健康管理システムの関連情報

コピー完了

記事TOP

健康管理システムとは?機能やメリット・選び方・導入時の注意点

最終更新日:(記事の情報は現在から94日前のものです)
健康管理システムとは、従業員の健康診断やストレスチェックなどの健康管理業務を効率化するツールです。健康状態の可視化やフォローサポートの最適化の機能も搭載されており、健康経営の課題を解決したい企業におすすめです。本記事では、健康管理システムの機能やメリット、選び方を解説します。

【厳選】健康管理システム・ストレスチェックサービスをまとめてチェック!
健康管理システムの比較表
\特典【完全版】機能・価格比較表/

おすすめ健康管理システム・ストレスチェックサービスの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。資料請求特典の比較表では、価格や細かい機能、連携サービスなど、代表的なシステム・サービスを徹底比較しています。ぜひ健康管理システム・ストレスチェックサービスを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

健康管理システムとは

健康管理システムとは、従業員の健康診断やストレスチェックなどの健康管理業務を効率的に行うシステムのことです。従業員の健康状態の可視化やデータの一元化、フォローやサポートの最適化が図れます。

また、会社の健康経営の推進にもつながるため、導入を検討している企業が増えている傾向にあります。

健康管理システムの主な機能

健康管理システムには、主に次のような機能が備わっています。

健康診断の予約・管理

健康管理システム上で健康診断の予約ができます。さらに予約状況の管理、健康診断の実施状況や受診率などの管理も簡単に行えます。

健康診断結果の管理

健康診断の結果は健康管理システムに自動的に反映され、従業員は自身の健康診断結果を確認できます。また、管理者は健康診断結果に基づき、健康指導や特定保健指導の対象者の抽出が可能です。

ストレスチェック

健康管理システムには、ストレスチェックの機能もあります。従業員は自身のストレスレベルを測定できます。また、ストレスチェックの実施状況や結果の集計・分析も行えます。

労働基準監督署への報告書作成

一元管理しているデータから労働基準監督署への報告書の作成を行える機能です。健康診断やストレスチェックの実施状況や結果をもとに、報告書のテンプレートに自動的に入力されます。報告書はPDFやExcelなどの形式で出力可能です。

産業医・保健師との面談

健康診断結果やストレスチェック結果に基づいて、健康指導や特定保健指導の対象者の抽出ができます。高ストレス者、健康指導が必要な方において、産業医や保健師との面談を実施できる機能です。

面談面談日程の調整もシステム上で行えます。面談前の健康診断結果のデータ共有や面談後のレポートも管理できます。

健康管理システムの導入メリット

健康管理システムを導入することで、次のようなメリットが挙げられます。

  • 健康診断管理業務の効率化
  • 従業員の健康状態の可視化
  • フォローやサポートの最適化
  • 健康経営の推進

健康診断管理業務の効率化

健康診断の予約や管理、結果の反映や抽出などの業務がシステム上で効率的に行えます。これにより、健康診断管理業務にかかる時間やコストの削減につながります。

従業員の健康状態の可視化

健康管理システムによって従業員の健康状態を可視化できるようになります。さらに、従業員は自身の健康診断結果やストレスレベルをいつでも確認できます。これにより、健康意識の向上や早期発見・早期対応が可能になります。

フォローやサポートの最適化

健康管理システムで個々の健康状態を可視化できることにより、サポートが必要な方に必要な対応を実施できるようになります。

また、産業医や保健師との面談の機能を使って、従業員に個別にアドバイスやサポートを提供できるため、健康状態の改善や維持につながります。

健康経営の推進

会社の健康経営を推進し、組織の生産性や競争力の向上が目指せます。また、健康経営の取り組みを社内外にアピールすることで、従業員のモチベーションやエンゲージメントを高めることにもつながります。

