コピー完了

記事TOP

BOXIL SaaS AWARD 2021 SaaS AWARD大賞、AI/IoT SaaS賞 - LegalForce導入事例

最終更新日時:
記事の情報は2021-02-26 23:14時点のものです。
「BOXIL SaaS AWARD」とは、毎年3月4日をSaaSの日(サースの日)として開催しているSaaSマーケティングプラットフォーム「BOXIL」主催のSaaSの表彰イベントです。「BOXIL SaaS AWARD 2021」でSaaS AWARD大賞とAI/IOT SaaS賞を受賞したLegalForceの活用事例を紹介します。

受賞サービス

サービス名: LegalForce
受賞企業:株式会社LegalForce
LegalForceは、業務効率と品質向上に役立つ、クラウド型の契約書レビュー支援ソフトです。AIによる自動レビューにより、契約書レビューにおける見落としを防ぎながら業務効率を向上できます。自社のひな型やレビュー済みの過去の契約書を、自動でデータベース化することも可能です。データベースを活用することで、担当者ごとの知識や経験の差による業務品質のばらつきを解消できます。

サービス詳細はこちら
クチコミ確認はこちら

サービス導入企業

  • 企業名:よつば総合法律事務所
  • 業種:コンサルティング/専門サービス
  • 従業員規模:11〜30人
  • 所在地:千葉県
  • 設立後年数:11~20年

導入前の課題

契約書レビューは企業法務において重要な業務のひとつだが、中小企業法務においては特に重要である。力関係が上の相手方の場合、条項を修正すること自体が困難なこともあり、不利な条項を見逃すことが、中小企業では命取りになることもあるからだ。

そうしたリスクを正確に把握するためには、同じ契約書を何度もチェックしたり、場合によってはダブルチェックを行うこともあるため、契約書レビューには日頃多くの時間を割いていた。

その上、クライアントは弁護士に対して、迅速な契約書チェックを期待していることが多い。クライアントの期待に応えるためには、要点を確実に抑えながら、迅速にレビューを行う必要があった。

こうしたレビュー業務を、なんとか品質を落とさずに効率化できないかと考え導入に至った。

導入による効果

一番導入の効果を実感したポイントは、レビュー時間の短縮。LegalForceを利用することで、レビューに取り掛かる際の準備時間が大幅に軽減でき、5割、あるいはそれ以上の作業時間を削減できている。

また、抜け漏れを見落とすことへの漠然とした不安感も解消された。品質を担保するためとはいえ、全ての契約書レビューに人の目によるダブルチェックを挟むことは困難である。しかし、LegalForceのレビューでは契約書のリスクを網羅的に洗い出してくれるので、全ての契約書で人間の目とAIの目による実質的なダブルチェックが可能になった。

効果をもたらした機能

  • 自動レビュー機能
  • 条文比較機能
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
ニュース・特集の最近更新された記事
日米5000万DLのスマートニュース 大型資金調達が成功した理由とは?/前編【BOXIL EXPO】
日米5000万DLのスマートニュース 大型資金調達が成功した理由とは? /後編【BOXIL EXPO】
「カインズ」の小売業DXはなぜ成功したのか プロ経営者が描くデジタル戦略2つの肝【BOXIL EXPO】
2020年9月、ボクシルで資料ダウンロード数が最も増加したカテゴリは?【BOXILマンスリーレポート】
【導入事例50件を分析】人事管理システムの導入目的と決め手となった理由とは? 意外な盲点も 
【導入事例】入社直後でも月400件の経理処理がスムーズ ユーザベースの経費精算システムの使い方
株価も上昇?今や1万社、健康経営優良法人を目指す企業が急増するワケとは
スタートアップCFOが考えるニューノーマルの成長戦略 挑戦への基盤づくりを - BOXIL EXPO特別対談
「非常時こそ変革のチャンス」企業再生のプロ冨山氏が語る、AfterコロナのCX経営 - BOXIL EXPO特別講演
ピンチはチャンス! 獺祭が挑戦を続ける理由「昨日と同じ今日を繰り返さない」- BOXIL EXPO基調講演