車両管理システムの関連情報

コピー完了

記事TOP

車両管理システム比較23選!仕組み・メリット・スマホアプリ対応の社用車管理

最終更新日:(記事の情報は現在から305日前のものです)
車両管理システムとは、社用車やトラックを効率よく安全に管理するシステムです。車両管理システムの概要と仕組み、メリット・デメリットを解説。運行状況の把握や配車効率向上のためのおすすめシステムも紹介します。社用車の経費削減と事故防止、物流DXを目指す方はぜひ参考にしてください。

【厳選】おすすめの車両管理システムをまとめてチェック!

車両管理システムの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。

車両管理システムとは

車両管理システムとは、企業が社用車やトラックを効率よく安全に管理するためのシステムです。車両管理・運行管理のことを、英語では「Fleet management(フリートマネジメント)」といいます。

車両の基本的な情報にくわえ、GPS機能で位置や運行状況を把握し、リアルタイムで確認できます。物流や配車業務の効率化が実現でき、危険運転防止にも役立ちます。

テレマティクスとは

テレマティクスとは、車両に通信機能やGPS機能を備えた車載器を搭載して、車両の運行データを取得するサービスのことです。テレマティクスは車両管理システムの主要な機能といえます。

車両管理システムのメリット

車両管理システム導入により、企業には管理者の負担軽減やコスト削減などのメリットがあります。主要なメリットを3つ説明します。

事故防止に役立つ

車両管理システムのなかには、運転状況や走行距離から危険運転を検知してアラートを出してくれるシステムがあります。危険運転の傾向や場所が把握できると、事故防止につながる点は大きなメリットです。

管理者の負担軽減

車両管理システムでは、運行の状況とともに、社用車の車検更新日や保険の加入漏れなどの基本的な情報も一元管理できます。編集・検索ともに紙やエクセルよりも簡単になるため、管理者の負担軽減になります。

車両管理システムで収集された情報から、最適ルートや効率的な人員配置などを検討できるため、さらなる業務効率化も可能です。業務改善を任されているスタッフにとっても、あると助かるシステムだといえます。

コストの削減

車両管理状況を把握できると、適切な車両台数や保険料の見直しを行えるようになります。作業効率化や車両事故の減少が期待でき、結果としてコスト削減が見込めます。

多くの企業にとって社用車やトラックに関するコストは相当大きいものになるため、効率的な車両運用により余計なコストを削減できる点は大きなメリットです。

物流DXの推進

物流DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進するためには、車両管理システムや運行管理システムは不可欠のシステムです。物流業界の深刻化するドライバーと現場人員不足に対応するには、ロジスティクスの自動化を可能にする車両管理システムが必要です。

車両管理システムのデメリット

ドライバーの心理的抵抗感

車両管理システムでは、24時間いつでも車両の位置を確認できるシステムが多いため、ドライバーによっては監視されている印象を持つ人もいるようです。そういった理由から導入を反対されるケースも少なくありません。

車両管理システムの導入は会社と社員両方にメリットがあること、労災防止と生産性の向上につながることをしっかりと伝えることが大切です。

ベンダーロックインしやすい

車両管理システムは、基本的にすべての車両に車載器などのベンダー供与の物理デバイスの設置が必要で、マップやシステムの仕様も異なります。そのため一度導入してしまうと、より費用が安く使い勝手が魅力的なシステムがあっても、乗り換えが困難になることが少なくありません。

車両管理システムを比較して導入する際には、初期投資にベンダーロックインの可能性も含めて検討するようにしましょう。

車両管理システムの選び方

車両管理システムを選ぶ際には、次のようなポイントに気をつけて比較検討するとよいでしょう。

  • 運転分析機能がついているか
  • ルート作成機能があるか
  • 自社車両に適したデバイス対応か
  • 料金体系

それぞれの項目について説明します。

運転分析機能がついているか

車両管理システムのなかには、燃費向上や走行ルートなどから、より適切な運転改善を提案してくれるシステムもあります。運転はチェックしにくい項目であり、事故防止に直結するものなので、システムを使って分析するのは効果的です。

