ノーコード開発・ローコード開発の関連情報

コピー完了

記事TOP

無料で使えるおすすめのノーコード開発・ローコード開発ツール6選!ツールの特徴と選ぶ際のポイント

最終更新日:(記事の情報は現在から52日前のものです)
この記事では、無料で使えるおすすめのノーコード開発・ローコード開発ツールを紹介しています。有料・無料ツールの違いや選ぶ際のポイントなどをわかりやすく解説しています。導入するノーコード開発・ローコード開発ツールを探している方はぜひ参考にしてみてください。

【厳選】おすすめノーコード・ローコード開発ツールをまとめてチェック!
ノーコード・ローコード開発ツールの比較表
\料金や機能を資料で比較する!/

おすすめノーコード・ローコード開発ツールの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。ぜひノーコード・ローコード開発ツールを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

ノーコード開発・ローコード開発ツールとは

ノーコード開発・ローコード開発ツールとは、プログラミングの知識が少なくてもアプリやWebサイトなどを作成できるシステムです。なおノーコードとは、プログラミングを一切必要としない開発手法であり、ローコードとは最低限のプログラミング・コーディングで行う開発手法のことです。

ドラッグ&ドロップやビジュアルエディタといった機能がついており、デザインやレイアウト、データベース管理を簡単に行えます。そのためノーコード開発・ローコード開発ツールを利用すれば、開発コストや時間を削減でき、業務を効率化できるでしょう。

無料のノーコード開発・ローコード開発ツールを選ぶときのポイント

無料のノーコード開発・ローコード開発ツールを選定する際は、いくつかの基準が存在します。代表的な基準について解説します。

カスタマイズや拡張が容易か確認する

ノーコード開発・ローコード開発ツールを選ぶ際は、カスタマイズや拡張が容易か確認してください。無料版では既存のテンプレートやコンポーネントに依存することが多いです。

しかし、例えばビジネスのニーズに応じてモバイルアプリをカスタマイズしたり、他のサービスと連携したりするのも重要です。開発者の要望に、柔軟に対応できるツールを選びましょう。

サポートやマニュアルの充実度を確認する

ノーコード開発・ローコード開発ツールを選ぶ際は、サポートやマニュアルの充実度も確認しましょう。ツールを利用していると、途中で操作方法がわからなくなったり、技術的なトラブルが発生したりします。こういったケースに備えて、サポート体制が充実している製品を選ぶと安心です。

自分や担当者のレベルに合っているか

ローコード・ノーコード開発ツールのレベルが、自分や担当者のレベルに合っているかも重要です。前述したように、ノーコード/ローコードツールはプログラミング初心者でも、システム開発やアプリ開発が行えます。

しかしとくに無料ツールの場合、プログラミング経験者でなければ操作や理解が難しいツールも多々あります。いくら無料でも、使いこなせなければ導入する意味がないため、ツールを使う人物がツールを使いこなせるか、また使いこなせない場合のサポートや学習方法についても検討しましょう。

日本語対応しているか

英語の理解に不安がある方は、使いたいノーコード開発・ローコード開発ツールが、日本語に対応しているかも必ず確認しましょう。無料で使えるツールの多くは海外製であり、日本語対応していないツールも多く存在します。

またツール自体が日本語に対応していても、サポートやマニュアルが日本語に対応していないケースもあります。そのため、日本語で開発を行いたい場合は、どこまでが日本語に対応しているかもチェックしてください。

無料で使えるおすすめのノーコード開発・ローコード開発ツール6選比較

ノーコード開発・ローコード開発ツールのなかから、無料で使えるおすすめのツールを比較紹介します。無料の範囲でできることや機能制限などを解説しているので、ノーコード開発・ローコード開発ツール選びの参考にしてください。

Adalo

無料で利用できる機能と制限

Adaloはモバイル向けWebサイトやモバイルアプリなどを直感的にデザインできる、ノーコード開発・ローコード開発ツールです。ドラッグ&ドロップで開発ができ、操作が簡単であるため初心者にもおすすめです。カスタムフォントやカラーパレットなどでブランディングをしたり、StripeやZapierなどの外部サービスと連携したりもできます。

