コピー完了

記事TOP

製造業がBIツールを導入するメリットと選び方 - ツール6選 | Excelの限界

最終更新日:(記事の情報は現在から40日前のものです)
この記事では、製造業におすすめのBIツールを紹介しています。BIツール導入のメリットやExcel管理の限界、サービス比較を解説。導入するBIツールを探している方はぜひ参考にしてみてください。

【厳選】おすすめBIツールをまとめてチェック!
\特典【完全版】機能・価格比較表/

BIツールの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。新しい企業価値の創造、企業の現状分析、今後の経営施策の構築などさまざまな目的で導入されるBIツールの比較にお役立てください。サービス比較はこちら

BIツールとは

BIツールは、データ分析にて意思決定を支援するシステムです。在庫データや顧客データをもとに分析する機能があります。製造業においても生産データや在庫情報などの膨大なデータを分析し、業務プロセスの改善や効率化に役立てられます。

BIツールの導入で解決できる製造業の課題

製造業では、生産ラインの効率化や品質管理の向上にむけた課題があります。生産計画の立案や在庫管理に関する意思決定が不透明であり、競争力の低下が懸念されます。

生産管理が個人の勘や経験に依存している

製造業では、生産管理を個人の勘や経験に頼っている点が課題です。生産計画の立案やスケジュール管理が不安定になり、生産ラインの停止や在庫の過剰といったリスクが高まります。たとえば、急な生産変更に対応できず、納期遅延や品質低下が発生するかもしれません。担当者が不在の際に調整が効かないのもデメリットです。

データ分析と製造業の両方に精通した人材がいない

製造業では、データ分析と製造業の両方に精通した人材が不足しがちです。製造業のデータを利用した分析は特殊なケースもあるため、一部のデータしか活用できていない企業も多いです。たとえば、生産ラインの効率化や不良品の原因分析が困難となり、品質改善に取り組めない事態が発生します。

Excelによるデータ分析のデメリット

Excelを使用した製造業では、複数の人が同じファイルを操作できなかったり、膨大なデータを扱う際に処理が遅くなったりします。Excelを利用するにあたって、あらかじめデメリットを把握しておきましょう。

業務が属人化しやすい

Excelを使った分析では、業務が担当者に依存し属人化しやすい課題があります。データの収集や処理、分析方法が担当者によって異なると、共通のプロセスを確立しにくいです。これにより意思決定の遅れや情報の不一致が生じるでしょう。

大量のデータや複雑な分析に向かない

Excelは大量のデータを扱うのに適しておらず、複雑なデータ処理や高度な分析にも不向きです。また、人為的なエラーが起きやすく、数式やマクロの誤用による異なる分析結果が生じる可能性もあります。大量のデータで高度な分析をしたい場合にはExcelを避けたほうがよいでしょう。

製造業がBIツールを導入するメリット

製造計画の精度向上

製造業においてBIツールを導入すると、製造計画の精度向上に期待できます。柔軟な製造計画を立案すれば、余剰在庫や在庫切れが軽減されるでしょう。たとえば生産ラインの稼働率や生産速度、製品の欠陥率を分析することで、稼働時間や生産量の最適化が可能です。

製造ラインや製品の品質改善

製造業がBIツールを導入することで、製造ラインの稼働率や製品の品質を改善可能です。たとえば製造ラインの稼働率や故障率をふまえてメンテナンスの計画を立てたり、製品の不良品に対して原因分析をかけたりできます。いままで経験でやりくりしていた点を見える化して、迅速な改善に向かわせましょう。

コストの削減

BIツールの導入はコスト削減にもつながります。たとえば材料の在庫や消費量をふまえて、原料の購入量を最適化すれば余剰コストを削減できます。また、不良品の発生原因や品質トレンドを分析することで、不良品の発生を減らし、製品の廃棄コストやリコールコストを削減可能です。

経営判断の精度向上

BIツールにより、経営者は企業の状況やトレンドを把握できるようになり、的確な戦略立案や意思決定へ役立てられます。たとえば売上データを分析することで、市場動向や需要予測を容易に把握できます。競合他社の動向や消費者の行動といった外部要因も組み合わせることで、正確に市場を予測可能です。

製造業におけるBIツールの選び方

自社に適したBIツールを選ぶことで、生産プロセスの効率化や意思決定の迅速化など、さまざまなメリットを享受できます。ここではBIツールを選定する際のポイントを紹介します。

複雑な製造プロセスに対応できるか

製造業におけるBIツールの選択において、複雑な製造プロセスに対応できるかどうかが重要です。製造業では複雑なプロセスや生産ラインが一般的であり、それらを適切に把握し、効率的に管理する必要があります。適切なBIツールを選ぶためには、製造業特有の複雑なプロセスに対応できる機能や柔軟性が求められます。

製造計画や在庫管理に役立つ予測分析機能があるか

製造業におけるBIツールの選定において、製造計画や在庫管理に役立つ予測分析機能があるかどうかが重要です。生産計画や在庫管理は製造業において重要であり、予測分析を用いることで需要予測や在庫最適化が可能です。適切なBIツールにて予測精度を向上させましょう。

