コピー完了

記事TOP

レプリケーションとは | バックアップやアーカイブとの違い

最終更新日時:
公開日時:
記事公開時点での情報です。
レプリケーションとは、マスターのデータベースを更新されたと同時にサーバーの内容を複製する機能です。そんなレプリケーションのバックアップやアーカイブとの違い、導入時のメリット・デメリットを解説します。

レプリケーションとは

レプリケーションとは、マスターサーバーの複製をマスターのデータベースが更新されるたびに作成する機能で、主にDBMS(データベース管理システム)へ搭載されています。マスターのシステムが停止しても予備のシステムを稼働させることで、サービス利用者への被害を最小限に食い止めます。行政や交通機関など、多くの団体にて利用されています。

元データ(マスター)から予備データ(スレイブ)へラグをほとんど生じずに同期

レプリケーションは「データのレプリカ(精巧な複製品)を作る」という意味が元になっています。予備のシステムをホットスタンバイ(電源オンの状態で待機させる手法)させておけば、わずかな設定時間にてシステムを復旧可能です。

行政機関や交通機関のシステムなど、停止したら大きな影響を与えてしまうシステムには、レプリケーションを始めとしたさまざまな冗長化が施されています。冗長化については下の記事で扱っています。詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

レプリケーションのメリット

負荷を分散

レプリケーションしたサーバーにて負荷を分散

レプリケーションを活用すれば更新用のマスターサーバーと、参照用のサーバーに処理を振り分け、負荷を分散できます。システムにアクセスが集中した際、過度に負荷がかかりサーバーダウンするのを回避可能です。

災害時でもシステムを継続

遠隔地のサーバーにて稼働を続ける

遠隔地にレプリケーションさせているサーバーを設置しておけば、マスターのサーバーが不調になった際でも被害を最小限に抑えて稼働できます。自然災害で本社のサーバーが使用不能になっても遠隔地に設置した予備サーバーを稼働すれば、修復の時間を短縮可能です。

レプリケーションのデメリット

コストがかかる

レプリケーションは、データのレプリカを作成するため同じ機材が2組以上必要です。単純計算では通常の2倍以上のサーバー運営費や、ネットワーク設備を整えるコストが求められます。

不適切なデータもコピー

マスターのサーバーにおいてデータが不具合をおこしていたとしても、レプリケーションはそれを同期します。たとえば、マスターがウイルスに感染した場合、予備のデータが自動的に同期され感染したままのデータまで、コピーしてしまいます。そのため、即時的にはコピーされないバックアップとの併用が不可欠だといえるでしょう。

レプリケーションとバックアップとの違い

バックアップとは、データベースの内容をコピーし保存する機能です。マスターのデータが破損したりウィルスによって汚染されたたりした際の保険としてコピーします。個人用のパソコンやスマートフォンでも、機種変更時にバックアップを取る機会はあるでしょう。

レプリケーションは即時、バックアップは日を目安に同期

稼働までの速度

レプリケーションとバックアップとの大きな違いは、すぐに稼働できるサーバーに保存するか否かです。レプリケーションは、もしものときに稼働させる必要があるため、常に稼働できる状態でないといけません。一方バックアップは、必要なタイミングで取り出せれば良いケースが多く、利用するときに適切に機能すれば十分だといえます。

複製の頻度

バックアップを更新するのは大抵営業が終了した深夜。1日1回、多くても2回程度です。しかし、レプリケーションでは元のデータが更新されるたびにコピー先のデータもその都度更新されます。

銀行のATMを想像してみてください。出金すると、即座に預金残高が変更されますよね。もし夜にトラブルが起きてバックアップから復帰すると、今朝の残高が、明日もそのまま残ってしまいます。

レプリケーションとアーカイブとの違い

アーカイブとは、日常的には使用しないものの必要なときに取り出せるようデータを保管する機能です。データを安定して長期保存するのが目的です。メールアーカイブが代表的な例です。

アーカイブにてデータを長期保存

データの保存期間

レプリケーションにおいて、保管しているデータは緊急時用の予備であり、長くとも1日前の分を保存しているに留まります。一方、アーカイブは参照用のシステムなので、データを長期間保持します。法律によって10年や7年の保存を義務付けられた書類を、電子化して保存する際は、レプリケーションではなく、アーカイブが適しています。

データの編集可否

アーカイブは、データを参照するのが目的なので、改ざんを防ぐために編集機能を削除するケースがあります。保管するためのデータとして用いるのがアーカイブの主な特徴です。

レプリケーションにも使えるデータバックアップ 3選

データバックアップのシステムを紹介していきます。データバックアップにはいくつか種類があり、レプリケーションはそのうちのひとつです。以下では、レプリケーションにこだわらず、データバックアップができるサービスを集めました。

また、下のボタンではデータバックアップの資料をまとめてダウンロードできます。導入を検討されている方は比較する際に利用してみてはいかがでしょうか。

クラウドバックアップ BackStore

  • 仮想・物理サーバーは低価格でバックアップ
  • パソコン・スマートフォンもバックアップ
  • 小容量10GBから利用可能

torocca!

  • 容量25GB/月額625円から
  • Webサイトを常時監視する「モニター機能」
  • バックアップデータの遠隔地保存

SWANBackup ※2020年6月提供終了

※2020年6月に提供を終了しました。

  • 自動バックアップで手間いらず
  • 強固なデータ管理
  • 契約容量を社内全体でシェア

レプリケーションにてシステムを安定稼働

レプリケーションを利用する際は、企業のニーズを明確にすることで、的確なアプローチが可能になるでしょう。レプリケーション、バックアップ、アーカイブ、「データを保管する」という行為は同じでも、目的は大きく異なります。それぞれの違いを理解し、貴社に最適なサービスを利用しましょう!

次の記事をサービス導入の参考にしてはいかがでしょうか。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
編集部のおすすめ記事
データバックアップの最近更新された記事