Article square balloon green
2018-06-13

CMS(コンテンツ管理システム)とは | 特徴・種類・ツール - マーケティングにどう活用できるのか

コンテンツ管理システムであるCMSは、テキストや画像などを含め、統合的にWebサイトを管理していくもので、マーケティング活動に欠かせないものです。MAツールとの連携からツールの紹介まで、詳細にCMSを解説していきます。※初回公開日:18/01/25
サイト制作WEB制作ソフト・CMS
Large

おすすめのCMS・オウンドメディア構築サービス

  • 月間400万PV!強力なドメインパワーの配下でメディア構築
  • プロによる記事作成も可能
  • キーワード案の相談からリード獲得、分析機能までオールイン

CMS(コンテンツ管理システム)とは

従来、Webサイトの構築を行うには「HTML」や「CSS」などの知識が必要であり、スタイルシートなどの言語やディレクトリ構造を理解していなければ、テキストや画像が用意されていてもコンテンツとして配信できませんでした。

こうした専門的な知識を必要とせず、だれでも簡単にWebサイトを作成し、コンテンツを配信できるようにしたものが、Content Management System(コンテンツ管理システム)であり、CMSはその略称になります。

近年では、テンプレートを選択して画像をドラッグ&ドロップするだけで、簡単にホームページを作成できるサービスが多数登場していますが、これをイメージしていただければCMSの概要が理解できるかもしれません。

CMSで何ができるのか

CMSには、作成するWebサイトの規模などに応じて最適なツールが数多く存在しています。
数万以上のコンテンツを管理する必要のある企業向けCMSでは、「公開期間の管理」や「リンク切れ防止機能」「公開承認のワークフロー」など、多人数で効率よく作業が進められるような工夫がされています。

これにより「外注でWebサイトは構築したものの、コンテンツの更新ができない」ということがなくなり、企業内のリソースだけで優良なコンテンツを提供できるほか、以下の3つのメリットがあります。

分業でWebサイト更新

サイト内のカテゴリーごとに担当者を設定し、それぞれの分野で個別にコンテンツを充実させていけます。

このような分業体制を行うことにより、タイムリーな情報発信が可能となり、ユーザーにとって有用なWebサイトへと成長させられます。

柔軟なデザインと統一感

豊富に用意されたテンプレートがベースとなっているため、CMSで作成したWebサイトには容易に統一感を持たせられるほか、デザインの変更も簡単に行えます。

また、サイト構築時に定めたルールを引き継ぎやすいため、管理者の変更などで表示が崩れてしまう、などを防ぐのにも有効だといえるでしょう。

SEO対策に有効

管理者自身があまり意識することはないかもしれませんが、CMSによって構築されたWebサイトのコードは、検索エンジンが推奨する構成を持っている場合がほとんどとなり、結果的にコンテンツが検索上位に表示されやすくなります。

反面、サイト構築を外注したケースでは、外注先のノウハウが大きく影響するため、場合によってはCMSを活用する方がいい結果を得られる可能性が大きいといえるでしょう。

SEO対策(検索エンジン最適化)とは | デジタルマーケティングの基礎知識 | ボクシルマガジン
自社Webコンテンツを検索結果上位に表示させるため、検索エンジン最適化を行うのがSEOです。マーケティングにおける...

CMSの特徴と種類

数々のメリットがあり、素早くタイムリーなサイト構築を可能とするCMSですが、用途に適したさまざまなツールが数多く存在しつつも、ある程度共通した特徴を持っているといえます。

CMSに共通した特徴

  • 権限の異なる管理者を複数設定
  • ブラウザを使用したコンテンツのアップロード
  • プラグインやモジュール追加で機能拡張が可能

これらの特徴はCMSを活用するメリットに直結しており、ブログのみの小規模サイトからエンタープライズ級の大規模なものまで、基本的な使用感を変えることなく運用できます。