車両管理にどのような課題を抱えているかを整理し、運転分析機能が搭載された車両管理システムを選ぶようにしましょう。

ルート作成機能があるか

位置情報や走行記録を記録する機能のほかに、最適なルートを提案してくれる車両管理システムもあります。

とくに少ない車両で何か所も配送する場合は、ルート作成機能があるとより効率的な運行が実現できます。

自社車両に適したデバイス対応か

車両管理システムの車載器には、OBD2コネクタ型、シガーソケット型、デジタコ(デジタルタコグラフ)、ドラレコ(ドライブレコーダー一体型)といった種類のデバイスがあります。デバイスによって利用できる機能やサービスが異なり、トラックやバン、乗用車、スクーターといった車両タイプによっても適したデバイスは異なります。

そのため、車両管理システムのデバイスの費用や機能、自社車両に適したデバイスが選択できるかをよく確認してシステムを選ぶ必要があります。

料金体系

車両管理システムの料金は、車載器のほかに月額費用が掛かる料金体系です。車載器は購入とリースから選べるシステムが多く、契約期間からコストパフォーマンスが高い方を選ぶとよいでしょう。

車両管理システムおすすめ比較23選

多くの法人に使われているおすすめの車両管理システムを比較紹介します。本記事で紹介している車両管理システムのさらなる詳細は、こちらからご覧になれます。

サービス名ビークルアシスト
ビークルアシスト
「TUMIX配車計画」運送業専用クラウド
「TUMIX配車計画」運送業専用クラウド
Cariot
Cariot
DRIVE CHART
DRIVE CHART
SmartDrive Fleet
SmartDrive Fleet
無事故プログラムDR®
無事故プログラムDR®
Linkit Maps
Linkit Maps
トラッカーズマネージャー
トラッカーズマネージャー
docoですcar
docoですcar
LYNA 自動配車クラウド
LYNA 自動配車クラウド
BookingBook
BookingBook
ユーザーレビュー
4.28
4.38
4.2
5.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
初期費用
0円(税抜)〜
0円(税抜)〜
0円(税込)〜
月額費用
980円(税抜)〜
16,800円(税抜)〜
2,980円(税抜)〜
500円(税抜)〜
12,500円(税抜)〜
4,290円(税込)〜
無料プラン
無料トライアル
導入形態
  • クラウド
  • クラウド
  • クラウド
  • クラウド
  • クラウド
  • クラウド
  • クラウド
  • クラウド
  • クラウド
  • クラウド
連携サービス
  • LINE WORKS
  • kintone
  • 着タイム
API連携
車両予約管理
走行計画作成
走行ルート提案
ナビアプリとの連携にて可
配車計画作成
スポット登録
荷量情報管理
車両・走行状況設定
  • ドライバーの登録
  • ドライバーの登録
  • ドライバーの登録
  • 道路混雑状況の設定
  • 横断禁止
  • 交通規制
  • 有料道路の使用
  • ドライバーの登録
  • 車両の回転数
  • 時間帯別道路速度設定
車両位置情報の取得
走行記録・ルートの取得
輸配送進捗管理・予測
危険運転アラート・通知
ヒヤリハットマップ
温度・湿度管理
SmartDrive Wi-Fi Hubとの連携にて可
運転日報作成
整備のリマインダー
  • 車検
  • 車検
  • 免許更新
  • オイル交換
  • その他
  • 車検
  • 免許更新
  • リース期限
  • その他
配送ルートの再計算
アルコールチェック
事故後の対応・管理
休憩時間の管理
車両稼働率の管理
安全運転分析
エコドライブ分析
運行データ分析
レポート作成
ダッシュボード作成
GISツールとの連携にて可能

ビークルアシスト - パイオニア株式会社

ビークルアシスト
ビークルアシスト
BOXIL SaaSセクション | BOXIL SaaS AWARD 2023
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 日常の安全運転を意識させるサポート
  • 運行業務を効率化して安定運行を実現
  • 車両管理業務の手間を削減

ビークルアシストは、パイオニア製のカーナビや通信ドライブレコーダーを活用したクラウド型車両管理システムです。危険運転警告機能や、危険挙動回数に応じた評価を自動で通知する運転評価メール機能により、安全運転意識やモチベーション向上につながります。