ただし日本語には非対応で、日本語の情報も少ないため注意しましょう。無料でできることは、テストアプリの無制限作成や、Webサイト・モバイルアプリの作成、公開などです。

無料プランでは次の機能に制限がかかる、または利用できません。

機能 制限
データストレージ 200 データベースレコード/アプリ
独自ドメインでの公開 利用できません
ネイティブアプリの公開 利用できません
カスタムアクション 利用できません

Bubble

無料で利用できる機能と制限

Bubbleは、WebアプリやWebサイトをドラッグ&ドロップで作成できる、汎用性の高いノーコード開発プラットフォームです。データベースやユーザー管理、APIやプラグインなどの機能が利用できます。設定の自由度が高く高度なWebアプリ開発や、外部連携によるネイティブアプリ作成も可能です。ただし日本語には非対応で、ツールの難易度も高いため注意しましょう。

無料でできることは、プロトタイプのWebアプリやWebサイトの作成、データベースの利用、APIコネクタなどです。

無料プランでは次の機能に制限がかかる、または利用できません。

機能 制限
アプリエディター 1名まで
ファイルストレージ 0.5GB
バージョン管理 利用できません
カスタムドメイン 利用できません
SEO機能 利用できません

AppSheet

無料で利用できる機能

AppSheetは、GoogleスプレッドシートやExcelなどのデータをもとに、Webサイトやスマホアプリを作成できるノーコード開発・ローコード開発ツールです。AppSheetでは、豊富なテンプレートやデータベースの利用、セキュリティ・ブランディングのカスタマイズができます。

日本語には非対応ですが、サイトで日本語のチュートリアルや画面の翻訳を提供している企業が存在するため、比較的習得しやすいでしょう。最大10ユーザーまで、無料でプロトタイプのアプリ構築ができます。

詳しくは公式サイトを確認してください。

Glide

無料で利用できる機能と制限

GlideはGoogleスプレッドシートを使い、ノンプログラミングでスマホアプリを作成できる、ノーコードツールです。スプレッドシートに入力したデータをもとに、テンプレートやカスタムデザインでアプリのUIを作成できます。また、スプレッドシートと同期するので、データベースのように管理できます。

Adalo以上に操作が簡単で、テンプレートも豊富であるため初心者におすすめです。無料でできることは、Googleスプレッドシートのデータを利用したアプリの作成です。

フリープランでは次の機能に制限がかかる、または利用できません。

機能 制限
編集者 2名まで
公開できるアプリの数 1個まで
ファイルストレージ 500MB
カスタムドメイン 利用できません
ウェブ埋め込み 利用できません

STUDIO

無料で利用できる機能と制限

STUDIOは、コードを書かずにドラッグ&ドロップでホームページを制作・公開できるCMSです。制作するWebサイトにはレスポンシブデザインやアニメーション、フォームのコンポーネントを自由に配置可能です。またGoogleフォントやタイポグラフィによるカスタマイズや、SEO、アクセス解析などが簡単に行えます。

日本製の作成ツールであるため、日本語対応なのはもちろん、学習コンテンツもすべて日本語で学べます。無料でできることは、STUDIOの内部データベースを使ったWebサイトのコンテンツ管理です。

またWebサイトの制作から公開まですべて無料で完結できます。ただし無料プランでは次の機能に制限がかかる、または利用できません。

機能 制限
独自ドメインでの公開 利用できません
特定ページのみ非公開 利用できません
パスワード保護 利用できません
月間PV数上限 10,000PV

Airtable

無料で利用できる機能と制限

Airtableは、スプレッドシートとデータベースを組み合わせたようなノーコード開発ツールです。表やカレンダー、ギャラリーなど、ビューを切り替えてデータを管理できます。また、カスタム権限により表示範囲を個人単位で設定できます。無料でできることは、データベースの作成と共有、ビューの切り替えなどです。

無料プランでは次の機能に制限がかかる、または利用できません。

機能 制限
編集者 5名まで
アタッチメントの容量 1GB/ベースまで
リビジョン履歴の保存期間 2週間まで
拡張機能 利用できません
外部データとの同期 利用できません