CMSの種類とホスティング

こうした特徴を踏まえ、現在では大きく2種類のCMSツールが存在するといえます。

オープンソースCMS

Webサイトを構成する「ソースコード」が公開されているCMSで、多くの場合でソースコード自体が無償で提供されています。

世界中のプログラマーがカスタマイズを加えることによって、システムが進化してくというのが特徴となっており、機能拡張を行う多数のプラグインやモジュールも公開されていますが、ベンダーからのサポートが得にくいというデメリットもあります。

パッケージCMS

ベンダーが開発したCMSで、オープンソースと異なり、最初から数多くの拡張機能を搭載している場合が多いのが特徴です。

ベンダーからのサポートが得られるのはもちろん、基本機能が充実しているため、サイト構築を楽に行えますが、比較的大きな導入コストが必要になります。

ホスティングのタイプ

大きく2つのタイプに分別できるCMSですが、Webサイトを構築・公開するためにはWebサーバーが必要になります。

オープンソース/パッケージともに、自社内に専用のWebサーバーを設置する、クラウド環境にIaaS・PaaS型でサーバーを構築する、レンタルサーバーなどのホスティングサービスを利用するなどが考えられますが、CMSを含めてSaaS型で提供されるサービスもあり、用途とニーズに合わせて選択可能です。

ホスティングとは?意味・種類・違い・サービスを解説 | ボクシルマガジン
ビジネスパーソンならば知らないと恥ずかしい、ホスティングを徹底解説!ハウジング、データセンター、レンタルサーバーな...

マーケティングにおけるCMS

従来と比較して手軽に素早くWebサイトを構築し、リアルタイムな情報発信を可能とするCMSですが、近年では企業のマーケティング活動に欠かせない存在となっています。

それにはいくつかの理由が考えられますが、代表的なものとして以下を挙げられます。

PDCAサイクル化の重要性

不特定多数にアピールする従来のマーケティング手法が力を失いつつあるなか、個々のユーザーや顧客とのエンゲージメント(つながり)を重視するOnetoOneデジタルマーケティングを採用する企業が増えています。

これを行うには、自社のサービスや製品がターゲットとすべきペルソナ(ユーザー像)を仮定し、それに最適な施策を実行していく必要があります。

しかし、ペルソナの設定や施策などの準備に時間をかけすぎると、いざ実行に移す段になって、用意したシナリオが役に立たない古いものとなってしまう場合があります。

これを回避するためには、準備自体は最小限にとどめ、施策を実行していくなかで都度改善を行っていく、PDCAサイクル化を実行することが重要となり、すべてのマーケティング施策を素早く行う必要があるのです。

One to Oneマーケティングとは?成功事例・手法+MAツール5選! | ボクシルマガジン
マーケティングは時代によってその形を変化させています。その中でもIT化によりさらに効果が期待されるOne to O...

CMSで迅速なWebサイト構築

こうしたPDCAサイクルを回していくなかで重要になるのが、自社ブログなどのオウンドメディアの充実です。

ユーザーにとって有用な情報を提供する場でもあるオウンドメディアは、その性質から多頻度でのコンテンツ更新が必要となり、これを実現し、迅速なWebサイトを構築していくのにCMSが最適なのです。

MAツールでリード管理

オウンドメディアによってユーザーの興味を集めただけでは、なかなか企業の利益に直結していかないため、ユーザー動向を分析してタイムリーな施策を実行し、リード見込み顧客)として獲得していく必要があります。

具体的には、自社サイトのアクセス状況を把握して個々のユーザーをスコアリング(優先順位分け)し、最適なメール配信などでランディングページやフォームに誘導します。

このようにリード管理を行い、マーケティング施策を実行していくには、マーケティングオートメーション(MA)ツールが最適ですが、近年ではこれらの機能を搭載したCMSも登場しています。

CMSとMAツールの違い

それでは、ステップメールなどの配信機能やリード管理機能のほかに、ランディングページ作成もできるMAツールは、CMSにマーケティング機能を追加したものなのでしょうか。

上述したように、CMSにもマーケティング機能が搭載されることが多くなり、MAツールとの境界が曖昧になりつつあるのは事実ですが、それぞれの得意分野は異なっているといえます。

CMSのマーケティング機能は、どちらかというと不特定多数を対象としているのに対し、MAツールではよりパーソナライズした施策が可能であり、ランディングページなどは作成できますが、CMSのようにWebサイト全体の管理はできません。

このような現実から、Webサイトのリニューアルに際して、CMS・MAツールそれぞれを導入し、連携させることで最大限の効果を狙う企業が多いといえます。

マーケティングオートメーション(MA)とは | メリット・ツール比較・選び方・価格・機能 | ボクシルマガジン
マーケティングに効果のあるツールとして関心を集めるマーケティングオートメーション(MA)とは何でしょうか?基礎知識...

