健康管理システムの関連情報

コピー完了

記事TOP

無料で使えるおすすめの健康管理システム4選!ツールの特徴と選ぶ際のポイントを解説!

最終更新日:(記事の情報は現在から12日前のものです)
この記事では、無料で使えるおすすめの健康管理システムを紹介します。有料・無料ツールの違いや選ぶ際のポイントなどをわかりやすく解説しています。導入する健康管理システムを探している方はぜひ参考にしてみてください。

【厳選】健康管理システム・ストレスチェックサービスをまとめてチェック!
健康管理システムの比較表
\特典【完全版】機能・価格比較表/

おすすめ健康管理システム・ストレスチェックサービスの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。資料請求特典の比較表では、価格や細かい機能、連携サービスなど、代表的なシステム・サービスを徹底比較しています。ぜひ健康管理システム・ストレスチェックサービスを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

健康管理システムとは

健康管理システムとは、社員の健康に関するデータを一元管理するシステムです。

従業員の健康診断管理やストレスチェック、面談管理のような機能をはじめ、健康データの分析・レポートや健康増進サポートなど健康経営に役立つ機能を備えています。

健康管理システムとは?機能やメリット・選び方・導入時の注意点
健康管理システムとは、従業員の健康診断やストレスチェックなどの健康管理業務を効率化するツールです。健康状態の可視化...
詳細を見る
健康経営とは?企業にもたらすメリット・評価方法・ポイントを徹底解説
健康経営とは、企業が従業員の健康に配慮した環境構築を行い、生産性向上を実現するものです。そのメリットは多岐にわたり...
詳細を見る

無料の健康管理システムのメリット

無料の健康管理システムのメリットについて解説します。

健康管理の効率化

無料の健康管理システムでも、従業員の健康データを一元管理する機能が提供されていることが多いです。

健康診断結果やストレスチェックなどのデータを一括して管理することで、管理業務の効率が向上します。従業員の健康状態やメンタルヘルスの変化をタイムリーに把握できるようになり、迅速な対応が可能です。

費用損失のリスク回避

健康管理システムを導入する場合、システムが実際に企業のニーズに適しているかどうかを確認する前に導入費用や利用料が発生します。

無料の健康管理システムであれば、本格導入前に、費用をかけずに複数のシステムを試験導入し、その機能や使い勝手を比較できます。これにより、導入後に「思っていたのと違う」といったリスクを回避できるでしょう。

健康管理システムの機能の比較

無料の健康管理システムをいくつか試すことで、それぞれのシステムが持つ独自の機能や特徴を実際に体験し比較できます。

たとえば、あるシステムはストレスチェックに特化している一方、別のシステムは健診データの管理に優れているかもしれません。このような健康管理システムの違いを直接体験することで、企業は自社のニーズに最も適した機能を持つシステムを選択できるでしょう。

従業員のフィードバック収集

複数の健康管理システムを試すことで、実際に使用する従業員からのフィードバックを収集できます。

従業員の意見や感想をもとに、どのシステムが最も使いやすく、効果的であるかを判断します。従業員の満足度が高いシステムを選ぶことで、導入後の定着率や利用率が向上するでしょう。

法令遵守のサポート

企業は従業員の健康管理に関する法律や規制を遵守する必要があります。無料の健康管理システムでも、これらの法令遵守に対応していることが多く、適切なデータ管理と報告を助けます。

定期的な健康診断やストレスチェックの実施や結果の報告など、法的要件を満たすための機能があれば、企業のコンプライアンス遵守と健康経営の実現につながるでしょう。

無料の健康管理システムを選ぶときのポイント

無料の健康管理システムを選定する際は、いくつかの基準が存在します。代表的な基準についてわかりやすく解説します。

必要な機能があるか

無料の健康管理システムで利用可能な機能は主に次のとおりです。必要な機能のある健康管理システムを選ぶようにしましょう。

  • 健康診断の管理
  • ストレスチェック
  • 労働基準監督署への報告書作成
  • 健康データの分析・レポート
  • コンディション管理

セキュリティ対策が万全か確認する

無料の健康管理システムを選ぶ際は、セキュリティ対策が万全か確認してください。従業員の健康情報は個人情報にあたるので、漏えいや改ざんなどのリスクを防ぐ必要があります。