最短の運行コースを作成でき、作成したコースの地点は訪問先ごとの連絡事項と合わせて対応端末に送信可能。コース指示の手間や訪問先の事前確認など、非効率を改善します。

BookingBook - 株式会社ブッキングブック

  • 配車状況をもとにドライバーと車両をリアルタイム管理
  • 配車表データをもとに指示書や連絡票をクリック出力
  • ドライバーの労務管理や日報、損益計算などにも対応

BookingBookは、車両とドライバーの最新状況を共有し、チームで配車管理できるシステムです。配車状況や未配案件などを可視化でき、配車表データをもとに配車指示書や車番連絡書などの帳票出力も可能です。

パソコンだけでなくWindowsタブレットでも操作可能で、ドライバーと車両を紐づけて管理できるため、乗り替わりが多い運用や複雑なシフト管理にもにも役立ちます。

Cariot - 株式会社フレクト

Cariot
Cariot
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 工事不要で簡単導入
  • 用意するのはデバイスとSIMカードだけ
  • 車両管理台帳から動態管理まで幅広く対応

Cariot(キャリオット)は、株式会社フレクトの提供するリアルタイム車両管理システムです。デバイスとSIMカードがあれば簡単に利用できます。

車両管理台帳から動態管理、ルート配送から資産管理といった幅広い車両管理業務に対応。専用工事が不要で取り扱いが簡単なのもメリットで、最小1台から管理可能です。

docoですcar - NTTコミュニケーションズ株式会社

  • 約3,000社、10万台の導入実績
  • AIが危険運転を検知し事故を未然に防止
  • 運転のクセから改善し安全運転へと導く運転診断機能

docoですcarは、NTTコミュニケーションズのドコモビジネスが提供する車両運行管理クラウドサービスです。安全運転や事故削減など車両に関する業務をトータルにサポートします。通信型ドライブレコーダーに搭載されたAI機能やセンサーが、前方接近やながら運転、居眠り運転など危険運転の予兆を検知し、ドライバーへ警告するため、重大事故を未然に防止します。

大手物流会社も採用する高精度な運転診断ロジックを搭載。ヒヤリハットだけではなく、日常運転のクセを解析するため、運転を根本から改善できます。具体的な改善ポイントが可視化されるため、管理者からドライバーへ的確な指導が行えます。

2022年度の法改正に対応した、白ナンバー事業者向けアルコールチェックサービスの申し込み受付を開始。安全運転管理者の業務最適化を支援します。

※出典:docoですcar公式サイト(2022年8月時点)

LYNA 自動配車クラウド - 株式会社ライナロジクス

  • 煩雑な配車計画の作成を独自のAIで高速化
  • 経験に左右されず正確な配車計画を組める
  • 手厚いサポートで企業をバックアップ

LYNA 自動配車クラウドは、独自のAI技術により、配車計画を簡単に作成できる車両管理システムです。企業ごとで異なる条件に対応しつつ、距離や時間などの配送情報を計算してくれます。

何万通り以上もある計画のなかで、最適な配車計画を瞬時に導き出し、配車計画を作成する時間を短縮できます。経験が少ない担当者でもAIがアシストしてくれるので、ベテランの方と同様に配車計画を作成可能です。また、サポート体制も充実していて、20年以上の実績をもとに、経験豊富なスタッフが対応してくれます。

LYNA 自動配車クラウド公式サイトより(2022年8月時点)

DRIVE CHART - 株式会社Mobility Technologies

DRIVE CHART
DRIVE CHART
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 危険な運転行動を自動で検知・録画
  • ドライバーの運転のクセを可視化
  • データをもとに交通事故防止につなげる

DRIVE CHART(ドライブチャート)は、AIを搭載したドライブレコーダーが常にドライバーの運転解析を行う、安全運転支援サービスです。急加速やわき見運転など、事故の原因となりうる運転行動をAIが自動的に検知して映像に残します。

管理者はAIが検知した危険な運転シーンや、ドライバーごとに運転のクセを可視化した運転傾向レポートを、Web上でいつでも確認可能です。専門の担当者がクライアントに合わせた運用プロセスの設計やデータ分析を行い、より効果的にシステムを運用するためのサポートやアドバイスをくれます。収集したデータをもとに、事故防止や業務改善につなげられます。

