Article square balloon green
2018-05-08

施工管理とは | 施工管理技士の役割や必要な資格・スキルを解説

施工管理とは建築現場での現場監督の業務内容です。本記事では施工管理技士の仕事内容や資格の必要性、どのような管理業務があるのかを紹介します。これから建設業界で働く方、現在建設業界にいてキャリアアップしたい方は必見です。
社内コミュニケーションプロジェクト管理・工数管理
Large

施工管理とは

施工管理とは、建築業で行われる安全管理や工程管理などの総称で、これを行うためには施工管理技士という国家資格が必要です。

本記事では、この施工管理についての具体的な業務内容について紹介し、施工管理を行う者に求められる資格や能力について解説します。

施工管理の仕事・業務内容が知りたい方や建設業界内での位置付けが知りたい方は必見です。

施工管理の4つの役割

施工管理が担う具体的な4つの役割について解説します。以下で紹介する4つの役割は、施工管理をするうえで欠かせない重要なポイントになります。

原価管理

工事の品質を良くすればするほど原価は上がり利益が減ってしまい、品質を下げればその分原価を抑え利益を上げられます。

そのため、クライアントが求める品質と、自社の必要利益のバランスを考えて材料や人員を管理する原価管理が必要です。

この原価管理をコントロールできなければ、顧客満足度が下がってしまったり、自社の利益がなくなってしまったりするという自体を招くので、施工管理の中でも重要度の高い管理業務です。

工程管理

工事現場では、「現在どのようなスケジュールと工程で進められるのか」ということを管理する必要があります。

「予定どおり進んでいるのか?」を常に把握し、もしトラブルなどにより予定どおり進んでいないのであれば、人員を追加したりスケジュールを変更したりしなくてはいけません。

これはクライアントへの納期を守るためであり、現場での統制を図るために必須です。

品質管理

クライアントへの満足度を得るためには、相手の求める品質での納品が必要です。

品質管理では、使用する材料の規格や使用方法などが適正かどうかを判断し、事故や欠陥にならないようにチェックをしなくてはいけません。

クオリティを高めることと同時に、異常やバラツキが発生しないように管理することが重要です。

安全管理

建設現場は常に危険と隣り合わせでの作業になります。現場では「安全第一」という言葉があるように、作業員や技術者の安全が確保された状態で業務が進められることが最低限の条件です。

作業員一人ひとりの注意も必要ではありますが、全体を管理する施工管理技士の指導や無理のない指示が安全な作業環境を作ります。

施工管理技士とは

施工管理を行うには「施工管理技士」という国家資格がなければ業務を行えません。以下では、施工管理技士の種類について紹介します。

施工管理技士の種類

施工管理技士は以下の6種類あります。

  • 土木施工管理技士
  • 建築施工管理技士
  • 管工事施工管理技士
  • 電気工事施工管理技士
  • 造園工管理技士
  • 建設機械施工技士

これらの管理技士にはそれぞれに1、2級の区別がありますが、どちらの級を持っていても主任技術者として現場に入れます。

しかし、2級では監理技術者になれないという細かいルールもあるので、以下で1、2級でそれぞれどのような差があるのかを解説します。

施工管理技士になるとできること

2級の施工管理技士では、土木、建築、管、電気、造園、鋼構造物、舗装の監理技術者になれません。

そのため、実際に現場に入る際には、1級施工管理技士が監理技術者2級施工管理技士が主任技術者ということになります。

幅広く活躍したいと思うのであれば、1級施工管理技士の方が活躍できるフィールドが広がります。

施工管理者に求められる2つのスキル

実際に現場で施工管理を行うには、施工管理技士の資格を持っていることのほかにさまざまなスキルが求められます。以下では現場で施工管理者に求められる2つのスキルについて紹介します。

マネジメント力

工事現場というのは、自社だけのチームではなく、他社のチームと一緒になって作業を行うことも少なくありません。

現場関係者と連携しながら、安全確保、進行管理表どおりに品質を維持するための管理などを行うためにマネジメント能力が必要です。

コミュニケーション力

現場を管理するためには、多くの作業員やスタッフとコミュニケーションを取らなければいけません。

そのため、滞りなく効率よくスムーズに施工を進めるために、作業員達との円滑なコミュニケーションを行うための、高いコミュニケーション力が必要となります。

施工管理で身につくスキルとは

施工管理は一つのことだけを管理するのではなく、同時にいろいろな業務の管理を行わなくてはいけません。以下では、施工管理を行うことで身につくさまざまなスキルについて紹介します。

リーダーとしてのスキルの会得

原価や作業の工程・安全の管理、人員の整理など、全体を把握しながら自分が中心となってディレクションするといった業務がリーダーシップの向上に結びつきます。

現場に立って実際に人・モノ・スケジュールを管理することで、幅広い視野が身につき、どうすればチームとしてうまく進められるのか?というリーダーとして必要なスキルが身につきます。

建築業界の最先端の技術を学習可能

新たな工法や仕様が次々に導入される建築業界なので、指揮をとりながら最新の技術も学べます。

新しい技術などは、触れてみないとわからないものが多いため、その分野に関わることがなければ知ることは困難です。

しかし、施工管理をするためには現在の技術と最先端の技術を比較することも必要であるため、施工管理をしながら知ることができます。

建設業界には施工管理が不可欠

現在では建設業界には施工管理が不可欠であり、今後ますますそのスキルを持った人材は必要とされます。

身につけるべきスキルや管理する内容は一朝一夕で習得できるものではありませんが、施工管理ができるようになることで活躍できる幅が広がります。

ぜひ今後建設業界で働こうと考えている方は、施工管理について学習することも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article whitepaper bgS3 0
プロジェクト管理・工数管理
選び方ガイド
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事