コピー完了

記事TOP

経理の転職サイト・エージェント8選 | 未経験や税理士の方にも

最終更新日:
経理など会計部門への転職を目指す方向けの転職サイト・エージェントを紹介します。キャリアアップしたい方だけでなく、税理士や未経験から経理部門に転職を考えている方も、ぜひ参考にしてください。

経理の転職サイト・エージェントの選び方

パーソルキャリア運営の転職サービスdodaによる転職市場予測によると、2018年から引き続き2019年上半期も転職市場が盛り上がりを見せています。

とりわけ成長期にある企業では、専門職や技術職の求人が増加しているようです。これに伴い、企業に欠かせない専門職である経理の求人増も予測されます。

経理に転職したい方が、転職サイト・エージェントを選ぶときは次の3つのポイントを比較しましょう。

  • サポートの手厚さ
  • 専門性
  • 求人数の多さ

経理の転職では、将来を見据えキャリアップできるかということも考慮に入れましょう。

キャリアアップできるかを判断するためには、専門性の高い経理特化型転職エージェントやサポートの手厚い総合型転職エージェントのキャリアアドバイザーとの相談が効果的です。

また、希望の求人が見つけられなければ転職活動が進められないため、求人数が多いサイト・エージェントに登録するということも重要です。

経理特化型転職エージェント人気ランキングTOP3

経理に特化した転職エージェントの中からおすすめ2つを紹介します。

1位:マイナビ会計士

■ポイント1:業界に精通したキャリアアドバイザー
会計士業界に精通したキャリアアドバイザーが多数在籍しています。それぞれの転職希望者に合わせて、求人紹介はもちろん、職務経歴書の添削指導や推薦状の作成まで行ってくれます。

■ポイント2:女性向けのキャリアサービス
出産の復帰やワークライフバランスに配慮した、女性が活躍できる転職先の情報にも精通しています。

■ポイント3:サポートへの高い満足度
マイナビ会計士を利用した95%が面談におけるキャリアアドバザーのサポートに満足したという結果が出ています。また平日忙しい方向けの、土曜日開催の転職相談会も人気です。

2位:MS-Japan

■ポイント1:経験豊富なエージェント
管理部門や会計士転職の経験が豊富なエージェントが多数在籍しているので、今後のキャリアについての相談がしやすいです。また、職種別の経歴書の書き方や業界の最新動向など、転職を成功させるための各種ノウハウを紹介してもらえます。

■ポイント2:転職相談会に気軽に参加可能
公認会計士の転職に特化した転職相談会を定期的に開催しているので、はじめての転職に不安を感じている方でも安心です。

■ポイント3:非公開求人を紹介してもらえる
MS-Japan独自の求人はもちろん、市場には出回っていない求人まで随時紹介してもらえます。また、会計事務所や監査法人、法律事務所から大手上場企業、外資系企業まで幅広いフィールドの求人情報を多数掲載しています。

3位:ジャスネットキャリア

■ポイント1:幅広い分野で事業を展開
ジャスネットキャリアの他にも、経理や会計・税務分野での派遣情報サイトとなる「ジャスネットスタッフ」や、監査担当などの経験がある在宅スタッフの紹介サービスを行っています。

■ポイント2:経理や財務に特化した講座
登録後にアカウンタンツライブラリーの無料動画(全18講座で66動画)を視聴できるプランがあり、給与計算や簿記など専門分野を学習できます。また、採用セミナーやキャリアアップセミナー、個別相談会などの各種セミナーも随時開催しています。

■ポイント3:現場の生の声が聴ける
ジャスネットキャリアは、現場の責任者から採用や教育の相談を直接受けることも多いようです。現場のニーズをより反映した求人情報を得られるので、ミスマッチのない転職活動が可能です。

