LINE、OpenChat機能リリース - トークルームごとにプロフィール変更、最大5,000人

公開日:

LINEの新機能「OpenChat(オープンチャット)」がリリースされた。トークルームごとにニックネームやプロフィールを変更でき、趣味を通じた幅広い交流ができる。

LINE、OpenChat機能リリース - トークルームごとにプロフィール変更、最大5,000人

LINEは8月19日、トークルームごとにプロフィール設定を変更できる新機能「OpenChat(オープンチャット)」をリリースした。iOS でVer.9.12.0以上、AndroidでVer.9.13.0以上のアプリが対象。

OpenChatは趣味やライフスタイルの共通点をベースに、グループトークや情報交換を楽しむことを想定している。トークルームごとに名前やプロフィールを変更でき、それぞれのコミュニティにあわせられる。

8月から先行利用を行っており、1,500以上のトークルームが作成された。ゲームやスポーツ観戦、旅行などの趣味、ダイエットや筋トレなど“みんなで頑張る“もの、ボランティアスタッフの連絡など、さまざまなテーマで利用されているという。

各種情報を記録として残せるノート機能、特定メッセージを引用返信できるリプライ機能、重要なメッセージをピン留めできるアナウンス機能、特定の人に知らせられるメンション機能、アンケートを行える投票機能など、大人数でトークする際に便利な機能がよく使われる傾向にあるとのこと。

ほか、OpenChatならではの機能は次のとおり。

(1)トークルームごとにプロフィールを変更できる

参加するトークルームごとにプロフィールの名前と写真を変更できる。LINEに元々登録しているプロフィールに反映されることはない

(2)管理人制度の導入

管理人制度を導入し、トークルーム作成者が管理者に。NGワードを登録できる「アンチスパムボット機能」などを活用し、運営を進められる。また管理者は共同管理者を最大100名まで指名可能。

(3)選べる3つの招待/参加方法

招待/参加方法は3つから選べる。誰もが参加できるトークルーム、管理者が参加を承認するトークルーム、参加コードの入力が必要なトークルームの3種類。途中で設定変更も可能。

(4)参加前のトーク履歴を確認できる

グループトークに参加する前のトーク履歴を一定期間さかのぼって確認できる(テキスト:約180日、画像:約30日前)。

(5)最大5,000人が参加可能

従来のグループトークでは最大参加人数が500名だったが、OpenChatは最大5,000名。10倍まで拡大された。


なお、コミュニケーションをとる相手が拡大するため、18歳未満および年齢認証を経ていないユーザーは一部の機能が制限される。ほか、「通報」機能を備え、同意を得たうえで投稿内容のモニタリングを行い、「安心安全なコミュニケーション環境の維持に努め」るとのこと。

LINEでは、各種サービスとの連携企画も予定。たとえば、LINE NEWSと連携し、サッカー日本代表選を対象にスポーツファン同士が交流できる企画を9月に予定している。また年内には、人気ゲーム「荒野行動」とのコラボレーションを予定。戦隊メンバーとのトークをゲーム時間外でも楽しめるのがポイントだという。

LINE OpenChatと荒野行動コラボ画面イメージ 荒野行動とのコラボ画面イメージ(出典:プレスリリース)

同社は、今後もこういった連携企画を進めていくとしている。

今さら聞けないLINE使い方の基本【完全ガイド】

LINEトーク初心者向けマニュアル

LINEの通話機能を徹底解説!

続々登場!LINE便利機能の使い方

PC(パソコン)版LINE使い方ガイド

LINEの裏技・テクニック・豆知識まとめ

※順次追加予定