コピー完了

記事TOP

キッティングとは?作業手法・手順や注意点 - 代行サービスの比較

最終更新日:(記事の情報は現在から474日前のものです)
キッティングとは、企業が社員用のパソコンやスマートフォンをすぐに使える状態まで設定することをいいます。キッティングの意味や作業内容、代行サービスの比較を解説。概要を知りたい方、サービスを比べたい方は必見です。

キッティングとは

キッティングとは、社員が使用するパソコンやスマートフォンなどのIT機器を、環境にあわせて設定する作業のことです。IT機器をすぐに業務で使える状態にする役割があり、組み立てやソフトウェアのインストールなどを行います。

1台あたり数時間を要するケースも珍しくなく、台数が多い場合には正確性とスピードの両方に注意しながらの作業が必要です。マスターのパソコンからクローンを作成することや、キッティングの代行業者に委託する場合もあります。

キッティングの作業手法・手順

キッティングにて行われる作業の詳細は、次のとおりです。これらの作業を、キッティングリスト(指示書)に則って実施します。すでにインストールされているものを使用したり周辺機器への接続は各自に依頼したりと、企業によって多少異なります。

  • PCの開梱・設置や通電
  • OSのセットアップ
  • アカウントの作成
  • IPアドレスやネットワークの初期設定
  • セキュリティソフトのインストール
  • 業務用ソフトやアプリケーションをインストール
  • ライセンス認証の実施
  • モニターやプリンターへの接続
  • 動作確認
  • IT資産管理ツールや管理台帳への登録・ラベルの貼付

なおスマートフォンに関しても、おおむね同じ手順で作業を行います。キャリアや販売店が代行してくれる場合もありますが、必ず提案されるものではないため注意が必要です。

キッティングとセットアップの違い

キッティングと似た意味の用語にセットアップがあります。キッティングとセットアップの違いは作業範囲です。キッティングはセットアップ以外にもさまざまな作業を行います。

キッティングはITの開梱作業からPCのシステム設定まで一連の作業を行い、すぐに使用可能な状況にします。一方セットアップは、ソフトウェアやハードウェアの導入と端末の設定を行うことです。ソフトウェアのインストール作業と同義で使用されることもあります。

キッティングが抱える課題

キッティングが抱える課題は作業者の負担の大きさです。上記のように、キッティングには数多くの作業があります。一つひとつの作業はあまり難しくないため、これが1台であればとくに大きな問題にはなりません。

しかし企業の場合、新入社員の受け入れ準備といった、一気に大量のIT機器をそろえなければならい場面では数十台、あるいは数百台の準備が必要です。たとえば1台を2時間で設定しても、100台それを行うとなれば200時間が必要であり、作業者の負担は大変なものです。

そのため、後述するような自動化ツールや、代行サービスなどを活用し、この負担を軽減することが今後の企業の課題となるでしょう。

キッティングを行う際の注意点

セキュリティ対策

キッティングを行う際にもっとも重視すべきことは、機密情報や個人情報の漏えいを防ぐためのセキュリティ対策です。

具体的には「使用ソフトウェアの制限」「ファイアウォールの設定」「MDMを使用したスマートフォン管理」などが挙げられます。ウィルス感染のリスクを含めた運用はもちろん、キッティングの時点でも充分なセキュリティ対策が必要です。

スケジュール設定

キッティングは複数の端末に対して行われるため、どうしても時間がかかりがちです。万が一キッティング中にトラブルが発生して遅延が起こっても対処できるよう、スケジュールは余裕をもっておくようにしましょう。

キッティングに必要なスキル

キッティングに必要なスキルは、主にパソコンの基本的な操作と、基礎的なサーバー・ネットワーク関連の知識です。キッティングは手作業で行う分には簡単であるため、特別なスキルは必要ありません。

未経験でも作業が行え、継続的な業務ではないため正社員で対応せずに派遣やアルバイトの求人を出し、人を集めての対応も可能でしょう。ただし、準備するパソコンやスマートフォンは、これからの業務で使うものです。

セキュリティ面や、トラブルが発生した場合の業務効率の低下・損失を考えれば、自動化ツールや代行サービスで対応するのがおすすめです。

キッティングを効率化するポイント・コツ

前述したようにキッティング作業は、作業者の大きな負担であり、過酷さから「底辺の作業」と揶揄されることすらあります。ではこれをどのようにすれば改善できるのかを、詳しく紹介します。

キッティングツールを利用し作業を自動化

キッティングする際、マスターのパソコンからクローンのパソコンへコピーをすればOSやソフトのセットアップを簡略化できます。キッティングツールやクローニングツールを利用してコピーするのがおすすめです。キッティングは複数のパソコンに対して同様の設定をすることが多く、自動化で効率化しやすいタスクだといえます。

