{{ message }}
Article square balloon green
2017-06-14

スパムとは?その意味とメール・Twitter・Facebookごとに対処方法を解説!

昨今ではスパムという言葉は、「食品」と「迷惑メール」の二つの意味で使われています。本記事では後者の方についての解説をしました。細かな種類からそれらの対処法までまとめています!
- PR -
- PR -
Large

スパムとは?

本来スパム(SPAM)とは、アメリカ合衆国のホーメル食品が販売するランチョンミートの缶詰のことです。
しかし本記事では食品ではなく、いわゆる迷惑メール・メッセージで「スパム」と呼ばれているものについて解説します。これらは受信者の意向に関わらず、無差別かつ大量にばらまかれるもののことをいいます。 元々はスパムメール(spam mail)と呼ばれていたように、電子メールで多かったものなのですが、近年はTwitterやFacebookといったSNSでも多くなっています。

スパムの由来

「スパム」と呼ばれる由来は、その昔イギリスBBCで放映されていた「スパム」というコントにあります。スパムが嫌いな夫婦がレストランでメニューを開くと、全てスパムのメニュー、店員はスパムと連呼、店内の客達もスパムの歌を歌うという有様。こんな中、スパム嫌いな夫婦でもスパムを注文してしまう、という話です。この話での”繰り返し大量の迷惑なもの”というところから使われたようです。

スパムを送信する者の意図は?

では、そんな迷惑なものをどうして大量に送信するのでしょうか?それはある説によれば、仮に10万通送信して1通でもこちらの勧誘に乗れば割にあう、という背景があるからのようです。だいたいのスパムの内容は、警戒心が無ければ興味本位でつい読んでしまいたくなるものが多いです。ですので、確かに10万分の1くらいの確率で引っかかってしまう人がいるというのも納得です。

そのようなメール・メッセージとは具体的にどのようなものなのか、どう対処していけばいいのかを紹介していきます。

スパムの例と対処方法

スパムの代表例と対処方法をメール、twitter、Facebookの3つに分けてで紹介します。

メールで見られるスパム

Gmail

メール内にあるリンクをクリックさせたり、添付ファイルを開かせようしたりとする内容のメールが届いた場合は要注意です。これらを開封したりクリックすることで、個人情報など重要な情報が抜かれてしまう恐れがあります。
そんなスパムメールの代表的なものが下記のものたちになります。

・広告宣伝

出会い系・アダルト系サイトへの勧誘のメールの例です。このようなサイトにアクセスしたことがなくとも、何かしらの形でメールアドレスが漏れると、届く可能性があります。
 

例:「新しい出会いが欲しい方必見!完全無料サイト 今すぐアクセス!」

また、サービス・商品販売の勧誘としてよくあるのが医薬品のメールです。処方箋がないと手に入れられない医薬品を個人輸入代行などで手に入れられるなどと謳ったものが多いです。
 

「例:今なら睡眠薬がXX%オフのXX円!」

・架空請求

知らないサイトから、突然情報料の請求が届きます。

「お客様が以前登録されたサイトから退会処理がされていないため、◯◯◯円の料金が発生しています」

・詐欺・なりすまし(フィッシング)

正規の会社などからのお知らせメールをかたったり、特定の人になりすましたものです。

・クレジットカード会社をかたる
⇒クレジットカード情報、個人情報などの窃取

・Appleをかたる
⇒Apple IDと関連する個人情報、クレジットカード情報などの窃取

・マイクロソフトをかたる
⇒マイクロソフトのアカウント情報と関連する個人情報、クレジットカード情報などの窃取

・有名人をかたる
⇒有名人への資金援助と称し、お金を振り込ませることで、お金をだまし取る。

・資産家をかたる
⇒資産家から大金がもらえるが、事前にいくらかお金を振り込むことが必要として、お金をだまし取る。

・お金儲け

タイトルや文面が以下のような内容になっており、注意を引こうとしています。

「XX万円が当たりました」

「XX万円差し上げます」

「クリックするだけで稼げる」

・チェーンメール

こちらは少々子供じみた感じもしますが、以下のような内容のメールを複数人に送信しなければならないというメールが届きます。

「このメールをXX人に送らないと不幸になる」

スパムメールの対処方法

①迷惑メールフィルタを設定する

メールソフトやWebメールには迷惑メールフィルタの設定をできる機能があります。初期設定を変更しなければ、迷惑メールと判断されるものは自動的に迷惑メールフォルダへ移動するように設定されているものがほとんどです。もし、迷惑メールフィルタが無効になっているようであれば、有効に戻してください。

なお、迷惑メールでないものが迷惑メールに移動される場合は、迷惑メールフィルタを無効化するのではなく個別にメールを受信フォルダに戻すようにしてください。

②迷惑メールは開かない・リンクにアクセスしない、返信しない

迷惑メールフォルダに無くても、上で紹介したようなタイトルのメールは開かないことをおすすめします。これは、メールを開いただけでウイルスなどに感染する場合があるからです。メール内にあるリンクにアクセスしたり、メールを返信して連絡をとったりすることを控えるのは言うまでもありません。

