コピー完了

記事TOP

車両管理システム比較13選|仕組み・メリット・スマホアプリで出来る社用車管理ソフトまとめ

最終更新日:
車両管理システムの概要と仕組みについて解説。運転情報の確認や業務効率向上、車両管理のためのおすすめ管理サービスも紹介します。さらに導入によるメリット、デメリットについても触れていきます。運転状況の可視化や社用車のコストダウンを目指す企業の方は、ぜひ参考にしてください。

車両管理システムとは

車両管理とは事故が起きた際のリスクに備えるために、企業が所有する社用車やリース車に紐づく車両情報・ドライバー情報を一元管理することです。具体的には保険加入・登録番号といった車両に関する情報、免許・緊急連絡先などのドライバー情報に加えて走行履歴、燃料、車両日報も管理することでコスト削減の側面もあります。

車両管理システムとはリース車や私用車、企業が管理する社用車などを契約先や保有形態に関係なく車両情報を一元管理するシステムです。GPS機能や走行距離などを分析することで物流や配車業務の効率化、危険運転の防止が可能です。

最近ではパソコンだけでなくスマートフォンアプリから確認できるシステムも多いため、車両内を含めどこからでも簡単に手続き可能です。

本記事では車両管理システムのメリットやおすすめのシステムについても紹介をしていきます。

車両管理システム導入のメリット3つ

車両管理システム導入により、管理者の負担軽減やコスト削減などの面でメリットがあります。主要なメリットを3つ説明します。

車両管理者の負担軽減

どのシステムやサービスにもいえることですが、社用車に関する情報をWeb上で一元管理が可能になるため、管理者の負担軽減につながります。

車種などの基本的な情報をはじめ、リースの契約内容やメンテナンス情報、保険に関する情報など、これまで紙媒体で行っていたことを車両管理システムでまとめられるので、業務の効率化も可能になります。

車両情報の精度向上

車検の更新日や保険の加入漏れの管理をシステムに委ねることによって、車両に関する情報を部署全体で共有できます。情報管理自体を受け持つサービスもあるため、運用の精度がより向上します。

多くのツールではパソコンだけではなく、スマートフォンのアプリでチェック可能なため、いつでもリアルタイムで情報を得られます。

コストの削減

車両管理状況を把握することにより、適切な車両台数や保険料の見直しを行えるため、作業効率化や車両事故減少が期待でき、結果としてコスト削減が見込めます。

多くの企業にとって車両に関するコストは相当大きいものになるため、効率的な運用とともに余計なコストを削減できる点は大きなメリットといえます。

車両管理システムのデメリット

車両管理システム導入により起こりうるデメリットについて説明します。

監視の印象を与えてしまう

24時間いつでも車両の位置を確認できるシステムが多いため、社員によっては監視されている印象を持つ人もいるようです。そういった理由から導入を反対されるケースも少なくありません。

