづらい部分はありますが、作るのに手間がかからず、全体の大まかな流れが見るられます。

曲線式

曲線式とは、工程が早く進んだ場合と遅れた場合の進行を曲線でグラフ化するものです。
このグラフの縦の軸は工程の進捗、横の軸は時間の経過を表します。

時間と進捗管理には適していますが、具体的な作業内容が見えづらいため、全体の進行具合の確認に利用しましょう。

ネットワーク式

ネットワーク式とは、各工程の前後関係や流れを矢印で示したものです。
これを作成するためには、工程の全体像を把握しておく必要があります。

ネットワーク式では作業が一つ終わるたびに、次はどの作業に移ればいいかひと目でわかるため、作業スピードを上げられます

工程管理の流れを知り、積極的に取り入れてみよう

現場を統制するためには、「現状がどのような状況であるのか」を常に把握することが必要です。状況を把握できていなければ、作業効率が落ちてしまったり、無駄な作業やコストがかかってしまう原因になるため、生産性を上げるためには必要不可欠です。

工程管理は工程管理表やExcelでもできますが、ツールを使うとより効率的に管理できます。次の記事では工程管理システムについて比較・紹介しているので、ぜひご覧ください。

工程管理システム5選比較!主要機能・メリット

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計1,200社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

販売管理システム 選び方ガイド_20240701.pptx.pdf
工程管理システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
編集部のおすすめ記事
工程管理システムの最近更新された記事