コピー完了

記事TOP

ECサイトの作り方・構築方法と費用・工程 | クラウドサービスも多数登場

最終更新日:
ECサイトを構築する際にまず全体像を掴むことが重要です。必要な各工程や費用相場をもとにサイトの作り方を知っておかないとスピーディーなECサイトは構築できません。構築するにあたり必要な工程や費用相場を紹介します。近年は、専門知識がなくてもECサイト、アプリを作成できるクラウドサービスも登場しています。

まずは全体感を掴む

「ECサイトを立ち上げたい」インターネットが普及した現代においてこのビジネスチャンスをものにしたい、と考える人は非常に多いです。特に在庫を抱える必要がなかったり、比較的容易に集客を行えたりするるECサイトは魅力的なビジネスの一つですね。

一口にECサイト構築と言ってもさまざまですが、まずは構築の流れや費用相場などの全体感を掴むのが大切です。ECサイトを構築するにあたり必要な工程や費用相場を紹介していくので参考にしてください。

ECサイト構築の流れ

まずは、ECサイト構築にかかる全体の流れを見てみましょう。おおよそ、「デザイン、コンセプトワーク」「要件定義」「デザイン」「コーディング」「商品登録」「設定、テスト」の6つにわけられます。

1. デザイン、コンセプトワーク

ECサイト構築の核となるもっとも重要であり、最初に行う工程。主に以下のページのデザイン設計などを行います。

  • TOPページ
  • カテゴリテンプレート
  • 商品詳細テンプレート
  • 会社概要
  • 特定商取引法に基づく表記ページ
  • プライバシーポリシーページ
  • 利用ガイドページ
  • 問い合わせページ
  • 会員登録ページ
  • ショッピングカートページ
  • マイページ

上記の中でも特に重要なのがTOP〜商品詳細までの3ページでしょう。デザイン性や使いやすさが求められます。ECもスマートフォン利用が主流となったためスマホ対応が欠かせませんし、タブレット対応を検討する必要がある場合もあります。

2. 要件定義

要件定義は、「構築するECサイトで何をしたいのか」を定義する工程です。目的によりスクラッチ型(完全オリジナルサイト構築)か、クラウドASP型(標準機能を利用してサイト構築)かにわかれます。

簡単にECサイトを立ちあげたい場合、クラウドASP型が基本となります。アプリ作成も含め、専門知識がなくても構築できるサービスが増えています。

3. ページデザイン

要件が決まったら具体的なデザインに入ります。デザイナーに委託する場合は世界観を含めてしっかりと打ち合わせを行い、コンセプトや目的がずれないよう調整するとよいでしょう。

デザイン時にサイト構成図を作成しておくと、コーディングの打ち合わせもスムーズだとされています。

4. ページコーティング

決定したデザインをもとに、ページコーティング(ページ制作)、およCMS(サイト管理システム)に反映させる作業を行います。

一般的には、TOPページから始まり、会社概要ページなど順次下層ページをコーティングしていきます。

5. 商品登録

ECサイトで展開する商品を実際に登録していく工程。主に商品画像をクラウド型ASPへアップロードする作業です。

登録作業までに、商品情報や画像を集めておくとタイムロスを軽減できます。

6. その他設定、オープンテスト

  • カテゴリ、配送などの必要事項設定
  • ページデザインの微調整
  • SEO関連設定(タイトル、ディスクリプション、キーワード、H1タグ)
  • オープン前テスト
  • ドメイン設定(オープン)、オープン後確認

以上6工程が大まかなサイト構築の流れとなります。全行程をアウトソーシングするのか、一部分だけを外注するのか、すべて社内で行うのか、あるいはASPサービスを利用するのか、制作方法次第で変わる部分もあります。いずれにせよ、入念な調整を怠らないようにしましょう。

ECサイト構築工程の費用相場

各工程を外注した場合の費用相場は下記のようになります。

1. デザイン、コンセプトワーク

  • ECサイトコンセプトワーク
    費用相場5~50万円(サイトのコンセプトにより大きく変動)
  • ECサイトマップ、ワイヤーフレーム
    費用相場5~20万円

2. ページデザイン

  • TOPページデザイン
    費用相場5~20万円(特定の端末対応)、10~30万円(複数端末対応)

  • 商品詳細テンプレート
    費用相場5~10万円

  • カテゴリテンプレート
    費用相場5~10万円

  • その他ページ
    費用相場5~20万円(トータル)

3. ページコーティング

  • TOPページデザイン
    費用相場5~20万円(特定の端末対応)、10~30万円(複数端末対応)

  • 商品詳細テンプレート
    費用相場5~10万円

  • カテゴリテンプレート
    費用相場5~10万円

  • その他ページ
    費用相場5~20万円(トータル)

工程2とほぼ同額の費用がかかります。

3. 商品登録

自身で商品登録する場合は費用なし。

  • 外部委託の場合
    費用相場5~20万円

5. その他設定、オープンテスト

  • カテゴリ、配送などの必要事項設定
    費用相場5~10万円

  • ページデザインの微調整
    費用相場5~20万円

  • SEO関連設定(タイトル、ディスクリプション、キーワード、H1タグ)
    費用相場10~30万円

  • オープン前テスト
    費用相場5~15万円

  • ドメイン設定(オープン)、オープン後確認
    無償の場合がほとんどです。

以上が各工程にかかる費用ですが、最少合計額で75万円最高合計額で255万円となりました。構築したいECサイトによってここまで費用に開きがでるので、コンセプトやデザインの設定は詳細に行うことが大切ですね。