Twitterで見られるスパム

Twitter

以下のように、気を惹く内容と最後にリンクを含むメッセージが投稿されています。

・〜すぎ系

このサイトすごすぎwww →[リンク]
このサイト凄すぎワロタ →[リンク]
ヤバすぎる女子高生 →[リンク]

・不労所得系

アフィリエイトでは稼げなかったアラフォーサラリーマンが月収XX万円 →[リンク]
アフィリエイトで月収40万円と月9万円の不労所得を構築した方法 →[リンク]

これらのリンクをクリックすると、下記の図のような連携アプリの認証画面が表示されます。

この内容をきちんと理解すること無く「連携アプリを認証」としてしまうと、自分のアカウントでスパムをリツイートしてしまう、スパムアカウントをフォローしてしまうという被害にあう場合があります。このようなケースでは自分で操作しているものの意図せず動作しているため、自分のアカウントを乗っ取られたように見えますが、実際には自分自身で不審なアプリとtwitterアカウントを連携してしまっているのです。
したがってこれの対処方法は、不審なアプリとの連携している設定を解除すればよいのです。

Twitterスパムの対処方法

<スマートフォン>

[設定とプライバシー]→[アプリケーション]→"アクセス権を取り消す”をタップ

<PC>

[設定とプライバシー]→[アプリ連携]→”許可を取り消す”をクリック

定期的に上記の設定を確認することをおすすめします。

・Twitterが定めるスパムとは

なお、最近はTwitterではスパム対策が進んでおり、かつてよりは数が少なくなっているように見受けられます。
Twitter公式によると、twitterにおいてのスパムの定義が紹介されています。有害なリンクを含むメッセージを大量に投稿するだけでなく、大量の投稿をするために多くのアカウントを作成することもスパム行為とみなされます。その他様々なTwitter機能を利用したケースについてもスパム行為と定めています。これらについての具体的な基準は公表されていないので、どの程度からスパム行為とみなされるのかは不明ですが、常識的な範囲内での使用であればまず問題になることは無いでしょう。

Facebookで見られるスパム

FacebookではFacebookの独自機能を悪用した手口が目立ちます。Facebookの機能別に手口と対処方法を考えていきます。

・ページ

不正なページへのリンクを含むメッセージが送信されます。このリンクをクリックすると、不正なページへ飛ばされます。ここにアクセスすることでウイルスなどに感染したり、個人情報などが窃取されたりします。

・イベント招待

偽のイベントへの招待が届きます。そのイベントページには不正サイトへのリンクが掲載されています。

・Facebookアプリ

占いや「○○診断」といった気を惹くアプリやゲームを装い、個人情報を窃取します。

Facebookスパムの対処方法

Facebook公式によると、以下の点を確認するよう案内しています。

・アカウントにログインできる場合は、パスワードを変更することをおすすめします。アカウントにログインできない場合は、こちらからアカウントの安全を確保してください。
・第三者がスパムと思われる内容を繰り返し投稿している場合は、その利用者を友達から削除するか、ブロックすること、またはその人について報告することを検討してください。
・ログイン履歴に不審なログインがないか確認します。
・最近の投稿と「いいね!」を確認します。
・アクティビティログを確認して、意図しない行為があったら削除します。
・インストールしたアプリとゲームを確認して、信用できないものは削除します。
・あなたが作成したものではない写真、投稿、ページ、グループ、イベントがあれば削除します。

Facebookの自分のページにいつもとは違う動きが見られたら、上の事項を確認してスパムであればすぐに削除しましょう。

スパムに警戒すべき一番の理由

スパムは受信者の意向に関わらず送りつけることから、

“不要であることの迷惑”と“大量であることの迷惑”

があることをお話しました。
しかし、最も危険で警戒すべき点は、以下のことになります。

①ボットに感染されて踏み台にされる

②ランサムウェアに感染させられパソコン上のデータが暗号化され、暗号化解除のために身代金を要求される

これらはリンクをクリック、もしくは添付ファイルを開封した時点で動作が発生することもあるので、より一層気をつけなければなりません。

①については、ウイルス対策ソフトをインストールし常に最新バージョンにしておくことで、既に知られているものについてはほとんど防ぐことができます。

②については、①と同様ウイルス対策ソフトでの対応だけでなく、壊されてはいけないデータは別の場所にバックアップをとっておくことが必要になります。

また、ウイルス対策ソフト提供メーカーより無料で暗号化解除ツールが提供されている場合もあります。もし暗号化されてしまっても慌てて身代金を払うのではなく、暗号化解除ツールが提供されていないかをまず確認してください。

ボクシルとは

ボクシルでは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、様々なサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのか分からない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのか分からない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

また、マーケティングに問題を抱えている法人企業様はボクシルを活用することで、効率的に見込み顧客を獲得することができます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成など様々なニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article whitepaper bgS3 0
ネットワークセキュリティ
選び方ガイド
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
新着情報やお得な情報をメールでお届けします!
{{ message }}
ご登録ありがとうございました!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
- PR -
- PR -
あなたにオススメの記事
編集部からのオススメ