自社に合うサービスを選ぶには、各サービスの内容を比較することが重要です。気になるサービスの資料をダウンロードして、自社に合うのか検討しましょう。

\料金や機能を資料で比較する!/

ノーコード開発ツール比較32選!使用するメリット・失敗しない選び方
ノーコード開発ツールを利用すれば、コーディングを書かずにアプリやウェブサイトなどを開発できます。エンジニアでなくて...
詳細を見る
おすすめローコード開発ツール比較20選!導入するメリットと選び方
ローコード開発ツールの代表的なサービスの特徴や機能を徹底比較。おすすめのサービスを一覧で紹介します。また、ノーコー...
詳細を見る

無料と有料の違いは?よくある機能制限と注意点

無料のノーコード開発・ローコード開発ツールで、よくある機能の制限をまとめました。

制作できるアプリやサイトの数に制限がある

無料版では制作できるアプリやサイトの数に上限があり、1〜10個と決まっているケースが多いです。 個人や趣味で使う分には十分ですが、ビジネスで使う場合は、複数のプロジェクトやクライアントに対応する必要があるかもしれません。 そのため無料版では、制作できるアプリやサイトの数が足りなくなる可能性もあります。

公開や共有に制限がある

無料版でも制作したアプリ・Webサイトを、公開・共有できるかどうか確認してください。 無料版では自分だけが閲覧できるプライベートモードだったり、公開や共有に制限がかかっていたりすることがあります。

自分だけで使うのではなく、他の人に見せたり、協力したりすることが目的なら、無料版では不便に感じるかもしれません。 公開や共有ができるかどうかはツールの仕様をよく確認しましょう。

セキュリティの更新頻度の制限

無料のノーコード開発・ローコード開発ツールでは、セキュリティの更新頻度の低い場合があります。 例えばセキュリティ対策を目的とした新しい機能の追加が長い間されていない、もしくは既存の機能改善が遅れている、などです。

有料版では、定期的にアップデートされる場合が多いです。 無料版で作成したアプリを長期的に利用したい場合は、最新の技術動向に注意する必要があります。

有料ツールを検討するべきケース

企業の状況やツールに求めていることによっては、無料ツールでは叶えられないケースが存在します。有料ツールを検討した方がいいケースをまとめているので、参考にしてください。

品質が合わない場合

無料のノーコード・ローコード開発ツールを利用する場合、品質面での妥協が必要です。例えば、ツールのバグや不具合により、開発が遅延したり、アプリの動作が不安定になったりする可能性があります。また、ツールのアップデートや改善の頻度が低くなる可能性もあります。

一方、有料版のツールを利用すると、こうした問題を解決できるケースが多いです。無料版で作成したアプリケーションに高いパフォーマンスや信頼性が必要な場合は、有料版への切り替えを検討した方がいいでしょう。

複雑なアプリケーションを作成したい場合

無料版のノーコード開発・ローコード開発ツールは、基本的な機能やテンプレートは提供していますが、カスタマイズ性や拡張性には限界があります。

そのため複雑なアプリケーションを作成したい場合は、有料版の方がより柔軟に対応できます。有料版ではAPIやデータベースの接続、ユーザー管理、認証、アプリケーションの公開や配信など高度な機能を利用できるからです。

セキュリティやプライバシーを重視する場合

無料版のノーコード開発・ローコード開発ツールでも、安全性や信頼性には十分配慮されていますが、セキュリティやプライバシーを重視する場合は、有料版の方が安心できます。

有料版ではSSLや暗号化、バックアップ・復元、アクセス制限、監査ログなどセキュリティやプライバシーに関する機能を利用できます。また法律や規制に準拠したサービスを提供しているツールもあり、より安全に利用できるでしょう。

サービスを比較しましょう

自社に合うサービスを選ぶには、各サービスの内容を比較することが重要です。気になるサービスの資料をダウンロードして、自社に合うのか検討しましょう。

\料金や機能を資料で比較する!/

ノーコード開発・ローコード開発選び方ガイド_20221118.pptx.pdf
ノーコード開発・ローコード開発
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
ノーコード開発・ローコード開発の最近更新された記事