コピー完了

記事TOP

医療業界向けのERPおすすめ比較!解決できる課題

最終更新日:(記事の情報は現在から56日前のものです)
BOXILでは、医療業界向けERPのおすすめを、医療業界で役立つ機能とともに紹介します。また、医療業界でよくある課題について、ERPでどのように解決できるのか、具体的な事例も含めて解説します。

【厳選】おすすめERPをまとめてチェック!
ERPの比較表
\特典【完全版】機能・価格比較表/

おすすめERPの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。資料請求特典の比較表では、価格や細かい機能、連携サービスなど、代表的なERPを含むサービスを徹底比較しています。ぜひERPを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

医療業界で活用できるERPの機能

ERPとは、企業が保有するヒト・モノ・カネ・情報の資源を一元的に管理するシステムです。ERPには会計や人事、給与、販売、在庫管理などの基幹業務をサポートする機能があります。

医療業界では、顧客情報の一元管理や薬事情報のチェックなど、医療現場に必要な機能によって、業務効率および医療サービスの向上に期待できるでしょう。

ERPについては次の記事で詳しく解説しています。

ERPとは? 基幹システムとの違いや基礎知識、メリット・デメリットを解説
ERPとは、企業の経営資源を最適化し、経営を効率化するために必要なシステムです。ERPとは何か?基幹システムとの違...
詳細を見る

医療業界における情報管理の課題

医療業界では患者の診療や治療、医療機器の製造や販売、医薬品の開発や流通を行う必要があり、それにあたって情報管理にまつわる課題が発生することもあります。 普段の業務で解決すべき課題はどれか、確認してみましょう。

医療品の在庫管理に時間がかかる

医療現場における在庫とは、医療において使用する機器類や消耗品のこと。つまり在庫切れは患者の命に関わる可能性があるため、何をいつ、どこで何個使ったのか、使用期限は正しく守られているかの管理が常につきまといます。

結果として、現場担当者の業務時間が圧迫され、本来注力すべき医療サービスに注力できない課題が発生しうるでしょう。

情報システムの統合と標準化の難しさ

医療機関内外で使用される情報システムの種類が多岐にわたるため、異なるシステム間での情報の統合と標準化も、課題として挙げられることがしばしばあります。

たとえば、異なるメーカーの電子カルテシステムや医療機器、ラボシステムなどが互換性を持たない場合、重要な患者情報の一貫した管理や迅速なアクセスが困難になり得るでしょう。

この結果、患者ケアの質の低下や診療の遅延、医療コストの増加につながる可能性があります。業界全体でのデータ交換の標準化やシステムの統合に向けた取り組みが求められています。

患者情報のセキュリティとプライバシーの保護

医療業界において、患者情報のセキュリティとプライバシーの保護は、重要な課題の一つです。

患者の健康記録や個人情報は極めて機密性が高く、これらのデータを保護するための厳格な規制が存在します。しかし、旧式の情報管理システムや不十分なセキュリティ対策のままでは、データ漏えいや不正アクセスのリスクが常に存在します。情報技術の急速な発展とともに、サイバー攻撃の手法も進化しているため、最新のセキュリティ技術を導入し、定期的なリスク評価とセキュリティ対策の更新が必要です。

規制遵守の複雑さ

医療業界は、患者情報の取り扱いに関して厳格な法規制によって管理されています。諸外国にはHIPAA法(健康保険の携行性と説明責任に関する法律)やGDPR(一般データ保護規則)といった制度が存在しており、日本においても個人情報保護法が施工されていることから、国や地域によって異なる規制を遵守する必要があります。

こうした規制は定期的に更新されるため、医療機関は常に最新の法律に準拠した情報管理システムを維持する必要があるでしょう。規制遵守の要件を満たすためのシステムの更新や改善は、時間とコストがかかる大きな課題です。

医療業界の課題をERPで解決できる理由

医療業界では、複雑な在庫管理に加え、部署間のデータ共有のような情報管理に関する課題を抱えていますが、ERPを使えばそれらの課題も解決できます。

在庫状況をリアルタイムで確認できる

ERPでは購買管理、在庫管理、会計などの機能が同一システム内に含まれます。システム上にて在庫確認から会計処理までできるため、在庫を目視で確認する作業を減らせて、リアルタイムで物品の新規発注が可能です。

医療品の在庫切れを防止できるほか現場担当者の負担が減るため、医療サービスの向上につながります。

情報システムの統合と標準化が実現する

ERPの大きなメリットは、医療機関内のさまざまな情報システムの統合と標準化を実現できることです。

ERPは電子カルテシステム、在庫管理システム、財務会計システムなど、医療機関で使用されるさまざまなアプリケーションやデータベースを一元的に管理するプラットフォームを提供します。これにより、患者情報や医療品の在庫状況、財務状態などの重要なデータをリアルタイムで一覧表示し、迅速な意思決定を支援します。また、データの標準化により、医療機関間での情報共有や協力も容易になるでしょう。

