Bnn 970 250 sf

無料BIツール比較 | 初めての導入なら試したい5選

最終更新日:
最近何かと話題となっているビッグデータの活用やBI(ビジネスインリジェンス)ツールの導入ですが、皆さんは比較・検討にどのくらい時間を掛けていますか。オススメの無料BIツールで本当に自社に合っているのか確かめてみましょう。
データ分析BIツール

BIツール導入について

最近何かと話題となっているビッグデータの活用やBI(ビジネスインリジェンス)ツールの導入ですが、皆さんは比較・検討にどのくらい時間を掛けていますか。

「そろそろうちの会社も、BIツールの導入を検討した方がいいかな?」とは考えてみるものの、BIツールは結構なコストが掛かるイメージですし、中途半端な導入を進めては現場に馴染まず悲惨な結果になるのではとの懸念もあるでしょう。

しかし、無料から始められるツールがあれば、実際に体感してみることで、導入・検討に不用意に時間を掛けなくてするまずです。

そこで今回は、そうした導入難易度が高いBIツールの中でも、無料版から始められる無料BIツールを厳選いたしました。まずは無料で使いこなしてみることで、しっかりと自社にフィットしたツールを選ぶことができるでしょう。

おすすめのBIツール3選

ボクシル編集部おすすめのBIツール3選です。

MotionBoard Cloud (モーションボードクラウド) MicroStrategy 10 Actionista!(アクショニスタ)
CRMやSFAとの連携
予算管理や営業のダッシュボード
BIの基本機能を網羅
モバイル端末に対応
初めて触る人でもわかりやすい画面
プログラミングなしでも分析可能
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料を無料DL
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料を無料DL
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料を無料DL

そもそもBIとは?

そもそもBIとは、ERPシステムCRMなど、企業内で業務システムに蓄積されていく情報を分析・加工することで、将来の意思決定に有効的に活用していくという考え方です。

たとえば、ツール導入の際にも、いち選定担当者として経営者、マネージャー、現場社員それぞれの立場から見た使い勝手の良いツールを選ぶのはとても難しいところでしょう。

BIツールとは | 比較おすすめ23選 - 機能・導入ポイント【図解】 | ボクシルマガジン
企業活動を可視化するBIツールとは何か、おすすめツール比較によって経営判断を迅速にするその機能を解説し、BIツール...

BIツール導入で試したい無料BIツール3選

MicroStrategy 2019

  • セルフサービスBI機能を無料で提供
  • 基本的なBI機能をこれ1つで
  • たった数クリックでデータに簡単にアクセス

MicroStrategy 2019は、単一製品でBIの機能を全て網羅しており、パフォーマンス・ガバナンス・セキュリティなどといった導入障壁もなく利用することができますMicroStrategy Desktop(Windows64bit版・Mac版)のセルフサービスBIは無料で利用可能です。
ドラッグ&ドロップの簡単操作、かつ数クリックで欲しいデータを分析、アクセスできます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
MicroStrategy 2019の資料を無料DL

MicroStrategy2019とは | モバイルにも強いBIツールの特徴とその評判 | ボクシルマガジン
MicroStrategy2019は多機能なBIツールです。さまざまな機能が直感的に使用できて、アナリティクス機能...

Pentaho

Pentahoは、有料版を導入している企業も多いでしょうが、無料版もリリースされています。ETLやアナリティクス、レポート機能など有料版に比べると機能は制限されますが、それでも多機能であることには間違いありません。特にELTは、高いビジュアル性で「見やすい、わかりやすい」と評判であるとともに、操作・再現性の高さも一つの魅力です。

Pentahoはオープンソース・コミュニティの中から生まれたソフトで高額なライセンス料もかからないため、初めてBIを利用する場合はメリットが大きいでしょう。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Pentahoの資料を無料DL

Qlick Sense

Qlick Senseは、無料BIツールで有名なQlick Viewを提供しているQlick Tech社が開発した無料BIツールです。Qlick Senseデスクトップの特徴はとにかく簡単かつ直感的な操作が可能なことです。デスクトップだけでなく、スマホ端末からの利用も意識されたマルチデバイスのUIになっています。

Qlick Senseは直感的な操作を意識したことからより短時間で目的の情報へアクセスすることができます。また、スマホやタブレット版ならクリック&タップするだけでデータが瞬時に絞り込まれ、グラフの表示範囲を選択したりスクロールして見れるので、外出先でも欲しいデータを必要なだけ閲覧することができます。

Qlick Senseデスクトップでは、Qlick Viewで制限されていた別端末で作成のファイルを開けないという問題が解除されていますので、無料BIツールの中でもかなり活用できるのでオススメでしょう。(※対応OSはWindowsの64bit版のみ)

Microsoft Power BI

Microsoft社が提供する無料BIツールのMicrosoft Power BIは、「Excel」で利用できる点が強みです。以前は有料だった同ツールですが、2015年4月より無料となったことで導入をためらっていた企業にはオススメでしょう。

そもそもBIツールとは、アナリストが素早くデータを作成するためのものではなく、現場の社員が生データを常に蓄積する為のものなので当然使いやすいUIが望まれます。現在、国内では、ほとんどの企業がMicrosoft Officeを使用していることから、ExcelでBIツールを利用できるMicrosoft Power BIはその課題をクリアしている言えます。

編集部が特におすすめしたいBIツール

注目のBIツール、サービス資料まとめ

【厳選】おすすめBIツールをまとめてチェック!
Large
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
各社資料をまとめて無料DL