経理特化型転職サイトおすすめ2選

経理に特化した転職サイトの中からおすすめ2つを紹介します。

経理転職.com

>>>経理転職.com公式サイトをチェックする<<<

■ポイント1:経理職の求人に特化した転職サイト

経理職の求人に特化した転職サイトです。すぐに転職したい場合は転職サポートに、じっくり転職活動をしたい場合は転職コンサルタントに相談できます。

■ポイント2:高い専門性をもったコンサルタントが所属

経理転職.comでは、各業界・職種に特化した高い専門性をもつ300名以上のコンサルタントが所属しており、業界の詳しい情報をタイムリーに提供してくれます。

■ポイント3:多数の非公開求人

求人の70%以上が非公開求人となっており、幅広い求人から、最適な案件を厳選して紹介してもらえます。

アカナビ

>>>アカナビ公式サイトをチェックする<<<

■ポイント1:会計事務所や税理士事務所、経理に特化した転職サイト

会計事務所や監査法人、税理士事務所や経理部門の求人に特化しているため、的を絞った転職活動が可能になります。

■ポイント2:詳細な求人情報

アカナビは、基本的な仕事内容や勤務形態はもちろん、職場の雰囲気や福利厚生など詳細な情報が公開されているため、事前に応募する求人の情報を詳細に得られます。

■ポイント3:扶養内勤務や未経験者の求人も

多数の求人を扱っており、未経験者や扶養内勤務者の求人もあります。経理のスキルはあっても、なかなか転職に踏み出せないという方にもおすすめです。

人気の総合型転職エージェントランキングTOP3

経理部門特化型のサービスだけでなく、豊富な企業を自分で検討するために総合型サービスも活用するのも有効です。以下では、おすすめの総合型エージェントを2つ紹介します。

1位:リクルートエージェント

■ポイント1:業界トップの知名度と求人数

業界トップクラスの知名度と求人数を誇る転職エージェントとしての地位を確立しており、非公開求人数も10万件以上と業界・業種を問わず非常に多くの求人案件をもっています。

■ポイント2:累計32万人以上のサポート実績

リクルートエージェントは、累計32万人以上の転職成功実績を誇り、年間で2万3,000件以上の転職支援をしています。多くの求人のなかから自分に適した求人を紹介してもらえます。

■ポイント3:経験豊富なキャリアアドバイザー

経験と実績が豊富なキャリアアドバイザーが転職希望者の強みを分析し、適した業界や業種への転職を勧めてくれるほか、内定までの活動を一貫してサポートしてくれます。

リクルートエージェントの登録・ログイン・利用方法や口コミ・評判はこちら

※実績No.1=転職市場定点調査による日本の有料職業紹介事業者の中で転職を実現した実績(2015年10月1日時点) ※累計32万人の成功実績=1977年のリクルートエージェント創業以来、累計転職成功実績約32万5,689名(2014年3月末時点)

20代の転職に強いおすすめ転職エージェントの比較はこちら

2位:doda(デューダ)

■ポイント1:10万件以上の豊富な求人数

非公開案件を多く含んだ10万件以上の求人数があるため、経理や会計分野はもちろん、業界・業種を問わず広く転職活動が行えます。

■ポイント2:企業から直接スカウトが届く

dodaに登録することで、専門知識や技能に興味をもった企業から直接スカウトが届く場合があります。

■ポイント3:書類対策・面接対策も徹底サポート

転職活動では必須の書類対策や面接対策、そして面接の日程調整までアドバイザーが徹底サポートしてくれます。

未経験職への転職におすすめのエージェントはこちら

3位:パソナキャリア

■Point1:2019年オリコン顧客満足度調査 転職エージェント第1位
パソナキャリアは、顧客満足度調査No.1に選ばれた転職エージェントです(オリコンが利用者3,346人、対象企業38社に対して調査)。

■Point2:累計25万人の転職実績
転職を支援した25万人分のノウハウを活かして転職をサポートしてくれます。

■Point3:年収アップに期待大
転職後に年収がアップした割合は、67.1%に上ります。高確率で年収をアップできます。

パソナキャリアの転職サービス一覧や、口コミ・評判、利用するメリット・デメリットはこちら


総合型転職サイトおすすめ2選

総合型転職サイトの中からおすすめを2つ紹介します。

ビズリーチ(BIZREACH)

■ポイント1:スカウトが届くハイクラス転職サイト

年収1,000万円を超える求人が全体の3分の1以上というハイクラス転職を目指す人向けのサイトです。

■ポイント2:8割以上がスカウトをきっかけに転職

ビズリーチでの登録者の8割以上が企業からのスカウトをきっかけに転職に成功しています。職務経歴に興味をもった企業やヘッドハンターから直接スカウトが届くのが特徴です。

■ポイント3:非公開案件や経営幹部のための案件が多数

多数の非公開案件や企業の経営幹部のための求人が多数あり、管理職として転職を希望する方には特におすすめです。

ビズリーチのサービス詳細や、利用者の口コミ・評判はこちら

※年収600万円以上の方の支持No.1=シード・プランニング社による「転職サイト利用動向調査」より(2016年8月、9月に調査実施)

