Article square balloon green
2018-03-28

FaaS(Function as a Service)とは | 意味・メリット - サーバいらずのクラウドサービス

サーバレスでアプリケーション開発やセットアップが可能なクラウドサービスであるFaaS(Function as a Service)について紹介します。また多くの方が間違えやすい同じ表記のFaaS(Fraud as a Service)についても説明をします。
開発
Large

FaaS(Function as a Service)とは

FaaSとは、プログラミングを行う際にサーバーレスでアプリケーション開発を行えるサービスのことです。

また、アプリケーションの実行に必要なサーバーを自動で振り分け、その都度スケールしてくれるため、利用することで多くのメリットを得られます。

本記事では、FaaSとは何かについて紹介し、その活用のメリットとFaaSのもう一つの意味「Fraud as a Service」について解説します。

サーバレスとは何か

FaaSの仕組みの前提となる「サーバレス」とは、開発に必要なサーバーを自前で用意・管理する必要がなく、クラウド上のサーバーを利用するというものです。

つまり、サーバーが必要ないという意味ではなく、サーバーとしての機能や管理をクラウドに任せるという意味になります。

サーバレスとBaaS(Backend as a Service)

これまでは、サーバーなしでバックエンドアプリケーションを動かすことができるサービスインフラは「BaaS(Backend as a Service)」や「MBaaS(Mobile Backend-as-a-Service)」と呼ばれるのが一般的でした。

BaaSの進化とFaaS

しかし、Amazonが2014年にAWS Lambdaを発表したことにより、BaaSのレベルが飛躍的に向上しました。それによりクラウドプロバイダーの方で必要なプログラムコードを実行するサーバーを提供するサービスが登場しました。

これを利用することによって、開発者はサーバーのことを考える必要がなくなり、実行するコードを書くことだけを考えれば良くなりました。

このタイプのサービスこそがFaaS(Function as a Service)です。

FaaSのメリット

ここでは、FaaSを利用するメリットについて解説します。

使用した分だけ課金される

代表的FaaS「Lambda」などは、オンデマンド課金制で、使った機能ごとに料金が計算されるため、コストの削減につながります。

具体的には、100万リクエストにつき0.20ドルが加算され、 GB-秒あたり0.00001667ドルとなっているため、使わなければ料金が発生しません。

また、無料利用枠が1,000,000件リクエスト、無料のリクエストが1,000,000件、月間 400,000 GB-秒が無料となっているのでコスパよく利用できます。

インフラの運用管理が不要

自社でサーバーを用意したり、アプリケーション開発のためのインフラ運用管理を行うことはとても大変であり、莫大なコストがかかってしまいます。

しかし、FaaSを利用すれば、自らサーバを運用する必要がないため、管理面で圧倒的に楽になります。

オートスケーリングの存在

FaaSでは、クラウドプロバイダーがコードを実行するサーバーを見つけ、必要に応じてスケールしてくれるため、開発者はコードを書くことだけ考えていれば良くなりました。

このオートスケーリングがあることによって、開発者の負担を減らし、利用分だけのコストでの利用が実現できるのです。

IaaS、PaaSとFaaSとの違い

ここでは、FaaSとIaaS、PaaSとの違いについて解説します。

IaaS(Infrastructure as a Service)とは

IaaSとはネットワーク、仮想マシン、OSを提供するサービスで、現段階ではどんな言語でも利用可能となっています。

また、仮想マシンを利用中は常に費用が発生する仕組みになっているため、ネットワークや仮想化について深い知識を持ち合わせていないと運用することは難しく、費用がかさんでしまうことがあります。

IaaSとは?メリットは?主要サービスと共に紹介 | ボクシルマガジン
はじめにクラウドは主にSaaS(サース)、PaaS(パース)、IaaS(イアース・アイアース)の3つに分類されます...

PaaS(Platform as a Service)とは

PaaSとは、アプリケーションを開発、実行するためのプラットフォームです。

サービスの利用に際して、日本語を利用してノウハウを学ぶことができるので、比較的学習ハードルは低めなのが特徴です。そのため、IaaSと比較すると利用しやすさはあるものの、独自の制約があるため、使いこなすためには知識が必要です。

PaaSとは?仕組みやIaaS/SaaSとの違いを解説! | ボクシルマガジン
本記事では、いわゆる「クラウド」の利用形態の一つであるPaaSの概要を説明し、似た言葉であるIaaSやSaaSとの...

IaaS、PaaSとFaaSとの違い

IaaS、PaaSとFaaSのそれぞれの大きな違いはサービスの提供範囲です。

開発のしやすさや、費用の発生ポイントなどの異なるポイントはそれぞれありますが、アプリケーション開発に関する違いでいえば、どのようなサービスを利用できるかという点にあります。

それぞれのサービスの提供範囲は、IaaSが「OS、仮想マシン、ネットワーク」、PaaSが「アプリケーションを開発・実行するためのプラットフォーム」、FaaSが「スクリプトの実行環境」になっています。

SaaS PaaS IaaSとは | クラウドサービスを徹底解説! | ボクシルマガジン
知らないと恥ずかしい!ビジネスの場面でよく耳にする言葉、SaaS、PaaS、IaaS、それぞれの違いと読み方わかり...

もう一つの意味「Fraud as a Service」とは?

FaaS(Function as a Service)と同じFaaSで表現される「Fraud as a Service」という言葉があります。

この「Fraud as a Service」とは、ネット上で行われる詐欺などの犯罪に対して、必要なサービスを提供するシステムのことです。

ややこしい「~aaS(XaaS)」という表現

クラウドサービスの多くが「~aaS(XaaS)」という表現を用いるため、非常に使い分けがややこしく、FaaSのように同じ略語で違った意味をもつケースも少なくありません。

そのため、ウェブを使って関連情報を調べる際には、きちんと正式名称を確認することが大切です。

以下の関連記事では、「~aaS(XaaS)」について検証しているので、ぜひ参考にしてみてください。

“X”aaS(as a Service)とは?「AからZまですべて存在する説」を検証してみた | ボクシルマガジン
さまざまなクラウドサービスに用いられる「aaS(as a Service)」という表現。“X”aaSと記載される場...

FaaSの意味を理解する

日々クラウドサービスの技術は向上しているため、新しいサービスがどんどん誕生しています。時代に置いていかれないためにも、まずは言葉の意味を正確に理解するところから始めましょう。

また、今回のようにFaaSのもう一つの意味「Fraud as a Service」などの、同じ表記で違う意味を持つ言葉は少なくありません。

「~aaS(XaaS)」という表現に注意しつつ、FaaSの意味するところを理解するようにしましょう。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事