コピー完了

記事TOP

Web会議システムとは?仕組みやテレビ会議との違い・メリットを解説

最終更新日:(記事の情報は現在から84日前のものです)
Web会議システムとは、インターネットで映像や音声をやりとりできる便利なツールです。画面共有や録画などの機能も搭載されており、コスト削減や業務効率化などの課題を解決したい企業におすすめです。本記事では、Web会議システムの仕組みやメリット、選び方や導入ステップなどを解説します。

【厳選】おすすめWeb会議システムをまとめてチェック!
Web会議システムの比較表

Web会議システムの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。テレワーク・リモートワークの促進、移動コストの削減、会議しながら資料を共有、話しながら表情を確認するなど、さまざまな目的で導入されるWeb会議システムの比較にお役立てください。

Web会議システムとは

Web会議システムとは、インターネットを介して複数の人がリアルタイムで映像や音声をやりとりできるシステムのことです。テレビ会議システムとは異なり、専用の機器や回線を必要とせず、パソコンやスマートフォンなどの一般的なデバイスで利用できます。

Web会議システムは、コロナ禍での在宅勤務やリモートワークの普及に伴って、ビジネスシーンでの需要が高まっています。

テレビ会議システムとの違い

テレビ会議システムとは、専用の機器や回線を用いて、高品質の映像や音声を送受信するシステムのことです。テレビ会議システムは、大規模な会議や重要な商談などに向いていますが、導入には高額な費用や設置スペースが必要です。

また、参加者は事前に決められた会議室に集まる必要があります。

Web会議システムは、テレビ会議システムに比べ、導入や利用にかかる費用や手間が少なく、場所や時間にとらわれずに参加可能です。しかし、インターネットの回線状況やデバイスの性能によって、映像や音声の品質が低下する場合もあるため、納得できるものを選ぶ必要があります。

テレビ会議・Web会議システムの違いは?メリット・デメリット
テレビ会議システムとWeb会議システムの違いを解説します。テレビ会議システムはハードウェアで大画面に出力し、Web...
詳細を見る

オンライン会議とWeb会議の違い

オンライン会議とWeb会議は、名称こそ異なりますが、どちらも「インターネットを介して行う会議」を指す同義語です。パソコン、タブレット、スマートフォンなどのデバイスを使用して、インターネット回線を通じて実施します。Zoom、Microsoft Teams、Google Meetなどのプラットフォームは、このようなオンライン上での会議を行うツールとして広く利用されています。

Web会議システムの仕組み

Web会議システムを使った会議は次のような仕組みで動いています。

  • 接続形態
  • 映像・音声処理の構成
  • コーデック

接続形態

Web会議システムの接続は、サーバーにパソコンやスマートフォンがアクセスする形態です。

サーバーのサービス会社が提供するサーバーを使用する場合はクラウド型、社内のネットワークに構築する場合はオンプレミス型といいます。

映像・音声処理の構成

取り込んだ映像と音声データは圧縮化(符号化)して相手の接続先へ送り、データを復号化して内容の確認を行います。

これらのやり取りで拠点間の映像や音声でのコミュニケーションが可能となります。

コーデック

コーデックとは、映像や音声を圧縮・伸張する技術のことです。Web会議システムでは、インターネットの帯域を効率的に利用するために、コーデックを用いて映像や音声を圧縮して送受信します。

Web会議システムの種類

Web会議システムの種類には、主にクラウド型とオンプレミス型に分けられます。

クラウド型

Web会議システムのサーバーをインターネット上のクラウドサービスに委託するタイプです。

専用の機器や回線を必要としないため、導入や運用にかかる費用や手間が少なく、常に最適な環境で利用できることがメリットとして挙げられます。

一方で、サービス会社に依存するため、サービスの停止や障害などが発生する場合があることや、プライバシーやセキュリティが自社に合った水準であるかを確認しておく必要があります。

