コピー完了

記事TOP

SMTPリレーとは?メールリレーの基本と代表的サービス・選び方

公開日:
安定したメールの送受信を可能にするSMTPリレーについて、メールリレーの基本から解説します。また、メールマーケティングに活用できる代表的なメールリレーサービスについても紹介しますので、メールマーケティングに力を入れている企業の方はぜひ参考にしてください。

SMTPリレーとは

メールマーケティングでは、会員登録したリード見込み顧客)に対して新商品を通知したり、ニュースレターを送付したりするアプローチが一般的です。

しかし、メールシステムに遅延が生じる場合や、トラブルによってメールが送付されないケースも珍しくありません。そういったトラブルを避け、届けたい相手に確実にメールを送信するサービスとしてSMTPリレーサービスを利用する企業が増えています。

簡単にいえばメールの送信代行ですが、従来型のメールサーバを利用した送信方法よりも安定したメール運用が可能だといわれています。

そもそもSMTPとは?

SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)とは、メールを送信する際に必要となる仕組みであり、一定の手順にしたがってメールを送信するための約束事を定めたものです。すべてのメールはこの約束事に沿って送信されており、メールを受信する際にはPOPというプロトコルに準拠します。

SMTPやPOPに関して詳しくは、以下の記事を参考にしてください。

SMTPが生まれた背景

本来、電子メールはSMTPの仕組みを利用すればだれでも簡単に送信できます。そのため、身元を明かさず相手に勧誘メールなどのスパムメールを送りつける行為が横行してしまい、インターネット社会の大きな問題となりました。

その対策のひとつとして、一定時間内に送信可能なメールの量を制限する仕組みが開発され、短時間に大量に送信しているアドレスからのメール配信が難しくなりました。

しかし顧客向けに一括でメールを送信したり、自動でメール返信をしたりなどの正当な理由で大量のメール送信をしたい企業も少なくありません。

そういった企業にとってメールの送信制限はマーケティングを阻害する要素となりかねず、信頼のおける送信者からの大量メール配信を可能にする仕組みが望まれるようになりました。

SMTPリレーサービスとは

そういった経緯で提供されはじめたのがSMTPリレーサービスです。これは信頼できる第三者機関を通すことで短時間での大量のメール配信を可能にするもので、顧客への自動配信メールやニュースレターの一括配信などをスムーズに行えるようになりました。

現在、多くのプロバイダが1日のメール配信数に上限を設けているようですが、SMTPリレーサービスを上手く活用することによって、スパムメールと判断されずに大量のメールを顧客に送付可能になります。

SMTPサーバーの役割

SMTPサーバーはメールを送信する際に必要で、送信先のサーバーまでメールを届けるという役割があります。

メーラー(メールソフト)から配送を依頼されたSMTPサーバーは、送信先のアドレスを管理するSMTPサーバーまで送ります。つまり、SMTPサーバー同士のやり取りによってメールが送受信が行われているわけです。

SMTPサーバーはよく郵便局に例えられます。送信されたメールは最寄りの郵便局に集められ、そこから宛先に一番近い郵便局にメールを送信し、そこから相手のもとに届けられます。そのやり取りのルールを決めたものがSMTPというわけです。

SMTPリレーのメリット

SMTPリレーの概要について説明したところで、そのメリットについて具体的に説明します。

サーバー運用の負荷を軽減できる

メールリレーサービスを利用することで、メールサーバーに関するトラブルやメール運用の負荷を軽減できます。特にメールサーバーの保守・運用をする必要がないメリットは大きいといえるでしょう。

メールサーバーを構築し、運用するにはかなりのコストがかかり、バウンスメールやシステムの遅延、迷惑メール対策などに多くの時間をとられてしまいます。そういった保守活動は提供会社が行ってくれるため、余計なコストを削減でき、効率的なメールマーケティングを実現できます。

メールリレーとは

メールリレーとは、サーバー間でメールのやり取りをすることをいいます。送信されたメールはまずそこを管轄するSMTPサーバーに送られ、宛先のアドレスのサーバーに転送されます。

大量のメールをスムーズに送信できる

大量のメールを迷惑メールと判断されることなく安定して送信できるのは非常に大きなメリットです。

企業は日々何千通ものメールを顧客宛に送信する場合もあるため、迷惑メールと判断されてしまうことは大きな痛手となります。また、迷惑メールと判断されなかったとしても、サーバーの処理能力が低下するなどして、メールの遅延や不達が生じる可能性もあります。

そういったリスクを回避し、届けたい相手に確実にメールを届けられるというのはメール配信に特化したサービスの大きな強みといえるでしょう。

配信精度を高められる

メールリレーサービスを提供している業者のなかには、日々の配信方法を独自のノウハウで調整しているとこが多く、精度の高いメール配信を可能にしています。

特にメールリレーサービスで使われるSMTPサーバーは大量のメールを送信できるのみならず、大手のプロバイダや携帯通信キャリアから信頼を得ているため、短時間に大量のメールを配信しても、相手に遅滞なく確実に届けることが可能です。

