コピー完了

記事TOP

会員限定記事

経産省と東証が約500社から選ぶ「DX銘柄2021」 グランプリ2社のDX施策はどこがスゴい?

記事の情報は2021-07-14時点のものです。
経済産業省と東京証券取引所が2021年6月、デジタル技術を活用して業務や経営を変革し、企業成長につなげている上場企業28社を、「デジタルトランスフォーメーション銘柄(DX銘柄)」として選定しました。選定企業のうち、日立製作所(東京都千代田区)と、不動産テック企業のSREホールディングス(同港区)がグランプリに選ばれました。

DX銘柄は、先進的なDX施策に取り組む企業をPRする狙いで創設された国の顕彰制度です。2015年から毎年上場企業を対象に調査、結果を発表しており、前身の「攻めのIT経営銘柄」を含めて今回で7回目を数えます。

今回は経産省の調査に回答した企業464社を選定対象とし、アナリストや監査法人代表など有識者7人でつくるDX銘柄評価委員会が、DX施策の企業価値貢献やDX実現能力などを評価指標に、業種ごとに1〜2社を選定しました。

DXグランプリ2021・DX銘柄2021選定企業/出典:デジタルトランスフォーメーション銘柄(DX銘柄)2021

グランプリは日立製作所とSREホールディングス

注目すべきは、選定要件に2020年5月に施行された改正情報処理促進法に基づくDX認定制度に申請していることが条件に加わった点です。同認定制度は、デジタルガバナンス・コードの基本的事項に対応した企業を国が認定するものであることから、今回の選定企業28社はこれまで以上にDX推進に強い意識を持っていると考えられます。

DX推進により高い意識を持っていたとみられる今回の選定企業はどのようなDX施策に取り組んできたのでしょうか。グランプリに選ばれた日立製作所とSREホールディングスの2社に絞り、取り組みをご紹介します。

アナログだった不動産業界でDX

出典:デジタルトランスフォーメーション(DX銘柄)2021

SREホールディングスは、ソニーの新規事業創出の取り組みの第1弾として2014年4月に設立した企業です。一般消費者向けに不動産仲介サービスを展開する一方、ITプラットフォームにも参入し、AI技術を活用した事業を展開。18年からは、自社のAI技術を他業界の事業者に提供する100%子会社の「SRE AI Partners」を設立し、AIソリューションを本格展開してきました。

SREホールディングスの事業そのものがDXと言えるのですが、DX銘柄2021でとりわけ評価されたのが、クラウドサービスを使った自社不動産の仲介事業の効率化です。

同社は、売手と買手それぞれに専任の担当者をおく片手仲介を展開しつつ、2015年から売手の集客と売手の仲介業務、買手集客、契約業務の4つのフェーズで自社不動産事業の効率化を行いました。

査定書作成の時間が従前の18分の1に削減

先駆的だったのが、売手の仲介業務のフェーズです。ソニーのAI技術を活用した不動産価格推定エンジンを開発し、マンションや戸建、土地といった多様な不動産の成約想定価格を提供。180分程度かかる査定書の作成の時間を10分に削減するなどの成果をあげました。

不動産価格推定エンジンが提供する物件の成約価/SREホールディングス提供

また、買手集客では、AIが顧客の希望にかなった物件情報や査定情報を作成し、自動で追客メールを送信するAIマーケティングオートメーション(MA)を開発。追客メールの作成時間を年間600時間削減した上に、過去反響の掘り起こしにつなげました。

不動産の売買交渉の山場となる契約業務では、重要事項説明書や売買契約書の作成を半自動化するクラウドサービスを開発し、作業効率が飛躍的に向上したと言います。

追客メールを送信するMAの管理画面/同社提供

異業種企業にAIソリューションを提供

同社のDXの強みはこうした社内向けの取り組みだけではありません。SRE AI Partnersと共同でSaaSプロダクトを他社に提供している点も、同社のDX施策の真骨頂といえます。

このAI SaaSプロダクトの提供は、自社不動産事業の効率化で培ったノウハウやデータを、モジュール製品のように特定業界に応用し、AIクラウドサービスやコンサルティングサービスとして業界各社に提供する仕組みです。

現在、エネルギーや不動産などの各業界の企業2〜3社とパートナー契約を締結し、パートナーが保有するデータやナレッジと、SREホールディングスのAI技術を組み合わせたサービスを開発・展開を進めています。また、今後はAI技術を共有する提携先をESG(環境・社会・ガバナンス)など幅広い分野に広げていくとしています。

AI SaaSプロダクト提供の概念図/同社HP

DX施策をがっつり進められた理由は驚きの体制

この記事は会員限定です。 登録して続きをお読みください。

会員登録(無料)のメリット
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
ニュース・特集の最近更新された記事
年末調整へ相談増 気鋭の社労士が本音で語る、人事労務のクラウド導入を成功させるコツ
野村不動産、コロナ禍でマンション成約率を上げた営業DXとは?リクルート「コレカラ会議」
デロイトトーマツが2700社の有価証券報告書を分析、DXの記載率トップの業界は?
経営者はDXに何を求めているのか デロイトトーマツ、2700社の有価証券報告書から分かったこと
日米5000万DLのスマートニュース 大型資金調達が成功した理由とは?/前編【BOXIL EXPO】
日米5000万DLのスマートニュース 大型資金調達が成功した理由とは? /後編【BOXIL EXPO】
「カインズ」の小売業DXはなぜ成功したのか プロ経営者が描くデジタル戦略2つの肝【BOXIL EXPO】
2020年9月、ボクシルで資料ダウンロード数が最も増加したカテゴリは?【BOXILマンスリーレポート】
【導入事例50件を分析】人事管理システムの導入目的と決め手となった理由とは? 意外な盲点も 
【導入事例】入社直後でも月400件の経理処理がスムーズ ユーザベースの経費精算システムの使い方