コピー完了

記事TOP

無料BIツール比較 | OSS(オープンソース)も紹介

最終更新日時:
記事の情報は2021-11-08時点のものです。
無料で使えるBIツールや、無料トライアルがあるBIツールをまとめて比較!完全無料のオープンソースソフトから、一部機能制限付きで無料で使えるものまで、サービスの特徴をまとめました。

BIツールのなかでも無料で始められるBIツールを厳選。有料でなくても有料と同等程度のサービスを受けられるものもあります。有料のBIツールとあわせて比較してみましょう。

BIツールを選ぶ際のポイント

では実際に無料のBIツールを選ぶうえで、どのようなポイントに注目していけばよいでしょうか。

機能を確認する

必要な機能が揃っているか確認しましょう。基本的にBIツールには、レポーティング機能、OLAP分析機能、データマイニング機能、シュミレーション機能などが搭載されています。ほかにはダッシュボードツール、ドリルダウン、スライシングといった分析機能、モバイル対応などがあります。

自社においてどの機能が必要なのか、もし有料プランに切り替えるとすればコストはどの程度になるかなど、リサーチして適切なBIツールを見つけましょう。

無料で使える範囲を確認する

無料のBIツールは有料のものより機能が限られがちです。そのため、人数やデータの保存量に制限がかかり、うまく使えないこともあります。アカウント数やデータ制限は特に注意して、BIツールを選ぶようにしましょう。

無料のBIツール5選

Excelの操作に慣れている人におすすめ…Microsoft Power BI Desktop
Google アナリティクスやBig Queryを使っている人におすすめ…Google Data Portal
有料プランでも低価格で使いたい人におすすめ…Zoho Analytics
英語が読めて分析が得意な人におすすめ…MicroStrategy 2021
Qlik Senseは現在無償提供を終了しています

Microsoft Power BI Desktop

Microsoft Power BI Desktop
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

Microsoftが提供する無料BIツールのMicrosoft Power BIは、Excelのように利用できる点が強みです。国内で多くの企業がMicrosoft Officeを使用しており、普段慣れ親しんだExcel同様の操作感でBIツールを利用できるMicrosoft Power BIは、どの企業にもマッチする操作画面だと言えるでしょう。

無料版・無料プランの特徴

デスクトップ版のみ無料で利用可能です。共同編集やアプリでの利用ができないのは難点ですが、レポートを作成したり、複数データを統合したりする基本機能は変わらないため、複数人で共同作業をしない場合はデスクトップ版で十分と言えるでしょう。

Google Data Portal

Google Data Portal
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

Google Data Portalは、Googleが提供する無料のBIツールです。データベースとしてのBigQueryはもちろん、Google アナリティクスやGoogle 広告などGoogleが提供しているサービスのデータを取り込めるため、Googleのサービスをすでに利用している方に特におすすめ。

無料版・無料プランの特徴

Google Data Portalとしての機能はすべて無料にて利用できます。Google Appsのほか機能とあわせて利用するなら、該当の機能が有料の場合にその分の費用が発生します。

Zoho Analytics - ゾーホージャパン株式会社

Zoho Analytics
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

Zoho Analytics(ゾーホー・アナリティクス)は世界的に人気のビジネスアプリケーション企業「Zoho」が提供するBIツールです。わかりやすいレポート作成と簡単な操作性が特徴。GoodleアナリティクスやCRM、会計レポートなどのデータを組み合わせた複合レポートを簡単に作成でき、クラウドサービスのためデータはリアルタイムに更新されます。

無料版・無料プランの特徴

無料プランでは2ユーザーまでで、1万行のデータレコードの制限はありますが、無制限にレポート・ダッシュボードを作成できます。なお、無料プランの登録はクレジットカード情報は不要で簡単に行え、期間の制限なく永久無料で利用できます。

MicroStrategy 2021 - マイクロストラテジー・ジャパン株式会社

MicroStrategy 2021
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

MicroStrategy 2021は、単一製品でBIの機能をすべて網羅しており、パフォーマンス・ガバナンス・セキュリティなどといった導入障壁もなく利用できます。ドラッグ&ドロップの簡単操作、かつ数クリックでほしいデータを分析、アクセスできます。

