コピー完了

記事TOP

デジタルコンテンツとは?仕組みや市場規模を徹底解説!

最終更新日:
公開日:
デジタルコンテンツの定義、しっかりと理解していますか?ネット配信型のデジタルコンテンツの発展により、再度注目が集まっているデジタルコンテンツ。今回はデジタルコンテンツの仕組み、特徴、アナログコンテンツとの違いを徹底的に解説します!

無限の可能性を秘めたデジタルコンテンツ

あなたはデジタルコンテンツと言われて何を思い浮かべますか?ある人はCDを思い浮かべるでしょうし、ゲームソフトが浮かんだ人もいるでしょう。最近ではコミックや書籍も電子化されていますから、電子書籍を思い浮かべた人もいるでしょう。

そんなデジタルコンテンツの仕組みから、今後の市場まで徹底的に解説しました!

デジタルコンテンツとは

デジタルコンテンツとは、文章、画像、音楽などの作品をデジタルデータ化してデータ状態のまま消費者に提供されているもののことをいいます。コンテンツが作品などを表していて、それらがデジタル化されたものをデジタルコンテンツ、というわけです。

従来はCDやDVDなどの「実物」を介して手元に届くのが普通でしたが、最近では電子書籍や音楽配信システムなど、ネットワーク上で各種システムを配信するサービスも台頭してきています。

デジタルコンテンツの特徴

デジタルコンテンツは、コピーしてもデータが劣化しないのが最大の特徴です。そもそもデジタル化とは数字化のことであり、デジタルコンテンツは数字化されたデータの集合体ということができます。

元々記憶されていた数字を他の記憶媒体に記憶させるだけで完璧なコピーが可能なのです。この特徴は、データを完璧な状態で残すことができるという利点もある反面、不正なコピーや利用を容易にしました。コンテンツの作成者の著作権が守られていない、というのが現在の課題です。

アナログコンテンツとデジタルコンテンツの違い

次にアナログコンテンツとデジタルコンテンツの違いについて解説していきます。アナログコンテンツは、本のように情報を直接的に紙媒体に記憶したり、コンサートのように目で直に見れるコンテンツのことをいいます。アナログコンテンツは情報の変換が行われることはありません。

一方のデジタルコンテンツにおいて、前述の通りデジタル化とは数字化のことですから、記憶媒体には数字が記憶されています。

情報の記憶が変換なく、そのままの形で残されているのがアナログコンテンツで、情報が数字に変換されて記憶されているのがデジタルコンテンツです。

デジタルコンテンツの未来

最後にデジタルコンテンツの未来を、数字を基に分析していきます。

現状

デジタルコンテンツの普及、とりわけネットワーク上での利用を容易にしたことは、コンテンツ市場に大きな影響を与えました。経済産業省の2016年のデータによれば、コンテンツ産業全体の市場規模は現在約12兆円。CDやDVD、書籍・雑誌の売上が減少傾向にある中、インターネット配信はますます伸長しており今後も伸びると予想されています。

未来

日本を除く現在のコンテンツ市場は、2014年時点で5552億米ドル(約62兆円)で、2020年には6993億米ドル(約78兆円)に拡大すると言われています。このうち何割がデジタルコンテンツによるものかは明らかではありませんが、今後もデジタル化の流れが加速していくことや、近年様々なメディアデバイスが登場していることを考えれば、デジタルコンテンツがコンテンツ市場の中核を担っていくことは間違いありません。

デジタルコンテンツ技術をテーマとした国際イベント、デジタルコンテンツエキスポはこちらで確認できます。

DIGITAL CONTENT EXPO

デジタルコンテンツはまだまだビジネスチャンスの宝庫

デジタルコンテンツの仕組みをしっかりと理解していただけたでしょうか。デジタルコンテンツは今後も拡大傾向で、経済産業省をはじめ国もこの流れを支援する動きがあります。
まだ見ぬビジネスのチャンスが眠っているかもしれません!

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

CMS・WEB制作ソフト
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
CMS・WEB制作ソフトの最近更新された記事
Webメディア事例に学ぶ成功の定義 | 運営目標・KPI設定の重要性
CMS一覧 | サイト構築オープンソース・パッケージ・EC向けなど紹介【フリーあり】
今さら聞けないコンテンツSEOとは | 基本をポイント解説・メリット・手順
CMSとHTMLの違いとは | 最適なWebサイト構築のために知っておきたいこと
CMSを比較 | 世界シェアから見るおすすめツール紹介・導入前に検討すべきこと
コンテンツ管理システム(CMS)とは | 特徴・種類・ツール - マーケティングにどう活用できるのか
CMSでサイト作成するメリット・デメリットまとめ | 比較・導入のポイント
Web制作ソフト選定の3つのポイント | 初めてのWebサイト制作・初心者必見
クラウドCMS・Web制作ツール比較 - ホームページ作成に欠かせないサービスのおすすめ
[PR]コーポレートサイト運営現場は、DXが進まない会社の縮図だった