おすすめのCMS

それでは、以下からは具体的なおすすめCRMを紹介していきましょう。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Web制作ソフト・CMSの資料を無料一括DL

強力なドメインパワーでオウンドメディア構築『ボクシルCMS』

ボクシルCMSは、月間400万PVを誇るビジネスメディア「ボクシルマガジン」のドメインを利用したCMSです。広告に依存しない、Webからの安定的な見込み顧客を支援します。

通常コンテンツマーケティング・オウンドメディアを始める際は、記事を公開して検索上位に来るまでには非常に時間がかかります。強力な「boxil.jp」のドメインパワーを活用することで、効率的なコンテンツマーケティグがスタートできます。記事の内製化が難しい場合は記事作成も可能です。

パブリッシングプラットフォーム「dino」


dinoはオウンドメディア作成に最適化されたCMS(コンテンツ管理システム)です。ソーシャルメディアや外部広告と連携で集客が可能。プロによるコンテンツ提供、ネイティブアド掲載による広告収益、会員限定記事による課金ビジネス、EC連携による物販モデル、優良顧客をリアル店舗へ誘導するO2Oなど、オウンドメディアに必要な記事制作・運用・成長・マネタイズまでをサポートしてくれます。

講談社やHITACHIなど70を超える企業で利用されており、セキュリティ対策や新機能追加のアップデートも自動で行われるため、知識がなくても安心して運用できます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
dinoの資料を無料DL

HeartCore

HeartCoreは、国内No.1の導入実績を誇り、強力なサイト内検索機能で効率的なWebサイト運営を実現するCMS(コンテンツ管理システム)です。
国産CMSの強みを活かした万全のサポート体制、多言語/マルチデバイス対応であらゆるニーズに対応可能、自動SEO搭載で集客を最大化します。
CMS機能を包括するHeartCore CXMでは、AIによる自動CVR最適化も実現、工数を大幅削減し、超高速なPDCAサイクルで効果的なデジタルマーケティングを実施できます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
HeartCoreの資料を無料DL

WordPress

WordPressは、ブログ用のCMSとして圧倒的な世界シェアを誇り、その完成度の高さから愛用者の多いオープンソースCMSです。これがもたらすメリットとして、万単位にもおよぶプラグインが公開されており、これを追加することによって充実したマーケティング機能を搭載することも可能です。
ソースコードが無償のほか、プラグインもほぼ無償となっていることから、導入コストを押さえられるのもメリットであり、中堅規模のコーポレートサイトにも対応可能な堅牢性も併せ持っています。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
WordPressの資料を無料DL

Drupal

Drupalは、数十万ページにおよぶNASAのサイトをはじめ、世界中の企業の大規模サイトを支えるオープンソースCMSです。
こちらもアドオンといわれる機能拡張を追加することにより、ECサイト運営やマーケティング機能を実装でき、その柔軟性と拡張性はパッケージ以上といわれるほどの評価を得ています。
オープンソース故に、大規模サイトの運営には開発力が必要になりますが、運用をサポートするベンダーの存在しており、注目のCMSといえるでしょう。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Drupalの資料を無料DL

ガートナーMQでリーダーのCMS

次に、ガートナーのマジック・クアドラントにおいて「リーダー」という高い評価を得ている、パッケージCMSを紹介します。

以下の記事では、マジック・クアドラントについてより詳しく解説しています。

マジック・クアドラントの特徴とは | 特定市場への投資判断を正当化する明確な指標 | ボクシルマガジン
テクノロジー市場に多く存在するプレイヤーを相対的に位置付け、業界のリーダーを明確にする、Gartner(ガートナー...

