Article square balloon green
2019-05-16

個人事業主とは | 法人との違い・メリット・設立の流れを解説

起業するにあたって、「個人事業主」か「法人化」するかの選択をまず最初に迫られます。時間に追われよく分からないうちにとりあえずで決めることの無いよう、本記事でしっかり覚えていってください。
その他その他ビジネス
Large

起業したいけど、会社を作らないといけないの?個人事業主ってそもそもなんなの?フリーランスって?副業でも個人事業主になれるの?個人事業主と法人とどっちが得?そんな疑問をお持ちではないですか?個人事業主やそのメリットについてご紹介します。

個人事業主とは?

個人事業主とはいわゆる自営業のことです。
会社組織にしないで小規模な商店やレストランを経営している人や、個人でコンサルタントをしている人などが、個人事業主となります。「個人」といっても商店の例のように必ずしも一人で事業を運営するのではなく、従業員を雇うこともあります。

会社員として働く以外に何らかの副業で年20万円以上の副収入がある場合は、会社の給与から差し引かれる源泉徴収とは別に、確定申告をしなければなりません。副収入があるからといって個人事業主になる必要はありませんが、副収入が増えてきた場合は個人事業主となって青色申告をした方がメリットがあります。個人事業主の青色申告では会社勤めよりも控除が多いため、一緒に申告することで全体の所得税を節税できるからです。

個人事業主なら知らないと損をする節税方法についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

個人事業主の税金とは | 節税方法も紹介・解説【知らなきゃ損】 | ボクシルマガジン
個人事業主が納めるべき税金の説明から計算方法まで詳しく解説しています。知らなければ損をする節税方法も紹介。節税する...

フリーランスとは

フリーランスとは、特定の企業や団体と雇用契約を結ばないで、独立してプロジェクトや仕事を請け負う働き方です。したがって複数の会社と、雇用契約ではなく請負契約やサービス契約を結ぶことになります。

フリーランスが多い業種としては、カメラマンやライターなどのクリエイティブ系の職の他、コンサルタントやアドバイザー、IT技術者などもありますが特定の職種を対象とした言葉ではありません。会社に勤めないで働くということは、勤務時間に束縛されずまさにフリーに働く形となりますから、主婦や学生だけでなく、正社員を辞めてフリーランスとして働くひとも増えています。

つまり働き方として、会社員かフリーランスの二つの種類があることになります。そしてフリーランスの中で個人事業主の届出をして確定申告をしている人が、個人事業主となります。アルバイトで複数の仕事をかけもちしている場合は、フリーターと呼ばれますが、これはフリーランスではありません。アルバイトはアルバイト先の会社と非正規雇用として雇用契約を結ぶからです。

個人事業主の開業届

個人事業主となる場合は、税務署に「開業届」をださなければなりません。またその際に、青色申告にする場合は「青色申告承認申請書」を提出しておく必要があります。開業届は、個人事業を開業した日から1ヶ月以内に、青色申告承認申請書は、毎年3月15日までもしくは開業した日から2ヶ月以内が提出期限となります。

個人事業主としての開業届を出すと、節税に有利な青色申告が出来る、事業所名(屋号)を名乗れて屋号の付いた銀行口座が開設できる、帳簿のつけ方の指導を税務署から無料で受けられるなどのメリットがあります。但し開業届出を出すことで、職種によっては事業税をとられることもありますので、ご注意下さい。ライターやカメラマン、プログラマーなどクリエイティブ系や技術系は、事業税はとられません。

個人事業主の開業届に関しては、以下の記事をご参考下さい。

個人事業主の開業届とは | 青色申告・必要書類・提出先 | ボクシルマガジン
個人事業主の方は開業届をご存知ですか?法的に提出義務があるわけではありませんが、提出することにはいくつかのメリット...

