コピー完了

記事TOP

デザイナー採用 | 成功のポイント | 専用求人サイト6選

最終更新日:
デザイナー採用で、成功のために重視すべきポイントについて説明します。また、デザイナー採用に特化したサービスも比較しています。デザイナー採用にお困りの方必見です!

インターネットをビジネスに利用する企業が一般的になるにつれて、いわゆるクリエイティブ産業以外の企業でもデザイナーやクリエイターの採用を本格的に考えるようになってきました。

特にデザイン職は即戦力が求められることが多いですから、採用担当者はどういった基準で採用すべきか頭を悩ませているのではないでしょうか?

そこで今回は、企業のデザイナー採用におけるポイントについて解説します。

本記事では後半でサービス紹介を行っています。サービス紹介をさきにご覧になりたい方は下のリンクから飛べます。

サービス紹介へジャンプ

デザイナーの種類

デザイナーとは、美術・工芸・工業製品などの色や形、模様、配置などの工夫をして装飾する、または企画を含めた設計を職業とする人のことであり、多岐にわたるデザイン対象に応じた多様な種類のデザイナーが存在しています。

その種類にはどのようなものがあるのか、紹介していきます。

Webデザイナー

Webサイトをデザインすることを職業とするのがWebデザイナーです。

Webサイトを見栄えよくデザインするのはもちろんですが、訪問者をコンテンツやリンク先へ意図どおりに誘導するなど、サイト運営の目的やターゲットを明確にした、構成を含めたデザイン力が求められます。

そのため、サイト内の画像やグラフィックの作成などのビジュアル面だけでなく、HTMLやCSSのコーディングなども担当することが多くなっており、担当範囲は広がりつつあります。

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーは、写真や文字、イラスト・図・記号などの視覚要素を組み合わせ、出版・広告・印刷物などで表現することを職業とします。

CDやDVDなどのパッケージ、新聞・雑誌・書籍・看板・チラシなど、その対象は多岐に渡り、企画のコンセプトやターゲットに応じたデザインを行うことが求められます。

企業や商品などのロゴマークを作成するのもグラフィックデザイナーの領域といえ、広告代理店などに所属することが多くなっています。

DTPデザイナー

DTPデザイナーは、雑誌や書籍、広告やポスターなどのレイアウトを行い、最終的な印刷用入校データを作成することを職業としており、DTPはDesk Top Publishingの略称です。

文章や写真、グラフィックなどの素材を、Adobe InDesgin、Illustratorなどの専用ソフトで適切に配置し、レイアウトデザインを行っていくことが主な作業となり、同じ印刷物を対象としていてもグラフィックデザイナーとはこの点で異なります。

CGデザイナー

CGとはComputer Graphicsの略であり、コンピューターを用いて2次元、もしくは3次元グラフィックの制作を行うことを職業とするのがCGデザイナーです。

主にモデリングという手法を用いてリアルな形状を作成し、必要に応じた効果や動きを加えられることが多く、アートなどの静物作品の他、映画やアニメーション、ゲームなどの動画作品や、建築やクルマ、機械の設計など、幅広い分野で活用されています。

インダストリアルデザイナー

家電や生活用品、クルマや飛行機、コンピューターにいたるまで、製品として生産されるものは、すべてなんらかの意図や目的を持ってデザインされていますが、こうしたあらゆる工業製品のデザインを行うことを職業とするのがインダストリアルデザイナーです。

単純に見栄えを考慮するだけでなく、その製品の性能設計や生産、流通にも深く関与し、ひとつの製品を完成させていく能力が求められます。

デザイナー採用を成功させるポイント

デザイナーを採用するうえで重要なのは、採用したデザイナーにどのような業務領域を担当させ、どのような成果を上げてもらいたいかを明らかにすることです。当たり前の話に聞こえるかもしれませんが、現状そういった基本事項があいまいなまま採用活動を進めてしまっている企業は少なくありません。

特に技術職であるデザイナーを採用する場合は、以下のポイントを明確にしておく必要があるでしょう。

必要としている業務や領域の精査

「デザイナー」という職業は幅が広く、企業によって携わる業務もさまざまです。採用担当者は自らが採用するデザイナーが具体的にどのような仕事をする人であり、何を重要視しなければならないかを確認しておかなければいけません。

その分野のデザイナー自身にとっては当たり前に感じる話でも、企業の採用担当者は必ずしもデザイン職について知っているとは限りません。一般職の採用と同じ感覚で採用してしまうと、後になって問題が生じてしまう可能性もあるでしょう。

少なくとも自社でデザイン業に携わっているスタッフを採用に参加させるなどして、採用者にどういう成果を求めているのかを意識しながら採用を進める必要があります。

新卒採用や中途採用のメリット・デメリットを把握

専門職であるデザイナーは即戦力が求められるケースが多いですが、実務経験者を採用した方が必ず自社にとって有益になるとは限りません。

担当させる業務や自社の状況によっては、実務こそ未経験であるものの、将来的に見込みのある新卒デザイナーを採用した方がよい場合もあるでしょう。新卒採用と中途採用の双方のメリット・デメリットをしっかりと把握しておく必要があります。

特にデザイン職は、入社の段階で結果を出せる完成された人材を求めてしまう傾向が強いです。デザイナー自身がその企業文化になじめなかったり、組織への帰属意識が希薄で仕事に責任感を持てなかったりするケースも見受けられます。