Sitecore Experience Cloud

Sitecoreは、デンマークに拠点に開発を行う企業であり、.NetベースのCMS「Sitecore Experience Cloud」の提供を行っています。
高度なコンテンツ管理とインサイト分析、クロスチャネル配信を得意とする、統合型マーケティングシステムとなっており、デバイスや地域など、さまざまな基準をもとにしたコンテンツのパーソナライズが可能です。
メール配信によるキャンペーン管理など、MAツール的な活用ができるのが特徴です。

Adobe Experience Manager

Adobe Experience Managerは、Adobeが買収したDay CQをベースとし、レスポンシブ対応、モバイルサイト、店舗内スクリーンを実現する、ハイエンドエンタープライズ向けCMSです。
数多くの大企業に採用される信頼性はもとより、Creative Cloudとのシームレスな連携により、コンテンツの作成・管理から、カスタマーエクスペリエンス管理までを統合しており、扱いやすいインターフェースとともに、注目・評価ともにNo.1を誇るCMSだといえます。

CMSと連携するMAツール

すでに解説したように、紹介したなかにもMAツールの機能を搭載しているCMSも登場しています。

しかし、よりパーソナライズされた施策実行や担当分離などのためには、MAツールを併用していくのが得策です。

以下からは、CMSとの連携をスムーズにするMAツールを紹介します。

SATORI

SATORIは、LTV(顧客生涯価値)の最大化を目指し、集客、クロスチャネル、データ分析の面で優れるDMP内蔵のマーケティングオートメーションです。
リードジェネレーションに強く、メールアドレス無しの匿名訪問者も正確に把握可能なほか、外部のデータも活用することで、新たなリード創出の手段を提供しています。
メールマガジンのほかにもディスプレイ広告、自社Webサイトのパーソナライズやチャットを通した顧客接点を確保はもちろん、商談化・成約・アップセルなどの売上・粗利指標までマーケティング活動の効果測定が可能です。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
SATORIの資料を無料DL

HubSpot

HubSpotは、リード獲得に強みを持ち、見つけてもらう、興味をもってもらう、購入、満足度を高めていく、という4つのステップにそった機能が搭載されたMAツールです。
リードの過去のツイートや、レビューした、HPを見た、など自社に対する行動の情報が蓄積されるようになっており、これらの行動履歴と関連したリードのスコアリングが可能、もちろん、コンバージョンにつなげるメール配信機能も搭載しており、手厚いサポートも魅力です。
30日間の無償トライアルも用意されています。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
HubSpotの資料を無料DL

CMSを含めたマーケティング全体の最適化

デジタルマーケティング、インバウンドマーケティングにおけるオウンドメディアの重要性を考えた時に、マーケティング活動におけるCMSが、欠かせないピースであることがわかります。

しかし、営業を含めた企業全体のマーケティングとして見た場合、それぞれが最適化されないまま、個別の施策を実行してしまっていることも考えられます。

CMSとMAツールの連携を含め、企業全体としていかに最適なシステムを構築していくのか、が問われているのかもしれません。

コンテンツマーケティング・オウンドメディアを始めるなら

  • 月間350万PV!強力なドメインパワーの配下でメディア構築
  • プロによる記事作成も可能
  • キーワード案の相談からリード獲得、分析機能までオールイン

月間400万PVを誇るドメインパワーを活用したボクシルCMSで、効率的なコンテンツマーケティングを始めませんか?

月間3,000CV!ボクシル編集長監修『コンテンツSEO完全ガイド』

効率的にリードを獲得したい・サービスのPRをしたい・SEOで検索上位を取りたい、、、といったご要望はありませんでしょうか。オウンドメディアを使ったコンテンツマーティングで効率的に見込み顧客を獲得することが可能ですが、ノウハウがないと何から手をつけて良いかわからないですよね。

「コンテンツSEO完全ガイド」ではコンテンツマーティング、SEO集客に関するポイントや手順について解説しています。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
コンテンツSEO完全ガイドの無料DLはこちら

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article whitepaper bgS3 0
WEB制作ソフト・CMS
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
スマートキャンプ株式会社
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事