車両管理システムの導入は会社と社員両方にメリットがあること、生産性の向上につながることをしっかりと伝えることが大切です。

車両管理システムおすすめ13選

多くの法人に使われているおすすめの車両管理システム12選を紹介します。本記事で紹介している車両管理システムのさらなる詳細はこちらからご覧になれます。

Cariot(キャリオット) - 株式会社フレクト

Cariot(キャリオット) - 株式会社フレクト 画像出典:Cariot公式サイト

  • 工事不要で簡単導入
  • 用意するのはデバイスとSIMカードだけ
  • 車両管理台帳から動態管理まで幅広く対応

Cariotは、フレクトの提供するリアルタイム車両管理ツールです。デバイスとSIMカードがあれば簡単に利用できます。

車両管理台帳から動態管理、ルート配送から資産管理といった幅広い業務に対応。専用工事が不要で取り扱いが簡単なのもメリットで、最小1台から管理可能です。

無事故プログラムDR - 日本ユニシス株式会社

無事故プログラムDR - 日本ユニシス株式会社 画像出典:無事故プログラムDR公式サイト

  • 車両の稼働状況を可視化
  • 危険運転をリアルタイムでメール通知
  • 初期投資・追加費用ゼロ

無事故プログラムDRは、ドライブレコーダーとテレマティクスを組み合わせた法人向け通信型車両管理システムです。車両の運行実績を日次・月次単位でCSV出力でき、深夜・休日運転の可視化から車両の稼働率のまで多様な分析に対応可能。危険運転を検出すると、自動で映像がサーバーに送られメールが届くため、管理者は即座にドライバーへ指導でき、事故防止にも寄与します。月額利用料2,980円で、年に数回ソフトウェア・WEBサービスの更新を行うので、追加費用を払うことなく常に最新の機能を利用できます。

ビークルアシスト - パイオニア株式会社

ビークルアシスト - パイオニア株式会社 画像出典:ビークルアシスト公式サイト

  • 日常の安全運転を意識させるサポート
  • 運行業務を効率化して均質な運行を実現
  • 管理業務の手間を削減

ビークルアシストは、パイオニア製のカーナビや通信ドライブレコーダーを活用したクラウド型車両管理システムです。危険運転警告機能や、危険挙動回数に応じた評価を自動で通知する運転評価メール機能により、安全運転意識やモチベーション向上につながります。最短のコースを作成でき、作成したコースの地点は訪問先ごとの連絡事項と合わせて対応端末に送信可能。コース指示の手間や訪問先の事前確認など、非効率を改善します。

Loogia(ルージア) - 株式会社オプティマインド

Loogia(ルージア) - 株式会社オプティマインド 画像出典:Loogia(ルージア)公式サイト

  • PCとスマートフォンがあれば即導入可能
  • AIで効率的な配送ルートを作成
  • AIとGPSを活用したさまざまな機能

Loogia(ルージア)は、AIを活用したクラウド型自動配車システムです。配送ルートを最適化することで業務の効率化をすすめ、配送の現場が抱える課題解決も期待できます。AIとGPSを活用したさまざまな機能を搭載し、位置情報の確認や作業の進捗状況を把握できます。ドライバーの配送ルートを可視化することで、業務のさらなる改善やイレギュラーな配送にも迅速に対応可能です。

Linkit Maps(リンクイットマップス) - 株式会社ACCESS

Linkit Maps - 株式会社ACCESS 画像出典:Linkit Maps公式サイト

  • 外回り業務管理を効率化するクラウド動態管理サービス
  • 素早い進捗管理と円滑なコミニュケーションを実現
  • スマートフォンで簡単に位置情報を共有

Linkit Mapsは、従業員のGPS情報をリアルタイムに把握できる、動態管理コミュニケーションサービスです。iOS(iPhone)、Androidともに対応しており、位置情報を簡単に共有可能。外回り従業員の業務進捗管理や、訪問先エビデンスの取得を効率化します。さらにチャット機能を備えており、日々のコミュニケーションに加え、災害時の安否確認も素早く行えます。メディア取材、保守、運送、外勤従業員が多い企業におすすめです。

SmartDrive Fleet - 株式会社スマートドライブ

SmartDrive Fleet - 株式会社スマートドライブ 画像出典:SmartDrive Fleet公式サイト

  • GPS管理機能でリアルタイムに位置を把握
  • 走行履歴・日報機能でコンプライアンス強化
  • 車両の稼働率を可視化しコスト管理

SmartDrive Fleetは、社用車や従業員にまつわる様々な業務・管理を効率化する車両管理システムです。
車両の位置情報をリアルタイムで把握できるため、迅速なサービス提供や配送指示が可能になるだけでなく、社用車の私的利用やサボり防止にもなります。走行ルートや日報は自動で作成されるので、訪問件数や運行ルートの改善へつながります。また走行履歴機能から稼働率が低い車両を可視化されるので、そうした車両は減車対象にしてコスト削減も期待できます。

docoですcar

  • 法人向けのクラウド動態管理サービス
  • インターネット経由で車両の運行位置や状態を確認
  • 2,300社以上の導入実績

docoですcarは、ドコモ・システムズが提供する法人向けのクラウド動態・車両管理サービスです。

インターネット経由で車両の運行場所や状態を「いつでも」「どこでも」リアルタイムに確認でき、幅広いニーズに対応しているため、車両を使った事業を行っている企業には必須のサービスといえます。2,300社・35,000台を超える導入実績があり、運送・物流業界に多く利用されています。

