コピー完了

記事TOP

XaaS(as a Service)とは?「AからZまで全種類存在する説」を検証してみた

最終更新日:
公開日:
クラウドサービスに用いられる「aaS(as a Service)」という表現。“X”aaSと記載される場合が多いこの単語、誰しも一度は気になる「AaaSからZaaSまであるんじゃないの?」と言う疑問を徹底調査しました。それぞれのaaSや意味についても解説します。

よく聞く「aaS(~as a Service)」とは

最近は「SaaS」や「PaaS」といった「~aaS」という表現で、さまざまなクラウドサービスを表す場合が多いことは、もはや常識になりつつあります。

「aaS」は「~as a Service」の略語で、日本語に直訳すると「サービスとして」という意味です。

「aaS(~as a Service)」は「XaaS」と記載されることも多く、人によってはこちらの表現を多用していることもあります。つまり「“X” as a Service」という意味であり、読み方は「ザース」。この「“X”」は数学でだれもがよく使った未知の値を表す「x」のことです。

そこで気になるのが「aaS」って一体どれだけあるの?という疑問。

まずは上記で紹介した「S」「P」「X」の3つがあることは説明しましたが、はたして「A」から「Z」まですべてあるのか。可能な限り調べて検証してみました。
また動画にもまとめていますので、こちらも合わせてご覧ください。

"X"aaS、はたしてA〜Zまであるのか

それでは、"X"aaSがすべてあるのかをAから順に解説していきます。

AaaS

  • Analytics as a Service
    クラウドで提供される解析・統計サービス
  • Authentication as a Service
    Gemalto社のサービスの名称

AaaSからすでになじみのないものばかりですね。

BaaS

  • Backend as a Service
    モバイルアプリケーションを効率的に開発できる環境の提供
  • Backup as a Service
    データベースのバックアップをするサービス
  • Blockchain as a Service
    ブロックチェーン技術を提供するサービス

最近話題のブロックチェーン技術がありますね。

CaaS

  • Communication as a Service
    テレビ会議WEB会議などコミュニケーションに関するサービスの提供
  • Crimeware as a Service
    インターネットの攻撃代行サービスの提供
  • Container as a Service
    Docker社が提供するサービス

DaaS

  • Desktop as a service
    デスクトップ仮想化サービスのこと
  • Data as a service
    各種データの正確性の検証により高品質なデータを確保するサービス

DaaSについては記事の下部で詳しく解説しています。

EaaS

  • Exploits as a Service
    セキュリティ攻撃ツールによるサイバー攻撃を指す
  • Everything as a service
    「aaS」や「XaaS」を「Everything as a service」として総称するもの

XaaSかEaaSはお好みで使いましょう。

FaaS

  • Framework as a Service
    SaaSとPaaSの中間的サービス
  • Fraud as a Service
    インターネット上における犯罪に必要なサービスの提供
  • Function as a Service
    開発者はプログラミングに専念できるようになるサービス

GaaS

  • Gaming as a Service
    クラウド上でゲームサーバーをホスティングし、ゲームをストリーミング配信するサービス
  • GPU as a Service
    GPUを提供するサービス
  • Gyms as a Service
    企業が従業員などにジムを安価でメンテナンスフリーで提供するサービス

HaaS

  • Hardware as a Service
    ストレージなどのハードウェア資源の提供サービス

IaaSの前はこう呼ばれていたなんて説もありました。

IaaS

  • Infrastructure as a Service
    ネットワークのインフラを提供するサービス

JaaS

なんと、JaaSはありませんでした。説立証ならず…。

as a Serviceの形ではありませんが、「Java Authentication and Authorization Service」というものならあるようです。

KaaS

  • Knowledge as a Service
    日立が研究を進める実務から取得される大量のデータを高付加価値データ(知識)に変換し提供するサービス

さすが日立ですね。

LaaS

  • Location as a Service
    プライバシー保護された物理的な位置情報を簡単なAPIを介して提供する場所データ配信モデル
  • Logging as a Service
    ログファイルを集中的に取り込み収集するサービス