BIツールの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。新しい企業価値の創造、企業の現状分析、今後の経営施策の構築などさまざまな目的で導入されるBIツールの比較にお役立てください。サービス比較はこちら

MotionBoard Cloud

Motion Board Cloudは一味違った機能を持っています。CRM(顧客管理システム)やSFA(ネットワークを活用した営業効率化システム)を埋め込めば、現在地周辺の取引先や見込み顧客一目を把握できるという営業マンにはうれしい機能が搭載されています。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
MotionBoard Cloudの資料を無料DL

BizSpread(ビズスプレッド)

BizSpreadは集計・分析をWebで利用できるBIツールです。定型の集計作業は一度作ればその後はデータを入力するだけで集計ができ、難しい計算であっても時間をかけずに表示できるので、短時間で作業することができます。レポート作成ではドラッグ&ドロップでデータを選ぶだけで、自動で最適なグラフを提案してくれます。また、わかりやすいマニュアルやサンプルを提供しているので、すぐに使い方を理解できるところも魅力です。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
BizSpreadの資料を無料DL

Zoho Analytics

  • 専門知識不要の簡単操作
  • 無料から使えるセルフサービスBIツール
  • 有料プランも低コスト+無料スマホアプリ

Zoho Analytics(ゾーホー・アナリティクス)は世界的に人気のビジネスアプリケーション企業「Zoho」が提供するBIツールです。わかりやすいレポート作成と簡単な操作性が特徴。Goodle AnalyticsやCRM、会計レポートなどのデータを組み合わせた複合レポートを簡単に作成でき、クラウドサービスのためデータはリアルタイムに更新されます。

無料プランでは2ユーザーまでで、1万行のデータレコードの制限はありますが、無制限にレポート・ダッシュボードを作成できます。なお、無料プランの登録はクレジットカードなどの情報など不要で簡単に行え、期間の制限なく永久無料で利用できます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Zoho Analyticsの資料を無料DL

Yellowfin(イエローフィン)

Yellowfinは迅速かつ確かな意思決定を支援するための、ビジネスデータの共有やディスカッション機能、パーソナライズ可能なダッシュボードやリアルタイムな情報へのアクセスがすばらしいです。ほかにも多くの機能はあるのですが、何よりもこれらの機能が安定して使える信頼感があります!

【特別公開】各種クラウドBIツールのサービス詳細資料

各種クラウドBIのサービスを

「導入にまだ迷っている」
「もっと詳しく機能や価格を見たい」
「面倒だから資料をまとめて見たい」

というあなたも必見。サービスを実際に導入する際に役立つこと間違いなしの詳細資料をこちらから無料ダウンロード可能です。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
クラウドBIツールの資料一括無料DL

サービスの公式HPで「資料は問い合わせないといけないから複数探すのが面倒」という経験ありませんか?
ボクシルでは、企業から提供された以下のようなサービス詳細資料を完全無料でDLすることができます。ぜひご覧ください。

BIツール(ビジネスインテリジェンスツール)の選び方

BIツールを導入する前提として下記のような課題が挙げられるのではないでしょうか。

  • KPIをどのようにみればいいのか不明
  • 問題の論点がつかめない
  • 意思決定が遅い
  • そもそも、データを活用していない
  • 欲しい情報が手に入らない

下記のクラウドBIツールの選び方ガイドでは、ツールを選ぶ際のポイントやクラウドBIツールを導入するメリットやデメリットなどといった情報を掲載していますので、ぜひご覧ください。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
クラウドBIツールの選び方ガイドダウンロードはこちら

【無料BIツールピックアップ】初めてのBIツール導入で試したい無料BIツール3選のまとめ

無料だからといってなかなかあなどれないのが、今回ご紹介したBIツール。
初めて導入する場合は、有料BIツールだと色々と不安要素もあるので、まずは無料BIツールを導入してみましょう。

クラウドBIツールの機能・価格比較表

こちらでは、ご紹介した各クラウドBIツールの機能と料金の比較表を掲載しています。レポート機能・OLAP機能は備わっているかなどといったポイントがひと目で分かるようになっています。ぜひご活用下さい。

また、ボクシルではクラウドBIツールのサービス資料を一括でダウンロードすることも出来ます!気になられた方は以下のリンクよりどうぞ!

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
クラウドBIツールの一括資料ダウンロード

クラウドBIツールの機能比較表

どのサービスも肝になる機能はおさえている印象です。実際の使用感なども非常に重要なポイントになるので、UIも判断基準の一つにしていいかもしれませんね。

分析機能 レポート機能 プレゼンテーション機能 インポート・エクスポート機能 OLAP機能
Pentaho
Qlick Sense
Microsoft Power BI
Motion Board Cloud
BizSpread
Yellowfin

クラウドBIツールの価格比較表

上3つは基本的に無料でも利用できますが、本格的にBIツールの導入を進めるのであれば有料のプランにするのがよさそうです。この表を参考にして予算にあったものをきちんと選んでくださいね!

初期費用 利用料 月額/ユーザー 無料お試し期間あり 無料プランあり
Pentaho お問い合わせにて - -
Qlick Sense 0円 120000円/月 0円
Microsoft Power BI 0円 120000円/月 0円
Motion Board Cloud 30000円/ユーザー
BizSpread - 60,000円/月 - - -
Yellowfin 3000$/5ユーザー

BIはサービスによって、機能や価格もさまざまです。目的に沿ったサービスの比較で効率的なサービス活用が可能になります。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

BIツール
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
株式会社ジャストシステム、株式会社ラキール
利用規約とご案内の連絡に同意の上
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事