「TUMIX配車計画」運送業専用クラウド - 株式会社TUMIX(鈴与グループ)

「TUMIX配車計画」運送業専用クラウド
「TUMIX配車計画」運送業専用クラウド
BOXIL SaaS AWARD 2022 営業・顧客管理部門受賞
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • ドライバーの作業状況を簡単に把握
  • 請求書など二重入力の手間を削減
  • 運送ネットワークの拡大が狙える

「TUMIX(ツミックス)配車計画」運送業専用クラウドは、配車・手配と帳票管理が一体となった、運送業務を効率化するサービスです。ドライバー用のスマートフォンアプリを活用すれば、積み卸しの作業状況や待機時間など、簡単に運行実績として登録可能。トラブル時の情報共有もスムーズに行えます。

配車に必要な貨物情報を登録すれば、その情報をもとに請求書や運行指示書を自動作成。今まで手間がかかっていた転記作業を、大幅に削減してくれます。また、評価が高い運送会社は、「TUMIX配車計画」運送業専用クラウドがおすすめとして紹介してくれるので、新規取引先の獲得も見込めるでしょう。

  • 外回り業務管理を効率化するクラウド動態管理サービス
  • 素早い進捗管理と円滑なコミュニケーションを実現
  • スマートフォンで簡単に位置情報を共有

Linkit Maps(リンクイットマップス)は、従業員のGPS情報をリアルタイムに把握できる、動態管理コミュニケーションサービスです。iOS(iPhone)、Androidともに対応しており、位置情報を簡単に共有可能。外回り従業員の業務進捗管理や、訪問先エビデンスの取得を効率化します。

さらにチャット機能を備えており、日々のコミュニケーションに加え、災害時の安否確認も素早く行えます。メディア取材、保守、運送、外勤従業員が多い企業におすすめです。

トラッカーズマネージャー - 株式会社Azoop

  • 運送業に特化、車両や運転者の管理もラクラク
  • 車両1台あたりの収益も即座に集計・可視化
  • ペーパーレス化でコスト削減

トラッカーズマネージャーは、運送業界に特化したクラウド型業務支援システムです。車両の整備・修理記録や車検証、保険などの情報とドライバーの事故歴や健康診断の状況など、車両台帳と運転者台帳に必要な項目をまとめてデジタル化して管理します。

受注した案件に応じて配車計画や、車両1台あたりの収益をボタン1つで可視化・分析できます。そのほか、各種提出書類の出力や請求書発行機能もあり、業務効率化とペーパーレス化によるコスト削減も実現できます。

クラウドアイ

  • 加速度センサー・重力センサーで安全運転指導
  • 万が一のときも役立つ動画記録
  • 建設現場でも利用可

クラウドアイは、株式会社仙台銘板が提供している、GPS機能と通信モジュールを搭載した車両管理システムです。加速度センサー・重力センサーによって急加速・急ハンドル・急ブレーキなどを検知、アラームやメッセージでドライバーに注意を促します。

またドライブレコーダーを標準装備しているので、万一の事故後の処理にも役立ちます。コンクリート品質管理や現場車両の運行管理に適しており、建設現場でも活用できる車両管理システムです。

SmartDrive Fleet - 株式会社スマートドライブ

  • GPS管理機能でリアルタイムに位置を把握
  • 走行履歴・日報機能でコンプライアンス強化
  • 車両の稼働率を可視化しコスト管理

SmartDrive Fleetは、社用車やドライバーにまつわるさまざまな業務や管理を効率化するクラウド車両管理システムです。

車両の位置情報をリアルタイムで把握できるため、迅速なサービス提供や配送指示が可能になるだけでなく、社用車の私的利用やサボり防止にもなります。走行ルートや日報は自動で作成されるので、訪問件数や運行ルートの改善へつながります。また走行履歴機能から稼働率が低い車両を可視化できるので、そうした車両は減車対象にしてコスト削減も実現できます。

ビジネスナビタイム

  • 目的地へのナビゲーションを最適化
  • スマホアプリからも利用可能
  • 簡単に訪問計画を作成できる

ビジネスナビタイム 動態管理ソリューションは、車両の配車や位置情報からカーナビまで広く活用できる車両管理・運行管理システムです。

パソコンだけでなくスマホアプリからも利用でき、運行計画から移動、振り返りまで車両管理を支援してくれます。無料トライアル版もあるので、実際に使用して導入の検討が可能です。