読者のみなさまも疲れてくるころだと思います。

MaaS

  • Monitoring as a Service
    クラウド内のサービスやアプリケーションの監視機能の導入を容易にするサービス

折り返し地点です。

NaaS

  • Network as a Service
    ネットワーク構築やサーバ・クライアントの設定から設置までをサポートするサービス

LaaSからNaaSまではWikipedi◯で必死に検索して出てきました。NaaSについては記事の下部で詳しく解説します。

OaaS

  • Operation as a Service
    NTTによると、ネットワーク設備の効率的な運用を実現するオペレーション機能の一部をサービス事業者に提供するサービス
  • Optimization as a Service
    NOKIA社のサービスのこと

NTTもすごいですね。

PaaS

  • Platform as a service
    アプリケーションを動かすためのプラットフォーム機能を提供するさービス

これも比較的身近です。こちらも記事の下部で詳しく解説しています。

QaaS

  • Quality as a Service
    ソフトウェア検証サービス

会社名にしている日本企業もありました。

RaaS

  • Recovery as a Service
    クラウドアプリケーションを災害時に復旧するサービス
  • Ransomware as a Service
    ランサムウェアを提供するサービス

世間を賑わせたランサムウェアを作成者が提供するようです。恐ろしいですね。

SaaS

  • Software as a Service
    インストール型パッケージとしてユーザーに提供されていたソフトウェアをインターネットを介して提供するサービス

一番認知度は高いのではないでしょうか。記事の下部で詳しく解説していきます。

TaaS

  • Tool as a Service
    九州先端科学技術研究所によると、開発者の手元にてインストールし利用していた各種ツールを、インストールなしで手軽にかつ低コストで利用可能とするもののようです
  • Testing as a Service
    ソフトウェア検証サービス
  • Token as a Service
    仮想通貨の1種

UaaS

  • Umbraco as a Service
    CMSサービス

Understanding as a Serviceというのもあるようです。

VaaS

  • Video as a Service
    ビデオ会議等の提供サービス
  • Visibility as a Service
    データセンターのビジビリティをサービスとして提供するサービス

WaaS

  • Windows as a Service
    すべてのデバイスにいつでも最適なWindowsを提供するサービス
  • Workplace as a Service
    NECが提供する製品群に適用される「UNIVERGE」のコンセプトで、コミュニケーションを核としたオフィスのICT基盤を提供するサービス

XaaS

  • X as a Service
    冒頭で説明した「as a Service」の総称

XaaSについては記事の下部で詳しく解説します。

YaaS

  • hYbris as a Service
    SAP Hybrisが提唱するマイクロサービス

もはや頭文字でもないですね。

ZaaS

  • Zangyo as a Service
    サービス残業

ネタだと思ったら本当にありました。日本発の言葉のようです。

A〜Z一覧

"X"aaS 正式表記 概要
AaaS Analytics as a Service 解析・統計サービス
BaaS Blockchain as a Service ブロックチェーン技術提供サービス
CaaS Communication as a Service ビデオ会議やWEB会議などコミュニケーションに関するサービス
DaaS Desktop as a Service デスクトップ仮想化サービス
EaaS Exploits as a Service セキュリティ攻撃ツールによるサイバー攻撃
FaaS Framework as a Service SaaSとPaaSの中間的サービス
GaaS Gaming as a Service クラウド上でゲームサーバーをホスティングし、ゲームをストリーミング配信するサービス
HaaS Hardware as a Service ストレージなどのハードウェア資源の提供サービス
IaaS Infrastructure as a Service ネットワークのインフラ(Infrastructure)を提供する形態
JaaS なし なし
LaaS Location as a Service 位置情報の活用を中心とするサービス
MaaS Monitoring as a Service 監視機能導入を容易にするサービス
NaaS Network as a Service 遠隔地を結ぶネットワークの構築やそのための機器の設置サービスなど
OaaS Operation as a Service オペレーション機能の一部を提供するサービス
PaaS Platform as a Service アプリケーションの稼働基盤であるプラットフォームの提供サービス
QaaS Quality as a Service ソフトウェア検証サービス
RaaS Recovery as a Service 各種データのリカバリーサービス
SaaS Software as a Service アプリケーションソフトウェアをインターネットを介して提供するサービス
TaaS Tool as a Service 開発ツールの提供サービス
UaaS Umbraco as a Service CMS提供サービス
VaaS Video as a Service ビデオ会議等の提供サービス
WaaS Windows as a Service サービスとしてのWindows
XaaS X as a Service aaSの総称
YaaS hYbris as a Service SAP Hybrisが提唱するマイクロサービス
ZaaS Zangyo as a Service サービス残業

