Article square balloon green
2018-11-13

Payme(ペイミー)の特徴・導入メリット・事例 | 急成長する給与即日払いサービスの魅力とは

Payme(ペイミー)とは、従業員が働いた分の給与の一部を、最短当日に前払い可能にする給与即日払いサービスです。サービスローンチからの半年で導入社数が100を超え、利用者数1万人を達成したPaymeは、現在最も勢いのある給与前払いサービスだといえるでしょう。その急成長の理由や背景とはなにか?Paymeならではの特徴や企業、従業員双方にもたらす大きなメリット、導入事例などを紹介し、その魅力に迫ります。
給与前払いサービス・システム
Large

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Paymeの資料を無料DL

Payme(ペイミー)とは

Payme(ペイミー)は、従業員が働いた分の給与の一部を、最短当日に前払い可能にする給与即日払いサービスです。

これまでも従業員の非常時に、企業が給与を前払いする例はあったものの、企業体力が必要で上司への申請が欠かせないなど、そのハードルは低くはなかったといえます。

これを解決すべく給与前払いに対する企業の負担をなくし、使いやすいスマートフォンアプリで簡単・気軽に給与前払いを申請できるようにしたのがPaymeです。

急速な成長を遂げ、大きな注目を集めるPaymeのサービスや導入メリットとはなにか?本記事ではその魅力を紹介していきます。

サービスローンチ以来の急成長

Payme(ペイミー)は、2017年9月にサービスローンチを果たした比較的新しいサービスです。

正式にサービス提供開始してわずか半年後の2018年5月に100社を突破し、2018年10月現在で160社以上、16,000人以上が利用するほど急成長を遂げています。

導入企業の職種は飲食チェーンはもちろん、人材派遣・小売・コールセンター・アミューズメント・物流など多岐にわたっており、20代の若い労働力を必要とする企業から絶大な支持を得ています。

出典:PR TIMES プレスリリース

成長の背景とターゲット層

Payme(ペイミー)成長の背景には、従来からニーズの高かった日払い・週払いへ対応できることに加え、若い世代を中心とした労働力不足の現状も挙げられるでしょう。

企業側も若くて優秀な人材を確保するため、従業員のさまざまなニーズに応えていく必要があるのが現状なのです。

企業・従業員のこうしたニーズを満たすため、Paymeは「賃金の偏りによる機会損失のない世界を想像する」をミッションとしており、低収入層であるBOP(Bottom Of Pyramid)、将来の富裕層候補であるHENRY(High Education Not Rich Yet)をターゲットにしています。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Paymeの資料を無料DL

Payme(ペイミー)の特徴

Payme(ペイミー)以外にも給与前払いサービスを提供する企業は存在します。そのなかでも特に急成長を遂げているPaymeの特徴とは、どのようなものでしょうか。

導入・運用費用ゼロを実現する仕組み

給与前払い制度を導入するには原資となる資金が必要であり、従業員の個別申請ごとに事務作業も発生します。

Paymeではこれを解決すべく、給与前払いに関するシステムの導入・運用費用をゼロにし、企業が給与前払い制度を導入するリスクを最小限にしています。

さらに、従業員への給与支払いはPaymeが代行し、企業にまとめて請求することで給与日での相殺を実現しているのです。

つまり、システムが利用されない限り費用は一切発生せず、利用時に発生するのも企業ごとに定められた、3〜6%の手数料と振込手数料だけです。これによって企業のキャッシュフローも大きく改善できるのです。

使いやすいUI/UX

システム自体が活用されなければ従業員・企業ともにメリットを得られません。Payme(ペイミー)が徹底的にUI/UXにこだわっているのはこのためです。

わずか3タップで申請完了するスマートフォンアプリはもちろん、ITリテラシーの高くない担当者でも直感的に理解できる管理画面が用意され、競合他社との大きな違いとなっています。

専任のサポート担当者を配置

Paymeで支払われる給与の前払いは従業員が働いた分のみが対象です。つまり、勤怠情報がアップデートされない限り、前払い可能金額はゼロのままであり、企業側ではシステムに勤怠情報を入力していく必要があります。

こうした場合にも、Paymeでは導入企業ごとに専任のサポート担当者が配置されるため、細かなアドバイスはもちろん、CSVのインポートまでサポートしてくれます。

Payme(ペイミー)導入の流れ

Payme導入は申し込みと同時に行われる企業審査から開始され、この結果により利用時の手数料も決定します。管理画面の発行後、従業員のデータ登録が完了し、利用者への通知メールが配信されればサービス利用開始です。

ここまでが通常1か月程度であり、利用者は通知メールに従って無料のスマートフォンアプリをダウンロードして使い始めるだけです。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Paymeの資料を無料DL

Payme(ペイミー)の導入メリット

Payme(ペイミー)導入によって企業、従業員それぞれがどのようなメリットが得られるのか、具体的に解説していきましょう。

導入企業のメリット

求人応募者の大幅増

充分な蓄えのない若い世代は、入社当時に金銭的な困窮に陥る可能性が高く、それが日払い・週払いのニーズに結びついています。

福利厚生の一環として、給与前払いが整備されている点をアピールすれば、人材不足の現状でも求人応募者の大幅増が見込めます。実際に、Payme導入後に応募者数が3.7倍になったというデータも公表されています。

従業員の定着率向上

Payme導入によって、従業員は「働いたらこまめにお金が手に入る」状態を作れます。これはアクションに対するフィードバックがすぐに得られることを意味しており、モチベーションの向上に大きく役立つでしょう。

