ECサイト構築の関連情報

コピー完了

記事TOP

ECサイト構築ツール比較!選び方・導入メリット・おすすめサービス

最終更新日:(記事の情報は現在から71日前のものです)
ECサイト構築ツールは、ショッピングカートや決済ができる便利なツールです。デザインやSEOなどの機能も搭載されており、売上アップな課題を解決したい企業におすすめです。本記事では、ECサイト構築ツールを選ぶポイントやおすすめのサービスを紹介します。

【厳選】おすすめECサイト構築サービスをまとめてチェック!
ECサイト構築サービスの比較表
\料金や機能を資料で比較する!/

おすすめECサイト構築サービスの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。ぜひECサイト構築サービスを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

ECサイト構築ツールとは

ECサイト構築ツールとは、インターネット上で商品やサービスを販売するサイト(ECサイト)を作成するためのソフトウェアやサービスのことです。

ECサイト構築ツールを使うことで、プログラミングやデザインの知識がなくても、簡単にECサイトが作成できます。

\料金や機能を資料で比較する!/

ECサイト構築ツールを導入するメリット

ECサイト構築ツールを導入するメリットは次のとおりです。

  • 低コストでECサイトを開設できる
  • カスタマイズや更新ができる
  • SEO対策やマーケティング機能が充実している

低コストでECサイトを開設できる

ECサイト構築ツールを導入することで、プログラミングやデザインの知識がなくても簡単にECサイトが作れます。そのため、開発費や人件費などの節約にもつながります。ECサイト構築ツールの中には、無料で利用できるものや、月額料金や初期費用が安いものもあり、低コストでECサイト開設が可能です。

カスタマイズや更新ができる

ECサイト構築ツールでは、設定やカスタマイズ、更新や管理を自身で行えます。そのため、外部に依頼する手間や時間が省けるほか、自社の商品やターゲットに合わせた理想のECサイトを作れます。

たとえば、多言語対応や豊富なテンプレートなどの機能が備わっているものや、高度なカスタマイズや拡張性に富んだものもあります。

SEO対策やマーケティング機能が充実している

ECサイト構築ツールには、ECサイトの集客や売上を向上させる機能を備えたものもあり、ECサイトの開設からマーケティングまでを一貫して行えます。

検索エンジンで上位に表示されるようにサイトを最適化するSEO対策に対応しているものや、メルマガ配信機能や広告管理機能などのマーケティング機能が充実しているものが多数あります。

ECサイト構築ツールの種類と特徴

ECサイト構築ツールには、大きく分けて2種類あります。それは、ASP型とオープンソース型です。それぞれの種類と特徴を以下に説明します。

ASP型

ASP型とは、Application Service Providerの略で、インターネット上にあるサーバーにアクセスして利用するタイプのECサイト構築ツールです。ASP型の特徴は次のとおりです。

  • 初期費用や月額料金が必要
  • サーバーやドメインなどは提供会社が管理する
  • セキュリティやバックアップなどは提供会社が行う
  • 機能やデザインは提供会社が用意したものから選ぶ

ASP型のメリットは、手軽に始められることや安心して運営できることです。デメリットは、費用がかかることやカスタマイズ性が低いことです。ASP型は、初心者や小規模なECサイトに向いています。

オープンソース型

オープンソース型とは、ソースコードが公開されており、自由に改変や配布ができるタイプのECサイト構築ツールです。オープンソース型の特徴は次のとおりです。

  • 基本的に無料で利用できる
  • サーバーやドメインなどは自分で用意する
  • セキュリティやバックアップなどは自分で行う
  • 機能やデザインは自分でカスタマイズできる

オープンソース型のメリットは、費用が安いことや柔軟性が高いことです。デメリットは、手間がかかることや知識やスキルが必要なことです。オープンソース型は、中〜大規模なECサイトや独自性の高いECサイトに向いています。

ショッピングモール型

複数の店舗が集まったインターネット上のショッピングモールに出店するタイプです。ショッピングモール型の特徴は次のとおりです。

  • モールの知名度や集客力を利用できる
  • ECサイトの構築や運営に必要な基本機能が搭載されている
  • モールが提供する出店者向けのサービスやサポートを受けられる
  • 自社ECサイトを立ち上げるよりも初期費用やランニングコストを抑えられる

自社ECサイトを立ち上げる必要がなく、既存のECサイトの知名度や集客力を利用できますが、既存ECサイトの利用規約に縛られることや、毎月の利用料やロイヤリティが発生することがあります。

ECサイト構築ツールの選び方

  1. ECサイト構築ツールの導入目的を確認する
  2. ECサイト構築ツールの機能を確認する
  3. ECサイト構築ツールを導入する際の注意点を確認する
  4. ECサイト構築ツールの料金・価格相場を確認する

ECサイト構築ツールの導入目的を確認する

ECサイト構築ツールを導入する目的は、人によって異なります。たとえば、次のような目的が考えられます。

導入目的 詳細
ECサイトを手軽に開設したい 簡単な設定ですぐに開設できるECサイト構築ツールがおすすめ
自社の商材や特徴にあわせたECサイトを作成したい 細かなカスタマイズが行えるECサイト構築ツールがおすすめ
定期購入向けにユーザーが利用しやすいECサイトを構築したい リピート販売に強みを持つECサイト構築ツールがおすすめ

