コピー完了

記事TOP

オンラインストレージとは?機能やメリット・デメリットをわかりやすく解説

最終更新日:(記事の情報は現在から95日前のものです)
オンラインストレージとは、インターネット上にデータを保存できる便利なツールです。柔軟に運用できることや管理コストが抑えられることなどのメリットがありますが、パスワード管理や障害対応などの注意点もあります。本記事では、オンラインストレージの意味やメリット・デメリット、種類や選び方をわかりやすく解説します。

【厳選】おすすめオンラインストレージをまとめてチェック!
\特典【完全版】機能・価格比較表/

オンラインストレージの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。場所を問わないデータ共有やデータの一元管理、セキュリティなどさまざまな目的で導入されるオンラインストレージの比較にお役立てください。

オンラインストレージとは

オンラインストレージとは、インターネット上にあるサーバーにデータを保存するサービスのことです。パソコンやスマートフォンなどの端末からアクセスし、データの閲覧や利用ができます。

オンラインストレージは、クラウドストレージやネットワークストレージとも呼ばれています。

オンラインストレージでできること

オンラインストレージは、主に次のことに対応しています。

  • データの保存・管理
  • データの閲覧・再生
  • データの送受信・共有

データの保存・管理

オンラインストレージには、写真や動画、音楽、文書、プレゼンテーションなど、さまざまな種類のデータを保存できます。また、オンラインストレージには、データをフォルダやタグで分類したり、検索したり、ソートしたりするなどの管理機能があります。

データの閲覧・再生

オンラインストレージに保存したデータは、パソコンやスマートフォンなどの端末から、インターネットに接続することで、閲覧したり、再生したりできます。また、オンラインストレージのサービスによっては、オフラインでの利用も可能です。

データの送受信・共有

オンラインストレージに保存したデータは、メールやSNSなどのツールを使わずに、送信や共有ができます。また、オンラインストレージのサービスによっては、データの共同編集や、コメントやフィードバックが可能です。

オンラインストレージの主な機能

オンラインストレージには、主に次のような機能があります。

  • データのアップロード・ダウンロード
  • データの共有・共同編集
  • データのバックアップ・復元

データのアップロード・ダウンロード

オンラインストレージ上にデータのアップロードをしたり、オンラインストレージからデータをダウンロードしたりできます。アップロードやダウンロードの速度は、インターネットの回線速度やデータのサイズによって異なります。

データの共有・共同編集

オンラインストレージに保存したデータを他の人と共有したり、共同で編集したりできます。

共有や共同編集の方法は、オンラインストレージのサービスによって異なりますが、一般的には、共有したいデータに対してリンクを発行したり、共有したい相手のメールアドレスやアカウントを指定したりすることで行えます。

データのバックアップ・復元

オンラインストレージに保存したデータは、パソコンやスマートフォンなどの端末が故障したり、紛失したりしても、オンラインストレージから復元が可能です。

また、オンラインストレージのサービスによっては、データのバージョン管理や自動同期などの機能を提供している場合もあります。

オンラインストレージを利用するメリット

オンラインストレージを利用することには、次のようなメリットがあります。

  • 柔軟に運用できる
  • 管理コストや手間が抑えられる
  • 災害時のリスク分散ができる

柔軟に運用できる

オンラインストレージは、インターネットに接続できる環境であれば、どのような端末からでもアクセスできるので、柔軟に運用できます。

たとえば、自宅のパソコンで作成した文書をオンラインストレージに保存しておけば、外出先のスマートフォンやタブレットで閲覧や編集が可能です。

また、オンラインストレージは、データの容量に応じてプランがあるため、最初は小さな容量からスタートし必要に応じて拡張していくという使い方ができます。

管理コストや手間が抑えられる

オンラインストレージは、データをインターネット上にあるサーバーに保存するため、サーバーを用意したり、管理したりする必要がありません。

また、オンラインストレージのサービスは、データのバックアップや復元、セキュリティ対策などを行ってくれるので、自分で行う手間やコストが抑えられます。

災害時のリスク分散ができる

万が一、災害が起きたり、パソコンやスマートフォンなどの端末の故障や紛失、盗難にあったりしても、データを失うことがありません。

また、オンラインストレージのサービスは、データを複数のサーバーに分散して保存することで、地震や火災などの災害によるデータの損失を防いでくれます。

オンラインストレージのデメリット

オンラインストレージを利用することには、次のようなデメリットもあります。

  • パスワード管理の徹底
  • 障害時の対応

パスワード管理の徹底

オンラインストレージには、パスワードの管理を徹底しなくては漏えいにつながってしまいます。

データを安全に格納するためにはパスワードの権限を誰に渡しているのかやパスワード自体の管理を徹底する必要があります。

障害時の対応

オンラインストレージは、インターネットに接続できる環境であれば、データにアクセスできるメリットがありますが、反対にインターネットに接続できない環境では、データにアクセスできないことがデメリットになります。