こういった問題点を事前に把握していおくことが中途採用では必要となります。いかに実務に精通している人材でも、場合によっては採用を見送る決断をしなければなりません。

逆に新卒採用の場合、将来的に企業の中心となって成果を出せる人材に育つことが期待されますが、実際に職場で活躍する人材に育つまでのコストは実質的に企業が負担しなければなりません。人材に先行投資するという発想が必要であり、採用の時点でいかに相手のポテンシャルを見抜けるかが重要になるでしょう。

デザイナー採用に特化したサービス6選

ここからは、企業のデザイナー採用に特化したサービスを紹介していきます。ぜひ実際のデザイナー採用の参考にしてください。

ViViViT - 株式会社ビビビット

ViViViT - 株式会社ビビビット 画像出典:ViViViT公式サイト

  • デザイナーの作品を整理された状態でチェックできる
  • デザインスキルや作品で検索ができる
  • 人材を簡単プロセスでスカウトできる

ViViViTは、「ポートフォリオ×就職活動」をテーマにしている、特に学生デザイナーのための就職サイトです。デザイナー側は自分の作品を投稿するだけで、さまざまな企業の採用担当者に見てもらえる機会を得られ、採用側もデザイナーやクリエイターの作品を事前にチェックでき、無駄のない採用をすることができます。デザインスキルや作品でもクリエイターを検索できるので、自社の求める人材をピンポイントで探すことができます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
ViViViTの資料を無料DL

MOREWORKS

  • 経験と実績が「見える」ポートフォリオでスピーディな選考が可能
  • クリエイターを惹きつける求人フォーマット
  • 追加費用無しのハイレベルな求職者スカウトリスト

MOREWORKSでは、デザイナー・エンジニア・ディレクター・プロデューサーの4つのカテゴリーから人材を募
集することができます。デジタル・クリエイティブ業界の多様なボジションの概念をあえてなくし、クリエイターが「職種名」にこだわらず「業務領域」からマッチする仕事に出会える設計。実務経験を積み、新たなステージへの挑戦を考えている20代後半から30代中盤の即戦力人材が多く集まっている求人サイトです。

デザインのお仕事

  • デザイン求人の老舗サイト
  • 一万件以上の求人実績
  • デザインに関するあらゆる業務を包括的に掲載

デザインのお仕事は、デザインに関わる仕事を包括的に扱っている求人サイトです。1997年に開設してから、現在までに一万件以上もの求人を掲載してきた実績があります。WEBデザインやグラフィックデザイン、プロダクトデザインから建築やアートに至るまで、およそデザインに関するあらゆる業務に関する求人が掲載されています。老舗サイトだけあって、レベルの高いデザイナーやクリエイティブ業種の人材が集まっています。

アートとデザインの現場|JOB


  • 豊富なメディアのクリエイティブ職に関する求人の掲載
  • 豊富な求人数と確固とした実績
  • レベルの高い人材が集まりやすい

アートとデザインの現場|JOBも、アート業界やデザイン業界のあらゆる求人が掲載されている有名サイトです。WEB、広告、書籍といった、あらゆるメディア媒体におけるクリエイティブ職の求人情報が掲載されています。こちらも2007年に開設された老舗サイトですから、豊富な実績に基づいたレベルの高い人材が集まるようになっています。

クリ博ナビ

  • マスコミ・コンテンツ業界に特化したサイト
  • WEBや映像、ゲーム制作に関する豊富な求人
  • 採用支援も充実

クリ博ナビは、マスコミ業界や各種コンテンツ業界に特化した求人サイトです。WEB制作・映像制作・ゲーム開発などの求人に強みがあり、新卒採用、中途採用、インターンシップとそれぞれのカテゴリで幅広い求人掲載を行っています。ゲーム会社・広告・テレビ局・音楽業界と、およそコンテンツの提供に携わる企業なら求人に利用することができます。

クリエイターズNAVi

  • 求人の掲載は基本的に無料
  • 抜群の告知力
  • 万全のサポート体制

クリエイターズNAViは、デザイン職・クリエイティブ職の就職や転職、アルバイト採用などに関する求人を幅広く扱っているサイトです。基本的に求人掲載は無料で、それがさまざまな媒体で告知されることになるため、レスポンス率が高いのが特徴です。掲載期間も採用されるまでは無期限で無料となっており、求人原稿の作成の代行もしてくれます。

MOREWORKS

  • デジタル・クリエイティブ業界に特化した求人サイト
  • デザイン業はWEB・グラフィックからUIデザイン、3DCGまで幅広く掲載
  • スカウト機能も充実

MOREWORKSは、デザイナーやエンジニアをはじめ、ディレクターやプロデューサーの求人も掲載しているデジタル・クリエイティブ業界の求人サイトです。

デザイン業の場合はWEBデザインから各種UIデザイン、3DCGやグラフィックデザインまで、主にビジュアルやUXを担当するデザイナーの仕事を中心に掲載しています。スカウト機能も充実しているので、企業の採用担当者は気になる人材に積極的に声をかえることができます。

戦略的なデザイナー採用を!

企業のデザイナー採用について、採用担当者が考慮するべき基本的なポイントについて説明しました。多くの企業では採用担当がデザイン業に精通しているわけではなく、詳しい業務内容や見るべき人材のポイントについて詳しくないことがほとんどでしょう。そのため一般職と同じような感覚では上手くいかないことも少なくありません。

採用の場にデザイナーを同席させるなどして、重視すべき点を明確にしながら慎重に採用プロセスを進める必要があるでしょう。

こうした採用プロセス全体を一元管理して最適化するには、採用管理システムの導入が最適です。下の記事も参考にしてください。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事で紹介されたサービス
採用サイト(その他)の最近更新された記事