中途採用サイト(ダイレクトリクルーティング)の関連情報

コピー完了

記事TOP

スカウトメールとは?効果の出るメール作成のポイント【書き方・作成例】

最終更新日:(記事の情報は現在から490日前のものです)
スカウトメールを成功させるポイントや、実際に効果のあった文面もなどを解説します。スカウトメールを実践する際におすすめのサービスも紹介!

スカウトメールとは

スカウトメールとは、リクルーターが求職者を選定し、直接メッセージを送って応募するよう働きかける採用方法のひとつです。

スカウトメールでは、求職者が最初に自身の経歴や強み・経験(プロフィール)を求人サイトや人材紹介サービスで公開、登録します。採用担当者が求職者が登録した情報を見て、自社の求人像にマッチングしている求職者に対して、自社の求人に応募しませんか?と招待します。

ダイレクトリクルーティングとの違い

ダイレクトリクルーティングは、企業側から求職者に直接アプローチする採用方法です。スカウトメールはダイレクトリクルーティングの一種であり、興味を持ってもらうきっかけといえるでしょう。

  • イベントリクルーティング
  • リファラル採用
  • SNSのDM

これらもダイレクトリクルーティングに含まれます。

スカウトメールが注目される背景

スカウトメールが注目される背景には、人材に直接働きかけて「求める人材を確実に採用したい」と企業側が考えるようになった点が理由のひとつです。

近年は人手不足により候補者を集めるのが難しくなってきています。もし候補者を集められたとしても、求める能力のある人材が採用できるとは限りません。

スカウトメールを活用すれば、候補者を集める労力をかけることなく、求める人材に直接声がかけられます。採用コストが下げられる一方、求職者側はスカウトメールから「自分に興味を持ってもらえた」と特別感を得られるようになり、興味を持ってもらいやすくなります。

スカウトメールの流れ

スカウトメールは、求職者が求人サイトや人材紹介サービスで公開した経歴や強み・経験(プロフィール)を見て、興味を持った企業側が求職者へアプローチしていくのが一般的な流れです。

画像引用:ボクシル編集部にて作成

「この求職者ならばいきなり最終面接をしたい!」本当に自社に必要な人材であれば、手間をかけてでもスカウトの段階で厳選したうえでスカウトメールを送ります。

一方で、「このスカウトメールに興味を持ったら選考に参加してね!」のような軽いアプローチもあります。この軽いアプローチとは、求人サイトや人材紹介サービスの担当者や自動送信で送られるものを指します。最初に求職者が登録した職務経歴や希望条件などの中で、企業が求める条件にマッチする人材をもとにスカウトメールが送られるケースです。

たとえば、「30代・管理職経験あり・東京都希望・年収450万以上」などの条件で、マッチングした求職者にスカウトメールが送られるパターンです。採用担当者としては、スカウトを求人サイトや人材紹介サービスの担当者に任せることで、手間がかからないメリットがあります。

スカウトメールを送る前に知っておくべきこと

スカウトメールは企業側からのアプローチになるため、求職者の志望度は低い状態です。そのため、まずは興味を持ってもらうことから始めなくてはなりません。どのような人材を採用したいのか情報を整理し、仕事内容や働き方のどの点が魅力的に感じてもらえそうか確認しておくとよいでしょう。

スカウトメールを送る相手は、いますぐ転職したいわけではなく、タイミングや希望があえば転職したいと考えている「転職潜在層」です。相手を知り、自社のどの点が魅力的か前もって考えておくことが大切です。

スカウトメールの種類

採用担当者から見たスカウトメールの種類としては、次の3種類があります。

  • 条件が合えば勝手に求職者に送るもの(自動送信メール)
  • 「選考にかけてみたいから」と送っているもの
  • 「この人にぜひ会ってみたい!」と送っているもの

それぞれについて解説していきます。

自動送信メール

自動送信メールは、条件が合えば勝手に求職者に送られるスカウトメールのことを指します。まったく手間がかからなず、母集団形成に役に立ちます。

手がかからない一方、一般的な求人とほとんど変わらず、本当に自社が求める人材が応募してくるかどうかについては、まさに神のみぞ知るといえます。

母集団形成を戦略的に!新卒採用で人材を確保する方法とは
母集団形成を行うと採用活動が効率化する?自社に本当にマッチした人材を確保している企業がやっているのは「母集団形成」...
詳細を見る

「選考にかけてみたいから」と送っているもの

「選考にかけてみたいから」と送っているものについては、もしかしたらうちの会社に合うかもしれないから、選考に応募してくれたら良いなあ!程度のものです。

こちらも固定化された採用情報のみを記載してしまうと、選考に進んで欲しい意向がうまく伝わりません。

「この人にぜひ会ってみたい!」と送っているもの

文字とおり、「この人にぜひ会ってみたい!」と送っているものを指します。

「この会社に応募しよう!」「この会社なら、今後の人生をかけられる」と思わせるようなメールを送る必要があります。

この3種類のスカウトをうまく使いこなすことが、スカウト求人を行う採用担当者には求められています。

求職者カテゴリー別テンプレート

求職者のカテゴリー別ごとに、それぞれの良いオファーのテンプレートを紹介します。

新卒・未経験者向けのテンプレート

どのような人物像を求めているのか、そして新卒・未経験者はどのように育て、自社でどのように成長してほしいのかをしっかりと語る必要があります。教育制度や入社後をイメージさせることが大切です。

