コピー完了

記事TOP

ワークエンゲージメントとは | 高める方法と尺度・向上させる効果

最終更新日:
ワークエンゲージメントとは「活力」「熱意」「没頭」の3要素から構成される「従業員のメンタル健康度」を示す概念です。ワークエンエージメントを高めることによって、従業員個人のパフォーマンスアップ、離職率の低下、組織の活性化などの効果が期待できます。

ワークエンゲージメントとは

ワークエンゲージメントとは「従業員のメンタル健康度」を示す概念であり、「活力」「熱意」「没頭」の3要素から構成されています。

ワークエンゲージメントを高めることで、各従業員のパフォーマンスが向上し、業績アップ、メンタル強化、ストレス軽減など、離職率減少の効果が期待できます。

ワークエンゲージメントの意味

ワークエンゲージメントとは、燃え尽き症候群(バーンアウト)の研究で有名なウィルマ―・B・シャウフェリ教授によって提唱された「従業員のメンタル健康度」を示す概念です。

ワークエンゲージメントは次の3つから構成されています。

活力

仕事に自主的に取り組むエネルギーのことを指します。活力が高まることで精神力の向上、ストレスを感じにくくなる効果が期待できます。

熱意

仕事やスキルに対するプライド、やりがいのことを指します。熱意が高まることによって、仕事に対する意欲の向上が期待できます。

没頭

仕事に対して熱中できる状態のことを指します。高めることによって作業効率の向上が期待できます。

ワークエンゲージメントと従業員エンゲージメントの違い

従業員エンゲージメントとは従業員が働いている企業にどのくらい信頼、愛着を持っているかを示す指標で、離職率の低下、モチベーションアップの効果があります。

ワークエンゲージメントと類似していますが、従業員エンゲージメントは個人と組織の関係性に注目する手法、ワークエンゲージメントは個人の状態に注目する概念で、実現するための手法も異なります。

ワーカホリズムとバーンアウトについて

ワーカホリズムとは仕事に関する活動水準は高いが、仕事を止めることによる罪悪感のようなネガティブ感情に起因する状態を指し、ポジティブな感情で仕事をするワークエンゲージメントとは似て非なる状態です。

バーンアウトとは「燃え尽き症候群」とも言われる心理状態であり、一時的に活動水準を高めたものの力尽きて活動水準が著しく低下する現象のことを指します。燃え尽き症候群を防止するための有効な手段として提唱されているのがワークエンゲージメントです。

ワークエンゲージメントの尺度・測定方法

ワークエンゲージメントはメンタルに関する指標なので定量的な測定が困難です。そのため、ワークエンゲージメントでは手法によって「UWES」、「MBI-GS」「OLBI」の3つの尺度が存在します。それぞれの尺度と測定方法について説明します。

UWES

UWES(Utrecht Work Engagement Scale)はユトレヒトワークエンゲージメント尺度のことを指し、世界中でもっとも広く使用されている安定的な測定方法です。

UWESではワークエンゲージメントの3要素を17個の質問に分解し、回答によって従業員のワークエンゲージメントを簡単に測定できます。日本の企業が行う場合は、日本版のUWESとして9つの質問と5段階のスケールを設定し、簡易的に使用するケースも多いです。

MBI-GS

MBI-GSは(Maslach Burnout Inventory-General Survey)の頭文字をとったワークエンゲージメントの測定手法です。活力、熱意、没頭のポジティブな感情を測定するのではなく、バーンアウトを調査することによって逆説的にワークエンゲージメントを測定します。

MBI-GSでは、疲労感5項目、シニシズム5項目、職務効力感6項目の合計16の質問からバーンアウト度を測定します。MBI-GSの結果が高ければバーンアウト度は高いと判断でき、ワークエンゲージメントは低いと考えられます。

OLBI

OLBIは(Oldenburg Burnout Inventory)の略称でMBI-GSと同じくバーンアウトを測定することによって逆説的にワークエンゲージメントを調査する方法です。

質問は疲労、離脱のネガティブな要素によって構成されており、質問の回答を分析することによってバーンアウト度合を測定します。

OLBIにおける測定結果が低いということは、ワークエンゲージメントが高い状態だと考えられます。

ワークエンゲージメントを高めて得られる効果

ワークエンゲージメントを高めることによって得られる効果は次の3つです。

  • 心理的ストレスに強くなる
  • 離職率低下につながる
  • 従業員のパフォーマンスが向上する

それぞれの効果について説明します。

心理的ストレスに強くなる

ワークエンゲージメントを高めると心の健康が保たれストレスに強くなります。心理的ストレスに強く、健康な精神状態を維持することで、仕事に対する主体性の向上が期待できます。

モチベーションの高い従業員が増えることで組織の活性化効果も期待でき、モチベーションの高い人材が育ちやすい企業風土の構築も期待できます。

離職率低下につながる

ワークエンゲージメントを高めることで、自分の所属する組織や仕事に対してポジティブな考え方になり、離職率が低下する効果も期待できます。

離職率の低下は熟練度の高い人材を育成しやすくなるだけではなく、採用コストや教育コストを抑えることにもつながります。

従業員のパフォーマンスが向上する

仕事に熱中・没頭することにより自己啓発学習の機会が増えるため、従業員のパフォーマンスがあがる効果も期待できます。

また、バーンアウトを防ぐことで突発的な活動水準の低下を防止し、安定した生産性を保てるでしょう。

ワークエンゲージメントを向上させる方法

ワークエンゲージメントを向上させる手段は「仕事面で向上させる」「個人面で向上させる」という2種類のアプローチ方法があります。それぞれのアプローチ方法について説明します。

仕事面で向上させる

仕事の質や量によって従業員が感じる精神的な負担は異なります。

上司が部下を適切にサポートすることで仕事に関する負担を軽減させたり、的確なフィードバックで個人の成長や仕事の進行を実感させたりする方法が効果的です。

個人面で向上させる

個人の置かれている職場環境を良質にし自己肯定感を高めることによって、従業員の心理的負担の軽減やモチベーションアップにつながります。

仕事面からのアプローチ、個人面からのアプローチには密接な関係性があるので、両者からバランスの良いアプローチを行うことにより、相乗的なワークエンゲージメントの向上が期待できます。

ワークエンゲージメントを高めて組織を活性化

ワークエンゲージメントとは、仕事に対するメンタル健康度のことを指し、活力、熱意、没頭の3要素から構成されています。

ワークエンゲージメントを高めることは従業員個人のモチベーションやパフォーマンスの向上だけではなく、組織の活性化効果もあります。

仕事面・個人面の両方からワークエンゲージメントを高めることは、組織の活性化につながるので、業績の向上に期待できます。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

従業員満足度調査
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
従業員満足度調査の最近更新された記事