オンラインストレージのサービス自体が障害によって停止したり、遅くなったりした場合、サービス提供会社による対応を待つことになるため復旧までアクセスできないことも考えられます。

サービスを選ぶ場合には、これまでの障害発生の頻度や障害が発生した際の対応なども含めて確認しておくと安心です。

オンラインストレージの種類

オンラインストレージには、さまざまな種類があります。無料と有料の違いと、個人向けと法人向けの違いについて説明します。

無料と有料の違い

オンラインストレージには、無料で利用できるものと、有料で利用できるものがあります。

無料のオンラインストレージは、データの容量や機能に制限があることが多いですが、個人的な用途や簡単な共有などには十分な場合もあります。

有料のオンラインストレージは、データの容量や機能に制限が少ないことが多いですが、月額や年額の料金が発生します。オンラインストレージを選ぶ際は、利用目的や予算に合わせて、比較検討しましょう。

個人向けと法人向けの違い

オンラインストレージには、個人向けのものと、法人向けのものがあります。

どちらのオンラインストレージも、データの保存や共有ができますが、法人向けのオンラインストレージは、個人向けのものに比べて、セキュリティや管理機能が強化されていることが多いです。

また、セキュリティの観点や容量の大きさに伴い料金も高くなる傾向にあります。

オンラインストレージを選ぶ際は、自分の利用シーンや規模に合わせて、個人向けと法人向けの特徴とニーズを考慮することが必要です。

オンラインストレージの選び方

オンラインストレージを選ぶ際には、次のような点に注意することが必要です。

  • 保存できるデータ容量の制限
  • アップロードや共同編集の使いやすさ
  • データの漏えいや改ざんなどのセキュリティ対策

保存できるデータ容量の制限

オンラインストレージには、データの容量に制限があることが多いです。データの容量が足りなくなると、追加料金が発生したり、データの保存やアクセスができなくなったりする場合があります。

そのため、オンラインストレージを選ぶ際は、自分が保存したいデータの量や種類に合わせて、データの容量を確認することが必要です。

アップロードや共同編集の使いやすさ

データのアップロードやダウンロード、共有や共同編集などの操作が簡単にできるかどうかも重要なポイントです。データの利用に時間や手間がかかったり、ミスやトラブルが起きやすくなったりする場合は利用自体が定着せず、管理自体がスムーズに進まないことが懸念されます。

操作性についてはあらかじめ無料トライアルやデモなどで確認しておきましょう。

データの漏えいや改ざんなどのセキュリティ対策

オンラインストレージには、セキュリティ対策に差があります。セキュリティ対策とは、データの暗号化や認証、アクセス制限などの機能があるかどうかです。

セキュリティ対策が弱ければ、データの漏えいや改ざん、削除されるなどの危険があります。そのため、オンラインストレージを選ぶ際は、自分の保存したいデータの重要度や機密性に合わせて、セキュリティ対策を確認することが必要です。