たとえば、Macには使えませんがマイクロソフトのツール「Microsoft Intune」や「Windows Autopilot」でパソコンがまとめて初期設定できます。これはクラウド上でパソコンの設定を行いデバイスIDを登録、実際のパソコンにIDとパスワードを入れるだけでキッティングが自動的に行われる仕組みです。

このように、クラウドを経由した自動化の仕組みは「ゼロタッチキッティング」と呼ばれており、業務効率化の手法としておすすめです。

キッティングを代行サービスに委託

キッティングそのものを、代行サービスへアウトソーシングする方法もあります。社内に担当者がいない場合や不足している場合は、アウトソースすれば人件費を削減できます。

社内で対応できる場合でも、外注した方がスピーディーかつクオリティの高いケースもあるでしょう。キッティングはセキュリティにも影響するので、少しでも不安がある場合は、確実にセットアップしてもらえる請負業者を選択する価値は十分にあります。

キッティング代行サービスの費用相場

キッティング代行サービスの費用相場は、1台あたり単価1,000~1万円程度です。料金の幅が広いのは、依頼するパソコンの台数やどの範囲まで作業を行うかによって大きく変動するからです。

一般的には依頼するパソコンの台数が増えるほど、安くなる傾向があります。ただし価格ばかりに気をとられると悪質な業者につかまる危険性があるため、複数の業者で見積もりを比較することが大切です。

キッティング代行サービス・会社の比較9選

キッティングは、アウトソーシングすることによってさまざまなメリットを享受できます。

  • 担当者の負担軽減
  • ルールに従ったミスのない作業
  • セキュリティに関する提案や、用途に最適な情報入手

また、パソコンのカスタマイズやセットアップ、設置だけでなく、請負業者によっては機器の調達や運用サポートを含んだ総合的なサービスも実施。セットアップのみのサービスよりさらに効率化したいときにおすすめです。

次の会社は、それぞれ効率化に適したサービスを提供しているため、ぜひ参考にしてください。

ジョーシス - ジョーシス株式会社

ジョーシス
ジョーシス
BOXIL SaaSセクション | BOXIL SaaS AWARD 2024
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 従業員データと紐づけてSaaSやデバイスの利用状況を一元管理
  • デバイスの調達からキッティング、初期化、保管、下取り・廃棄まで代行
  • 独自ネットワークへのアクセスが必要な設定以外に対応可能

ジョーシスは、パソコンに加え、スマートフォンやタブレットのキッティングも可能なサービスです。パソコンの購入も可能なほか、企業側で手配したパソコンや中古パソコンのキッティングも依頼できます。

また、アカウントの発行や停止、デバイスの台帳の更新なども代行可能です。従業員データを起点に、複数部門で独自管理されているようなSaaSやデバイスの状況も一元管理できるので、使用状況の可視化やアカウントの棚卸しにも役立ちます。

IT with - PSソリューションズ株式会社

  • 中小企業の社内IT業務を要望に合わせてサポート
  • 機器調達からキッティング、問い合わせ対応などを代行
  • 購入、サブスクリプション、在庫レンタルから選べる調達方法

IT withは、キッティングをはじめとした情シス業務をサポートする中小企業向けIT支援サービスです。機器調達からキッティング、ヘルプデスク、セキュリティ診断などの業務を依頼できます。

キッティングの手順確認から作業まで一貫対応してくれ、ソフトウェアのインストール、設定作業、セットアップなどをまとめて代行してくれます。購入、サブスクリプション、在庫レンタルからパソコンの調達方法を選択でき、不要になった機器の買取や廃棄まで対応可能です。

情シスSourcing(ソーシング) - ハイブリィド株式会社

  • IT部門業務における企画から開発、運用保守まで1社で支援
  • パソコンやスマートフォンの調達、キッティングに対応
  • 小規模なタスクでも半日から依頼可能

情シスSourcing(ソーシング)は、システム全体像の策定支援といった企画業務から、システム開発、運用保守まで情シス業務全領域に対応できるアウトソーシングサービスです。小規模タスクでも半日からの低コストで依頼できます。

月額固定プランとチケット価格プランを提供しており、キッティングをはじめとした業務の発生状況に応じ、チケット制での都度対応が可能です。

Windows10入替ソリューション - ヤマトシステム開発株式会社 ITオペレーティングカンパニー(PCLC)

