コピー完了

記事TOP

健康管理システム・サービス比較 | メリット・市場規模 - ストレスチェック義務化で職場は改善するのか

最終更新日:
2015年より従業員50名以上の企業は年1回のストレスチェックが義務付けられました。これにより健康管理システム導入を検討する企業が増え、市場は年々拡大しています。従業員の健康管理に役立つツール「健康管理システム」についてメリットから市場規模、導入事例などを解説します。

従業員の健康管理が求められるワケ

労働安全衛生法の改正によって、従業員の健康を管理することは、会社の重要な責務のひとつになりました。

長時間労働や過度なストレスによる労災認定や損害賠償証責任を回避するためにも、会社は健康診断だけでなく、フィジカル・メンタル両方のヘルスマネジメントが必要です。

そこで役立つのが健康管理システムです。

報告書作成の工数を減らせる

会社は1年に一度、定期健康診断を実施しなければなりません。その実施状況は労働基準監督署に報告書として提出しますが、この報告書の作成にはかなりの労力が必要です。

健康管理システムには、監督官庁に提出の資料作成機能があることが多く、作成にかかる工数を減らせます。そのほか、健診データの一元管理や報告書の提出状況も確認できるので、実施漏れや提出漏れを防げます。

このように健康管理システムは、健康管理にかかるコストを削減できるツールといえます。

従業員・職場の課題が把握しやすくなる

健康管理システムでは、担当業務や職位・勤務時間などの労働環境と、健康診断の検査結果や生活習慣、ストレスチェックの記録が一元管理できるので、健康リスクがある従業員を把握しやすくなります。

また従業員の健康状況と働き方の両方を管理できるため、どの部署のどんな労働環境が悪いのか、職場環境の改善策を考えやすくなります。

離職率低下につながる

健康管理システムは、従業員の労働時間管理にも使えます。長時間労働がないか、休日出勤がないかを確認して、体調に影響が出ないようにチェックします。

そして必要であれば、会社として働き方を見直して職場環境を改善できるので、従業員は働きやすくなります。

従業員が健康を保てない労働環境は、離職率が高い傾向があります。この健康管理システムは健康リスクを予防でき、そのため離職率の低下にもつながります。

健康管理システム・サービスおすすめ比較

健康管理システムを検討中の方々へ、おすすめのサービスを紹介します。本記事で紹介している健康管理システムのさらなる詳細や、紹介しきれなかったサービスについてはこちらからご覧になれます。

バリューHR 健診予約システム - 株式会社バリューHR

バリューHR 健診予約システム - 株式会社バリューHR 画像出典:バリューHR 健診予約システム公式サイト

  • 健康診断の準備からアフターフォローまで
  • 従業員の診断結果を一元管理
  • 必要サービスを選べるカフェテリアプランも

バリューHR 健診予約システムは、健康診断、健康管理業務のアウトソーシングサービスです。健康診断の予約から、実施後の事務代行、受診者のアフターフォローまでワンストップでサポート。従業員の診断結果を電子データ化し、クラウド上で一元管理できます。ストレスチェックシステムによって、身体だけでなく心のケアにも対応可能。ポイント制で好きなメニューを選択できるカフェテリアプランもあります。

ハピルス健診代行 - 株式会社ベネフィット・ワン

ハピルス健診代行 - 株式会社ベネフィット・ワン 画像出典:ハピルス健診代行公式サイト

  • 提携検診機関数およそ2,800、巡回検診は年5,800回の実績
  • 診断結果の"見える化"で健康リテラシー向上
  • 健診以外にも充実したサポート

ハピルス健診代行は、健康診断の予約から精算までワンストップで代行、事務負担軽減や健康リテラシー向上を支援する健診代行サービスです。就業時間や休日でも、多様な予約受付方法で受診者の利便性を確保。健診結果はスマートフォンやパソコンからいつでも確認でき、自身の健康状態を把握することで疾患予防につながります。ストレスチェックに対応しており、心身ともにサポートするメニューを用意しています。

newbie(ニュービー) - 株式会社マイクロウェーブ

newbie(ニュービー) - 株式会社マイクロウェーブ 画像出典:newbie(ニュービー)公式サイト

  • 健診やメンタルチェックで健康状態を可視化
  • ストレスチェックは何度やっても追加料金なし
  • 健康情報のペーパーレス化により働き方改革を支援

newbie(ニュービー)は、社員の健康管理×ITにより、企業の健康状態を見える化する健康管理・ストレスチェックシステムです。健診やストレスチェックなど、すべての健康情報をダッシュボードで管理や確認できるので、人事労務の業務を効率化できます。健康課題を適切に見える化することで、健康サイクルの促進や生産性の最大化につながります。

