Article square balloon green
会員限定記事

ベンチマークとは | 各業界での意味・違いを徹底解説【用語】

ベンチマークとは基準、指標や尺度という意味の言葉で、辞書などでは測量する場合の高低の基準点や物事の基準として説明されています。この記事では、さまざまな業界におけるベンチマークの意味や違いを解説します。
その他職種
Large

さまざまな分野における「ベンチマーク」を理解しよう

ベンチマークとは基準、指標や尺度という意味の言葉で、辞書などでは測量する場合の高低の基準点や物事の基準として説明されています。

ベンチマークはさまざまな分野で使用されていますが、その業界によって多少意味合いが異なるので注意しておいた方が良いかもしれません。

ここでは比較的耳にしやすい投資分野コンピューター分野経営分野でのベンチマークの使われ方を紹介します。

どのようにベンチマークを利用すればより適切な製品や商品が選択できるのか、より大きな成果に結び付けられるのかといった点を説明しましょう。

ベンチマークとは(金融・資産運用)

金融業界や投資関連用語のベンチマークは、投資商品を評価するための指標として使用されています。

株式投資の場合、特定の銘柄や投資信託の収益性などを評価するために株価指数などのインデックスが使用されます。

たとえば、日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)などがインデックスにあたり、これらが投資信託などのベンチマークとして使用されているのです。

特定の投資信託の運用が良いかどうかを評価するためにTOPIXなどがベンマークとして使用され、その運用成績がTPOIXを上回っていれば良い結果と判定されます。

逆にその投資信託の成績がTOPIXを下回っていれば運用成績は悪かったと評価されるわけです。

つまり、TOPIXをベンチマークとすることで、特定の投信信託の運用成績がどの程度良かったか、悪かったかを数値で把握でき、適切な選択が可能となります。

ベンチマーク(コンピューターシステム分野)

コンピューター(システム)の製品を比較・評価する場合にも、ベンチマークという言葉が使われます。その意味は主に「性能を測定する」という内容で使用されるケースが多いです。

コンピューターを構成する各機能単体やコンピューターシステム全体の性能を比較・評価する場合、「ベンチマークテスト」が行われます。

たとえば、CPU、グラフィックボードやメモリなど単体機能の処理速度やアクセス速度などを計測するベンチマークテストが行われたり、システム全体で行われたりするわけです。

その際、必要に応じてベンチマーク用のソフトが使用されることもあります。ベンチマークテストの測定結果の数値によりどの製品やシステムが優秀であるか否かを把握できるようになり、希望に合った製品などを選択しやすくなります。

また、ゲーム業界では動作の確認とプロモーションを兼ねたベンチマークソフトが作られ提供されるケースもあります。

PC用ゲームソフトやオンラインゲームなどでベンチマークソフトがお試しとして使用できれば、消費者は自分に合ったものかを評価しやすくなり購入の判断に役立つわけです。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事