システムの連携が可能

メールリレーサービスの多くは、簡単にメール送信が可能なAPIなどさまざまなシステムとの連携が可能になっています。配信効果の分析ができるものもあり、自社のマーケティング環境に適した機能をピックアップして利用できます。

既存のサービスとの連携が可能なケースも多いため、すでに自社運用のメール配信システムを活用している場合でも、連携によって必要な機能の強化が可能です。

代表的SMTPリレーサービス

それでは、代表的なSMTPリレーサービスについて紹介します。また、以下のボタンからは本記事で紹介しているメールリレーサービスのさらなる詳細を無料でご覧になれます。ぜひご活用ください。

ベアメール

  • クラウド型のメールリレーサービス
  • 1時間あたり200万通送信可能
  • コントロールパネルによる簡単設定

ベアメールは高いメール到達率を実現するクラウド型のメールリレーサービスです。顧客の会員登録の自動返信メールや商品購入時の確認メールなど、適切なタイミングでメールを届けたい場合に有効です。送信数にしたがって細かい料金プランが定められており、自社に適したプランを柔軟に選択できます。

Amazon SES

  • 独自のコンテンツフィルタリング機能
  • 既存のアプリケーションとの統合が可能
  • 利用料金は実際に使った分のみ

AMAZON SESは、企業のマーケティング担当者やアプリ開発者のために設計されたクラウドベースのEメールプラットフォームです。独自のコンテンツフィルタリング機能をもち、既存のアプリケーションとの統合もスムーズです。Amazon EC2 でホストされているアプリから送信すれば、毎月最初の62,000通分のメールについては無料で送信可能です。

SendGrid

  • 月間300億通以上の配信実績
  • 接続先をSendGridに変更しリレーサーバーとして活用可能
  • 永続的に利用できるトライアルバージョン

Sendgridは、現在月間で300億通以上の配信実績を誇るクラウドタイプのメール配信サービスです。ほぼすべての機能を利用できる無料トライアル版があるので、実際に使って納得してから有料版に切り替えられます。また、別途追加料金はかかりますが、リストの作成や配信、A/Bテストなどをブラウザ上で行える機能を付加することも可能です。


上記のAMAZON SES、Sendgrid、ベアメールは以下の記事で徹底解説していますので、こちらもあわせてご覧ください。

WEBCASメールリレーサービス

  • メールリレーサーバーのクラウドサービス
  • 簡単設定ですぐに導入が可能
  • わかりやすい料金設定

WEBCASメールリレーサービスは、大量一斉配信の配信性能を強化するクラウド型のメールリレーサービスです。企業のメール送信をWEBCAS環境の配信エンジンにリレーすることで、パソコン向け・携帯向けのメール配信サービスの高速化を実現します。

Customers Mail Cloud

  • SMTP・APIで連携
  • 充実した配信レポート
  • ドメイン認証とメール送信の暗号化をサポート

Customers Mail Cloudは、クラウド環境で簡単かつ確実にメール送信ができる配信サービスです。メルマガや一括送信メールの作成に適しており、既存サーバーにリレー設定をするだけで簡単に使えます。高精度なエラー解析によりバウンス率の減少に寄与します。

メールリレーサービスの選び方

最後にメールリレーサービスの選び方について説明しておきます。

目的を明らかにする

盲目的にサービスを取り入れるのではなく、まずビジネス上の目的を明らかにすることが重要です。

メールリレーサービスを導入すれば通常のメールにやり取りに影響を与えずに一括配信や自動配信が可能になりますが、必ずしも配信数が多ければ多いほどよいとは限りません。自社のビジネス環境に合った機能・価格帯のサービスを選びましょう。

システムを利用する範囲を決めておく

導入するサービスの特徴と強みを理解し、どの程度の作業をシステムに任せるのかはっきりさせておくことが重要です。

どれほど多機能でも実務で活用しなければ意味がありませんから、自社が最も重視すべき機能を明らかにして、その部分に強みをもつサービスを選択しましょう。一からシステムを導入しなくても、自社で使っているシステムとの連携のみで実現できるケースもあります。

実績とサポート体制をチェックする

導入するメール配信システムを提供している企業の実績とサポート体制はチェックしておきましょう。

どういう企業が導入していてどういう効果を上げているか、いざというときのサポート体制はどうなっているかなど、下調べをしておきましょう。導入コストが安いからといって必ずしも自社に合ったサービスとは限りません

smtpリレーサービスを活用しよう

smtpリレーサービスについて基本的なところから解説してきました。

いまやほとんどの企業がメールを使ったマーケティングを実践しており、大量のメールを短時間に配信したいマーケターは多いはずです。

そういう方向けにメールマーケティングに特化した配信サービスもたくさんありますから、ぜひこれを機会にメールリレーサービスを導入してみてはいかがでしょうか?

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
この記事で紹介されたサービス
メールリレーサービスの最近更新された記事