コピー完了

記事TOP

工事管理とは | 工事監理との違い・必要な資格・管理方法

最終更新日:
工事管理とは建物の建設が円滑に進められるようにマネジメントする作業のことを指します。同じ語感の言葉として工事「監理」がありますが両者は別の概念です。本記事では工事管理とは何かについて説明し、システム、アプリ、エクセルの3つの管理方法の違い、おすすめの施行管理システム3種類について紹介します。

工事管理(施工管理)とは

工事管理(施工管理)とは建設・建築において全体の流れを把握、計画通りかつ安全に建物が建てられるようにマネジメントする作業のことを指します。

建築物が完成するためには、工事の契約、行政への諸手続き、資材の調達、職人の手配、売掛金の回収などさまざまな工程があります。

適切なマネジメントをしなければ納期が遅れたり、仕様を満たさない建築物になったりと、さまざまなリスクが発生する場合もあります。

建設・建築業では、単価が高く多くの人が関わるため、適切にプロジェクトを進行できる施工管理者の役割が重要です。

工事管理と工事監理の違い

工事管理と同じような語感の用語として工事監理という言葉がありますが、両者は全く別の言葉です。

工事管理は建設会社側のプロジェクトマネジメントを指すのに対し、工事監理は建築主(施主)に代わり、要望通りの建築物が建てられているかチェックする作業を指し、主に設計を担当する建築士が行います。

責任施工と呼ばれる設計から工事までを一貫する工事は同じ会社で管理・監理を行う場合がありますが、必要なチェック・報告がうやむやになるケースが考えられます。そのため、監理、管理は別の事業者が行うこと場合もあります。

工事監理者に必要な資格

工事管理を行う際は原則として必要な資格はありません。ただし、施工管理技士といった工事管理の能力を示す資格はいくつか存在します。

一方で工事監理は建築基準法において、2階以下かつ100平方メートル以下の木造建築物を除き、原則として工事管理者を定めて工事を行わなければならないと定められています。

また、工事監理者は原則として、1級建築士、2級建築士、木造建築士のいずれかの資格が建築物の仕様に合わせて必要です。(ただし、2階以下、30平方メートル以下の鉄筋コンクリートや鉄骨造りの建物は例外的に資格なしで監理者となれます。)

建築基準法では適正な工事監理者が設定されていない工事は実施できないと定められています。

工事管理の3つの方法

工事管理には大きく分けて次の3つの方法があります。

  • 工事管理システムを利用する
  • 工事管理アプリを利用する
  • エクセルで管理する

それぞれの方法にどのようなメリット・デメリットがあるのかについて紹介します。

工事管理システムを利用する

工事管理システムとは、工事プロジェクトに関するデータを一元管理できるシステムのことを指します。

工事管理システムで管理する主なデータは次のとおりです。

  • 受注工事管理
  • 実行予算管理
  • 入金管理
  • 業者支払管理
  • 業者/得意先請求書管理
  • 工事原価管理
  • 工程管理
  • 作業日報管理
  • 発注管理。

これらの幅広い情報をシステム を利用して管理者が一元管理することにより、プロジェクトを納期通りかつ予算の範囲内で進行できます。

ゼロから開発すると大きなコストがかかりますが、建築業者向けにパッケージ・クラウド型のさまざまなシステムが用意されているので、コストを抑えたシステムの導入が可能です。

工事管理アプリを利用する

工事管理アプリとは、工事管理システムの中でもスマートフォンで動作するシステムを指します。

工事管理は現場に出向いてチェックする作業も多いため、現場にいる際でもスムーズに情報を確認したい場合は、スマートフォンに対応した施行管理アプリの利用がおすすめです。

工事管理システムと同様にさまざまな機能が利用できるため、作業全体の効率化を実現できます。

エクセルで管理する

簡単な工事であればシステムを導入しなくてもエクセルで十分なケースもあります。システムやアプリを導入するとお金がかかりますが、エクセルならば無料で管理可能です。

また、工事管理のためのテンプレートもWeb上で公開されているので、これらを活用することにより一からシートを作り込む手間も省けます。

しかし、システムの部分で紹介したデータをすべてエクセルで処理するのは難しい場合もあるでしょう。

プロジェクトの分量や管理しなければならない情報などを勘案して、必要に応じてシステムやアプリの導入を検討した方が、業務の効率化につながるケースもあります。

おすすめの工事管理システム

工事管理システムを利用することで管理業務の作業を短縮や効率化につながります。工事管理システムの中でもおすすめのツールを3種類紹介します。

建て役者 - システムサポート

建て役者 - システムサポート

  • 各社の業務に合わせてカスタマイズ可能
  • 15年550社以上への導入実績
  • 商談からアフターまで一元管理可能

建て役者は15年550社以上に導入実績のある人気の施工管理システムです。商談からアフターまで一元管理できるのはもちろんのこと、それぞれの企業の要望に合わせてカスタマイズできるので100社100通りの施工管理体制が実現できます。

料金プラン

利用料金 無料トライアル
2,500円/月〜(初期費用30,000円~) あり

カシオ - 東洋通信(代理店)

カシオ - 東洋通信(代理店)

  • 初期設定をすべてお任せですぐ使える
  • 6年間の無料サポートでメンテナンス費用や保守料金は発生しない
  • 指定伝票、自社伝票など必要な伝票が作成できる

カシオは面倒な設定をせずとも契約すればすぐに使用できる施工管理システムです。管理業務が効率化できる機能は豊富にあり、小工事が多い企業なら大きな業務効率アップが期待できます。台帳や伝票もシステム上で作成・印刷できます。

料金プラン

利用料金 無料トライアル
29,980円 なし

e2movE - 三谷商事

e2movE - 三谷商事

  • 物販と工事の実績がトータルで管理できる
  • 継続率98%の満足の高いシステム構成
  • 全国の建設・工事・建材販売業界400社以上の企業が導入

e2movEは継続率98%と非常に高い満足度をほこる施工管理システムです。全国の建設・工場・建材販売会社400社以上が導入しており実績には定評があります。物販と工事の実績がトータルで管理できるのも特徴です。

料金プラン

利用料金 無料トライアル
不明 なし

工事管理システムで業務の改善を

工事管理は納期通りプロジェクトを完了させ、収益をあげるために重要な要素です。また、契約から建築作業、代金回収まで管理すべき工程・データも多岐に渡るので人間の記憶やエクセルによる管理には限界があります。

適正なプロジェクト管理を実施したいのならば工事管理システムの導入がおすすめです。システムを活用することでさまざまなデータを一元管理、プロジェクトの進行を円滑化できます。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
施工管理ソフト・アプリの最近更新された記事