オンプレミス型

Web会議システムのサーバーを社内に設置するタイプのことです。社内にサーバーを設置するため、サービスの停止や障害などに影響されないことや、柔軟性や自由度が高いなどがメリットとして挙げられます。

一方で、専用の機器や回線を必要とするため、運用にかかる費用や手間が多いことや、セキュリティやバックアップなどの管理を行う必要があることに注意が必要です。

Web会議システムのメリット

Web会議システムには、次のようなメリットがあります。

  • 場所を問わずに会議が可能になる
  • 会議室使用のコストや移動時間を削減できる
  • 業務の効率化が図れる

場所を問わずに会議が可能になる

Web会議システムを利用すれば、参加者は自宅や出張先など場所を問わずに会議に参加可能です。これにより、地理的な制約や時間差などの問題を解消できます。

また、参加者の顔や表情を見ながら話せるため、コミュニケーションの質も向上します。

会議室使用のコストや移動時間を削減できる

これまでなら会議のたびに会議室の予約や設備の準備に必要だったものが、Web会議システムを導入することでそれらの手間が省けます。

また、会議場所までの移動時間や交通費の削減にもなり、会議の効率化やコスト削減に貢献します。

業務の効率化が図れる

Web会議システムでは、会議中に画面共有やファイル送受信などの機能を使って、情報や資料を簡単に共有できます。また、会議の録画や録音などの機能を使って、議事録作成や会議内容の保存も可能です。参加できなかった方は議事録や録画で内容を確認でき、業務の進捗や内容の共有、品質の向上を図れます。

Web会議システムのデメリット

Web会議システムは、メリットだけでなくデメリットもあります。

  • 通信状況に影響されやすい
  • 対面に比べてコミュニケーションがとりにくい
  • 情報セキュリティのリスクに注意する

通信状況に影響されやすい

Web会議システムの利用には、安定したインターネット接続が不可欠です。自宅や移動中など異なる場所での使用時には、その地点のネットワーク条件に左右され、接続品質が低下する可能性があります。とくにインターネット速度が遅い場合は、Web会議の接続不良、音声や映像の断続、資料の共有がしにくいなどの不具合が起こり得ます。

そのため、重要な商談や会議の前には、使用する場所のインターネット環境を事前に確認しておくようにしましょう。さらに、Web会議に使用するデバイスの性能や状況もチェックしておけば、トラブルを回避しやすくなります。

対面に比べてコミュニケーションがとりにくい

対面での会議と比べると、Web会議では参加者の表情や会議の全体的なムードを捉えにくいところもデメリットといえるでしょう。会話のタイミングが重なる、通信の問題やシステム操作への不慣れにより音声が途切れるといった、コミュニケーションのとりにくさがあります。

対面会議に近い雰囲気をWeb会議で実現したい場合、次のような対策を行うことでよりよいコミュニケーションを図れるようになるでしょう。

  • 高画質なWeb会議システムを選ぶ
  • カメラの配置を工夫する
  • 発言の仕方に注意を払う

情報セキュリティのリスクに注意する

Web会議システムのセキュリティはシステム自体に左右されます。そのため、信頼性の高いセキュリティ機能を備えたWeb会議システム選びが重要です。万が一、不正なアクセスが発生した際には、重要な会話の盗聴や文書の閲覧といったセキュリティ侵害のリスクに直面する可能性があります。

サービス導入にあたっては、セキュリティの基準や条件を詳細に確認のうえ、検討することが大切です。機密性の高い情報を扱う会議では、とくにセキュリティ対策には注意が必要です。プレミアムなサービスプランや有料オプションを選び、強固なセキュリティ対策を行えるように心がけましょう。