クラウドサービスを選ぶ場合は、SSL暗号化や二要素認証などのセキュリティ機能が備わっているかどうかをチェックしましょう。

データ連携やAPI連携ができるか確認する

無料の健康管理システムを選ぶ際は、データ連携やAPI連携ができるか確認してください。健康管理システムだけでなく、他のシステムともデータをやり取りできると、業務効率や分析精度が向上します。

たとえば、人事管理システムと連携できれば、従業員の基本情報を自動的に反映可能です。また、API連携ができれば、自社のシステムやアプリとも簡単に連携できます。

操作性や使い勝手がよいか試してみる

健康管理システムを選ぶ際は、操作性や使い勝手がよいか試してみてください。無料デモや無料トライアルを利用して、実際にツールを使ってみることをおすすめします。

とくに、管理者側の管理画面だけでなく、実際に従業員に回答してもらう画面についても、使い方がわかりやすく快適に利用できるか確認しましょう。

無料で使えるおすすめの健康管理システム

健康管理システムの中で無料で使えるおすすめのツールを紹介します。無料の範囲でできることや機能制限などを記載しているので、健康管理システム選びの参考にしてください。

ストレスチェックサービス「ストレスチェッカー」 - 株式会社HRデータラボ

ストレスチェックサービス「ストレスチェッカー」
ストレスチェックサービス「ストレスチェッカー」
BOXIL SaaSセクション | BOXIL SaaS AWARD 2024
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

無料で利用できる機能と制限

  • ストレスチェック年1回
  • 20年間データ保管
  • 集団分析組織数無制限

ストレスチェックサービス「ストレスチェッカー」は、法令に準拠したストレスチェックや高ストレス者のケア、職場改善の支援などを行う健康管理システムです。無料プランでは、従業員数1000名未満の法人が対象で、年1回のストレスチェックが利用できます。

無料プランでは次の機能に制限がかかる、または利用できません。

機能 制限
従業員数 1000名未満まで
サーベイ回数 年1回まで
サーベイ 基本のストレスチェックと集団分析のみ

無料デモ・トライアルを実施しているおすすめの健康管理システム比較3選

無料デモ・トライアルを実施しているおすすめの健康管理システムを紹介します。

すこやかサポート21 - 株式会社インテージテクノスフィア

すこやかサポート21
すこやかサポート21
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

無料で利用できる機能

すこやかサポート21は、健診・問診・保健指導・残業時間データなどのあらゆる健康情報を統合管理できる健康管理システムです。企業人事労務担当、産業保健スタッフのほか、従業員個人も自身の健康データを閲覧できます。

このシステムは無料デモを利用できます。

Carely - 株式会社iCARE

Carely
Carely
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

無料で利用できる機能

  • 健康診断の就業判定
  • ストレスチェックの実施
  • 面談記録の作成・共有

Carely(ケアリィ)は、健康診断データの一元管理や産業医との面談管理、ストレスチェックの実施など、健康管理に関するさまざまな機能を持った健康管理システムです。有料オプションで、産業医の紹介やメンタルヘルス相談窓口の用意など、ソフトウェアだけでは解決できない課題にも対応しています。

Carelyには1か月間の無料トライアルがあるため、ぜひ試してみましょう。

ラフールサーベイ - 株式会社ラフール

ラフールサーベイ
ラフールサーベイ
BOXIL SaaS AWARD Summer 2024 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

無料で利用できる機能

ラフールサーベイは、従業員にさまざまな質問をして得た回答結果を分析し、組織と個人の状態を可視化する組織改善サーベイです。従業員の組織に対するエンゲージメントやメンタルヘルスなどを測定し、分析結果や改善策を提供します。