結果的に従業員の定着率向上に貢献でき、Payme導入後に定着率が2倍になったというデータも公表されています。

導入リスクが最小限

すでに解説したようにPayme導入によるリスクはゼロに近く、発生するのは利用時の手数料と、従業員の勤怠管理、給与との相殺業務だけです。

手数料は利用者である従業員が負担する場合もあるものの、企業側が負担して福利厚生の効果を最大化するのも可能でしょう。利用時に発生する業務も、工数をできるだけ削減する取り組みが行われており、今後に期待できます。

利用者である従業員側のメリット

使いやすいアプリで給与の即日受取が可能

利用者は、Paymeの特徴でもある使いやすいアプリで給与前払いを簡単に申請でき、上司の承認も必要ありません。

平日13:00までの申請であれば、当日中に振り込みされるのはもちろん、提携するセブン銀行を利用すれば、24時間365日の現金受取が可能です。

給与の可視化で計画性を養える

Paymeでは前払い可能金額が常にわかるだけでなく利用履歴も閲覧できるため、自身の給与が可視化されるメリットがあります。これによって従業員が計画性を持って働けるようになり、給与に対する意識向上が養われたという声も紹介されています。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Paymeの資料を無料DL

Payme(ペイミー)の利便性を高めるさまざまなサービス連携

Payme(ペイミー)が急成長を遂げている要因のひとつとして、さまざまなシステム・サービスとの連携を打ち出し、利便性を向上させようとする取り組みが挙げられます。その取り組みの一部を紹介しましょう。

勤怠管理・給与計算システムとの連携

勤怠情報を担保として給与前払いするPaymeでは、勤怠管理などの事務作業をゼロにするのは困難です。

こうした工数を削減すべく取り組まれているのが、各種勤怠管理・給与計算システムとの連携です。2018年10月には新たな提携サービスが追加され、現在は以下のシステムとの連携が可能になっています。

勤怠管理システム

給与計算システム

銀行とのサービス連携

Paymeの給与前払いは、従業員が給与受取に利用している銀行へ振り込まれます。

一方でセブン銀行、スター銀行とのサービス連携が行われており、セブン銀行では全国のコンビニATMで、24時間365日対応できるなど、利用者の利便性も追求されています。

銀行口座開設不要の現金受取サービス

Paymeではさらに、2018年10月に外国人労働者、短期アルバイトを対象とした、銀行口座開設不要の現金受取サービスも開始しました。

これは前払い申請後に受け取るメールに、専用の受取番号が記載されるもので、セブン銀行のATMを利用して現金を引き出せるというものです。このサービスによって、より幅広い層へのアピールが可能になるでしょう。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Paymeの資料を無料DL

Payme(ペイミー)の導入事例

Payme(ペイミー)導入によって、実際にどのような効果が得られるのか、導入企業の声を簡単に紹介します。

導入事例1. 飲食業M社

会社名:M社業種:飲食業
事業内容:飲食店運営

課題:個別の給与前払い対応で事務業務が煩雑に

従業員の給与前払い要望に個別に応じていたM社では、都度給与計算などの事務作業が必要となっており、深夜手当や残業を含む計算が複雑なものとなっていた。これがコア業務を圧迫し、解決策を模索していた。

効果:Payme導入で事務作業を大幅削減

全従業員を対象にPaymeを導入。勤怠情報を入力するだけで自動計算が行われるようになり、事務作業の大幅削減が実現。本業に集中する環境が構築された。

導入事例2. 人材派遣業C社

会社名:C社業種:人材派遣業
事業内容:人材派遣業務、関連Webサイト運営

課題:従業員のセーフティネットを模索

入社時に金銭的な不安を抱える従業員に対し、なんらかのセーフティネットが必要と判断していたC社では、直接会社に申請するよりも気軽に給与前払いができる仕組みを模索していた。

効果:Payme導入で侍従な給与の仕組みを構築

旧来からのお金に対する価値観が変化するなかで、給与の仕組みをもっと自由なものにするべくPaymeを導入。先払いした給与を担保に働くなど、信頼感に対するあり方の変化も期待している。

導入事例3. 飲食業B社

会社名:B社業種:飲食業
事業内容:飲食店運営

課題:求人募集の苦戦を打開する方法を模索

求人広告を出稿しても応募者が集まらず人材確保に苦戦していたB社では、かけた採用コストに見合った効果が得られないでいた。これを打開するため、求人応募者を増やすための方策を模索していた。

効果:Payme導入で求人応募者が10倍

福利厚生の一環としてPaymeを導入したB社は、求人時に日払い可能なことを明記。すると、求人応募者が一気に10倍まで跳ね上がった。応募者が増えたことで優秀な人材を選べるようになったのも収穫だ。

Payme(ペイミー)導入で優秀人材を確保

給与前払いサービスには一部でネガティブな声がある反面、給料が可視化されることで意識が高まり、計画性を持って働けるようになったというポジティブな反応も多く寄せられています。

なかでも給与即日払いサービスであるPayme(ペイミー)は「賃金の偏りによる機会損失のない世界を想像する」というミッションを掲げ、使命感を持って業務に取り組んでいるのが明らかです。

導入企業の声からもわかるように、その取り組みの成果は応募者増や定着率の向上に表れています。さらなる利便性を目指して次々に施策に取り組む、Paymeの今後から目が離せません。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Paymeの資料を無料DL

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article whitepaper bgS3 0
給与前払いサービス・システム
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
株式会社ペイミー、株式会社ヒューマントラスト
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間600万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事で紹介されたサービス
この記事とあわせて読まれている記事