コピー完了

記事TOP

SNSで優秀な人材を採用!?注目のソーシャルリクルーティングとは

最終更新日:
SNSを使った採用活動のことを「ソーシャルリクルーティング」と呼びます。今回はソーシャルリクルーティングのメリットを解説します。

SNSを採用活動につかう?

TwitterやFacebookなど、今やなくてはならない存在となっているSNS。
普段はプライベートで利用されることの多いSNSですが、採用活動に利用する企業が増えています。
SNSを使った採用活動のことを「ソーシャルリクルーティング」と呼び、海外ではメジャーな手法となっており、国内でも採用をメインにしたサービスが登場。
売り手市場と言われる中で、より良い人材を獲得するため、企業が能動的に動く必要があるのです。


SNSを使わなくても、直接相手に接触してリクルートすることは可能です。ダイレクトリクルーティングは自社の社員から近しい人を採用するやり方であり、下の記事ではそれを詳しく紹介していきます。


ソーシャルリクルーティングとは

ソーシャルリクルーティングが広まっている背景には、企業の求める人材が非常に高度になっていることが挙げられます。高いスキルを持った人材は、採用広告や人材紹介ではなかなか見つからないというのが現状。

そこで、SNSを通じて人となりを知ることで、良いと思った人材へのアプローチができるのです。その時点では転職の意志がなかったとしても、早くから繋がりをつくっていることで声をかけ、スカウトすることも可能に。

また、企業としての採用SNSアカウントを活用することで、求職者への自社ブランディングを効果的に行なえます。Facebookの採用アカウントにて説明会の情報や、社内の雰囲気、内定者の情報などを発信することができ、求職者にとって非常に身近な存在に。良い人材の囲い込みにも一役買っているのです。


ソーシャルリクルーティングのメリット

ソーシャルリクルーティングの最大のメリットは、幅広い潜在求職者層へ、コストをあまりかけないアプローチが可能なことでしょう。企業理念や社風を気軽に発信できるので、社内の「見える化」が進み、採用のマッチング率が高まります。

SNSは「双方向」という性質があります。ある投稿に対して、企業側も、求職者側もコメントができ、直接会わなくても対話ができるのです。また、SNSは「拡散」という性質もあります。求職者が企業の投稿に興味を持つと、それを読んだ求職者が情報を拡散(自分とSNSでつながっている人に広めること)を行います。

その情報を見た人が、全然知らなかった会社へ興味を持つという行動が期待できます。つまり、ソーシャルリクルーティングの利用によって、幅広い求職者・潜在求職者にアプローチできるのです。

また、求職者の情報をSNSで見ることで、普段の人となりを確認できるというメリットも。採用にあたっての情報も増えるということになります。


ソーシャルリクルーティングのデメリット

ソーシャルリクルーティングを成功させるためには、企業側の積極的な運用が欠かせません。SNSのアカウントを作っただけでは効果がなく、継続的な情報発信・求職者とのコミュニケーションの密度を高めることで、ソーシャルリクルーティングは初めて効果を上げるのです。

運用できる体制・人的余裕がない場合は、ソーシャルリクルーティングを成功させることは難しいでしょう。


ソーシャルリクルーティングを進めるツール

ソーシャルリクルーティングを進めるにあたっては、FacebookやTwitterのような既存のSNSを活用するというのも、一つの手段です。しかし、プライベートでの利用がメインのツールでは、効果があまり上がらないことも。

効果的にソーシャルリクルーティングを進めるため、下記のようなツールの導入を検討してみましょう。


Wantedly

social-recruiting-tool
会社の社風やビジョンなどを発信することができ、それらをSNSを通して拡散できるサービスです。「やりがい」「環境」など、いまの求職者が重視する視点からマッチングできるので、良い人材へアピールが可能です。

Wantedly


Linkedin

social-recruiting-tool2
英語圏で導入が進んでいるビジネスSNS。グローバル人材をスカウトしたい場合などに効力があります。

Linkedin


ソーシャルリクルーティングを活用して新たな風を社内に

ソーシャルリクルーティングを活用することで、その他の求人方法では出会えなかった人とつながれる確率が増えます。採用の裾野が広がれば、その分組織にとって新たな人材が見つかるということ。企業の成長に、新風を吹き込む存在は欠かせません。

既存の採用方法だけでなく、ソーシャルリクルーティングの手法も並行させながら、良い人材を探しましょう。

Boxil(ボクシル)への会員登録はこちらから

弊社も採用にはかなり苦戦してきており、下記の様に弊社が活用してきた求人媒体や無料なのでとりあえず活用しておくべきサービスなども下記の記事でまとめておりますので、よろしければ参考にしてみてください。




ボクシルとは

法人向けクラウドサービス比較 ボクシルでは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、様々なサービスを掲載しています。
「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのか分からない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのか分からない。」
そんな悩みを解消するのがボクシルです。ぜひ、登録してみてください。



この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事で紹介されたサービス
採用サイト(その他)の最近更新された記事