コピー完了

記事TOP

ユーザーエクスペリエンス(UX)とは?その意味とUIとの違い・重要性

最終更新日時:
記事の情報は2020-05-15時点のものです。
「ユーザーエクスペリエンス」は、Web業界だけでなく、マーケティングでも使用される言葉です。いつ利用される言葉なのか、ユーザーインタフェースとの違いはなんなのか、なぜUXの向上が重要なのかを解説していきます。

ユーザーエクスペリエンスとは、売上アップや新規顧客の開拓に留まらず、企業や商品のファン作りやリピーター獲得にもつながる、重要な意味を持っています。

ユーザーエクスペリエンスとは何か、なぜ重要視されるのかについて紹介します。

ユーザーエクスペリエンス(UX)とは?

ユーザーエクスペリエンスとは、商品やサービスを通して利用者が得られる体験を表し、UXと略されます。単に使用感や感想などの表面化したニーズに留まらず、利用者本人も気づいていないような潜在的なニーズも、ユーザーエクスペリエンスの範ちゅうに含まれます。

ユーザーエクスペリエンスの具体例

たとえば使い勝手に優れている、シンプルなデザインのパソコンがあったとします。その場合のユーザーエクスペリエンスとしては、主に以下が挙げられます。

  • 操作性がよいので仕事時間を短縮できた
  • デザインがシンプルなのでインテリアを邪魔せず、部屋にマッチしている

つまり、ユーザーエクスペリエンスは目に見えない体験や使用感、満足感などとも言えます。ユーザーエクスペリエンスを高めることは、ユーザーの満足度を高めることにもつながるため、多くのマーケターや技術者が、その向上に努めています。

UXとUIの違いとは?

ユーザーエクスペリエンスによく似た言葉として「ユーザーインターフェース(UI)」という言葉があります。この2つは間違って使用されることが多いため、両者の違いについても触れておきます。

ユーザーインターフェース(UI)とは

Webサイトやアプリ、機器などを操作する際の仕組み、または利用者との接点のことを表します。UIはUXの一部とされており、UXを向上させるという意味には、UIの向上も含まれます。

たとえばスマートフォンの場合、パネルをタッチして操作することがユーザーインターフェースにあたります。またパソコンの場合は、キーボードによる文字入力や、マウスによる操作、画面表示などが該当します。

つまりユーザーインターフェースとは、目に見えるものに対する操作や使い勝手のよさを表した言葉と言えます。

UI(ユーザーインターフェース)とは?種類・ユーザビリティ、UXとの違い
UI(ユーザーインターフェース)とは、人とデバイスをつなぐ役割を持つもの。現代ではコンピュータ機能と関連して使われ...
詳細を見る

UXとUIは何が違うの?

ユーザーエクスペリエンスは、利用者が商品やサービスを利用したときに感じる満足感や使い心地など全般を指します。そのため、ユーザーエクスペリエンス自体は目で見えるものでないことがほとんどです。

一方、ユーザーインターフェースは、機器操作や画面表示、文字入力など、目に見えるものに関する使い勝手や仕組みのことをいいます。

ユーザーエクスペリエンスを高めることはなぜ重要なの?

ユーザーエクスペリエンスを高めることは、顧客満足度を高めることにつながるため、Web業界だけでなく、マーケティングでも重要視されています。

たとえば、使い勝手のよいパソコンと、そうでないパソコンがあった場合、あなたはどちらを購入しますか?おそらくほとんどの人が前者を選ぶのではないでしょうか。

これは、使い勝手がよいことによって生まれるユーザーエクスペリエンスが、利用者にとって心地よいものや満足度の高いものであるからです。心地よいものや満足度の高いものは、また使いたくなりますよね。つまり、商品や企業のファンを作れたり、リピート購入などにつなげたりのです。だからこそ、多くの企業はユーザーエクスペリエンスの向上を目指しているのです。

顧客満足度とは | 向上させる施策や取り組み、方法【CS担当者必見】
既存事業の売上を拡大させる、販売店舗の売上の落ち込みを回復させる、などの課題を達成するためには顧客満足度の向上が欠...
詳細を見る

ユーザーエクスペリエンスを考えるうえでの注意点

注意しておきたいのは、ユーザーエクスペリエンスは人によって異なるということです。

たとえば、扱いは難しいものの、専門的な知識を持っていれば十分に使いこなせるパソコンのユーザーエクスペリエンスを考えてみましょう。専門知識を持たないAさんにとっては「使い勝手の悪いパソコン」かもしれませんが、専門知識のあるBさんにとっては「使い勝手のよいパソコン」かもしれません。

有している知識の差だけでなく、性別や年代、地域などによってユーザーエクスペリエンスが変わることがありますので注意しましょう。

ユーザーエクスペリエンスを高めることは、売上や業績を上げることに大きく影響します。ターゲットをしっかり見定めたうえで、ユーザーエクスペリエンスを高めるにはどうすればよいのかを模索してみましょう。

顧客満足度とは | 調査方法と向上のカギを紹介
PVなし被り非公開マージリダイレクト済再利用不可
詳細を見る
UI(ユーザーインターフェース)とは?種類・ユーザビリティ、UXとの違い
UI(ユーザーインターフェース)とは、人とデバイスをつなぐ役割を持つもの。現代ではコンピュータ機能と関連して使われ...
詳細を見る
CXM(カスタマー・エクスペリエンス・マネジメント)とは?顧客体験価値を提供する方法
CXM(カスタマー・エクスペリエンス・マネジメント)の意味をご存じですか?CXMとは、日本語で顧客体験マネジメント...
詳細を見る
カスタマーサクセスとは?カスタマーサポートとの違いや定義 顧客の成功体験づくりで注目の概念
カスタマーサクセスとは、顧客の成功体験づくりを支援する重要な概念です。カスタマーサポートとの違いや、注目される背景...
詳細を見る

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
経営企画・マーケティングの最近更新された記事
健康経営コンサルティングとは?企業に必要なワケ・おすすめサービスを詳しく解説
ウェルネス経営とは?導入事例から見る重要性や新たな取り組みを解説
ティール組織とは?実現のための3要素と事例 - 上司不要の次世代組織論のポイント
ROMIとは?マーケティング用語・KPI設定・の効果測定・計測プロセス
動画マーケティングとは?動画制作メリット・デメリット・最新事例・動画広告市場規模
ゲームチェンジャーとは?市場のルールを覆す企業と異業種競争
行動経済学とは?人間の感情や非合理的行動の理論化について解説
ロボティクスとは?急成長するロボット関連産業の現状・背景・未来
ジョブ理論とは?クリステンセン教授が提唱するビジネス用語解説・イノベーションとの関係
エスノグラフィーとは?調査・活用方法、メリット - マーケティングにおける行動観察