法人向けおすすめのオンラインストレージ

【特典比較表つき】『オンラインストレージの資料6選』 はこちら⇒無料ダウンロード

サービス名Dropbox
Dropbox
Box
Box
Fileforce
Fileforce
DirectCloud
DirectCloud
PrimeDrive
PrimeDrive
Box/Box over VPN
Box/Box over VPN
使えるファイル箱
使えるファイル箱
GigaCC ASP
GigaCC ASP
Everidays
Everidays
Fleekdrive
Fleekdrive
ixMark
ixMark
たよれーる どこでもキャビネット
たよれーる どこでもキャビネット
tenpu
tenpu
HiQZenサービス
HiQZenサービス
セキュアストレージ
セキュアストレージ
青雲 UserSide Cloud Storage
青雲 UserSide Cloud Storage
JECTOR
JECTOR
Bigtincan Hub
Bigtincan Hub
ファイルサーバークラウドVer.3
ファイルサーバークラウドVer.3
WPS Cloud Pro
WPS Cloud Pro
ユーザーレビュー
4.18
4.21
4.26
4.19
4.0
4.33
4.26
4.24
4.3
3.71
3.43
3.57
4.33
4.0
4.5
4.0
4.0
5.0
0.0
0.0
課金単位
  • 個人
  • 個人
  • 個人
  • 組織
  • 組織
  • 組織
  • 個人
  • 組織
  • 組織
  • 個人
  • 組織
  • 個人
  • 組織
  • 組織
  • 個人
  • 個人
  • 組織
  • 組織
  • 組織
  • 個人
  • 組織
  • 個人
有料プラン(個人向け)1IDの料金
2,700円(税抜)〜
1,390円(税込)〜
780円(税抜)〜
1,078円(税込)〜
2,000円(税抜)〜
有料プラン(法人向け)1IDの料金
2,900円(税抜)〜
2,084円(税込)〜
900円(税抜)〜
1,800円(税抜)〜
500円(税抜)〜
1,320円(税込)〜
1,000円(税抜)〜
2,000円(税抜)〜
300円(税抜)〜
有料プラン(法人向け)1組織の料金
55,000円(税抜)〜
30,000円(税抜)〜
12,000円(税抜)〜
19,800円(税抜)〜
12,000円(税抜)〜
7,600円(税抜)〜
19,800円(税抜)〜
3,300円(税抜)〜
39,800円(税抜)〜
12,800円(税抜)〜
5,000円(税抜)〜
29,800円(税抜)〜
無料プラン
無料トライアル
無料プランの保存容量
10GB
3GB
100GB(1人あたり)
対応言語
  • 日本語
  • ほか多数の言語
  • 英語
  • 中国語
  • 韓国語
  • スペイン語
  • ドイツ語
  • フランス語
  • イタリア語
  • オランダ語
  • ポルトガル語
  • スウェーデン語
  • ロシア語
  • 日本語
  • ほか多数の言語
  • 日本語
  • 英語
  • 韓国語
  • 日本語
  • 英語
  • 日本語
  • 日本語
  • 日本語
  • 英語
  • 中国語
  • 日本語
  • 英語
  • 日本語
  • 英語
  • 中国語
  • スペイン語
  • ポルトガル語
  • 日本語
  • 英語
  • 日本語
  • 日本語
  • 日本語
  • 英語
  • 中国語
  • 日本語
  • 日本語
  • 日本語
  • 英語
  • 日本語
  • 英語
  • 中国語
  • 韓国語
  • スペイン語
  • ドイツ語
  • フランス語
  • イタリア語
  • オランダ語
  • ポルトガル語
  • スウェーデン語
  • ロシア語
  • チェコ語
  • ベトナム語
  • タイ語
  • 日本語
  • ほか多数の言語
  • 日本語
  • 日本語
OS
  • Windows
  • Mac
  • Windows
  • Mac
  • Windows
  • Windows
  • Mac
  • Windows
  • Mac
  • Windows
  • Mac
  • Linux
  • Windows
  • Mac
  • Windows
  • Mac
  • Windows
  • Mac
  • Windows
  • Mac
  • Windows
  • Mac
  • Windows
  • Mac
  • Windows
  • Mac
  • Windows
  • Mac
  • Windows
  • Mac
  • Windows
  • Windows
  • Mac
iOSアプリのURL
AndroidアプリのURL
スマートフォンのブラウザ対応
連携サービス
  • HubSpot
  • Asana
  • Slack
  • Trello
  • Zoom
  • Dropbox Sign
  • Microsoft 365 (旧称 Office 365)
  • Google Workspace
  • Adobe Acrobat
  • Autodesk
  • Canva
  • WeVideo
  • Salesforce
  • Jira
  • Slack
  • Zoom
  • Microsoft 365 (旧称 Office 365)
  • Google Workspace
  • その他1500アプリと連携
  • Microsoft Entra ID
  • Microsoft 365 (旧称 Office 365)
  • Microsoft Entra ID
  • Microsoft Entra ID
  • Microsoft 365 (旧称 Office 365)
  • PKIプラットフォーム
  • Microsoft Entra ID
  • Chatwork
  • Slack
  • Google ドライブ
  • YouTube
  • Fleekform給与
  • 法人向け動画共有・配信 プラットフォーム「J-Stream Equipmedia」(EQ)
  • Salesforceシリーズ
  • Quickスキャン
  • Microsoft 365 (旧称 Office 365)
  • Thunderbird
  • Becky! Internet Mail
  • Mac Mail
  • Microsoft Entra ID
  • Microsoft Entra ID
  • Dropbox
  • Box
  • Microsoft Entra ID
  • Google ドライブ
  • Salesforceシリーズ
  • Microsoft Entra ID
  • WowTalk
同期型/非同期型
  • 同期型
  • 非同期型
  • 同期型
  • 非同期型
  • 同期型
  • 非同期型
  • 同期型
  • 同期型
  • 非同期型
  • 同期型
  • 非同期型
  • 非同期型
  • 同期型
  • 非同期型
  • 同期型
  • 非同期型
  • 同期型
  • 非同期型
  • 同期型
  • 非同期型
  • 非同期型
  • 非同期型
保存容量の上限
無制限(Enterpriseにてカスタマイズ可)
無制限
無制限(オプション)
30TB
無制限
無制限
1TB
無制限
無制限(Enterpriseのみ)
1TB
100GB〜
2TB
10TB
無制限
100GB
1ファイルのサイズ上限
無制限
2GB〜150GB
20GB(オプションで変更可能)
5〜30GB
1.9GB
5〜50GB
無制限
無制限
40GB
無制限
2GB
10GB
無制限
無制限
無制限
1GB
1回あたりのアップロード上限
100GB(アドオン利用時に250GB)
無制限
5〜50GB
無制限
無制限
無制限
2GB
20GB
無制限
無制限
無制限
上限なし
プレビュー可能なファイル
  • 画像
  • 動画
  • 音声
  • テキスト
  • ドキュメント
  • スライド
  • 画像
  • 動画
  • 音声
  • テキスト
  • ドキュメント
  • スライド
  • Flash
  • 3D
  • Officeファイル
  • 画像
  • 動画
  • 音声
  • テキスト
  • ドキュメント
  • スライド
  • Word
  • Excel
  • PowerPoint
  • テキストファイル
  • 画像
  • PDF
  • Word
  • Excel
  • PowerPoint
  • PDF
  • 動画
  • Officeファイル
  • 画像
  • 動画
  • PDF
  • テキスト
  • Word
  • Excel
  • PowerPoint
  • PSD
  • AI
  • EPS
  • 動画
  • 音声
  • 画像
  • 画像
  • 動画
  • 音声
  • 3Dデータ
  • Office
  • その他
  • PDF
  • 画像
  • Word
  • Excel
  • PowerPoint
  • 動画
  • 画像
  • PDF
  • Office
編集可能なファイル
  • Word
  • Excel
  • PowerPoint
  • Word
  • PowerPoint
  • Excel
  • Officeファイル
  • Word
  • Excel
  • PowerPoint
  • Officeファイル
  • 基本すべてのファイル
  • Word
  • Excel
  • PowerPoint
  • Officeファイル
  • Word
  • Excel
  • PowerPoint
  • ドキュメント
  • PDF
  • 画像
  • Word
  • Excel
  • PowerPoint
ファイル復元
ゴミ箱からの復元は可能
バージョン管理
グループウェアの機能
  • ビジネスチャット
  • ビジネスチャット
  • ビジネスチャット
  • その他
  • その他
アクセス制限
  • デバイス
  • デバイス
  • IPアドレス
  • デバイス
  • その他
  • IPアドレス
  • デバイス
  • IPアドレス
  • デバイス
  • IPアドレス
  • IPアドレス
  • デバイス
  • IPアドレス
  • IPアドレス
  • IPアドレス
  • デバイス
  • IPアドレス
  • デバイス
  • IPアドレス
  • IPアドレス
  • IPアドレス
  • デバイス
  • IPアドレス
  • デバイス
共有時のパスワード設定
共有時の期間設定
承認ワークフロー
ログの取得
多要素認証(二要素認証を含む)
ウィルスチェック

