コピー完了

記事TOP

無料でオラクルデータベースを使える「Oracle Database XE」と「OTN開発者ライセンス」とは

最終更新日時:
記事の情報は2020-08-25時点のものです。
「OTN開発者ライセンス」は、学習目的ならば無料で利用できるoracleのライセンス。また、商標利用も可能な「Oracle Database XE」も無料で利用が可能です。それぞれの詳細を説明していきます。

「OTN開発者ライセンス」とは

主に学習目的で利用できるoracleのライセンスです。商用利用でなければオラクル社の製品を無料で利用できます。最新のデータベースも、商用での利用でなければ無料で使えるという事です。商用での利用でなければ無料なので、開発や検証用の環境としても使ってOKです。

oracleのデータベースはさまざまな企業で利用されている、最もスタンダードなデータベースの一つなので、これからネットワーク業界へ入りたい人にとっても、すでにネットワーク関連のお仕事をやっている人でも、もっとネットワーク知識を深めたい人にとって、「OTN開発者ライセンス」の取得はおすすめできます。オラクル社製品をを勉強用に、無償で使えるのは大きいです。

「Oracle Database XE」は商用利用もOK

「OTN開発者ライセンス」とは別に、無料用の仕様にしたデータベースの「Oracle Database XE」というデータベースがあります。これはOracle社の数あるデータベースの中でも、無料で利用できるOracleデータベースです。

無料で利用する人用の仕様になっているので、商用で本番利用するには少し厳しい制限はありますが、中身は完全なOracleデータベースそのものです。なので、こちらも本番実装前のテスト段階や、Oracleデータベースを学びたい人にはうってつけのデータベースソフトです。

こちらは商用利用できますが、データベースソフト自体の制限が厳しいので、商用利用には向かない場合が多いです。10gでは4GBまでだったデータベース容量が、11gでは11GBまで増えていますが、やはり、後々のことを考えると、商用の本番利用には心もとない容量です。また、パッチやサポートを利用することはできません。「Oracle Database XE」を商用利用に使う際は、慎重に検討すべきでしょう。

「OTN開発者ライセンス」の制限

「OTN開発者ライセンス」の制限として、「Oracle Database XE」と同じく、パッチやサポートを利用することはできない制限があります。

また、「Oracle Database XE」では制限されている容量やメモリ使用の制限等は無いので、商用利用でなければ、データベースソフトの性能をフルで使用することが出来ます。商用利用を考えていない場合や、商用利用時に正式なライセンスを取得する前提の場合は、「Oracle Database XE」ではなく、「OTN開発者ライセンス」の方を使用するのが良いでしょう。

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計800社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
データベースの最近更新された記事