Jがないのが悔やまれますね。

"X"aaSの代表例を詳しく解説

おふざけはこれくらいにして、数ある「aaS(~as a Service)」の表現で使われるサービスのなかで、特に頻繁に使われる代表的な用語の解説をしていきます。

そもそもXaaSとは

「aaS(~as a Service)」は「XaaS」と記載されることも多く、人によってはこちらの表現を多用していることもあります。つまり「“X” as a Service」という意味であり、読み方は「ザース」となります。

当然、この「“X”」は未知の値のことであり、上述の「SaaS」「PaaS」「IaaS」あるいは「HaaS」といったように、それが指し示す範囲によって複数のアルファベットが該当します。

上述のように、XaaSは情報処理のためのコンピューティング技術をインターネットを通じたサービスとして提供することや、そういったサービスの総称として用いられることが一般的です。

簡単にいえば、インターネット回線を使って提供されるさまざまなITサービスを指し示すものだと思えばよいでしょう。

Everything as a Serviceと表記する場合も

この「aaS」や「XaaS」を「Everything as a service」と表現する場合もあります。これは特にコンピューター処理に必要な、あらゆるソフトウェアやそのコンポーネントをネットワーク経由ですべて提供する場合に使われます。

ちなみに、これらのクラウドサービスのうちのいずれかを指す場合は「Anything as a Service」となります。

SaaS・PaaS・IaaS

まず、本記事でも何度も登場している「PaaS」「SaaS」「IaaS」それぞれの意味と違いについてです。これらについては以下の記事でも詳細に説明しているので、ぜひご覧ください。

PaaS

PaaSは「Platform as a Service」の意味であり「パース」と読みます。
その名のとおり、アプリケーションを動かすためのプラットフォームの機能をサービスとして提供し、ユーザーが独自にサービスを開発できるようにしたものです。

プラットフォームとは、コンピュータ上で利用可能なさまざまなアプリケーションを実行するための基礎にあたる部分を指します。

アプリケーションの多くは、それを提供するためのサーバやネットワーク、そしてアプリケーション自体を実行するための環境が必要となります。
これらを総称して「(アプリケーション開発)プラットフォーム」と呼んでおり、 PaaSはそういった開発環境をユーザーに提供するサービスということになります。

一般的には、PaaSの提供企業がプラットフォームを大規模データセンターなどに準備し、顧客であるユーザー企業がその上にサービスを開発することになります。これによってユーザー企業は、比較的低コストで安全にシステム開発を行えるわけです。

SaaS

SaaSは「Software as a Service」の意味であり「サース」や「サーズ」と読みます。
私たちにとって、もっとも身近なクラウドサービスの形態であり、これまでインストール型パッケージとしてユーザーに提供されていたソフトウェアをインターネットを介して提供することをいいます。

近年、さまざまな分野の「クラウド型」のソフトウェアが提供されていますが、この「クラウド型」と呼ばれるアプリケーションがSaaSによって提供されていることになります。

たとえば、クラウド型として有名な「freee」や「MFクラウド会計」といった会計ソフトや、GoogleドキュメントなどがSaaSの範疇に含まれます。

IaaS

IaaSは「Infrastructure as a Service」の意味であり「イァース」と読みます。これは文字通り、ユーザーに対してネットワークの「インフラ(Infrastructure)」を提供する形態です。

主にクラウド上で仮想サーバーや、ネットワークの土台を提供するのが一般的で、ユーザーはネットワークの基点となるサーバー群やそれらを用いたネットワークそのものの利用を受けることになります。