個人事業主と法人の違い

では個人事業主と法人の違いはなんでしょうか?起業する場合、個人事業主の方が良いのでしょうか、法人を設立した方がよいのでしょうか?個人事業主と法人の大きな違いは、以下のポイントにまとめられます。

  • 個人事業主の方が設立手続きが簡単
  • 会計処理を含め事業の運営は、個人事業主の方がコストも時間もかからない
  • 信用面では法人の方が有利

主なポイントについてもう少し詳しく解説します。

設立手続き

事業設立にあたり、個人事業主の場合は税務署に開業届を出すだけで良く、手続きは無料です。法人の場合は会社設立には登記手続きが必要で、設立代行会社への報酬も含めてその費用として、25万円から30万円ほどかかります。また、法人の場合は解散するときにも費用がかかります。

会計

会計処理は、個人事業主では青色申告の場合は複式帳簿をつけなければならないので、基本的な簿記の知識が必要ですが、自分でできないことはありません。法人の場合は、財務会計と税務会計の知識も必要で、税理士に頼むことになります。
また経費として処理できるものが、個人事業主の場合と法人では違います。基本的に法人の方が、給与を含めて経費として計上できる科目が増えます。

ただし接待費などは、個人事業主の場合は上限がありませんが、法人の場合は制限があります。個人事業主の場合は事業主に給与を払えず、事業の収益が事業主の所得となります。
法人の場合は、経営者に報酬を払ってそれを経費として計上することが出来るので、節税につながります。家族に給与を払う場合も、法人の場合は役員報酬として払うことで経費に出来ますが、個人事業主の場合は青色申告で、事前に税務署に届け出る必要があります。

税金

個人事業主の場合は、所得税を青色申告または白色申告で確定申告します。法人の場合は法人税を法人申告します。所得税は累進課税で、所得額に応じて税率は5~40%の間で6段階で変化します。法人税の場合は、所得が800万円以下であれば15%、800万円以上は25.5%と2段階になっています。

個人事業主の場合、税務署に開業届をだす際に「青色申告承認申請書」を提出しておけば、青色申告の節税メリットが受けられます。但し青色申告をする場合は、家計簿のような簡素な単式簿記ではなく、複式簿記で帳簿をつける必要があります。

個人事業主の税金や確定申告についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

個人事業主の税金とは | 節税方法も紹介・解説【知らなきゃ損】 | ボクシルマガジン
個人事業主が納めるべき税金の説明から計算方法まで詳しく解説しています。知らなければ損をする節税方法も紹介。節税する...
個人事業主の確定申告 | 経費・やり方などを簡単に解説! | ボクシルマガジン
そもそも確定申告ってどういうものなの?という開業したての個人事業主の方のために、徹底的に解説いたしました。青色申告...

その他の違い

個人事業主の場合は、屋号を使うことはできますが、○○会社や○○法人という言葉は使えません。法人の場合は社会保険の雇用者負担の義務がありますが、個人事業主の場合は、従業員が5人未満であれば、一部の職種を除いて任意となります。

個人事業主の場合は全ての資産に相続税がかかりますが、法人の場合は会社の資産には相続税はかかりません。また負債などの事業の責任は、個人事業主の場合は事業主である個人が全て負わなければなりませんが、法人の場合は個人ではなく法人格ですから、代表取締役であっても個人として責任を負うことはありません。

個人事業主と法人の違いを、表にまとめてみました。

    個人事業主   法人 
 事業開始   開業届のみ(無料)   登記手続きが必要(25~30万円)
 設立届出   開業から1ヶ月以内   設立から2ヶ月以内 
 事業年度   1月1日~12月31日   自由に決められる 
 税金   収入から経費を引いた金額に対して課税   収入から経費と経営者の給与を引いた金額に対して課税 
 税率   所得額に応じて5~45%   年間所得800万円以下は15%、以上は25.5% 
 屋号   可。但し「○○会社」は不可   可 
 赤字繰越   3年(青色申告の場合)   9年(但し赤字でも毎年法人住民税は支払い要) 
 申告   自分で確定申告できる   税理士に決算書の作成を頼む必要あり 
 相続税   全ての資産を対象に課税   会社の資産には課税されない 
 社会保険   従業員5人未満は任意   加入義務付け 

