Article square balloon green
2016-05-20

VPS(仮想専用サーバー)とは | オンプレミスとの違いを比較・メリット・デメリット

仮想サーバーには、自社で環境を構築するオンプレミスとレンタルして環境を構築するVPS(仮想専用サーバー)があります。オンプレミスとVPSの違い、メリット・デメリットを比較して解説します。
VDI(デスクトップ仮想化)
Large

この記事では、仮想サーバーのメリット・デメリットを解説します。

オンプレミス仮想サーバーとは

仮想サーバメリットデメリット
オンプレミスでは自社サーバに対しVMWare(ヴイエムウェア)やHyper-V(ハイパー・ブイ)などの専用ソフトを使用し、仮想環境を構築するのが一般的です。

オンプレミス仮想サーバーのメリット

サーバー台数が減る

一つの物理サーバーに対し複数の仮想サーバーを構築するので、単純にサーバー台数を減らせます。

これによりサーバー費用の削減、運用業務の軽減などのメリットが得られます。

リソースを一元管理

一つの物理サーバー上で稼働している仮想サーバーはリソースを一元的に管理できるため、ここでもまた運用業務の軽減やリソースの自由な増減といったメリットがあります。

リソースを柔軟に割り当てられるメリットは、各システムのピーク時に合わせて増減が可能なのでシステムダウンを防ぐことが可能です。

古い環境の延命

仮想サーバーでは、最新のハードウェアには対応していないような古いシステムやアプリケーションを稼働できます。このためシステムを延命でき、リプレースの必要がありません。

次にデメリットを見ていきましょう。

オンプレミス仮想サーバーのデメリット

耐障害性の強化が必要

一つの物理サーバー上で複数の仮想サーバーを一元管理しているということは、障害発生時の影響が全てのシステムに出るということ。従って仮想サーバ環境では従来より耐障害性を強化しなくてはなりません。

運用技術の問題

仮想サーバーでは通常の運用技術とは異なる技術が必要なので、そのスキルを持っている社員または仮想化技術の教育が必要となります。

物理サーバに性能が劣る

それぞれが独立した一つのサーバーとして稼働していても、物理サーバのリソースを分割して稼働していることには変わりありません。そのため物理サーバの性能に劣ります。

オンプレミスの注意点としては「コスト削減を追求し過ぎないこと」です。

サーバ台数が削減することで大きなコストメリットを感じる方が多いようですが、実際は冗長化のためのサーバを用意する必要があります。

サーバ台数を削減できるのは間違いありませんが、仮想サーバ以外の一切のコストを削減できるわけではないのです。

VPS(仮想専用サーバー)とは

laptop-1160447_1920
VPSとは、ベンダーが提供する仮想サーバを専用サーバとしてレンタルするサービスです。

VPSのメリット

安価で専用サーバがレンタルできる

「共有サーバだとリソースが足りない、でも物理専用サーバはレンタル料が高い」という悩みを解消するのがVPS。仮想サーバであることから物理専用サーバよりも安価でレンタル出来るのが第一のメリットです。

独自に構築でき、比較的自由度が高い

共有サーバではベンダーが構築した環境をレンタルするので、インストールされているOSなどは固定です。VPSは、独自に環境を構築できるので比較的自由度が高いのが利点です。

VPSのデメリット

他ユーザーの干渉を受ける

仮想サーバーを専用でレンタルすると言っても、物理サーバを共有しているという事実は変わりません。従って他ユーザーが高負荷な処理をしていると干渉を受けることもあります。

サーバー運用の知識が必要

自由度が高い分サーバー運用に関する知識が必要となるので、自社に詳しい人材がいるか独自で知識を身に付けることが条件です。

VPSでは専用でレンタル出来るため、共有サーバーよりはセキュリティ性が高いですが、やはり物理専用サーバには性能で劣ります。良くも悪くも「共有サーバと物理専用サーバの中間」と考えておくと良いでしょう。

オンプレミス仮想サーバーとVPS違いを正しく理解

今回、オンプレミスとVPSそれぞれのメリット・デメリットを紹介しましたが、利用目的や自社の環境によってどちらを選ぶかは異なってきます。

両者の違い、メリット・デメリットを正しく理解してサーバー環境を構築しましょう。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事