コピー完了

記事TOP

会員限定記事

話題の「HRテック」ってなんだ?定例業務を減らし、戦略的人事へ

記事の情報は2021-07-28時点のものです。
近年、「HRテック」という言葉を良く耳にします。でも、一体何を指し、どんなメリットがあるのか、活用法が分からないという方も多いのではないでしょうか。話題のHRテックについて、人事分野に詳しい著者が徹底解説します。

ただでさえ煩雑な人事業務ですが、最近は人手不足もあって少ない担当者で切り盛りしなくてはいけない状況が続いています。テクノロジーを活用し、少しでも業務をスムーズに回したいというニーズが高まるのは当然です。

人事担当者であれば、イマドキ知らないとは言いにくい「HRテック」の基礎編として、「HRテック」の定義や導入メリット、活用法を解説します。

HRテックとはなにか

「HRテック」とは、「HR(Human Resource)/人的資源・人事」と「テクノロジー(Technology)から成る造語で、エイチアールテックと読みます。AIやIoT、ビッグデータ、クラウド、ロボットなどの最新テクノロジーを活用し、人材の育成や採用、評価、配置などあらゆる人事業務の効率化や業務品質の向上をサポートして行く手法を意味しています。

出典:マンパワーグループ「HR Tech導入と運用状況の調査」/調査時期:2021年1月

これまでも、さまざまな大手ベンダーから人事管理システムが提供されていました。しかし、企業が個別にシステムを設計・開発しなければならず、多額のコストと時間が必要だったため、導入は大企業が中心でした。

しかし、クラウドサービスやAI、ビッグデータなどの技術が普及したことにより、状況は大きく様変わりしました。「HRテック」は導入コストがかなり抑えられますし、ユーザーインターフェースや操作性も改善されており、中小企業・中堅企業にとても使いやすくなりました。

HRテックが今、注目される背景

「HRテック」が日本で今注目されている背景には、働き方改革の推進があります。日本社会は少子高齢化が加速しており、労働者人口が急激に減少しています。また、従来から継承されてきた終身雇用や年功序列などの雇用システムが崩壊し、より多様な働き方が求められるようになりました。

そうした状況下で、いかに優秀な人材を獲得し、活躍の場を提供していくかは企業にとって最も重要な課題です。その課題解決にはデータの分析・活用が不可欠であるため、「HRテック」への期待が大きく高まっているのです。

また、テクノロジーの発達も大きな要因です。特に、ビッグデータを高速に収集・解析できる技術の登場、スマートフォンやタブレットなどの高機能デバイスの急速な普及、AI(人工知能)の進化などは、見逃せない動きでしょう。

HRテックを導入する大きな3つのメリットとは?

実際のところ、「HRテック」を導入すると人事業務がどう変わるのでしょうか。導入するメリットを整理したいと思います。

この記事は会員限定です。 登録して続きをお読みください。

会員登録(無料)のメリット
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
ニュース・特集の最近更新された記事
年末調整へ相談増 気鋭の社労士が本音で語る、人事労務のクラウド導入を成功させるコツ
野村不動産、コロナ禍でマンション成約率を上げた営業DXとは?リクルート「コレカラ会議」
デロイトトーマツが2700社の有価証券報告書を分析、DXの記載率トップの業界は?
経営者はDXに何を求めているのか デロイトトーマツ、2700社の有価証券報告書から分かったこと
日米5000万DLのスマートニュース 大型資金調達が成功した理由とは?/前編【BOXIL EXPO】
日米5000万DLのスマートニュース 大型資金調達が成功した理由とは? /後編【BOXIL EXPO】
「カインズ」の小売業DXはなぜ成功したのか プロ経営者が描くデジタル戦略2つの肝【BOXIL EXPO】
2020年9月、ボクシルで資料ダウンロード数が最も増加したカテゴリは?【BOXILマンスリーレポート】
【導入事例50件を分析】人事管理システムの導入目的と決め手となった理由とは? 意外な盲点も 
【導入事例】入社直後でも月400件の経理処理がスムーズ ユーザベースの経費精算システムの使い方