個人事業主のメリット・デメリット

では個人事業主のメリットとデメリットを、まとめまてみましょう。ここでは、個人事業主と法人の違いという視点から、メリットとデメリットを整理します。

個人事業主のメリット

《開業が簡単》
個人事業主の場合は、開業届を出すだけで事業を始めることができます。法人には「株式会社」「合同会社」「合名会社」「合資会社」といった種類があり、手続き方法も違いますし、設立手続きは会社設立代行業者を使うと通常25万円以上かかります。また株式会社の場合、資本金は1円でも可能ですが、取引先の企業規模などを考慮して平均300万円が相場となっています。

運営に手間とコストがかからない
個人事業主の場合は、会社設立の際の登記手続きから始まって毎月の社会保険の手続きなど、法人よりも事務処理が簡素となります。また税金の申告も、法人の場合は税理士に頼む必要がありますが、個人事業主の場合は基本的な簿記の知識は必要なものの、青色申告ソフトなどを使えば自分で出来ないことはありません。事業運営にあたっての手間とコストは、個人事業主の方がずっと少ないといえます。

所得が少ない場合は納税額が低くなる
所得が330万円以下であれば、個人事業主の税率は10%です。法人の場合は800万円以下の税率は一律15%ですから、所得が低ければ法人税よりも安くなります。また青色申告にすると、複式簿記をつける必要はありますが、最大65万円まで控除できるなどの節税のメリットがあります。フリーランスとして起業する場合は、いきなり法人を設立するのではなく、まず個人事業主の形態から始めるのが良いかもしれません。

個人事業主のデメリット

  • 《信用や融資が受けにくい》
    個人事業主の方が法人よりも製品やサービスの単価が安い場合が多いので、個人事業主の方が受注しやすい場合もありますが、法人としか取引しないという企業もあり信用面で不利になります。また金融機関からの融資も、法人の方が受けやすく、個人技業主の場合は第三者保証を要求されることもあります。法人であれば株式の発行で資金を調達することが出来ますが、個人事業主ではそれができません。

  • 《事業の責任を事業主が負わなければならない
    個人事業主の場合は、事業が倒産した場合に債権者に対して負債を全額弁済するという「無限責任」を負います。つまり事業の資産を処分しても負債が払えなかった場合は、個人の財産を弁済に使わなければなりません。
    法人の場合は「有限責任」ですから、倒産しても経営者個人に返済義務は発生せず、株主も自分の出資金額までしか責任を負いません。但し融資を受ける際に経営者が連帯責任を負っている場合は、経営者にも返済義務が生じます。

  • 《所得が多いと納税額が増える》
    個人事業主の所得税は累進課税となりますから、所得は900万円以上は33%、1,800万円以上は40%、4000万円以上は45%です。一方法人税の場合は年間所得800万円以下は15%、800万円以上でも一律25.5%です。
    なので、個人事業主の場合は所得が増えるほど納税額が法人税よりも高くなります。
    また個人事業主の場合は、法人の場合のように、給与が役員報酬として控除できません。

未経験可!個人事業主に人気のプログラミングスクールTOP3

また以下では、個人事業主に人気のプログラミングスクールTOP3も紹介します。

近年では、IT系以外の職種の個人事業主の方も積極的にプログラミング学習を行っています。基礎的なプログラミング知識があれば、個人事業主としての市場価値も高まっていくためです。

1位:DMM WEBCAMP(DMMウェブキャンプ)

DMM WEBCAMPとは、転職・就職保障付きの短期集中プログラミング教室です。ただ学びたいだけではなく、次の仕事や就職活動に生かしたい人におすすめのプログラミングスクールです。就職・転職の手厚いサポートにより、成功率は98%と高く、受講完了後3ヶ月以内に転職・就職できない場合は全額返金をしています。

言語としてはRubyをメインに技術が習得できます。毎日11時から22時までの通い放題プランもあり、講師が常駐しているためすぐに疑問を解消できます。即戦力になる実力を得たい方におすすめです。