顧客データの一元管理・共有ができる

ERPを導入すると、複数のシステムや部署間の情報を一元的に管理できるため、医療業界で困難な情報の共有を可能にします。

電子カルテや受診履歴を医療現場に必要な機能と連携することで、情報共有の効率化に加え、人為的なミスの防止にも貢献してくれます。また、クラウド型のERPであれば、データ暗号化やアクセス制限のセキュリティ機能をベンダー側が最新に保ってくれるため、セキュリティの観点でも安心です。

患者情報のセキュリティとプライバシーを強化

上述のとおり、クラウドベースのERPシステムは、先進的なセキュリティ機能と定期的なアップデートを通じて、患者情報のセキュリティとプライバシーを強化します。

データの暗号化、アクセス制御、監査証跡(オーディットトレイル)などの提供により、不正アクセスやデータ漏えいのリスクが最小化するでしょう。

規制遵守のプロセスを自動化・簡素化できる

ERPは、医療業界の厳格な規制遵守要件をサポートするために設計されています。こうしたシステムは、患者データの取り扱いや記録保持に関する法律や規制の要件が満たせる機能を備えており、規制遵守のプロセスを自動化し、簡素化できるでしょう。

たとえば、患者情報のアクセスログの自動記録、データの暗号化、期限切れのデータの自動削除などが挙げられます。これにより、医療機関は規制遵守のリスクを低減しつつ、コンプライアンス関連の管理コスト削減につながるでしょう。

医療業界におけるERPの導入事例

医療業界でERPを導入している企業の例を、業務改善例とともに紹介します。

ゆう薬局グループ 株式会社ゆうホールディングス

ゆう薬局グループは、京都府を中心に90店舗以上の保険薬局を運営し、医療機関や介護施設と連携しながら在宅医療に積極的に取り組んでいる企業です。

医療業界向けERPの導入によって紙ベースの申請・承認業務をデジタル化し、1~2週間かかっていた申請業務を1日で完了させる効率化を実現しました。

さらに全店舗で情報共有が可能となり、セキュリティ対策やBCP(事業継続計画)の強化も図れました。これにより、業務のスピードアップと、トラブル発生時の迅速な対応が可能になり、業務プロセスの大幅な改善と効率化を達成しています。

※出典:大塚商会「ゆう薬局グループ 株式会社ゆうホールディングス 導入事例 | 大塚商会」(2024年2月16日閲覧)

医療法人爽神堂 七山病院

七山病院は慶長4年(1599年)の創業以来、精神科医療に携わってきた医療機関です。事業の拡大が進み人事労務管理の強化が求められる中、従来の紙やExcelでの管理は効率が悪く、業務効率化の課題を抱えていました。

そこでERPの導入による人事情報管理のシステム化を通じて、人事労務管理の効率化を実現しました。紙やExcelによる従来の管理方法から脱却し、職員の人事情報を一元管理することで、事務作業時間の短縮と人事考課の公正性向上に成功。

これにより、煩雑だった入退社処理の効率化や、人事考課にかかる負荷の軽減を達成しました。

※出典:GRANDIT「医療法人爽神堂 七山病院様のERP導入事例|ERP(ERPパッケージ)の【GRANDIT】」(2024年2月16日閲覧)

医療法人白山会 白山リハビリテーション病院

白山リハビリテーション病院は、医師、理学・作業療法士など140人を超える専門職が所属する医療法人です。給与計算をExcelで行っているだけでなく、病棟日誌をはじめとする各種日誌を手書きで作成しており、かなりの業務負担が発生していました。

ERPの導入で勤怠管理システムを中心にDXを推進し、給与計算の業務負担を大幅に軽減。勤務状況の可視化により時間外労働を減少させ、医療スタッフがより医療サービスの質向上に注力できるような環境を整備しました。

また、電子カルテとの連携により、日誌作成といった日々の業務効率も向上。これらの改革により、職員の働きやすさと医療サービスの質の両方を高めることに成功しています。

※出典:大塚商会「医療法人白山会 白山リハビリテーション病院 導入事例 | 大塚商会」(2024年2月16日閲覧)

社会福祉法人 信愛報恩会

信愛報恩会は無料低額診療事業を推進する病院や訪問介護、老人ホーム、高齢者向け住宅など、地域社会に根付いたリハビリや介護に重点を置いた社会福祉法人です。事業所事に各自で選定した異なるベンダーのシステムを導入しており、結果として各事業所の連携や業務の効率化が進まず、サービスの質向上に難点を抱えていました。

医療業界向けERPによる電子カルテの導入に続き、勤怠管理・人事給与システムを一元化。この変革により、業務の生産性を向上させ、人事給与と勤怠管理から給与計算までの時間を大幅に短縮しました。