ラフールサーベイは無料デモを利用可能です。

自社に合った健康管理システムを選ぶには、各サービスの内容を比較することが重要です。気になるサービスの資料をダウンロードして自社に合うのか検討してみましょう。

\【限定特典】健康管理システム比較の比較表付き/

無料と有料の違いは?よくある機能制限と注意点

無料の健康管理システムでよくある機能の制限をまとめました。

利用できる従業員数に制限がある

無料で使える健康管理システムを使う際は、利用できる従業員数に注意してください。無料トライアルでは、10人以下や50人以下といった登録できる従業員数に上限が設定されていることがあります。

事業規模が大きく、多くの従業員の健康管理を行いたい場合は、無料トライアルでは対応が難しくなります。

データの移行や引き継ぎに制限がある

無料で使える健康管理システムを使う際は、データの移行や引き継ぎに注意してください。無料トライアルでは、他のシステムからデータを移行したり、有料プランに切り替えたりする際に手間がかかることがあります。

たとえば、CSVファイルやAPIなどを使ってデータをインポート・エクスポートできるかどうかを確認しましょう。また、有料プランに切り替える際には、無料トライアルで入力したデータがそのまま引き継げるかどうかも重要です。

分析やレポート機能に制限がある

無料で使える健康管理システムを使う際は、分析やレポート機能に注意してください。無料トライアルでは、健康データを分析したり、レポートを作成したりする機能が制限されていることがあります。

たとえば、グラフやチャートなどの視覚的な表現ができなかったり、レポートの種類や項目が少なかったりします。健康経営の効果測定や改善策の検討に役立つ機能が利用できるかどうかをチェックしましょう。

有料の健康管理システムを検討するべきケース

企業規模や健康管理システムに求めていることによっては、無料ツールでは叶えられないケースが存在します。有料サービスを検討した方がよいケースをまとめているので参考にしてみてください。

社員数が多い場合

健康管理システムの無料版は、社員数によって利用できる範囲が制限されている場合があります。たとえば、無料版では10人以下の社員しか登録できなかったり、1人あたりのデータ保存回数が少なかったりすることがあります。

社員数が多い場合は、無料版では十分に健康管理システムを活用できない可能性が高いです。社員数が多い場合は、有料サービスを検討しましょう。

高度な分析機能やレポート機能が必要な場合

無料の健康管理システムは、基本的な機能に限定されていることが多いです。たとえば、健康診断や勤怠記録、ストレスチェック受検などのデータを記録できても、それらのデータを分析してレポートにまとめる機能はない場合があります。

高度な分析機能やレポート機能が必要な場合は、有料サービスに切り替えることをおすすめします。

サポートやアフターフォローを求める場合

無料の健康管理システムは、サポートやアフターフォローがない可能性があります。有料サービスならば、導入から運用までのサポートやアフターフォローを行ってくれます。

また、不具合やトラブルが発生した場合も、有料サービスは迅速に対応してくれます。サポートやアフターフォローを求める場合は、有料サービスを検討した方がよいでしょう。

無料の健康管理システムを健康経営のきっかけに

無料の健康管理システムを試してみることで、健康経営に必要な視点や取り組みが具体的に明らかになるはずです。従業員のパフォーマンスやエンゲージメントを低下させることなく、組織強化を図ることに挑戦してみましょう。

自社に合った健康管理システムを選ぶには、各サービスの内容を比較することが重要です。気になるサービスの資料をダウンロードして自社に合うのか検討してみましょう。

健康管理システムは次の記事でも詳しく紹介しています。

【比較表あり】健康管理システム比較12選!価格・選び方・おすすめクラウド
【最新比較表つき】健康診断に関する業務を一元管理できる「健康管理(健診)システム」。健康経営の注目により健康管理シ...
詳細を見る

\【限定特典】健康管理システム比較の比較表付き/

健康管理システム(ストレスチェック)選び方ガイド_20240226.pptx.pdf
健康管理システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
健康管理システムの最近更新された記事