\11-22時まで教室通い放題&質問し放題!/

2位:GEEK JOB(ギークジョブ)

GEEK JOBは未経験からでもプログラマーへ転職コースが用意されているプログラミングスクールです。「未経験だけどプラグラマーになりたい!」という方に人気となります。

プログラミング学習→就職支援→大手・優良企業値の正社員就職までが最短1ヶ月で完了するので、時間面や費用面の負担も少なくなります。受講料も一切不要でプログラミング学習できることも人気の秘訣です。

\受講料0円!未経験からプログラマーへ転職/

3位:TechAcademy(テックアカデミー)

TechAcademyとは、未経験でも最短4週間でプログラミングやアプリ開発のスキルを身につけれるオンラインスクールです。独自の学習システムを使い、現役エンジニアから教われるので、短期間で習得できます。

オンライン完結のスクールなので、通うのが難しいという人や、普段忙しい人でも自分のペースで学習できるでしょう。自分のアイデアを形にしたい人、これからエンジニアとして活躍したい人におすすめです。

\オンラインで学習できる!通学不要/

個人事業主として基礎的なIT知識を持ち合わせている方は、積極的に受託案件を受注していきましょう。以下、個人事業主に人気の高いエージェントサービスです。

1位:geechs job(ギークスジョブ)

■Point1:平均年収780万円以上
geechs jobで案件に参画している方の、12ヶ月での平均報酬が780万円以上となります。高報酬案件が多い点は魅力です。

■Point2:契約決定率80%以上
案件の受注率が80%(2015年3月~2019年3月12日時点)を超えているので、「登録したけど案件が決まらない・・」と不満を感じづらいです。

■Point3:登録者限定で、さまざまなサポートを受けれる
登録者限定サポートを受けれます。「確定申告サポート」「ヘルスケアサポート」「セミナー部勉強会への参加」などトータルサポートが提供されます。

2位: レバテックフリーランス

求人随時更新 >レバテックフリーランス公式サイトをチェック

■Point1:業務委託・常駐フリーランス専門エージェント
業務委託・常駐フリーランスに特化して仕事を紹介する専門エージェントです。どちらかといえば、エンジニア寄りの仕事が多いです。

■Point2:業界最大級の案件数
業界最大の案件数を保有しているので、希望にあった仕事に巡り合える可能性が高いです。

■Point3:エージェントが業界に精通
エージェント業界に精通しており、求人サイトや転職エージェントなども展開しています。

レバテックフリーランスの登録・ログイン・利用方法や口コミ・評判はこちら

個人事業主にオススメの記事

個人事業主のメリットやデメリット、お分かり頂けたでしょうか?個人事業主の方や、個人事業主になろうとしている方は、是非次の記事もご覧下さい!

【フリーランス必見!】初心者でも簡単に使える優良クラウド会計ソフト3選! | ボクシルマガジン
##フリーランスには避けて通れない会計管理フリーランスとして働いている人にとって避けては通れないものが会計です。会...

確定申告に必要な会計処理が簡単に出来る、優良クラウド会計ソフトの紹介ページです。個人事業主向けに、特に使いやすいソフトを集めてみました。

【フリーランス必見】面倒な見積書作成・管理はクラウドで効率化!おすすめソフト5選 | ボクシルマガジン
##見積書の作成・管理どうしていますかフリーランスの方、見積書や請求書の作成は、どうしていますか?筆者も、いちいち...

見積書や請求書作成に便利なクラウドソフトの紹介ページです。使い勝手やデザイン性まで、いろいろ比較するのに役立ちます。

自分に適した方をしっかり見極めよう

ここまでの解説で「個人事業主」と「法人」のどちらかが圧倒的に優位であるということはないと理解して頂けたかと思います。その人によって適したものは明確に変わってきます。周りがこうだから…などと言った安易な理由で決めずに、しっかりと事前に調べて最適な選択をしてください。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間600万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事