Article square balloon green

コストセンターとは?プロフィットセンターとの違いや定義を徹底解説!

「コストセンター」という考え方を聞いたことはありますか?コストセンターとは、会計用語から生まれたもので、「原価中心点」とも言われ、一般的な定義としては業務にかかった費用だけが集計される部門とされます。
その他その他ビジネス
Large

コストセンターとは

コストセンター」という考え方を聞いたことはありますか。
コストセンターとは、会計用語から生まれたもので、「原価中心点」とも言われ、一般的な定義としては業務にかかった費用だけが集計される部門とされます。コストセンターの目的は、いかにコストを抑えながら、良いパフォーマンスを発揮するかということ。直接利益を生まない事業部門であるため、業務効率化や圧縮が求められます。

コストセンターの例

コストセンターの例としては、経理や総務などのバックオフィス業務、顧客からの問い合わせに対応するコンタクトセンターなどがよく挙げられます。

また、自社内で製造を行い、販売しているような業態の場合は、生産部門(工場)をコストセンターとして捉える場合もあります。

コストセンターとプロフィットセンターの違い

コストセンターと同時に語られる存在として、「プロフィットセンター」という考え方があります。

プロフィットセンターとは

プロフィットセンターとは、コストセンターとは逆に、事業の中で利益を生む部門のこと。
営業や販売部門などが代表として挙げられます。
言わば「稼ぐ」部門ですから、利益(収益から費用を引いた金額)を最大化することが目的となります。

コストセンターと捉えるか、プロフィットセンターと捉えるか

コストセンターも、プロフィットセンターも幾つか事例を挙げましたが、これは明確に定義されているわけがありません。企業の各部門を、どちらで捉えるかによって、その部門の事業への取り組み方を変えることができます。

コールセンターの例

例えば、コストセンターの代表例の一つ、コールセンター。
単にお客さんの電話を受け、問い合わせや注文に答えたり、クレームに応対するだけでは確かにコストセンター。いかに手間を削減して効率化を進め、スタッフの負担も減らしながら効率よく対応するかが大切になります。

しかし、コ-ルセンターをプロフィットセンターとすると、「利益」に関わる業務も増えていきます。例えば、丁寧に応対し、より利益率の高いサービスを勧めたり、積極的に市場調査を行ってマーケティングに寄与したりという業務の優先度を高めるなど。

お客さんと接するコールセンターは、効率よりも丁寧さを追求することで、結果的に営業部門と同じ役割をはたすことにも繋がります。

工場の例

工場をコストセンターとすると、コストを抑えて製造することが至上命題。工程が複雑な商品であれば、いくら利益率が高くても、製造を中止するのが選択肢としては有力です。
しかし、プロフィットセンターとしての工場であれば、利益率が高いものは積極的に受注するという方向性になります。

コストセンターは必要ない?

今は、コストセンターをプロフィットセンターに置き換えようという動きがあります。
企業の各部門でコスト削減だけでなく、「生産性」「利益最大化」を目指すことで、企業全体の利益を向上させようという企業が増えているのです。

このやり方が一概に良いとはいえませんが、コストセンターとしての運営では見えなかった付加価値を高めることで、企業に当たらな恩恵が芽生え、そこに従事する人のモチベーションも高まる可能性が高いです。また、社員一人ひとりの経営参加意識も高まるでしょう。

単に各部門の企業への貢献度を「お金」で捉えないだけでも、責任感や役割に大きな違いが生まれます。注意してほしいのは、コストセンターが悪というわけではないこと。すべての部門がそれぞれの利益を目指して動いてしまうと、会社全体としてはマイナスになってしまうことも。あくまで、全体のバランスを見て役割配分することが大切です。

また以下の記事では業務効率化に役立つクラウドサービスを比較、紹介してますのでこちらもぜひご覧ください!

バックオフィス業務・間接部門効率化に効くクラウドサービスまとめ【無料あり】 | ボクシルマガジン
企業であれば、営業活動が増加するにつれてより煩雑になるのが事務作業や管理に関わるバックオフィス業務でしょう。そんな...

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事