中途・実務経験者向けテンプレート

採用に際して、どういうスキル・経験を求めているのかを記載しましょう。
そして、経験やスキルを活かす素地が整っていることをあわせてアピールします。

マネジメント経験者向けのテンプレート

現在どのような部署やチームでマネジメント人材が不足しているのか、該当の部署ではどのような経験・知識が必要とされているかを明確化しましょう。
求職者にそのポジションを担ってほしい意向を伝えましょう。

>>>【お仕事探しの方】人気転職エージェントTOP3をチェックする

成功するスカウトメールの例

求職者に求人の魅力をアピールし返信率の高いスカウトメールを作成するにあって大切にしたいポイントやコツ、例文を紹介します。

良いスカウトメール例文(転職者向け)

はじめに、成果の出る良いスカウトメールの例文は次のとおりです。

【件名】
営業経験10年の○○様の経験を当社でぜひ活かしてください

【本文】
はじめまして。株式会社●●の採用担当をしております●●と申します。

Web履歴書で●●様のご経歴を拝見し、一度お話をさせていただきたくご連絡させていただきました。

弊社は●●事業を展開し、提供開始から1年でサービス導入企業数は600社を突破しました。

●●様が●●社で培った経験を当社のインサイトセールス営業で活かし、さらなる事業成長をともに実現していただきたいと思っております。
———————————————————
弊社は女性が働きやすい職場環境の実現に力を入れております。
どのようなライフステージでも働きたい気持ちを後押する柔軟な環境や制度を導入しています。
▼産休・育児休暇取得率90%
▼フレックス制度導入、リモートワークや時短勤務も可能です。
▼残業は月5時間未満
———————————————————-
ご興味がございましたら、ぜひ弊社の求人情報をご覧ください。
(URLへのリンク)
ぜひ●●様のご返信をお待ちしております。

「特別なあなた」を演出する

求職者の立場に立って、「企業としてぜひ応募してほしい」とオファーに値した「特別なあなた」であることがきちんと伝わることが重要です。
いかに企業として応募してほしい人材であるのかをきちんと求職者に伝わるように、丁寧な言葉で伝えるのがスカウトメールを書くコツの一つです。

求職者がスカウトメールを見たときに、テンプレの使い回しだと求職者が感じれば、この企業は自身を必要としていないと思い、応募につながる可能性は下がってしまいます。

スカウトメールは、一人ひとりに手紙を書くようなつもりで求職者に向け、なぜ応募してほしいのか、応募して一緒に働きたいのかが伝わるように熱意を持って作成すべきです。

画像引用:ボクシル編集部にて作成

応募に際しての不安を解消する

募集する職種が専門的な分野であったり、求職者にとって未経験の分野になったりする場合は、特に注意が必要です。

未経験者でも歓迎している意向や、研修やフォロー体制の充実さをスカウトメールに記載しましょう。よくある質問や想定される不安を解消するような文言を入れることがポイントです。

タイトルに工夫を

こだわるべきポイントの一つは、「件名だけでも求職者に伝わるメール」にすることです。

人気の曲には印象的なフレーズやサビの部分があったり、CMでコピーライターが印象なコピーを生み出したりするように、求職者が「このメールは!?」と感じるような件名を作ることが重要です。

差別化を図るために、求職者のプロフィールの内容をメール件名に盛り込むことで、その人の経歴を読んでいること、テンプレメールではないことを伝えられます。

たとえば、営業経験10年の営業マンには「営業経験10年の○○様の経験を当社でぜひ活かしてください」と送ることで、プロフィールを読み、オファーに値した「特別なあなた」であることを伝えられます。

逆に悪い例では「○○様の経験を当社でぜひ活かしてください」と先の件名の「営業経験10年の」を除いたものです。これだけでは氏名の部位を入れ替えれば誰にでも流用可能となり、採用したい熱意は求職者に伝わりません。

