{{ message }}
Article square balloon green
2017-08-10

CPA(Cost Per Acquisition)とは|広告用語 - 意味・重要視される理由・計算方法

CPA(Cost Per Acquisition)とは、広告施策によって1件の最終的な成約(コンバージョン)を獲得するのにかかった費用(コスト)を示す指標です。今回は、CPAの意味や計算方法などを徹底的に解説します。
- PR -
- PR -
Large

CPAとは

CPAとは「Cost Per Acquisition」または「Cost Per Action」の略で、「成果単価」と略されます。CPAはインターネット広告の掲載料金の単位の一つで、CV(コンバージョン)1件あたりの費用を示しています。

つまり、CPAとは広告施策を行なった企業の商品やサービスを購入してもらい、利益につながる成果をいくらで獲得できたかという指標と言えますので、広告指標において最も重要視されているのです。

ちなみに、コンバージョンは最終的な成果という意味です。どの段階まで進んだらコンバージョンとするかの基準はそれぞれの企業によって異なります。商品購入に至ったケース数をコンバージョンと呼ぶこともあれば、メルマガ登録に至った数をコンバージョンと呼ぶこともあります。

CVについては、次の記事でも詳しく解説していますのでぜひご覧ください。

コンバージョン(CV)とは|Web・SEO用語解説・意味・ポイントを理解 | ボクシルマガジン
コンバージョン(CV)とは、日本語に直訳する「変換」という意味で、Webマーケティング用語の世界では、Web広告費...

CPAの仕組み

CPAは、Web上に表示された回数やクリックされた回数などに全く関係なく算出されます。参考にされる数字は、全体の広告費とコンバージョン件数これだけです。


最終的な成果が目的ではない場合(認知度の上昇など)を除いて、CPAの数字が、実際にかけているコストを上回っている場合、その広告はうまくいっていないといった判断が行えます。

Web広告における重要なポイント

広告施策において最も重要なポイントは、「費用対効果を上げる」かです。つまり、少ない広告費で多数のコンバージョンを生み出せる広告は良い広告ということになります。費用対効果を測定するうえで、最も理解しやすいのがCPAの数値です。

しかしながら、CPAの数字ばかりを追っていても根本的な解決にはなりません。コンバージョンにつなげるまでの過程で、どこに問題あるのかを確認するためにはCTR(クリック率)、インプレッション数(Webページ上に評された回数)など、さまざまな数字を追う必要があります。

費用対効果を最大化しよう

広告における最も重要な指標はCPAだと説明しましたが、次のステップに進む場合に重要なのは、結果だけではなく過程です。

CPC(クリック単価)やCPM(インプレッション単価)など、分析すべき数字は他にも数多く存在します。
費用対効果が最大になるように、最良の広告を目指しましょう。

CPCに関する詳しい説明は次の記事をご覧ください。

CPCとは|マーケティング用語の意味・計算方法・PPCとの違いを解説 | ボクシルマガジン
CPCとは、「Cost Per Click」の略で、日本語ではクリック単価と訳されます。今回はそんなインターネット...

ボクシルとは

ボクシルでは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのか分からない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのか分からない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

また、マーケティングに問題を抱えている法人企業はボクシルを活用することで、効率的に見込み顧客を獲得することができます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
新着情報やお得な情報をメールでお届けします!
{{ message }}
ご登録ありがとうございました!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
- PR -
- PR -
あなたにオススメの記事
編集部からのオススメ