工程管理システムのサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
情報なし
情報なし
情報なし
初期費用
150,000-
情報なし
利用料
(月額)
60,000-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
未対応
初期費用
180,000-
情報なし
利用料
(月額)
0-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
2,800,000-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
楽楽販売(工程管理)の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
サクっと工程SPの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
情報の一元管理で進捗状況を見える化
情報の一元管理を行うことで進捗状況がリアルタイムで見える化され、対応漏れや対応遅れが削減できるだけでなく、作業の属人化を防止します。 さらに、複数拠点や協力会社とも情報共有が可能なため、共有漏れや引継ぎ時の負担を減らし、スムーズな連携を実現します。
2.
ルーチンワーク自動化で業務工数を削減
案件情報を一元管理することで、同じ情報を何度も転記する手間がなくなります。 帳票発行やメール送付などの繰り返し作業をボタン1つで自動化し、業務の工数を大幅に削減できます。
3.
柔軟なカスタマイズが可能であらゆる社内業務に対応
ノンプログラミングで自社の業務フローに合ったシステムを構築できます。 柔軟性が高く、項目や業務プロセスを自由に設定できるので、運用時の入力を最小限に抑えてミスを削減し、業務をラクにします。 充実したサポート体制で運用開始までしっかりバックアップするため、システムの構築経験がなくても安心です。
詳細を確認
1.
すばやく見える化
TimeTrackerNXは個人からタスク単位、プロジェクト単位まで毎日の見える化をサポートします。たとえば、工数データやプロジェクトの最新情報を確認することができるダッシュボード機能や、工数を入力しながらすばやく見える化するクイックレポートといったさまざまな機能を搭載しています。 クイックレポートでは、自動的に入力した実績工数が集計されてグラフ化されるため、自分の工数をスピーディに見える化します。また、実績の色とグラフの色が統一されていることから、具体的な仕事ぶりが視覚的に表現でき、分析しやすくなっています。さらに、プロジェクトの任意の作業単位で工数分析などを確認できるため、手間なく業務改善を進めることができます。
2.
簡単な工数入力で入力負荷を軽減
プロジェクトにおいて、納期遅れや品質などの問題にバイアスをかけることなく素早く対応するためには、事実の把握のための工数管理が必須です。作業時間としての工数を見える化することにより、品質やコストの状況がわかるようになります。 TimeTrackerNXはドラッグ&ドロップなど、1分で工数入力できる直感的かつWebアプリケーションとは思えない軽快で洗練されたインターフェースになっています。いつからいつまでそういった作業を行ったかをドラッグ&ドロップで入力できるため、手間のない工数入力と見える化を実現しています。誰でも負荷なく続けることができるため、高精度な工数計測を実現し、見える化から業務改善につなげることができます。
3.
軽快な操作性で現場志向のプロジェクト計画が可能
一般的に、プロジェクト管理ツールは便利でも使い勝手が悪いといったイメージがあります。しかしTimeTrackerNXなら、プロジェクトのスケジュール管理・進捗管理に活用するガントチャートも細かい日付の入力などは一切不要で、ドラッグ&ドロップするだけの簡単な操作でプロジェクトの直感的なスケジューリングが可能です。 また、プロジェクト計画の立案に関しても、実際には大まかに計画を立て、次に段階的に詳細を詰めていくといった手法が現実的です。TimeTrackerNXなら、スケジュールや工数を大まかな単位から作業別といった細かな単位で計画を立てることが可能で、さらにプロジェクトをリアルタイムに共同編集することも可能です。
詳細を確認
1.
工程計画を作成する手間を削減できる
サクっと工程SPなら、工程のスケジュールは自動連動で、計画作成の手間がなくなります。機械、工順、人員などスケジューリングに必要なマスタ類は、エクセルとの連携により入力にかかる手間を省くことができます。自動でマスタ登録されるため、個別生産品に対しても対応が可能となります。 自動連携したスケジュールの訂正が必要な場合は、スケジューリング後に手動で調整できます。飛込品の再スケジュールも、「サクっと工程SP」なら迅速に対応可能です。従業員の残業や休日出勤を事前に予測できるため、リソースの確保がしやすくなります。
2.
客先にはっきりとした納期の回答が可能に
サクっと工程SPは、工程管理システムの中でも上級ソフトです。一般的な工程管理システムの場合、ガントチャート機能では日時でしか把握できませんが、サクっと工程SPなら分単位でのスケジュール管理が可能です。これにより、客先に確実な納期を回答できるようになります。 遺伝的アルゴリズムを用いて最適なスケジュールを自動作成することで、機械稼働率をUPします。また、機械稼働率グラフにより、1週間後のマシン稼働予定を見える化できるので、空き状況を即時に把握可能です。特急品の割込判断も迅速にできます。
3.
オプションで作業実績も自動で報告
サクっと工程SPは、生産性向上設備投資促進税制の対象パッケージソフトです。即時償却、または最大5%の税額控除を受けられます。オプションの作業実績収集システム『サクっとPOP』シリーズを活用すれば、作業実績を自動で報告できます。「開始」「終了」を選ぶだけで、従来のように日報を仕上げる手間を省くことが可能です。 また、サクっと工程SPの予約制セミナーが、イベント会場等で随時開催されています。工程管理においてどのような支援が可能か、具体的に確認できるチャンスです。
詳細を確認
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
利用可能
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし