コピー完了

記事TOP

不動産業がBIツールを導入するメリットと選び方 - ツール6選 | Excelの限界

最終更新日:(記事の情報は現在から49日前のものです)
この記事では、不動産業向けのBIツールを紹介しています。そもそもBIツールとは何か、不動産業界ではどのように活用されているのか、どのように選べばいいのかを解説。導入する不動産業向けのBIツールを探している方はぜひ参考にしてみてください。

【厳選】おすすめBIツールをまとめてチェック!
\特典【完全版】機能・価格比較表/

BIツールの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。新しい企業価値の創造、企業の現状分析、今後の経営施策の構築などさまざまな目的で導入されるBIツールの比較にお役立てください。サービス比較はこちら

BIツールとは

BIツール(Business Intelligence)とは、企業や組織がもつ膨大なデータを収集し、分析して有益な情報を提供するシステムのことです。近年、ビジネスにおけるデータ分析は不可欠になってきました。情報を活用し効率化や意思決定に役立てるBIツールが、不動産業界においても導入されています。

不動産業でBIツールを導入するメリット

不動産業界においても情報の収集と分析は欠かせません。BIツールの導入により、社内に散在するデータを集約し一元管理できるようになります。また、分析業務が効率化されることで、迅速な意思決定や効果的な業務改善が可能です。

点在するデータの集約

BIツールの導入により、社内に点在する膨大なデータを一元管理します。顧客情報や物件情報をまとめて管理し、情報漏えいを防止。またデータの整合性も確保され、正確な分析結果を得られます。必要なときに必要なデータを参照できる点はビジネスにおいて重要です。

時間と労力の節約

BIツールの導入により、スムーズに分析ができます。従来の手法では膨大なデータを処理するのが難しく、時間と労力がかかっていました。BIツールを用いることで、データの収集から分析までを簡単にし、迅速かつ正確に情報を得やすくなりました。これにより市場動向や顧客ニーズを踏まえた対応が可能です。

データを活用した価値提供

BIツールの導入により、不動産業界では地域ごとや物件の条件ごとの物件価格をデータ分析し、相場情報をコンテンツ化できます。たとえば、特定地域のトレンドや条件による価格変動など、データをもとに購入や投資を検討している顧客へ有益な情報を提供できます。

課題と改善策の発見

BIツールの導入により、課題と改善策の発見が容易になります。従来の手法では見えにくかった業務上の課題や問題点をデータ分析によって明確化し、効果的な改善策を導き出せるでしょう。たとえば、販売プロセスの効率化やサービス品質の向上など、さまざまな面での改善が期待できます。

不動産業におけるデータ分析の活用例

不動産業界でもデータ分析は重要です。業界特有のデータを分析することで、効率化や新たなビジネスチャンスなど、さまざまなメリットを得られます。ここでは、不動産業界におけるデータ分析の具体的な活用例を紹介します。

不動産価格の査定

BIツールでは不動産価格の査定に関連するデータ分析が可能です。過去の取引データや類似物件の価格推移をもとに、客観的に査定できます。顧客に対しても納得感のある価格を提示しやすいのもメリットです。

不動産投資

BIツールは不動産投資にも活かせます。過去の投資物件の利回りや資産価値の推移、地域ごとの需要動向を分析し、投資先の選定が可能です。属人的になりがちな投資の世界においても、データ活用により一定の確度をもって判断が下せるようになります。

与信管理

BIツールの導入により、与信管理に関するデータ分析が可能です。顧客の信用やリスクを評価するデータ分析なら、与信限度額を設定したり与信リスクの抑制施策を講じたりできます。また遅延や不正を早期に検知し、適切な対応が可能。取引の安定性と信頼性を向上できます。

商圏分析

BIツールの導入により、不動産業界における商圏分析が容易になります。商圏分析では、不動産会社が営業する地域の特性を把握し、ニーズに合った物件の開発や販売戦略を立てられます。また、競合物件や周辺施設の分析を通じて、市場シェアの拡大や収益の最大化を図れるでしょう。

営業活動の分析

BIツールは営業活動の分析にも貢献します。BIツールの活用により、営業チームのパフォーマンスや顧客のニーズを把握し、効果的な営業戦略を策定可能です。具体的には、顧客とのコミュニケーション履歴や取引データを分析し、顧客の優先度や購買意向を把握できます。これにより営業チームはより顧客を獲得し、売上を拡大できるでしょう。

不動産業におけるBIツールの選び方

不動産業特有のデータに対応しているか

BIツールを選定する際には、不動産業に特有のデータモデルへ適合しているかどうかが重要です。たとえば物件情報、顧客情報、取引履歴などがあります。すべてでないにしても、よく使われるデータの取り込みや分析をしやすいかは確認しましょう。

顧客行動の分析と予測のための機能があるか

不動産業におけるBIツール選定の重要なポイントの1つとして、顧客行動の分析と予測機能が含まれているかどうかが挙げられます。顧客の行動パターンや傾向を理解し、将来の動向を予測することは、営業アプローチが長期にわたる不動産業界において不可欠です。

地理情報システム(GIS)と連携できるか

不動産業におけるBIツールの選定において、地理情報システム(GIS)との連携が可能かどうかを確認しましょう。不動産業界では、物件の地理的位置や周辺環境が重要な情報となります。そのため、BIツールがGISと連携し、地図上で物件情報を視覚化したり、地理的なデータを分析したりする機能を備えているかが重要です。

不動産業に特化したBIツール3選

ANALYSTAS

ANALYSTASは不動産業に特化したBIツールで、融資エリアデータやGISを用いた分析に強いです。ANALYSTASには次のような特徴があります。

  • 空室率をはじめとしたデータで賃貸住宅の市場分析
  • 自社データと国税調査などデータを組み合わせて分析
  • GISを用いてデータ分析の結果を可視化、エリアマーケティングに最適

TASUKI TECH LAND

TASUKI TECH LANDは不動産業の営業管理に特化したBIツールです。TASUKI TECH LANDには次のような特徴があります。

  • 土地情報を電子化しクラウドで管理
  • 月次別仕入状況や部門別前月比の仕入状況などを可視化
  • 営業担当者はスマートフォンから物件を確認

WEB媒体効果表

WEB媒体効果表は不動産業の集客に強いBIツールです。WEB媒体効果表には次のような特徴があります。

  • 紙媒体やサイトログ、CVツールなどの集客データを自動集計
  • 「エントリー」「来場予約数」など不動産業に特化した分析項目
  • クリックするだけでデータを集計

不動産業にもおすすめのBIツール4選

【特典比較表つき】『BIツールの資料5選』 はこちら⇒無料ダウンロード

一覧で料金・機能を比較したい方にはBOXILが作成した比較表がおすすめです。各社サービスを一覧で比較したい方は、下のリンクよりダウンロードしてください。

【特典比較表つき】『BIツールの資料5選』 はこちら⇒無料ダウンロード

※ダウンロード可能な資料数は、BOXILでの掲載状況によって増減する場合があります。

LaKeel BI - 株式会社ラキール

LaKeel BI
LaKeel BI
導入事例セクション | BOXIL SaaS AWARD 2023
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

LaKeel BIは直感的で見やすい画面と特徴とした、はじめての人でも扱いやすいBIツールです。LaKeel BIには次のような特徴があります。

  • 集計からレポーティングまで対応し、忙しい営業担当者にも使いやすい
  • Excelライクな画面で不動産会社の従業員にとって使いやすい
  • 定額制の料金形態で、利用人数やデータ容量は無制限

Yellowfin - Yellowfin Japan 株式会社

Yellowfin
Yellowfin
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

Yellowfinはセキュアな方法で、関係者全員がデータを活用できるBIツールです。Yellowfinには次のような特徴があります。

  • データベースやスプレッドシートなど多くのデータへ接続し分析を準備
  • データの分析結果を見やすくきれいに可視化
  • ダッシュボードにアクションを組み込み、分析ループを完結

Domo - ドーモ株式会社

Domo
Domo
BOXIL SaaS AWARD Summer 2024 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

Domoは基本的なチャートやグラフからデータの価値を引き出し、ビジネスの成果を最大化するBIツールです。Domoには次のような特徴があります。

  • 高いROIを実現し投資回収期間は平均6か月以内
  • 誰でも使える操作性と、技術チームが迅速に対応できる高度な機能を両立
  • タスクや作業を自動化するアプリの自作

GoodData - 株式会社サムライズ

GoodData
GoodData
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

GoodDataはユーザー数無制限の、大人数の利用に適したBIツールです。GoodDataには次のような特徴があります。

  • データの公開範囲を自由に設定でき大人数利用に適切
  • 月額4万円~、利用料はデータ量に応じた課金制
  • ドメインやロゴ、カラーなどをカスタマイズ

不動産業向けのBIツールを導入しよう

不動産業向けのBIツールを選ぶ際には、業界特有のデータモデルを扱えるか、どのような用途に強いかなどに注目しましょう。不動産業向けのBIツール自体は多いため、使い勝手を見比べたり他機能の有無で比較したりするのがおすすめです。BIツールは無料プランや無料トライアルを提供している傾向にあるため、導入前に試験運用しましょう。

本記事で紹介しきれなかったサービスについては下の記事にて解説しています。より多くのサービスから検討したい方はあわせてチェックしましょう。

【比較表あり】BIツール比較おすすめ20選 | 機能・料金・選び方を解説
代表的なBIツールやボクシルおすすめのサービスを機能や特徴に注目して比較します。BIツールの導入に成功するための選...
詳細を見る
新選び方ガイド:BIツール選び方ガイド_20231017.pptx.pdf
BIツール
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
BIツールの最近更新された記事