  • 機器調達から撤去までトータルサポート
  • 要望に応じたメニューのカスタマイズ
  • パソコンやスマートデバイスに対応

ヤマトシステム開発では、長年実績のあるアウトソーシング業務の一環として、大規模導入にも対応するキッティングサービスを行っています。機器調達からキッティング、運用サポート、更新に伴う機器の撤去や回収にいたるまで、トータルサービスを提供。要望に応じてキッティングのみ、サポートのみといったメニューのカスタマイズにも柔軟に対応可能です。さらに、スマートフォンやタブレットなどのデバイスキッティングも扱っています。

アイエスエフネット

  • 専任スタッフによるスピーディーで柔軟な対応
  • 地方での大規模依頼にも対応するサポート力
  • コンプライアンス教育の徹底されたスタッフ

アイエスエフネットでは、パソコンへのソフトウェアインストールやOS設定はもちろん、ネットワーク機器の設置・配線を含めた総合的なキッティングサービスも行っています。コンプライアンス教育の徹底された、ITインフラに特化する専任スタッフが多数在籍。人材派遣のように、要望に応じた柔軟な対応が可能です。また、地方やアジア各国にも拠点を持ち、首都圏以外の大規模な依頼にも対応できます。

SBSリコーロジスティクス

  • パソコン・周辺機器に特化したキッティング
  • 大規模依頼に対応するトータルサービス
  • 要望に応じて複数拠点への納品に対応

SBSリコーロジスティクスでは、機器調達から納品時の機器回収にいたるまでの、全面的な業務を請け負うキッティングサービスを行っています。マスターのパソコンを使用したクローニングによって、大規模なキッティング依頼にも対応。また、要望に応じて複数箇所への納品や分割納品も可能です。

ウチダエスコ

  • 大規模導入に対応するキッティング
  • オプションで復旧メディア作成が可能
  • 不要な梱包材・緩衝材の回収サービス

ウチダエスコでは、大規模導入に対応する専用のキッティングセンターを持ち、パソコンや周辺機器に特化したキッティングサービスの運営を行っています。機器調達には対応しませんが、オプションとしてパソコンの復旧メディア作成が可能なほか、動作確認後の管理シール貼付け、一括・分散納品にも対応。処分に苦慮してしまう、不要な梱包材・緩衝材の回収も請け負ってくれます。

日本NCR

  • パソコン・NCR製品のキッティングサービス
  • 全国に展開するサービス拠点
  • 動作確認による初期不良リスク軽減

日本NCRでは、パソコンをはじめとするNCR製品を含めたキッティングサービスを行っています。日本全国に広がる約120か所のサービス拠点による、きめ細かなアフターサービスが特徴。動作確認を徹底することによって初期不良リスクを軽減し、納品時に欠品が起こらないように、スムーズでスピーディーなサービスを実現しています。

※出典:日本NCR「営業所・サービスセンター - NCR Commerce Japan - 日本NCRコマース株式会社」(2024年1月29日閲覧)

セイコーエプソン

  • パソコン・エプソン製品のキッティングサービス
  • 明確で柔軟なオプションメニュー
  • サーバーキッティングにも対応可能

大手企業セイコーエプソンでは、パソコンおよびプリンタ・スキャナなどのキッティングサービスを行っています。大規模キッティングに対応するほか、ドライバーやアプリケーションのインストール、ネットワーク設定など、柔軟なオプションメニューを揃えています。

効率的なキッティングを行うには

キッティングは一時業務でありながらも、機密情報や個人情報の保持に関連する重要で手間のかかる作業です。新入社員が集中する時期や大規模な端末導入などの際、担当者は大きな負担を強いられがちです。

こうしたキッティングに関する課題は、アウトソーシングすることにより、大部分を解決できます。コストを含めた社内事情や規模に応じ、適切な判断を行うことが作業効率化につながるといえるでしょう。

その他、おすすめのサービス比較の記事や関連記事もぜひ役立ててください。

MDMツール比較17選!選び方・おすすめサービス
MDM(モバイルデバイス管理)とは、企業で使用されるモバイル端末を監視・操作するシステムです。MDMの意味やボクシ...
詳細を見る
IT資産管理ツール比較28選!選び方【比較表あり】
【2023年最新】IT資産管理ツールのおすすめシステムの特徴や機能を比較・紹介します。IT資産管理ツールの導入メリ...
詳細を見る
VDI(デスクトップ仮想化)とは?シンクライアントとの違い・サービス比較
VDI(デスクトップ仮想化)とは「端末の機能は必要最小限にしてサーバー側で処理を行う仕組み」のことです。VDIの仕...
詳細を見る

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計1,200社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
編集部のおすすめ記事