ちなみに、いわゆる「ホスティングサービス」との違いがわからない人も多いかもしれませんが、実際には両者の違いはほとんどありません。

ただし、IaaSはサービスとしてユーザーに提供されているものですから、ハードウェアの構成やOS・ストレージの容量などはユーザー側が自由にカスタマイズできることが多いです。

DaaS

DaaS(Desktop as a Service)とは「ダース」と読み、クライアントのデスクトップ環境を提供するサービスのことをいいます。いわゆる「デスクトップの仮想化」と呼ばれるもので、ユーザークライアントに対してパソコンなどのデスクトップ環境をクラウドサーバーから提供する形態です。

ユーザーはネットワークからデスクトップ環境を呼び出して利用でき、アイコンやフォルダといったGUIもクラウドから呼び出せます。

モニターとキーボードなど必要最低限の機器があればよく、手元にデータも残らないため、セキュリティの観点から注目されているサービスです。

DaaSの詳しい解説については、以下の記事をご覧ください。

BaaS

BaaS(Backend as a service)とは、モバイルアプリサービスの運用に必要となるサーバ機能を提供するクラウドサービスを意味します。モバイル向け機器の提供をしていることから「mBaaS(Mobile Backend as a Service)」と呼称されることもあります。

BaaSを用いることによって、アプリ自体をモバイル端末で動作させられるだけではなく、外部からのアクセスによっても、アプリの運用が可能になります。

既存アプリにBaaSのバックエンド機能を付け加えたい場合や、簡単に高機能なモバイルアプリを提供したい場合に重宝します。

NaaS

NaaS (Network as a service)とは「ナース」と読み、主に企業の各事業所間を結ぶためのネットワークの構築や、サーバ・クライアントの設定から設置までをサポートするサービスを指します。

専門業者がネットワークインフラを整えてくれるため、専門技術者のいない企業でも高度なネットワーク環境を構築可能になります。

EaaS

EaaS(Exploit Pack as a Service)とは、サイバーテロ(サイバー攻撃)に関して用いられる用語であり、主に「エクスプロイトコード」と呼ばれる検査用コードをホスティングすることで、攻撃ツールをオンラインサービスとして提供してしまうこといいます。

他の用語と毛色が違っているのは、EaaSがSaaSと掛けて付けられた造語だからです。
この存在によって比較的容易にサイバー攻撃を行えるようになり、実際EaaSを利用したサイバーテロは世界各地で多数確認されるようになっています。

ちなみに、上述のEaaS(Everything as a Service)と混同しやすいので注意しましょう。

まだまだあるぞ!〇〇aaS一覧

実はこの"X"aaS、A〜Zだけでなく頭に2文字以上つくパターンもあるのです。もはやなんでもアリですね。もはや発音もわかりません。

  • APaaS(Application PaaS):アプリケーション構築の基盤となるサービス
  • BAaaS(Business Applications as a Service):ビジネスアプリケーション提供サービス
  • BAaaS(Business Analytics as a Service):ビジネス分析サービス
  • BIaaS(Business Intelligence as a Service):BIサービス
  • BioaaS(Biometrics as a Service):生体認証サービス
  • CoDaaS(Content Delivery as a Service):コンテンツ配信サービス
  • DBaaS(Database as a Service):データベース提供サービス
  • DRaaS(Disaster Recovery as a Service):災害復旧サービス
  • eHaaS(eHealth as aService):健康データの提供サービス
  • IDaaS(Identity as a Service): アイデンティティ管理
  • ITaaS(IT as a Service):ITサービスの提供
  • MBaaS(Mobile backend as a Service):モバイルアプリでの利用に特化したBaaS
  • SecaaS(Security as a Service):セキュリティ関連サービス
  • SMaaS(Security Management as a Service):セキュリティ管理サービス
  • STaaS(Storage as a Service):ストレージ
  • TEaaS(Test environment as a service):テスト環境を利用可能なサービス

調べてみましたがまだまだありそうです。

"X"aaS、結局言った者勝ち

"X"aaSについて、すべて覚えられたでしょうか。しかし覚えたところできっと役に立ちません。

「なんだよこれ」と思うようなものもたくさんあったと思いますが、結局は言った者勝ちということですね。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事