ラフールサーベイ- 株式会社ラフール

ラフールサーベイ- 株式会社ラフール 画像出典:ラフールサーベイ公式サイト

  • 多角的に現状把握できる2種類の調査
  • 直感的なグラフで離職リスクを早期発見
  • 詳細な分析結果から組織課題を細かに把握

ラフールサーベイは、ストレスチェックを含む組織課題の調査・分析・対策提示を提供するメンタルヘルスシステムです。141項目のスタンダードサーベイでは包括的な状況把握ができ、ショートサーベイでは組織の状態を定点チェックして課題への対策効果を可視化。部署・男女別のデータ分析や、他部門との比較や経年変化の追跡が可能であることに加え、直感的なグラフで問題箇所を報告されるため、社内の高ストレス部門の早期発見が可能です。メンタル反応・フィジカル反応・エンゲージメント・職場環境といった細かな観点からも数値を算出することで、個人と組織両方の課題を細かに把握できます。

ヘルス×ライフ - 日通システム株式会社

ヘルス×ライフ - 日通システム株式会社 画像出典:ヘルス×ライフ公式サイト

  • 継続的なストレスチェックで課題を解消
  • 労働環境改善による従業員満足度向上
  • 生活習慣の目標管理・改善も可能

ヘルス×ライフは、心身・働き方・生活データの一元化・分析によって、健康経営を実現する健康管理システムです。健康診断結やストレスチェックの結果、残業時間のデータに限らず、日々の生活習慣や産業医・保健師との面談結果などのデータを一元管理することで、面談や保健指導を効果的に実施できます。従業員一人ひとりのストレス・健康リスクの要因に応じた労務環境の改善・ワークバランスを推進し、良好な職場環境を構築してくれるため、従業員満足度が向上し、離職率の低減につなげられます。日々の生活ログと目標値を健康情報データバンクに登録、スマートフォンを活用することで、いつでもどこでも生活習慣の目標管理・改善が行えます。

Wellness Eye

  • メンタルヘルスケアに特化 
  • 従業員の負担を軽減したストレスチェック
  • 従業員の情報を守る高セキュリティ

ソフトバンクグループのSBアットワークが提供するWellness Eyeは、ソフトバンクグループで蓄積したノウハウをもとに開発されたシステムです。 Webはもちろん、タブレットやスマートフォンからもアクセスでき、従業員が手軽に使えます。

また健康に関する情報は、当事者以外には知られたくない個人情報でもあります。プライバシーマークISO27001を取得した高いセキュリティで、大切な情報を保護します。

Carely(ケアリー)

  • 難しい法定義務にも対応
  • 従業員の健康保持・増進アドバイス
  • 生産性向上・組織活性化までフォロー

Carelyは、病院の予約手配から研修プログラムまで、ストレスチェックに関わる広範囲がカバーできるサービスです。義務付けられている法定健診や産業医の選任など、初めてではわからないことも丁寧にサポートしてくれます。もちろん、高ストレス者のケアや情報の一元管理などもできるので、安心してご利用になれます。

CARNAS

  • 健診機関・受診者・企業・健康保険組合が利用可能
  • 健診業務の作業効率を向上
  • 低コスト実現

主に健診機関向けに業務をサポートするシステムを提供してきたCARNAS。健診機関と、顧客である受診者・企業・健康保険組合が一体となったコラボヘルスを推進するCARNASシリーズの第一弾として、診療所・クリニック向けのサービスを提供しています。