健康管理システムを選ぶときのポイント

健康管理システムを選ぶときには、次のポイントを意識して選ぶとスムーズです。

  • 必要な機能が備わっているか
  • 運用に乗せられるか
  • 導入形態・費用は適切か
  • 健康をサポートする機能はあるか
  • 使いやすいか・管理しやすいか

必要な機能が備わっているか

健康管理システムは、システムによってさまざまな機能が備わっていますが、選ぶ際は自社の業種や規模、健康管理の目的や課題などに応じて、必要な機能を絞り込んでから選ぶと良いでしょう。

たとえば、労働基準監督署への報告書作成の機能は、50人以上の従業員を雇用する事業主には必須となる機能ですが、10人以下の従業員を雇用する事業主には必要ない機能です。

機能の多さが費用に関係する場合も多いため、使わない機能が多いのに高い費用を支払っているといった状態にならないよう、必要な機能や解決したい課題を明確にしてから選びましょう。

運用に乗せられるか

健康管理システムを選ぶときには、自社の運用に乗せられるかどうかも重要なポイントです。

たとえば、すでに独自で産業保健活動や運用を実施している場合には、新しく導入する健康管理システムのフローにスムーズに乗せられる場合は問題ありませんが、カスタマイズが必要であったり、対応できなかったりする場合もあります。

システムの設定やカスタマイズ、オプション機能などを確認しておくとスムーズでしょう。

導入形態・費用は適切か

健康管理システムには、クラウド型やオンプレミス型などの導入形態があります。クラウド型は、インターネット経由でシステムを利用する形態で、初期費用や運用費用が低く、メンテナンスやアップデートも楽なメリットがあります。

一方、オンプレミス型は、自社のサーバーにシステムをインストールする形態で、セキュリティやカスタマイズの自由度が高いメリットがあります。自社のニーズや予算に合わせて、最適な導入形態を選びましょう。

健康をサポートする機能はあるか

健康管理システムには、健康診断やストレスチェックだけでなく、健康に関する情報やアドバイス、健康に役立つサービスや商品の紹介などの機能が備わっているサービスもあります。

なかには従業員同士のコミュニケーションを促す機能があるものもあり、コミットメントやエンゲージメントを高めることにつながるでしょう。

必要に応じてこれらの機能があるかどうかも確認しておくと安心です。

使いやすいか・管理しやすいか

健康管理システムは、従業員や管理者が頻繁に利用するサービスのため、操作性やユーザビリティが高いことが望ましいです。また、個人情報や医療情報を扱うため、セキュリティやバックアップなどの管理が強固であることも選定ポイントになります。