くるまぷり

  • 車両管理が楽になるスマホアプリ
  • クラウド型車両管理システム「KIBACO」と接続
  • 月額利用料だけで利用可能

くるまぷりは、キムラユニティーが提供する車両管理スマホアプリです。同社のクラウド型車両管理システム「KIBACO」とつなぐことにより、だれでも手軽に効率的な車両運用ができるシステムが実現します。

スマートフォンアプリをダウンロードするだけで簡単に利用でき、専用デバイスの購入が必要ないのが魅力です。

DRIVEBOSS

  • カーナビを使った高度な車両管理システム
  • ドライバーごとの運行情報を詳細にレポート
  • 運行管理の負担軽減と安全運転の実施

DRIVEBOSSは、パナソニックカーエレクトロニクス株式会社が提供する、高精度なカーナビゲーションを搭載した多機能車両管理システムです。

各車両やドライバーごとに運行情報を詳細にレポート可能で、日々の車両運行管理の負担軽減やコスト削減に寄与します。配送を効率化したいルート配送業界や訪問営業の効果や精度を上げたい企業におすすめです。

KITARO

  • PCで簡単操作が可能
  • 業種・規模問わず幅広く利用可能
  • 1台から数千台まで規模を問わず使える

KITAROは、株式会社アクシスが提供するインターネットで車両の管理を行う運行管理システムです。管理者は車両の状態を24時間リアルタイムで把握し、全体的な視点から改善点を明確にして生産性向上につなげられます。

緊急時などには最寄の車を迅速に発見し、素早い指示出しも可能です。安全評価やエコドライブ評価で運転成績のランキングなども行えるのが特徴です。

mineoセーフティドライブサービス

  • ドライバー・管理者の負担軽減
  • 日報の自動化で業務効率向上
  • 的確な運行指示を実現

mineoセーフティドライブサービスは、車両の状況をリアルタイムで把握できる運行管理システムです。

現在の各車両の走行場所を把握し、的確な運行指示を実現します。mineoのSIMカードを装着した車載器を故障診断コネクタに接続するだけで使用でき、特別な設置工事を行う必要はありません。

テレマティクスサービス

  • マルチデバイス対応のテレマティクスサービス
  • スマートフォン・タブレットアプリも
  • ゼンリン地図やクラウド利用で低価格を実現

ゼンリンデータコム テレマティクスサービスは、通信機能とGPS機能を備えた車載器やデバイスの情報を一元管理する、車両運行管理プラットフォームです。ゼンリン地図やクラウドサーバーを利用して運用コストの削減を実現しています。

全車両の位置情報を1画面で確認できるので、それぞれの車両へスムーズに指示を出せるほか、当日の走行履歴を確認しながら業務の運転日報の作成が可能です。

無事故プログラムDR® - 日本ユニシス株式会社

  • 車両の稼働状況を可視化
  • 危険運転をリアルタイムでメール通知
  • 初期投資・追加費用無料

無事故プログラムDRは、ドライブレコーダーとテレマティクスを組み合わせた法人向け車両管理システムです。車両の運行実績を日次・月次単位でCSV出力でき、深夜・休日運転の可視化から車両の稼働率まで多様な分析に対応可能。危険運転を検出すると、自動で映像がサーバーに送られメールが届くため、管理者は即座にドライバーへ指導でき、事故防止に寄与します。

初期費用無料・月額利用料2,980円で、年に数回ソフトウェア・Webサービスの更新を行うので、追加費用なしで常に最新の機能を利用できます。

KIBACO


- 4,000社以上の取引実績
- 車載機器不要のクラウドシステム
- 5台まで無料のフリープランあり

KIBACO(キバコ)は、キムラユニティー株式会社が提供する車載機器不要のクラウド車両管理システムです。安全運転推進と車両管理機能を備えており、スマートフォンと月額利用料だけで利用できる法人向けサービスです。

リース満期・車検満期・日常点検の車両管理機能、カーシェア・レンタカー使用時の日報作成、アルコールチェックの点呼機能といった便利な機能が備わっています。

KIBACO公式サイトより(2022年8月時点)