ビジネスナビタイム

  • 目的地へのナビゲーションを最適化
  • スマホアプリからも利用可能
  • 簡単に訪問計画を作成できる

ビジネスナビタイムは、車両の配車や位置情報からカーナビまで広く活用できる車両管理・運行管理システムです。

パソコンだけでなくスマホアプリからも利用でき、運行計画から移動、振り返りまで一括管理を支援してくれます。無料トライアル版もあるので、実際に使用して導入を検討が可能です。

くるまぷり

  • PCとスマホだけ車両管理利用可能
  • 安全運転のためのコンテンツを配信
  • 独自のノウハウをもとにシステムを提供

くるまぷりは、キムラユニティーが提供する、2017年にリリースされた車両管理アプリです。同社の車両管理システムで培った独自のノウハウにより、だれでも手軽に効率的な車両運用ができるシステムとなっています。

スマホアプリをダウンロードするだけで簡単に利用でき、専用デバイスの購入が必要ないのも魅力です。

DRIVE BOSS

  • カーナビを使った高度な車両管理システム
  • 運転者ごとの運行情報を詳細にレポート
  • 運行管理の負担軽減と安全運転の実施

DRIVE BOSSは、パナソニックの提供する高精度なカーナビゲーションを搭載した多機能車両管理システムです。

各車両や運転者ごとに運行情報を詳細にレポート可能で、日々の車両運行管理の負担軽減コスト削減に寄与します。配送を効率化したいルート配送業界や訪問営業の効果や精度を上げたい企業におすすめです。

KITARO

  • PCで簡単操作が可能
  • 業種・規模問わず幅広く利用可能
  • 1台から数千台まで規模を問わず使える

KITAROは、AUCNETの提供するリアルタイム運行管理システムです。管理者は車両の状態を24時間リアルタイムで把握し、全体的な視点から改善点を明確にして生産性向上につなげられます。

緊急時などには最寄の車を迅速に発見し、素早い指示出しも可能です。安全評価やエコドライブ評価で運転成績のランキングなども行えるのが特徴です。

mineoセーフティドライブサービス

  • ドライバー・管理者の負担軽減
  • 日報の自動化で業務効率向上
  • 的確な運行指示を実現

mineoセーフティドライブサービスは、車両の状況をリアルタイムで把握できる車両管理システムです。

現在の各車両の走行場所を把握し、的確な運行指示を実現します。mineoのSIMカードを装着した車載機を故障診断コネクタに接続するだけで使用でき、特別な設置工事を行う必要はありません。

テレマティクスサービス

  • 車両の位置情報をリアルタイムに「見える化」
  • 運転データを収集、グラフ化
  • 簡単装着ですぐに使える

テレマティクスサービスは、通信機能とGPS機能を備えた端末を利用することで、端末を取り付けた車両の位置情報をリアルタイムに「見える化」する車両管理サービスです。

全車両の現状を1画面で確認できるので、それぞれの車両へスムーズに指示を出せるほか、当日の走行履歴を確認しながら業務の運転日報を作成が可能です。

車両管理システムの導入で効率化を

車両管理システムの概要と仕組み、おすすめの管理システムを紹介してきました。企業にとって車両情報は効率的な業務運営に欠かせないものです。

正しく管理することで業務の生産性が向上し、大幅なコスト削減が可能になります。多くのシステムはパソコンだけでなくスマホでも使えるため、既存の管理システムと組み合わせることで業務全体の最適化に寄与します。

社用車を日常的に利用している企業は、ぜひ車両管理システムを積極的に導入して業務効率の向上を図りましょう。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

車両管理システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
車両管理システムの最近更新された記事