おすすめの健康管理システム

【特典比較表つき】『健康管理システムの資料8選』 はこちら⇒無料ダウンロード

サービス名ストレスチェックサービス「ストレスチェッカー」
ストレスチェックサービス「ストレスチェッカー」
ラフールサーベイ
ラフールサーベイ
HELPO
HELPO
ハピルス健診代行
ハピルス健診代行
Smart相談室
Smart相談室
Carely
Carely
すこやかサポート21
すこやかサポート21
バリューHR 健診予約システム
バリューHR 健診予約システム
ORIZIN
ORIZIN
STRESCOPE
STRESCOPE
健康経営支援サービス HPM
健康経営支援サービス HPM
M-Check+
M-Check+
newbie
newbie
Wearable Connect
Wearable Connect
ユーザーレビュー
4.33
4.39
4.07
4.5
4.42
4.64
4.29
4.5
4.0
5.0
5.0
0.0
0.0
0.0
健康診断結果の管理
残業時間の管理
ダッシュボード・分析機能
ストレスチェック
高リスク者の抽出
再検査の推奨通知
労働基準監督署へ提出する報告書の作成
アンケートの配信
産業医との面談
面談管理
診断結果のデータ出力
労務管理システム・勤怠管理システム連携
初期費用
0円(税抜)〜
150,000円(税抜)〜
500円(税抜)〜
月額固定費用
16,000円(税抜)〜
90,000円(税抜)〜
月額従量課金
50円(税抜)〜
無料プラン
無料トライアル
対応言語
  • 英語
  • 日本語
  • 英語
  • 中国語
  • ベトナム語
  • タイ語
  • 日本語
  • 日本語
  • 日本語
  • 日本語
  • 日本語
  • 英語
  • 日本語
  • 日本語
  • 英語
  • 中国語
  • 韓国語
  • スペイン語
  • フランス語
  • ポルトガル語
  • ベトナム語
  • タイ語
  • 日本語
  • ほか多数の言語
  • 日本語
  • 日本語
  • 日本語
  • 日本語
  • 日本語
導入形態
  • クラウド
  • クラウド
  • クラウド
  • クラウド
  • クラウド
  • クラウド
  • クラウド
  • クラウド
連携サービス
  • SmartHR
  • カオナビ
  • SmartHR
  • freee人事労務
  • CYDAS
  • SmartHR
  • チムスピ勤怠(旧TeamSpirit)
  • SmartHR
  • KING OF TIME
  • COMPANY 勤怠管理システム
  • SmartHR
  • PCA給与DX
SOC
ISO
  • ISO/IEC 27001
  • ISO/IEC 27001
  • ISO/IEC 27001
  • ISO/IEC 27018
  • ISO/IEC 27001
  • ISO/IEC 27001
  • ISO/IEC 27001
  • ISO/IEC 27017
  • ISO/IEC 27001
  • ISO 9001
  • ISO/IEC 27001
二段階認証
アクセス権限の設定
シングルサインオン

一覧で料金・機能を比較したい方にはBOXILが作成した比較表がおすすめです。各社サービスを一覧で比較したい方は、下のリンクよりダウンロードしてください。

【特典比較表つき】『健康管理システムの資料8選』 はこちら⇒無料ダウンロード

※ダウンロード可能な資料数は、BOXILでの掲載状況によって増減する場合があります。

次の記事では、口コミ評判で人気の健康管理システムを多く紹介しています。健康管理システムを比較検討したい方は、ぜひ参考にしてください。

【比較表あり】健康管理システム比較12選! | 価格・選び方・おすすめクラウド
【最新比較表つき】健康診断に関する業務を一元管理できる「健康管理(健診)システム」。健康経営の注目により健康管理シ...
詳細を見る

健康管理システムを導入するときの注意点

健康管理システムを導入するときには、次のような注意点も覚えておきましょう。

システムの選定や導入に時間がかかる

健康管理システムの導入には一般的に数か月程度の時間を要します。導入にあたって、システムの設定やデータの移行、従業員や管理者へのシステム利用の説明や教育、マニュアル作成やルール策定なども必要になります。

データだけでは健康状態を判断できない

健康管理システムを導入したあとも、診断データだけでは健康状態を判断できないことを忘れてはいけません。健康管理システムは、従業員の健康状態やリスクについて定量的な把握はできますが、それだけでは健康状態の全体像を捉えられません。

たとえば、それぞれのライフスタイルや働き方、心理状態や感情なども健康状態に関係します。健康管理システムは、あくまで健康管理のツールであり、健康管理の目的や意義を見失わないことが大切です。

健康管理システムの導入で従業員の健康を適切にサポート

健康管理システムとは、従業員の健康管理業務を効率的に行うためのシステムです。健康状態を可視化し、必要な場合に適切なフォローやサポートをし、従業員の健康を支援し守ります。

また、会社の健康経営の推進にもつながります。健康管理システムを選ぶときには、必要な機能や導入形態、費用などを考慮して選びましょう。

健康管理システムにはさまざまな種類がありますが、自社のニーズや予算に合ったものを選ぶことが重要です。また、導入にあたって、健康管理の目的や意義を見失わないようにしましょう。

\料金や機能を資料で比較する!/

健康管理システム(ストレスチェック)選び方ガイド_20240226.pptx.pdf
健康管理システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
健康管理システムの最近更新された記事