また、クラウドサービスにより低コストが可能となり、導入しやすくなっています。ドクターやスタッフの日々のタスク、受診予定者の情報を把握できるほか、受診者向けのメニューとして「受診者向けWeb予約・結果参照サービス」が2019年度中に提供開始するようです。

ストレスチェックシステム

  • 凡庸性の高いストレスチェックシステム
  • 健診結果・勤務時間を一元管理
  • 各データの集計・分析が可能

情報システム開発を手掛ける麻生情報システムが提供するのは、ストレスチェックに特化した健康システムです。セキュリティ面ではISO9001、プライバシーマークを取得しています。

オリジナルの問診表やアンケートも可能で、アンケート結果を職場改善のツールとして活用できます。
また「健康管理支援システム」と連携すると、定期健診や勤務時間の管理ができます。

HM-neo

  • わかりやすいストレスチェック判定
  • 保健指導機能の充実
  • 健康管理スタッフへの相談が可能

HM-neoはNTTグループの健康管理システムとしてスタートしました。健診システム用のサーバーを使った社内イントラネットなので、セキュリティも高く安心です。

5分程度で終わるストレスチェックでは、「職場の対人関係」や「働きがい」などの分野をチェックでき、そのデータは集計や分析に使えます。また仕事のストレス判定は、図表で提供されるのでわかりやすくなっています。

HSS

  • 健診結果登録などの代行サービスも充実
  • 上司専用画面で細やかなサポートが可能
  • 健診判定をスクリーニング

HSSは健診結果、ストレスチェック、労働時間管理の3つをポイントに、健康に働ける環境作りをサポートします。

疲労蓄積度チェックやWEBアンケートもできるので、従業員の健康状態をいつでも測れます。また健診予約や結果登録、二次検査フォローまでできるので、人事の作業効率も上げてくれます。その他にも上司専用画面があるので、仕事の割り振りなどにも活用可能です。

健康管理に役立つサービス

従業員の健康管理を食の面からサポートするサービスも人気を集めています。職場にいながら栄養バランスのよい食事をとれるよう支援するサービスを紹介します。

オフィスおかん - 株式会社 OKAN

オフィスおかん - 株式会社 OKAN 画像出典:オフィスおかん公式サイト

特徴 | オフィスの食事を美味しく・健康的に・100円で

  • 管理栄養士が監修した惣菜をすべて一律100円で提供
  • 冷蔵庫や使い捨ての耐熱皿も含まれており、必要なのは電子レンジのみ
  • 従業員3人から1,000人超まで規模を問わずさまざまな業界での導入実績を持つ

<料金プラン>

初期費用 月額利用料(1人あたり)
お問い合わせ 54,600円〜

>>オフィスおかんの詳細・評判・口コミはこちら

OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜) - 株式会社KOMPEITO

OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜) - 株式会社KOMPEITO 画像出典:OFFICE DE YASAI公式サイト

特徴 | 働くオフィスワーカーに力と健康を

  • コンビニのような200〜300円のサラダやフルーツが100円で提供
  • 一切保存料を使用していない産地直送の野菜やフルーツをハンディサイズで
  • こだわり素材の惣菜を選べる「オフィスでごはん」とも組み合わせ可能

<料金プラン>

初期費用 月額利用料
50,000円 40,000円〜

>>OFFICE DE YASAIの詳細・口コミ・評判はこちら

次の記事では、福利厚生の観点から食事で社員の健康をサポートするサービスを紹介しています。

オフィスコンビニおすすめサービス | 仕組み・評判・導入メリット
オフィスにお弁当やお菓子を配達!社食デリバリーサービス

健康管理システムの市場規模

シード・プランニングの「健康経営関連市場の動向調査2017」によると、従業員が健康に支障をきたすことによるリスクを回避するための健康経営市場は、年々増加し2020年には1兆6,700億円の市場になると予測しています。

中でも健康管理システム市場では、ストレスチェックの義務化などによる法令順守、リスクマネジメントのための健康管理需要が増えて、2020年には69億円まで市場が拡大すると分析しています。

出典:アイ・ティ・アール「ITR Market View:健康管理支援システム市場2016」

市場規模拡大の背景

健康管理システムの市場規模拡大には、メンタルヘルスの不調による休業や退職、また自殺を防ぐために、2015年12月から、従業員50人以上の会社に年1回のストレスチェックの実施が義務化されたことが大きく影響しています。

