コピー完了

記事TOP

会員限定記事

急成長中のHRテックでトップクラスの導入率、「採用管理システム」は本当に必要なのか

記事の情報は2021-08-26時点のものです。
人事領域を大きく変革するHRテックの中でも、導入率が高いのが「採用管理システム」です。長年、HR領域を取材してきた筆者がその理由と導入メリットを解説します。最近は安価なシステムも登場し、導入しやすくなっています。

いつの時代においても、優秀な人材は企業の成長を支える源泉です。それだけに、採用担当者は採用業務に膨大な労力と時間を費やしています。できれば、もっと効率的かつ効果的に採用活動を進めていきたいと悩んでいる企業が多いのではないでしょうか。

そんな課題を解決できるかもしれないのが、「採用管理システム」です。今回は「採用管理システム」の定義や注目される背景、導入のメリットを詳しく解説していきたいと思います。

「用語は聞いたことがあったけれど、本当に必要なのか判断したことがなかった」「何ができるのか良く分かっていなかった」という方にこそ読んで頂きたいと思います。

採用管理システムとはなにか

採用管理システムとは、母集団形成から応募者管理、選考、内定、入社に至るまで、さまざまな採用プロセスやデータを一元的に管理するシステムです。英語ではATS(Applicant Tracking System)と呼ばれています。

日本語では、応募者追跡システムと呼称されます。近年、注目されているHR techツールのなかでも、トップクラスの導入率を誇っています。

その理由は、採用業務があまりにも煩雑であり、採用する側の人的・時間的リソースを圧迫しているからです。システム化することで、少しでも負担を軽減できないかと考える企業が多いと言えます。

将来的には採用の最終段階、すなわち面接だけを人が行い、残りはテクノロジーで対応する時代がやってくると見込まれています。

HR techを導入した業務領域/出典:株式会社オデッセイ「HR techに関する市場調査」(2019年2月)

「採用管理システム」の代表的な機能

採用管理システムにはどんな機能があるのでしょうか。代表的な機能を紹介します。

求人案件の管理

自社採用ページの自動作成、求人情報の検索、複数求人媒体・検索エンジンとの連携およびデータの一元管理など。

応募者情報の管理

応募者の履歴書や職務経歴書・求人媒体に登録されているスキルや実績などの応募者情報の管理・検索、面接日程の調整・管理、面接官の評価入力、選考状況の進捗管理など。

コミュニケーション

応募者・候補者へのメール配信、内定通知・フォローなど。

採用業務のなかで、HR techの活用が期待される業務/(出典:株式会社オデッセイ「HR techに関する市場調査(2019年2月)

注目される背景は?

この記事は会員限定です。 登録して続きをお読みください。

会員登録(無料)のメリット
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
ニュース・特集の最近更新された記事