力を入れるところと抜くところのメリハリも大切です。

ECサイトを構築可能なサービス

ECサイト構築を外注すると、費用も時間もかかります。近年は、専門知識がなくてもサイトを構成できるクラウド型ASPサービスが多数リリースされています。デザインパーツをパズルのように組み合わせるだけでサイトを作れたり、テンプレートを利用できたりと、視覚的な操作のみで構築できるのがメリット。

こういったクラウド型サービスのほか、ECサイトに欠かせない各機能を提供するサービスを紹介します。

侍カート - 株式会社FID

侍カート - 株式会社FID 画像出典:侍カート公式サイト

  • サイト構築から通販に必要なあらゆる機能を搭載
  • 豊富なマーケティングツールで購買率を最大化
  • 選べる料金プランと安心のサポート体制

侍カートは、定期購入を促すマーケティング機能を備えたカートシステムです。常に最新機能を使えるASP型EC構築で、効率的なサイト管理が行えます。また、最先端のマーケティングツールで経費削減・購買率とリピート率の最大化を狙え、料金プランもスモールスタートから高年商企業まで幅広いラインナップで対応しています。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
侍カートの資料を無料DL

HIT-MALL

  • 「売れる」ECサイト構築パッケージ
  • 顧客ニーズに応じた高い拡張性
  • 運営者の立場に立った、使いやすい管理画面

HIT-MALLには、多彩な分析機能、セグメントメール配信、広告効果測定など、売上アップに必要な機能がすべて実装されています。基幹システムや決済代行、物流システムなどの外部システム連携をはじめ、さまざまなカスタマイズ要望に対応しています。40サイトを越える自社運用経験をもとに、使いやすさを追求し続けた管理画面で、運営者を強力にサポートします。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
HIT-MALLの資料を無料DL

Odoo

  • さまざまな決済方式が使える
  • 78言語・169の通貨に対応
  • 生産から販売も一括で管理可能

Odooは、生産から在庫、販売までを一元管理することもできるため、「ECサイト構築から運用まで時間をかけられない」といったお悩みをお持ちの方にもってこいのサービスです。
8,000以上の導入実績があるGMOペイメントゲートウェイの決済システムとの連携により多様な決済方法を選択できます。78言語、169の通貨に対応しているのでターゲットを日本だけでなく海外の顧客に向けることも可能です。

ECサイト構築の工程と費用についてのまとめ

以上がECサイト構築の工程や費用の全体感となりますが、思っていたよりも工程が多かったり費用がかかったりと感じたのではないでしょうか?

無料や低価格でECサイトを構築するサービスもありますが、セキュリティ面での不安やサイトのデザイン性などを考慮すると、上記金額で想定しておいた方がいいでしょう。まずは依頼を検討しているECサイト構築サービスに見積もりを出してもらい、比較検討してみましょう。

おすすめのネットショップ作成サービス4選

ここからはおすすめのネットショップ作成サービスを4つ紹介します。

MakeShop

  • 流通総額8年連続NO.1(※)
  • 利用事業者数22,000店舗以上
  • 1店舗あたり平均月商105万円

MakeShopは、流通総額8年連続No.1と、ショップ売上高No.1を誇るサービスです(※)。業界No.1の651もの機能が標準装備され、リターゲティング広告機能・Instagramショッピング機能などの集客方法も多彩です。

費用は、初期費用10,000円・月額7,000円~となります。無料体験も15日間用意されているので、気軽にお試し利用できます。

※MakeShop公式サイトより転記

カラーミー

  • 国内最大級の40,000店舗が導入
  • 販売手数料0円(決済手数料4.0%~)
  • 月額834円~

カラーミーは、月額834円~利用できるネットショップ作成サービスです。月々の利用料金が安いだけではなく、販売手数料が0円(クレジットカード決済決済手数料4.0%~)なので、売上が増えても利益を減らしません。

さらに、40,000店舗の導入実績があるので安心してサービス利用できます。

STORES

  • 月額0円(決済手数料5.0%)で利用可能
  • 48種類の無料のデザインテンプレート
  • アイテム登録数は無制限

STORESは、月額0円(決済手数料5.0%)、1,980円(3.6%)の安価で利用できるサービスです。月額200,000円以上の売上になれば、決済手数料3.6%のプランがお得となっています。

月額0円で利用できるため、売上の少ないネットショップ立ち上げ時におすすめできるサービスです。

Shopify

  • 世界175カ国で合計1550億ドル売上実績
  • 月29ドルから利用可能
  • アイテム登録数は無制限

Shopifyは、日本以外の地域での越境ECにチャレンジする場合に特におすすめです。世界175カ国で導入されているため、各国の決済手段や言語に対応できます。

また世界の主要配送会社とも提携しているので、配送面の強みもあります。ヤマト運輸・日本郵便・佐川急便はもちろんのこと、UPS・FedEX・DHLとも提携しているので、世界中への商品販売も期待できます。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事