Article square balloon green
2017-11-07

工程管理とは | 方法・目的・メリット・手順・種類

ここでは、工程管理の手順や流れ、目的やメリット、工程表の種類を解説し、実際にどのようなメリットや事例があるのかを紹介します。現状の改善を試みようと計画中の企業の方は必見です。
工程管理システム
Large

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
工程管理システムの一括無料DL

工程管理とは

工程管理とは、製品を生産する際に一定の品質と数量を保つために、生産に関わる労働力や原料や設備などを管理し、常に効率の良い状態を維持できるように統制することです。

この工程管理を行うことによって、生産の現場での無駄を省き、生産性を上げることができます。

そもそも工程って?3つの構成要素

製造業で頻繁に使われる「工程」とは、作業の順番を示すものであり、決められた順序と方法で作業をすることです。この工程は以下のの3つの構成要素から成り立っています。

  • 作業員
  • 機械
  • (作業)方法

工程管理の機能「生産計画」と「生産統制」の違い

工程管理業務では主に「生産計画」「生産統制」に分けられます。

はじめに「生産計画」として、作業プロセスの計画をし、そこで基本的な作業フローや使用する機械・工具などを決めていきます。

そして、作業手配や進捗管理などの「生産統制」を行うことによって、すべての工程を管理することができます。

工程管理の目的

工程管理の主な目的は、「納期を確実に守ること」と「作業時間の短縮」です。それに加え、以下の4つのような目的も果たすことができます。

人員と設備の調整

生産現場において設備と人員のバランスはとても重要です。
現場では、人が多すぎても少なすぎても意味がなく、適正人数で行うことがポイントになります。そこで工程管理をすることによって、人員と設備の調整をはかることが可能になります。

生産期間を短縮

工程管理で作業手配や準備を先に行うことによって、作業者と機械を最大限に回し続けることができるため、だらだらと作業を続けることがなくなります。

機械が空いている状態や、作業者の空き時間をなくすことができ、結果的に生産期間の短縮につながります。

機械の故障や作業員の欠勤などのイレギュラーに対処

現場にトラブルはつきもので、急な機械の故障や作業員の欠勤などのイレギュラーは起こってしまうものです。しかし、工程管理をすることで全体図を俯瞰してみることができるため、そのようなイレギュラーにも対処することができるようになります。

原料や材料の所在や数量を正確に把握

原価管理をするうえで、原料や材料の所在や数量を正確に把握することは欠かせません。工程管理をすることで、「どれだけの物が必要で、どれだけ消費するのか」ということを計算することができるようになるため、常に正確な数字を把握することが可能になります。

工程管理のメリット

工程管理をすることで以下のような4つのメリットがあります。

品質維持により顧客満足度向上へ

作業者や機械に無理な負担をかけずに、適正な工程で現場が回るため、一定の品質と生産性を保つことができます。その結果、品質を維持することにより、顧客満足度を高めることにつながります。

顧客満足度とは | 調査方法と向上のカギを紹介 | ボクシルマガジン
顧客満足度は、企業の部ブランディングや売り上げ向上にかかわる重要な要素です。顧客満足とは何なのかや顧客満足度の調査...

無駄なコストを削減可能

工程管理をすることによって、作業のどの部分に無駄があるのかを知ることができます。

それらの無駄な部分を省くことによって、原価を下げ、コスト削減につなげることができます。なぜか原価が上がってしまっているという課題は工程管理で改善します。

作業員の仕事への満足度を高められる

従業員はただ目の前の作業をこなすだけでは、仕事への満足度を高めることはできません。

しかし、「どうしたらより生産性が上がるのか」「どうやったらコストを削減できるのか」ということを考えながら仕事をすることによって、会社への貢献度が増し、仕事への満足度を高められます。

在庫の調整が楽になる

在庫管理できる量は決まってしまっているので、多すぎても少なすぎてもいけなく、製品の売れ行きによって、在庫をコントロールしなくてはいけません。

そこで工程管理をすることによって、生産する量を調整できるため、在庫の調整が楽になります。

在庫管理の3つの方法を解説!【Excel・システム・アプリ】 | ボクシルマガジン
在庫管理の方法は主に、Excel・クラウドやソフトウェアなどのシステム・アプリに分けられます。それぞれのメリット・...