無料版・無料プランの特徴

MicroStrategy Desktop(Windows64bit版・Mac版)のセルフサービスBIは無料で利用可能です。

Qlik Sense - 株式会社デジタルスフィア

Qlik Sense
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

※2020年6月30日をもって無償提供は終了しました。

Qlik Senseは、QlikViewで有名なQlikが開発したBIツールです。Qlik Sense Desktopの特徴は、とにかく簡単かつ直感的な操作が可能なことです。Qlik Senseデスクトップでは、QlickViewで制限されていた別端末で作成のファイルを開けないという問題が解除されているので、無料BIツールの中でもかなり活用できるのでおすすめです。(※対応OSはWindowsの64bit版のみ)

デスクトップだけでなく、スマートフォンからの利用も意識されたマルチデバイスのUIになっており、より短時間で目的の情報へアクセスできます。クリック&タップするだけでデータが瞬時に絞り込まれ、グラフの表示範囲を選択したりスクロールして見れるので、外出先でも欲しいデータを必要なだけ閲覧可能です。

無料版・無料プランの特徴

Qlik Sense Desktopを無料で利用できます。2020年6月30日に無償提供を終了しました。現在無料で使う方法はトライアルのみです。

OSSのBIツール7選

Pentaho - 株式会社KSKアナリティクス

Pentaho
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

Pentahoは、有料版を導入している企業も多いかと思いますが、無料版もリリースされています。特にETLは、高いビジュアル性で「見やすい、わかりやすい」と評判であるとともに、操作・再現性の高さも一つの魅力です。Pentahoはオープンソース・コミュニティの中から生まれたソフトで、高額なライセンス料もかからないため、初めてBIを利用する場合はメリットが大きいでしょう。

Grafana

Grafana
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

Grafanaは、ほかデータベースの情報をダッシュボードにて表示するBIツールです。特徴的なのは、なにかしらの状況になった際にアラートを鳴らす機能です。定点的に観測するのに加え、特定の事象が発生したときに急ぎで確認したいケースがあるなら試してみる価値があるでしょう。

Metabase

Metabase
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

Metabaseは、ツール初心者から上級者まで幅広い人が使いやすいBIツールです。SQLと呼ばれるプログラミング言語をかかずとも簡易的にであればグラフを作成可能。一方、細かくカスタマイズしたデータをグラフ化したいのであればSQLを用いるのもよいでしょう。対応しているデータベースはやや少なめですが主なものはそろっています。

Kibana

Kibana
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

Kibanaは、分析用のシステムに不慣れな現場の方が利用しやすいBIツールです。グラフ作成時はドラッグアンドドロップで項目を指定すれば図示できます。作成可能なグラフは棒グラフや円グラフのシンプルなものはもちろん、インフォグラフィックのようなデザインされたグラフまでさまざまです。

Redash

Redash
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

Redashは、SQLを書ける人が使うことを前提に作られている上級者向けのBIツールです。グラフや表を作成するにはプログラミングにてSQLを書く必要があり、万人におすすめできるサービスではありません。ただし、対応しているデータベースが多い点、シンプルなグラフを作成しやすい点などは強みといえます。

Graylog

Graylog
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

Graylogは、無料のサービスとしての利用だけでなく、クラウドサービスとしての利用も可能なBIツールです。データ量やユーザー数に関わらず無料にて提供されています。より豊富な機能を利用したい場合、クラウドにて利用したい場合は料金を支払っても利用可能です。

Apache Superset

Apache Superset
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

Apache Supersetは、オープンソースながら丁寧なドキュメントがあり開発を進めやすいBIツールです。SQLをかいて分析するほか項目を選んで分析する方法もあります。ドキュメントに加えて、公式のコミュニティもありGitHub上のオープンソースも日夜更新されているのが特徴です。

BIツールの選び方

BIツールを導入する前提として下記のような課題が挙げられるのではないでしょうか。

  • KPIをどのようにみればいいのか不明
  • 問題の論点がつかめない
  • 意思決定が遅い
  • そもそも、データを活用していない
  • 欲しい情報が手に入らない

下記のクラウドBIツールの選び方ガイドでは、ツールを選ぶ際のポイントやクラウドBIツールを導入するメリットやデメリットなどといった情報を掲載しているので、ぜひご覧ください。

BIはサービスによって、機能や価格もさまざまです。目的に沿ったサービスの比較で効率的なサービス活用が可能になります。

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計800社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

BIツール選び方ガイド
BIツール
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
編集部のおすすめ記事
BIツールの最近更新された記事