自分の導入目的に合ったECサイト構築ツールを選ぶことで、効率的にECサイトを作成できます。

ECサイト構築ツールの機能を確認する

ECサイト構築ツールには、基本的な機能や特定の課題・用途・業界に特化した機能があります。自分のニーズに合わせて、必要な機能を洗い出しましょう。

【基本的な機能】

機能 詳細
商品登録・管理 ECサイトで販売する商品の情報や在庫などを登録・管理できる
注文受付・管理 ECサイトで注文された商品の情報や状況などを受付・管理できる
決済方法 ECサイトで利用できる決済方法(クレジットカード、コンビニ払い、代引きなど)を設定できる
配送方法 ECサイトで利用できる配送方法(宅配便、メール便、自社配送など)や送料などを設定できる
会員登録・管理 ECサイトで会員登録やログインができるようにし、会員情報や購入履歴などを管理できる

【特定の課題・用途・業界に特化した機能】

機能 詳細
多言語対応 ECサイトを複数の言語(英語、中国語、韓国語など)で表示できるようにする
クロスセル・アップセル ECサイトで関連商品やおすすめ商品などを表示して、購入促進や売上向上を図る
レビュー・口コミ ECサイトで商品やサービスに対するレビューや口コミを投稿・閲覧できるようにする
ポイント制度 ECサイトで商品やサービスを購入するとポイントが貯まり、次回以降に利用できるようにする
SNS連携 ECサイトとSNS(Facebook、Twitter、Instagramなど)と連携して、情報発信や集客を行う

ECサイトのデザインを変更したい場合は多言語対応やレビュー・口コミなどの機能があるサービスがおすすめです。飲食業界であればポイント制度やSNS連携などの機能があるサービスがおすすめです。

ECサイト構築ツールを導入する際の注意点を確認する

ECサイト構築ツールを導入する際、失敗しないために次の項目も確認しておきましょう。

確認事項 詳細
予算 ECサイト構築ツールの料金は、月額従量課金タイプか月額固定費用タイプで異なります。必要な機能と要件が搭載されているサービスの料金を確認しましょう
サポート ツールの利用に関する問い合わせやトラブル対応などを行うサポートは、電話やメール、チャットなどの方法があります。自分の利用状況に合ったサポート体制があるか確認しましょう
セキュリティ ECサイトのデータや情報を保護するセキュリティは、SSL暗号化やバックアップなどの対策があります。自分の取り扱う商品やサービスに合ったセキュリティレベルがあるか確認しましょう
アプリ対応 ECサイトをスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末でも利用できるものかを確認しておきましょう
連携サービス ECサイトと他のサービス(決済代行、配送代行、在庫管理、会計、CRMなど)と連携して、効率的に運営できるようにする連携サービスは、APIやプラグインなどの方法があります。自分の利用したいサービスと連携できるか確認しましょう

以上が、ECサイト構築ツールを選ぶ際に確認すべきポイントです。次の章では、ECサイト構築ツールのおすすめとランキングについて紹介します。

ECサイト構築ツールの料金・価格相場を確認する

ECサイト構築ツールの料金は、月額従量課金タイプか月額固定費用タイプで異なります。必要な機能と要件が搭載されているツールの料金を確認しましょう。

初期費用はかからないものもありますが、想定しているサイトの規模や希望する機能によっても異なる場合があります。また、ツールによっては導入規模や商品数によって別途見積もりが必要なケースがあります。気になるツールは公式サイトから見積もり依頼や相談の問い合わせをしましょう。

\料金や機能を資料で比較する!/

おすすめECサイト構築ツール

おすすめECサイト構築ツールを紹介します。

W2 Repeat - W2株式会社

W2 Repeat
W2 Repeat
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • ECサイトの運営を支えるオールインワンサービス
  • CRMやコールセンターの機能も搭載
  • マイクロソフトのゴールドパートナーを取得

W2 Repeatは、ECサイト運営に必要な機能をひとつにしたオールインワンのサービスで、定期購入されるサイトへおすすめです。

カート機能を擁したECサイト構築をはじめ、バックオフィス管理やCRM(顧客管理システム)、コールセンターとしての機能も充実。企業のステージに合わせた機能・プランを選ぶことで、コストも負担も削減し業務を効率化します。さらに、マイクロソフトのゴールドパートナーを取得できるほどセキュリティ対策へ注力しているため、安心して運用できるしょう。

W2 Unified - W2株式会社

W2 Unified
W2 Unified
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 年商100億規模まで対応できる機能、インフラ、セキュリティ
  • 導入、開発、保守サポートすべて社員による内製化
  • カスタマイズモデルへのサービス切替えが可能な拡張性に強み