30・40代、管理職向けハイクラス転職サイトの紹介はこちら

Green

>>>Green公式サイトをチェックする<<<

■ポイント1:IT業界やWeb業界の求人に強みをもつ転職サイト

主にIT業界やWeb業界を中心とした求人情報を扱っている転職サイトです。2,800社以上の企業と1万5,000以上の求人が掲載中です。

■ポイント2:幅広い分野の求人

Greenは、スタートアップ企業やベンチャー企業だけでなく、上場企業や外資系企業の求人案件も幅広く扱っています。経理や会計業務の求人もあります。

■ポイント3:未経験からの転職活動にもおすすめ

未経験からの転職や残業が少なめの職場、そして20代が中心の職場など、さまざまな特徴で仕事の検索が可能です。

>>>経理転職に強い転職サービス一覧はこちら

次の記事では転職サイトとエージェントのおすすめを各年代別・女性向けなどに分類して紹介し、選び方や転職の際に必要な知識まですべてまとめています。

経理への転職の注意点

営業職などと比べると経理職の求人は狭き門と言われています。転職活動を成功させるための注意点を経験・スキル別に紹介します。

経理から

経理の方がキャリアアップを目指す場合、まずは主計の経験をしっかりと積み、その後、管理会計、財務、税務などのスキルを伸ばしていくことが求められます。

一般的に、大企業の経理では、高度な会計処理に携われるというメリットの反面、業務が細分化されているため次の転職時に経験を評価されにくいというデメリットもあります。

中小企業やベンチャー企業の場合では、幅広い業務に携われるというメリットの反面、専門性の高い業務が少なくなるというデメリットがあります。

それぞれのメリット・デメリットに注意しながら企業を選びましょう。

税理士から

大手企業の経理の求人では「上場企業での経理経験が5年以上」など、経理業務の経験が必須とされています。しかし、税理士の方の場合、経理部門での業務経験がなくても面接が受けられる可能性があります。

面接では会計事務所での経験・実績を具体的に話しアピールしましょう。

ただし、大手企業では「税務部門」と「経理部門」が分かれていることがあり、後者を選択すると税理士としての税務経験が活かせなくなるということに注意しましょう。

また、税務・会計業界と違い、一般企業の経理では「転職回数」も判断材料として用いられる可能性があるということにも注意が必要です。

転職回数が多い方は、面接で質問された際、理由をポジティブに話せるように準備しておきましょう。

未経験から

未経験から経理部門に転職したい場合、会計に関する幅広い知識が求められるので、簿記の資格は必須です。

一方、経理部門の統括のためにマネジメント経験をもった人材を募集している企業もあるため、最低限の経理知識しかなくても、それまでのマネジメント経験を評価されて転職に成功するケースもあるようです。

自分のスキルを磨きつつ、粘り強く転職活動を続けましょう。

経理の仕事について詳しく知りたい方は、次の記事も合わせてお読みください。

経理に強い転職サイト選びを

経理は、企業のお金の動きを管理し、経営を支える重要な仕事です。専門性の高い仕事ですが、人材が不足している企業では未経験の方も求人募集しているケースがあります。

自分に合った転職サイトや転職エージェントを見つけることで、強みを発見できたり、プロのアドバイザーから的確な助言をもらえたりするため、転職活動の不安を解消できます。

転職活動を開始するにあたっては、まず転職サイトや転職エージェントを積極的に利用し、自分に合った企業を見つけましょう。

>>>経理転職に強い転職サービス一覧はこちら

【年代や性別】おすすめ転職サービス

年代20代30代40代以上
性別男性女性
転職回数はじめて2回目3回目以上
現在年収400万円以下400万円600万円700万円1000万円

【47都道府県】おすすめ転職サービス

北海道・東北地方
北海道(札幌) 青森 岩手 宮城(仙台) 秋田 山形 福島

関東地方
東京 神奈川(横浜) 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬

中部地方
愛知(名古屋) 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡

近畿地方
大阪 京都 兵庫(神戸) 奈良 三重 滋賀 和歌山

中国地方
鳥取 島根 岡山 広島 山口

四国地方
徳島 香川 愛媛 高知

九州・沖縄地方
福岡(博多) 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
求人・転職情報(職種・仕事内容)の最近更新された記事
データサイエンティストとは | スキルセット・仕事内容・将来性を徹底解説
フロントエンドエンジニアとは | 仕事内容と年収・スキル - 将来性について
Webエンジニアとは | 仕事内容・年収・スキル・未経験からの転職方法と将来性
インフラエンジニアとは | 仕事内容や年収・スキル・資格 - 未経験からの転職方法
システムエンジニア(SE)とは | 仕事内容や年収・必要なスキル・種類を解説
SIerとは | SEとの違いや業界の実態、仕事内容についてわかりやすく解説
ITエンジニアとは | 仕事内容・種類・年収・未経験から転職する方法
エンジニアとは|仕事内容と種類ごとの年収・特徴・未経験からの転職ポイント
経理とは | 仕事内容・業務の流れ・会計や財務との違いも解説
営業職の仕事内容を業界別に解説 | 基本業務・向いている人の特徴・1日の流れ