サプライチェーン全体の可視化や管理機能が提供されているか

製造業におけるBIツールの選定において、サプライチェーン全体の可視化や管理機能が提供されているかどうかが重要です。製造プロセス全体を俯瞰し、供給ネットワーク全体の流れを把握することで、生産性を向上させ、在庫レベルや生産計画を最適化できます。適切なBIツールを選ぶことで、サプライチェーン全体の可視化や管理を効果的に行えます。

IoTデバイスやセンサーデータとの連携が可能か

製造業におけるBIツールの選定において、IoTデバイスやセンサーデータとの連携がスムーズかどうかが重要です。製造現場では多くのセンサーやIoTデバイスが活用されており、これらのデータを効果的に活用することで、生産プロセスのリアルタイムな可視化や品質管理の向上が可能となります。適切なBIツールを選ぶことで、IoTデバイスやセンサーデータとの連携を円滑に行い、生産プロセス全体を統合的に管理できます。

製造業におすすめのBIツール3選

Spotfire

Spotfireは大量の製造・品質データを扱えるBIツールです。Spotfireには次のような特徴があります。

  • 大量のデータから製品不良や装置異常の要因を発見
  • データの読み込みから解析、現場共有までを見やすくシームレスに実現
  • 無料トライアルにて、使用感と機能に納得してから本格導入

キャムマックスは生産部門の入力作業をゼロにするツールです。キャムマックスには次のような特徴があります。

  • BIツールとERPの機能を網羅し、製造業の各部門をシームレスにつなぐ
  • 月額料金7万円~の低コスト
  • サポート体制が充実しているからこその継続率98.3%

※出典:キャム「キャムマックス 公式サイト」(2024年5月7日閲覧)

DIRECTOR6

DIRECTOR6は個別受注生産に特化したシステムです。DIRECTOR6には次のような特徴があります。

  • 生産スケジューラと工程管理システムを掛け合わせ、現場の状況をリアルタイムで把握
  • 生産計画の自動化と工場の可視化により工程管理のDXを推進
  • 個別受注・多品種少量生産に特化し、30年にわたりサービスを提供

製造業にもおすすめの汎用的なBIツール3選

【特典比較表つき】『BIツールの資料5選』 はこちら⇒無料ダウンロード

一覧で料金・機能を比較したい方にはBOXILが作成した比較表がおすすめです。各社サービスを一覧で比較したい方は、下のリンクよりダウンロードしてください。

【特典比較表つき】『BIツールの資料5選』 はこちら⇒無料ダウンロード

※ダウンロード可能な資料数は、BOXILでの掲載状況によって増減する場合があります。

Tableau - Tableau, A Salesforce Company

Tableau
Tableau
BOXIL SaaSセクション | BOXIL SaaS AWARD 2024
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

TableauはAIを活用してデータ分析・活用ができるBIツールです。Tableauには次のような特徴があります。

  • AIアシスタントを使用してデータを分析、人にわかりやすいよう視覚化
  • Salesforceとシームレスに統合できる
  • 膨大なノウハウを活かしたサポートも充実

Power BI - イースト株式会社

Power BI
Power BI
BOXIL SaaS AWARD Summer 2024 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

Power BIはマイクロソフトが提供するBIツールで、業務負荷の軽減から顧客理解までを1つのツールで実現します。Power BIには次のような特徴があります。

  • 数時間単位で意思決定を下せるよう、有用なデータを提供
  • 顧客の購入パターンを把握し、マーケティングや営業、サービス改善に活かせる
  • 倉庫キャパシティの使用状況や在庫レベルなど、製造業に特化したデータ分析

LaKeel BI - 株式会社ラキール

LaKeel BI
LaKeel BI
導入事例セクション | BOXIL SaaS AWARD 2023
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

LaKeel BIは分析業務がはじめての人にも支持される、直感的な操作性に定評のあるBIツールです。LaKeel BIには次のような特徴があります。

  • データ集計から分析、レポート出力まで、直感的にできるオールインワンパッケージ
  • 日本人になじんだExcelの見た目を踏襲
  • 利用人数やデータ容量は無制限だから、コストの見通しが立てやすい

製造業向けのBIツールを導入しよう

製造業向けのBIツールを選ぶ際には、業務プロセスの最適化や経営判断の精度向上などに役立つ機能があるかどうかに注目しましょう。製造業向けのBIツールは、使い勝手を見比べたり他機能の有無で比較したりするのがおすすめです。BIツールは無料プランや無料トライアルを提供している傾向にあるため、導入前に試験運用しましょう。

本記事で紹介しきれなかったサービスについては下の記事にて解説しています。より多くのサービスから検討したい方はあわせてチェックしましょう。

【比較表あり】BIツール比較おすすめ20選 | 機能・料金・選び方を解説
代表的なBIツールやボクシルおすすめのサービスを機能や特徴に注目して比較します。BIツールの導入に成功するための選...
詳細を見る
新選び方ガイド:BIツール選び方ガイド_20231017.pptx.pdf
BIツール
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
BIツールの最近更新された記事