従業員ひとり一人にストレスチェックを行い、メンタルヘルス不調者を把握することが義務化され、不調者には産業医との面談や、職場環境の改善が努力義務となりました。

ストレスチェック制度が義務付けられた背景

近年の年間自殺者数の増加、うつ病などによる休業や退職、過労自殺に対する労災補償の増加、労働時間で働き方の”量”だけでなく、ストレスがかかる環境かをチェックする働き方の”質”を重視するために、ストレスチェックの必要性がでてきました。

そこでメンタルヘルス不調者を早期に発見して、未然に防ぐ取り組みとして、ストレスチェックが義務付けられました。

4つのヘルスケア対策が実施されていた

政府は2000年に発表した「事業場における労働者の心の健康づくりのための指針」の中で、4つのヘルスケア対策を推進していました。

  • 労働者自身による「セルフケア」
  • 管理監督者による「ラインによるケア」
  • 社内の健康管理担当者による「事業場内産業保健スタッフなどによるケア」
  • 社外の専門家による「事業場外資源によるケア」

しかし自殺者は3万人を超える状況に

4つのヘルスケア対策を実施後も、年間自殺者数は3万人を超え続けました。

そこで2010年に厚生労働省内に「自殺・うつ病等対策プロジェクトチーム」を発足して、「職場におけるメンタルヘルス対策・職場復帰支援の充実」を掲げて、メンタルヘルスケアのよりいっそうの充実を目指しました。

その中には「管理職に対する教育」や「メンタルヘルス不調者の把握」、「メンタルヘルス不調者への対応」などが盛り込まれていました。しかし、2011年の年間自殺者数も3万人を超える結果となりました。

「第12次労働災害防止計画」始動

「労働災害防止計画」は労働災害を減少させることに取り組むことを定めた計画で、5年ごとに策定されます。

第12次では、2017年までに2012年比で労働災害による「死亡者数を15%以上減少」、「死傷者数(休業4日以上)を15%以上減少」させることを目標にしています。

その対策のひとつ「メンタルヘルス対策」では、メンタルヘルス対策に取り組んでいる企業の割合を80%以上にすることを目標としました。

健康管理システム導入で従業員のストレスチェックを

このように、従業員の健康管理がよりいっそう求められている背景があります。
健康管理にはストレスチェックのほかにも、労働時間のチェック、定期健診の実施と再検査対象者のフォロー、定期健診の報告書作成など、特に人事・労務担当者の負担が増えるばかりです。

しかし健康管理システムを導入することで、従業員がWEB上でストレスチェックができるので集計も簡単です。

また定期健診実施の管理や報告書の作成、労働時間の管理は、健康管理システムの基本メニューに入っている場合が多いので、人事・労務担当者の負荷軽減となり人件費削減につながります。

結果的に職場環境の改善をして労災リスクを回避し、人事・労務担当者の負荷軽減や離職者の防止が可能です。このような理由から、従業員のメンタルヘルスケアには健康管理システムの導入をおすすめします。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
健康管理システム(ストレスチェック)の最近更新された記事
メンタルヘルス市場動向 | 企業が取り組むヘルスケアの現状と今後、注目サービスも比較
健康経営実現に役立つサービス13選 | 生産性の向上実現・メリット
ストレスチェックで集団分析 | 最適な職場環境作りに役立つ【流れ・用途・実施方法】
ストレスチェックサービス比較 | 制度対応のシステム
ストレスチェック市場規模 | 義務化で拡大する外部委託市場で企業が見極めるべきこと
コーピングとは?種類と概要 | ストレスマネジメントの一環として取り組もう
健康保険とは?社会保険・国民健康保険との違いや退職後の”任意継続”について解説
ストレスチェックシートが作成できる無料テンプレート!【ワードで編集可能】
ストレスチェックの助成金を受け取れる条件は? | 助成金額や申請の流れも紹介!
パワハラの定義とは - 6種類・判断基準・事例と対策 - 相談はどこへ?