工程管理の手順

ここでは、工程管理の手順について簡単に説明します。

計画(Plan)

まずは計画(Plan)を立てます。

ここでは、どれくらいの期間内にどれくらいの製品を製造するのかを決定し、必要となる原料や材料について検討しましょう。

生産計画を立てることで、工程の全体像をイメージしやすくすることがポイントです。

実施(Do)

次は計画したことを実施(Do)します。

ここでは、立案した計画をもとに実際に生産を行います。

実施していくうえでさまざまな問題や課題が見つかるため、その都度どのような問題や課題があったのかをメモして残しておきましょう。

評価(Check)

次に実施した生産活動を評価(Check)します。

ここでは、生産の進捗状況を把握しながら計画と実施の工程を比較検討し、問題がある場合は改善策を立てるようにしましょう。

計画通りにいっているか、いっていないかだけを評価するのではなく、具体的にどのような改善策が必要であるかも同時に考えることがポイントです。

改善(Action)

最後に評価をすることで見つかった問題や課題を改善(Action)します。

ここでは、立案した改善策を実行し、結果が出ない場合はもう一度計画段階から見直しながら、結果に結びつくまで一連のサイクルを繰り返します。

これこそがPDCAサイクルであり、改善をした後にはもう一度計画(Plan)に戻って、計画(Plan)→実施(Do)→評価(Check)→ 改善(Action)の順番で徐々に精度を上げていきましょう。

工程表にも特徴がある 3種類を使い分けて効率化

ここでは、一般的に使われている工程管理手法の3種類について説明します。工程管理をするためには、工程表を作成する必要があり、3種類ある工程表の特徴に合わせて管理をすることがポイントです。

横線式

横線式とは、各工程がどれくらいの期間で行われるかを横棒グラフで示したものです。これは、まず上から下へ向かって各工程を挙げ、左から右に時間の流れを書いたものです。

横線式では、作業の詳細や工程間の関係が理解しづらい部分はありますが、作るのに手間がかからず、全体の大まかな流れが見ることができます。

曲線式

曲線式とは、工程が早く進んだ場合と遅れた場合の進行を曲線でグラフ化するものです。
このグラフの縦の軸は工程の進捗、横の軸は時間の経過を表します。

時間と進捗管理には適していますが、具体的な作業内容が見えづらいため、全体の進行具合の確認に利用しましょう。

ネットワーク式

ネットワーク式とは、各工程の前後関係や流れを矢印で示したものです。
これを作成するためには、工程の全体像を把握しておく必要があります。

ネットワーク式では作業が一つ終わるたびに、次はどの作業に移ればいいかということがひと目でわかるため、作業スピードを上げることができます。

おすすめの工程管理システム3選

サクッと工程

  • 最長一か月の無料貸出期間あり
  • 導入実績300社以上
  • 単品加工業向け

サクッと工程は、単品加工業向けの工程管理システムで、すでに300社以上の企業に導入されています。タブレットやスマートフォン端末での利用に対応していることもあり、外出先からでも社内の工程進捗の確認ができます。運用の仕方も難しい操作が特にないため、パソコン業務が苦手な方でも安心です。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サクっと工程SPの資料DLはこちら

TimeTrackerFX

  • 導入実績は約55,000ユーザー
  • ドラッグとドロップで工数入力が可能
  • モニタリング機能

TimeTrackerFXは、現場を見える化する工程・プロジェクト管理ツールです。これまで数多くの企業に導入されており、利用しているユーザーは55,000人オーバー。直感的な使いやすさだけでなく、詳細を分析するためのツールモニタリング機能もついており、精度の高い工程管理を実現します。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
TimeTrackerFXの資料を無料DL

DIRECTOR6

  • 国内初「個別受注生産専用」スケジューラー
  • リードタイム短縮、コスト削減、生産効率の向上などに効果を発揮
  • 工程管理全般、原価管理まで一貫して対応できる他にないシステム

DIRECTOR6は、国内初の「個別受注生産専用」スケジューラーであり、工程管理全般、原価管理まで総合的に対応できるシステムです。こちらを利用することによって、個別受注生産の工場が抱える問題を解決してくれます。そのため、個別受注生産の製造現場への導入にオススメです。

工程管理を効率化したい!システム導入を考えている方はこちら

以上で工程管理について解説してきましたが、やはり自分たちで全て管理するのは大変ですよね。

そこで、以下の記事では工程管理ができるシステムを11サービス掲載しているので、ぜひご覧ください。

工程管理システム10選 | 主要機能・メリットについて解説 | ボクシルマガジン
工程管理システムの導入の活用(法)事例を紹介します。また、導入するメリットとデメリットについても解説していきます。

工程管理の流れを知り、積極的に取り入れてみよう

以上が工程管理についてと、その具体的な管理方法や工程管理に関する知識についてでした。現場を統制するためには、「現状がどのような状況であるのか」ということを常に把握しておくことが必要です。状況を把握できていなければ、作業効率が落ちてしまったり、無駄な作業やコストがかかってしまう原因になるため、生産性を上げるためには必要不可欠です。そこで貴社でも工程管理の流れや仕組みを知り、積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事