コピー完了

記事TOP

PEST分析とは | 手順・ポイント - 外部環境解析のフレームワーク!

公開日:
外部環境、マクロ環境解析法であるPEST分析を解説します。マーケティング界でどのように利用できるのか、分析の手法や手順、

PEST分析とは

PEST分析とは、外部環境分析のひとつで、自社を取り巻くマクロ環境(外部環境)が、現在または将来にどのような影響を与えるか、把握・予測するためのもの手法です。

外部環境の変化にともない、自らの組織・商品を時代に即したものへと変えていくことが競争では求められます。その外部環境、なかでもマクロ環境を把握して自社への影響をはかる分析がPEST分析です。

また、PEST分析のPESTとは、以下の4つの英単語の頭文字を取ったものです。

  • Politics(政治)
  • Economy(経済)
  • Society(社会)
  • Technology(技術)

PEST分析の手順

これからPEST分析のコツと手順を解説していきます

目的を明確化

何のためにPEST分析を行うのかを明確にします。たとえば、

  • 自社の経営戦略を立てるため
  • 個別の商品やサービスを企画するため
  • 客観的に社会動向をおさえるため

などが目的となります。

目的がないままPEST分析を行うと、宙に浮いた中途半端な結論しか出すことができません。

PEST変化の分析

PEST分析では「Politics(政治)、Economy(経済)、Society(社会)、Technology(技術)」の4つの視点から情報を集めますが、ただそれでは有益な示唆は得られません。

PESTの変化を収集したあとは、それらの変化が自社のブランドにとって「機会」となりえる変化なのか?それとも「脅威」となりえる変化なのか?を検討し分類しましょう。

脅威と機会は紙一重です。視点を変えることで一見「脅威」と思えるものが「機会」になりえます。また、脅威を詳しく分析すれば活路が見えてくることもあります。

PEST変化の予測

PESTの変化を長期的変化か短期的変化か分類することが必要です。
長期的な変化に対応する場合と短期的な変化に対応する場合では方法も結果も変わります。

「短期的な課題」と「長期的な課題」を混在させたまま議論をしてしまっては、目線が嚙み合わないまま時間が過ぎ、会議の生産性を落とす場合が多いです。

「短期的な変化」と「長期的な変化」わけたうえで、それぞれの対応策を検討することでそうすればメンバー全員の目線が揃いやすく、より生産性の高い議論ができます。

PEST分析のポイント

他のフレームワークへ応用

PEST分析の結果を、SWOT分析などのフレームワークに落とし込むことが可能です。
PEST分析によって市場や社会状況など、マクロ視点で見たときの外部環境についてOpportunity(機会)とThread(脅威)を洗い出していきます。

それを外部環境に対して自社がどう強みを活かせるか考えるときに必要なSWOT分析とも組み合わせて一緒に使用できます。

その他のフレームワークについてはこちらの記事もご覧ください。

変化による影響を予測

「ワンランク上のPEST分析」をするためには、自社を取り巻くマクロの外部環境の「変化」に注目するにとどまらず、外部環境の変化によってもたらされる「影響」を予測までするべきでしょう。

もたらされる影響というのは1次的な変化によっておきる2次的変化のことです。

分析で終わらない

PEST分析は、環境を分析・理解するだけでは効果は上がりません。環境に対して何をすれば効果的なのか、事業に対しての戦略を練り実行しなければ結果は生み出せません。PEST分析法はあくまで手段で、目的ではないということです。

PEST分析による効果的な分析を!

PEST分析は確かな目的を持って使用すれば応えてくれる分析です。効果的に利用し、さらなる利益につなげていきましょう。

また、PEST分析と合わせて使いたいその他の分析手法については以下の記事も参考にしてみてください。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
経営企画・マーケティングの最近更新された記事