一覧で料金・機能を比較したい方にはBOXILが作成した比較表がおすすめです。各社サービスを一覧で比較したい方は、下のリンクよりダウンロードしてください。

【特典比較表つき】『オンラインストレージの資料6選』 はこちら⇒無料ダウンロード

※ダウンロード可能な資料数は、BOXILでの掲載状況によって増減する場合があります。

次の記事では、口コミで評判の法人向けのおすすめオンラインストレージを紹介しています。

オンラインストレージを比較検討したい方はぜひ参考にしてください。

【比較表あり】法人向けオンラインストレージの比較おすすめ13選!容量や料金
代表的なオンラインストレージやボクシルおすすめサービスの容量や価格、機能を徹底比較。DropboxやOneDriv...
詳細を見る

オンラインストレージの活用で業務効率を向上させよう

オンラインストレージとは、インターネット上にあるサーバーにデータを保存するサービスのことです。オンラインストレージを利用することで、データの保存・管理・閲覧・再生・送受信・共有などができます。

また、データの管理や利用が便利になるだけでなく、コストや管理リスクを抑えることにもつながります。

オンラインストレージを選ぶ際には、データ容量や使いやすさ、セキュリティ対策などに注意することが必要です。ぜひ、自分に合ったオンラインストレージを見つけて、活用してみてください。

\料金や機能を資料で比較する!/

新選び方ガイド:オンラインストレージ選び方ガイド_20230901.pptx.pdf
オンラインストレージ
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
オンラインストレージの最近更新された記事