ロジこんぱすLite

  • 初期費用無料のレンタルプランあり
  • OBDⅡコネクタ・シガーソケットの2タイプ
  • デジタコ連動型スマホアプリも提供

ロジこんぱすLiteは、株式会社システックが提供する簡単低価格のクラウド型車両管理サービスです。OBDⅡコネクタまたはシガーソケットにデバイスを接続するだけで簡単に車両管理ができます。

走行ルートの見える化、車両位置管理、安全運転管理、走行履歴や燃費などの日報・月報自動出力といった機能があります。デジタコ連動型スマホアプリ「モバたこ」も提供しています。

MIMAMORI

  • 車両位置・ジオフェンス入出お知らせサービス
  • エコドライブトレーニング機能
  • インターネットデジタコも

MIMAMORIは、ISUZUが提供しているトラック向けのクラウド型車両運行・動態管理システムです。車両位置・輸送状況お知らせ、運行軌跡、ジオフェンス入出お知らせ、エコドライブトレーニング機能、インターネットデジタコといったサービスを提供します。

業務の効率化、安全の確保、改定される法規への対応、労働環境の改善、燃費抑制などの物流業界の課題を解決します。

Vehicle Manager

  • NTTグループ提供の車両管理サービス
  • 普通自動車・小型トラック・軽自動車向け
  • 運転傾向分析・エコドライブ支援

Vehicle Managerは、NTTコミュニケーションズが提供する車両運行管理サービスです。普通自動車・小型トラック・軽自動車の商用車両に、通信機能・GPS機能内蔵の小型車載器を設置して行うテレマティクスサービスです。

運行ルートや速度、燃料消費を可視化し、運行日報を自動作成します。運転傾向分析、エコドライブ支援、危険運転アラートメールといった運行管理機能を備えています。

LINC Biz mobility

  • 高精度センサーとLTE対応eSIMを搭載
  • 遠隔制御に対応できる端末管理クラウド
  • 温湿度管理サービスもオプション提供

LINC Biz mobilityは、シャープグループの株式会社AIoTクラウドが提供する車両管理システムです。高精度な動態管理や運転分析に対応するセンサーと、端末管理を効率化できるLTE対応eSIMを搭載し、柔軟なデータ活用と遠隔制御に対応できる端末管理クラウドサービスを標準提供します。

スマートフォンと連携することで、ドライバーの状況を車両位置と連動してリアルタイムで把握できます。ドライバーは作業報告のほか、現場の写真やコメントを管理センターとチャットでやり取りできます。オプションで、工事不要で設置できるセンサーとクラウドによる、温湿度管理サービスを低コストで提供しています。

「BOXIL SaaS AWARD Spring 2023」の受賞サービス

「BOXIL SaaS AWARD(ボクシル サース アワード)」は、SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」が毎年3月4日を「SaaSの日(サースの日)」と定め、優れたSaaSを審査、選考、表彰するイベントです。

今回の「BOXIL SaaS AWARD Spring 2023」は、2022年1月1日から2022年12月31日までの1年間で新たに投稿された口コミ約14,000件を審査対象としており、計265サービスに、ユーザーから支持されるサービスの証としてバッジを付与しました。

車両管理システムの導入で物流DXの推進を

車両管理システムは、管理者の負担軽減やコスト削減、事故防止といったメリットがあり、社用車を日常的に利用している会社や、物流DXを推進したい企業におすすめのサービスです。選定の際は次のポイントに気をつけて比較検討するとよいでしょう。

  • 運転分析機能がついているか
  • ルート作成機能があるか
  • 自社車両に適したデバイス対応か
  • 料金体系

車両管理システムをより深く検討したい方は、サービス資料を請求し比較するとよいでしょう。

車両管理システム おすすめランキング - 人気製品の料金・評判・機能一覧比較 | ボクシルSaaS
車両管理システムのおすすめ人気製品をランキング形式で比較。料金や口コミ、機能、提供形態を元に比較可能です。
詳細を見る

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計800社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

車両管理システム選び方ガイド
車両管理システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
編集部のおすすめ記事
車両管理システムの最近更新された記事