W2 Unifiedは、顧客育成と業務効率化の両軸を同時に実現できるOMO/オムニチャネル対応ECプラットフォームです。自動SEO設定や在庫管理、セットプロモーションなど、幅広く豊富な機能を備えています。

全社範囲でのISO27001取得、マイクロソフトのパートナー制度でゴールドパートナーを取得するなど、世界基準のセキュリティ対策に対応しています。月額料金で利用できるプランと独自カスタマイズできるプランを提供し、事業フェーズにあわせ切替え可能です。

makeshop - GMOメイクショップ株式会社

makeshop
makeshop
BOXIL SaaSセクション | BOXIL SaaS AWARD 2023
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • サイト構築から運営、集客、顧客管理、分析まで一元管理
  • SEO設定やメール配信など充実の搭載機能
  • 通販検定保持者が多く在籍している無料電話サポート

makeshopは、ネットショップ構築から運営、集客までサポートしてくれるサービスです。ECアドバイザーが開店に必要な基本設定から、ショップに合わせた機能選定、商材に合わせた運営方法まで提案してくれます。

搭載しているデザインテンプレートにより、サイトをカスタマイズ作成可能です。BtoB向けサイトやスマートフォン専用サイトも開設でき、キャリア決済やID決済など運用にあわせ設定できます。

AnyX - AnyMind Japan株式会社

AnyX
AnyX
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 複数のECサイトチャネル、広告、物流、CRM、カスタマーサポートを一元管理
  • データの取得や集計、発送指示、接客などを自動化可能
  • 自社サイトやモール運営を代行するプランあり

AnyXは、EC事業に必要な情報を一元化し、データにもとづいた最適化をサポートするEC管理プラットフォームです。複数ECチャネルのデータの可視化、SNSやWeb広告運用、チャットボットによる接客機能まで、一元化したデータをもとに全体最適化が可能です。

モールごとの戦略設計、ストアや広告配信の最適化、フルフィルメントなど、EC事業の運営から売上向上のための最適化まで代行してくれます。EC運営に関わるデータをまとめられるため、サイト運営者に加え、マーケティングやMD担当者などとの利用におすすめです。

ecforce - 株式会社SUPER STUDIO

ecforce
ecforce
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • ECサイト構築から顧客獲得、顧客分析までサポートする豊富な標準機能
  • 獲得経路や受注、問い合わせなどの顧客情報を一元管理
  • 目的に応じたサイト構築が可能

ecforceは、スタートアップから大企業まで、ジャンルを問わずに導入されているECプラットフォームです。1つの画面で顧客データの更新からメール送信まで管理でき、顧客の購買データや個性を表すパーソナライズデータをもとに施策実行が可能です。

カート機能やCRMなどの機能搭載のほか、広告分析も可能で、広告URLのA/Bテスト機能も標準搭載しています。サイトとLPは、テンプレートによるノーコード構築も、フルカスタマイズのサイト構築もできます。

リピストX(クロス) - 株式会社リピスト

  • サイト構築からマーケティング、分析など必要な機能を網羅
  • 頒布会機能や自由に組み合わせられるセット販売などの販売方法に対応
  • 24時間365日受付のメールサポートは当日営業日内の回答を保証

リピストX(クロス)は、通販事業やD2C事業向けのコマースプラットフォームです。LP一体型フォームやチャット形式の購入フォームによって、スムーズな購入と自然な流れでのアップセル施策を実現できます。

商品登録や基本情報の登録、LPのコーディングなど初期設定を代行してくれます。問い合わせに対し当日営業日内に返信してくれるメールサポート、管理画面を見ながらのリアルタイムサポートもあるので、EC運営初心者にもおすすめのサービスです。

楽楽リピート - 株式会社ネットショップ支援室

楽楽リピート
楽楽リピート
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • カート、ステップメール、受注管理、CRMなどをオールインワン化
  • 購入商品や累計購入回数に応じてステップメールを自動配信
  • 稼働顧客数や顧客維持率などをもとにCRM効果を可視化

楽楽リピートは、定期通販、単品通販に特化したD2C向けカートシステムです。サイト構築はもちろん、カートシステムやCRM、メルマガ、広告分析などの機能をオールインワンで搭載しています。

定期通販のお届けサイクルを柔軟に設定でき、日数指定から隔週までさまざまな条件で設定可能です。CRM活動を可視化する顧客分析手法にも対応しており、稼働顧客数増加のための課題点分析も行えます。

自社に合うECサイト構築ツールで集客や売上向上を目指そう

ECサイト構築ツールは、自社独自のECサイトを作成・運営するための便利なツールですが、その中でもビジネス目的やニーズに合ったものを選ぶことが重要です。また、選んだECサイト構築ツールを最大限に活用することで、ECサイトの集客や売上向上を狙えます。

本記事で紹介したECサイト構築ツールの中には、無料体験や資料請求などができるものもあります。興味のある方は、ぜひ以下のリンクから詳細を確認してみてください。

\料金や機能を資料で比較する!/

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計800社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

ECサイト構築選び方ガイド_20230929.pptx.pdf
ECサイト構築
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
ECサイト構築の最近更新された記事