さらにRPAもあわせて導入することで定期的な手作業を自動化し、業務効率をさらに向上。これにより、医療・介護・福祉サービスへの集中が可能になり、業務の質の向上と社会貢献を実現しています。

※出典:大塚商会「社会福祉法人 信愛報恩会 導入事例 | 大塚商会」(2024年2月16日閲覧)

ERPの導入時の注意点

ERPを導入する際の注意点を、よくある失敗やデメリットなどの観点から解説します。

導入と維持には相応のコストが発生する

ERPシステムの導入と維持は、医療機関にとって大きな投資となります。初期導入コストに加え、カスタマイズ、システムのアップグレード、継続的なサポートやトレーニングなど、長期的な運用コストも考慮する必要があります。

とくに、医療業界のように規制が厳しく、セキュリティとプライバシーが最優先される分野では、これらのコストはさらに高まる可能性があるでしょう。そのため、ERPシステムの導入を検討する際には、コストと期待されるROI(投資利益率)を慎重に評価し、組織の財務計画に合致するかどうかを確認することが重要です。

効率的な運用とコスト削減を目指して、システムの選定から導入計画、運用戦略に至るまで、総合的な検討が必要となります。

適切なベンダーの選定が必要

ERPシステムの導入において、適切なベンダーを選定することは極めて重要です。医療業界特有の要件やプロセスを理解し、適したソリューションが提供できるベンダーを選ぶ必要があります。

また、実績や信頼性、アフターサポートの質も重要な選定基準です。導入前にベンダーの提供するトレーニングやサポート体制、カスタマイズの柔軟性について詳細に調査し、ニーズに最も合致するベンダーを選びましょう。

事前のニーズ分析とプランニングは必須

ERPシステムの導入を成功させるためには、事前の徹底したニーズ分析と計画が不可欠です。医療機関内のさまざまなステークホルダーからのニーズを集め、現在の業務プロセス、情報システムの課題点、将来的な目標などを明確にしましょう。

集めたデータにもとづいて、ERPシステムが解決すべき課題と期待される成果を定義し、実現するための実行計画を策定します。計画段階で十分な時間とリソースを割くことで、導入後のトラブルを最小限に抑えられるでしょう。

従業員に対するトレーニングが求められる

ERPシステムの導入は、医療機関の業務プロセスに大きな変化をもたらします。導入の成功と効果的な運用をするためには、従業員に対する十分なトレーニングが欠かせません。

また、新しいシステムへの移行に際しては、従業員の不安や抵抗を軽減するための変更管理が重要となります。導入プロジェクトの初期段階から従業員を巻き込み、コミュニケーションを取りながら、新システムへの理解と支持を高めていくことが推奨されます。

データ移行と統合の慎重な実施

既存の情報システムあるいはアナログなデータベースからERPシステムへのデータ移行は、複雑で時間を要するプロセスです。データの精度や完全性を保ちながら移行を行うためには、事前の準備とテストが不可欠です。

また、他の情報システムとの統合にあたっては、システム間の互換性を慎重に検討し、必要に応じてカスタマイズや追加開発を行う必要があるでしょう。データ移行とシステム統合を成功させるためには、詳細な計画と専門的な知識が求められる点にも留意しておきましょう。

医療業界向けERPおすすめ比較

医療業界にて導入されているERPを紹介します。システム選びの参考にしてください。

SAP S/4HANA Cloud

SAP S/4HANA Cloud
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

SAP S/4HANA Cloudは、医療機関に限らずさまざまな業界の運営を効率化できるERPです。財務管理や契約管理、倉庫管理などの機能が搭載されており、コストの削減やサービス品質の向上ができます。

またAIの機能により、データの分析や予測ができます。AIは機械学習や自然言語処理の技術を用いて、ニーズに応えられるシステムです。 SAPは業務プロセスを広範囲にわたって世界標準で最適化したいならおすすめのサービスです。

GRANDIT

GRANDITは、販売管理や会計、人事給与まで幅広く活用できるERPです。ワークフロー管理、BIなどの機能を標準装備し、日本企業の慣習にあわせつつも高度な経営を可能にしてくれます。

さまざまな業種業界に特化したソリューションを提供し、医療業界以外でも製造業や商社・卸売業で導入されています。

医療業界向けERPで情報管理の課題を解消しよう

ERPは、医療業界特有の複雑な在庫管理や情報共有に対応できるためおすすめです。

医療業界向けERPを導入する際には、情報の一元管理ができたり患者情報を厳密に管理できたりするセキュリティ機能が搭載されているか確認し、医療業界で導入実績の多いサービスを選びましょう。

\【限定特典】ERPの比較表付き/

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計1,200社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

ERP(基幹システム)選び方ガイド_20240116.pptx.pdf
ERP(基幹システム)
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
ERP(基幹システム)の最近更新された記事