成果の出ないスカウト例

それでは、成果の出ないスカウトメールとは、どのような内容なのでしょうか。

悪いスカウトメールの例文

成果の出ない悪いスカウトメールの例は次のような内容です。

【件名】
急募!●●職募集

【本文】
こんにちは。
●●社の採用担当です。

弊社では現在、事業拡大につき●●職を募集しています。

弊社は設立から5年の急成長中の会社です。
平均年齢30歳と若く、チームワークも良く風通しのよい働きやすい環境を強みとしています。

ぜひ当社で働いてみませんか?
ご興味をお持ちいただきましたら、求人ページより詳細をご覧ください。
(URLへのリンク)
皆様のご応募をお待ちしております。

当たり障りのない万人に送られているメール

「特別なあなた」と対照的に、万人に無作為的に送られているスカウトメールでは、求職者に熱意が伝わることはありません。

画像引用:ボクシル編集部にて作成

本来良い人材を採用するための手段であるスカウトメールが、「スカウトメールを何通送るのか」が目標になってしまっているケースがよく見かけられます。

自動配信で無作為的に送信したスカウトメールの場合、応募してきた求職者が自社の求人像とのマッチしているのか確認する作業は膨大化する可能性も上がります。
スカウトする時点で、マッチング作業行うことで業務の効率化がはかれる場合も多数あります。

>>>【お仕事探しの方】人気転職エージェントTOP3をチェックする

その他スカウトメールの返信率が上がるポイント

メールを送る時間帯を通勤時間帯にする

スカウトメールは文面の他、送る時間帯を通勤時間帯にすると返信率があがります。通勤時間帯は電車に乗っていることが多く、スマートフォンをチェックしやすい傾向にあります。とくに通勤者が多い9時ごろは効果的といえるでしょう。

メール返信のためのURLを添付する

メール返信のためのURLが添付されていれば、企業ホームページを調べる・問い合わせ先を探すといった確認作業が省けるます。ちょっとした手間に思えるかもしれませんが、興味を持ったとしても忙しい時間帯では手間がかかるからと後回しにされてしまう可能性もあります。

スカウトメールとは?効果的なスカウトメールを作成するポイントまとめ

スカウトメールは採用担当者にとって、能動的に採用活動を行える大切な手段です。
スカウトメールを送る際には、応募者の人数を集めたいだけなのか、少数でも本当に自社が求める人材をスカウトしたいのか目的を明確化させましょう。

この記事が良い人材との出会いに、少しでも寄与できたら嬉しいです!

【お仕事探しの方向け】人気転職エージェントおすすめ3選

就職・転職を考えている方向けにおすすめの転職エージェントを紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

ポイント1:転職成功の実績No.1※1。累計37万人※2の転職成功

累計37万人※2の転職成功実績があり、年間3万名以上の転職支援を行っています。

ポイント2:非公開求人件数約10万件で業界トップクラス

リクルートエージェントの登録者限定の非公開求人が約10万件と豊富。求人数が多いので希望の求人に出会える確率もアップします。

ポイント3:土日祝日・平日20時以降でも転職相談ができる

「仕事が忙しくて相談する時間が取れない」アナタも安心。土日・祝日や平日夜でも転職相談に乗ってもらえます。

\登録&利用も無料。実績No.1の転職エージェント/

※1 出典:リクルートエージェント「転職エージェント|転職ならリクルートエージェント」(2022年6月28日閲覧)
※2 出典:リクルートエージェント「転職実績データ | リクルートエージェント」(2022年6月28日閲覧)

ビズリーチ

ハイクラス求人 ビズリーチ

ポイント1:年収1,000万円以上の高年収求人が3分の1以上

年収1,000万円以上の求人が3分の1以上にもなる転職サービスです。プロフェッショナル向けの高年収求人を見つけられます。

ポイント2:登録ヘッドハンター数が5,100人以上

5,100人と圧倒的な数のヘッドハンターが求職者へ希望求人を紹介してくれます。

ポイント3:テレビCM公開

「ビズリーチ!」のキャッチーなテレビCMで近年知名度が急上昇。

\登録&利用無料。年収600万円以上の人の支持率No.1/

ビズリーチのサービス詳細や、利用者の評判はこちらの記事で詳しく解説しています。

※ 出典:ビズリーチ「選ばれた人だけのハイクラス転職サイト【ビズリーチ】」(2023年2月10日閲覧)

パソナキャリア



■ポイント1: 3万社以上の取引企業

パソナキャリアは、3万社以上と非常に多くの取引実績企業があります。求人数も4万件以上と豊富に用意されています。

■ポイント2:オリコン顧客満足調査で4年連続総合1位を獲得

オリコン顧客満足満足度調査の「転職エージェント部門」で2年連続総合1位を獲得した実績があります(2019年〜2022年)。

■ポイント3: 専任アドバイザーによるサポートで年収アップ率が67.1%

専任アドバイザーによる親身なサポートで、転職者の67.1%が年収アップしているデータもあります。年収アップしたい人にもおすすめです。

※ 出典:パソナキャリア「ハイクラス転職エージェントサービス|パソナキャリア」(2023年2月10日閲覧)

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計1,200社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

※記載されている会社名および商品・製品・サービス名(ロゴマーク等を含む)は、各社の商標または各権利者の登録商標です。

※記事執筆時点の情報のため、最新ではない可能性があります。

※本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
中途採用サイト(ダイレクトリクルーティング)選び方ガイド_20240326.pptx.pdf
中途採用サイト(ダイレクトリクルーティング)
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
中途採用サイト(ダイレクトリクルーティング)の最近更新された記事