Web会議システムの選び方

Web会議システムを選ぶ際には、次のポイントに注意しましょう。

  • 音声や映像の品質
  • 機能の豊富さ
  • セキュリティ対策
  • サポート体制

音声や映像の品質

Web会議システムの音声や映像の品質は、会議の円滑さや満足度に大きく影響します。

コーデックや接続形態などの技術的な要素に加えて、インターネットの回線速度やデバイスの性能などの環境的な要素にも左右されるため、環境に合うものを選びましょう。

また、事前に無料トライアルやデモを利用して品質を実際に確認することをおすすめします。

機能の豊富さ

Web会議システムには、会議をスムーズに進めるための機能が搭載されています。

  • 画面共有機能
  • ファイル送受信機能
  • チャット機能
  • ホワイトボード機能

業務や目的に合った機能が備わっているかどうかを確認しましょう。また、機能の使いやすさや操作性も重要なポイントです。マニュアルや動画、サポートなどが充実しているかどうかもチェックしておくと安心です。

セキュリティ対策

Web会議では、重要な情報や個人情報などを扱うこともあるでしょう。そのため、セキュリティ対策が万全かどうかも重要なポイントです。

データの暗号化や認証のためのIDやパスワード、PINコードなどがあるか、データの保護が適切に行われるのかを確認しましょう。

サポート体制

Web会議システムの導入や運用時には、トラブルが発生する場合もあります。問題が起こった場合にすぐに対応してもらえるかどうかを確認しておきましょう。

電話やメール、チャットでの対応やFAQが充実しているかなどもポイントです。海外との会議や時間外の会議などを行う場合には、24時間サポート対応していると安心でしょう。

おすすめのWeb会議システム

【特典比較表つき】『WEB会議システムの資料4選』 はこちら⇒無料ダウンロード

サービス名Zoom
Zoom
Chatwork
Chatwork
Google Meet
Google Meet
Microsoft 365 (旧称 Office 365)
Microsoft 365 (旧称 Office 365)
Skype
Skype
Cisco Webex meetings
Cisco Webex meetings
Whereby
Whereby
Lark(ラーク)
Lark(ラーク)
ビデオトーク
ビデオトーク
LoopGate
LoopGate
FreshVoice
FreshVoice
FACEHUB
FACEHUB
SOBA mieruka Cloud
SOBA mieruka Cloud
VoicePing
VoicePing
GoQme
GoQme
DD
DD
ユーザーレビュー
4.4
4.1
4.17
4.27
3.83
3.92
4.06
4.14
4.38
4.44
4.13
4.13
4.67
5.0
4.0
0.0
初期費用
110,000円(税込)〜
0円(税抜)〜
0円(税抜)〜
110,000円(税込)〜
月額費用
2,125円(税抜)〜
840円(税抜)〜
680円(税抜)〜
750円(税抜)〜
723円(税抜)〜
1,700円(税抜)〜
8.99ドル〜
19,800円(税込)〜
10,000円(税抜)〜
25,000円(税抜)〜
8,250円(税込)〜
16,500円(税込)〜
無料プラン
無料トライアル
対応言語
  • 中国語
  • 英語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • イタリア語
  • 韓国語
  • ポルトガル語
  • ロシア語
  • スペイン語
  • ベトナム語
  • 日本語
  • 英語
  • ベトナム語
  • 日本語
  • ほか多数の言語
  • 英語
  • スペイン語
  • ドイツ語
  • フランス語
  • ポルトガル語
  • タイ語
  • ベトナム語
  • 日本語
  • 韓国語
  • ロシア語
  • オランダ語
  • イタリア語
  • 中国語
  • スウェーデン語
  • 英語
  • 中国語
  • 韓国語
  • スペイン語
  • ドイツ語
  • フランス語
  • イタリア語
  • オランダ語
  • ポルトガル語
  • スウェーデン語
  • ロシア語
  • チェコ語
  • ベトナム語
  • タイ語
  • 日本語
  • ほか多数の言語
  • 英語
  • 中国語
  • 韓国語
  • スペイン語
  • ドイツ語
  • フランス語
  • イタリア語
  • オランダ語
  • ポルトガル語
  • ロシア語
  • チェコ語
  • ベトナム語
  • タイ語
  • 日本語
  • ほか多数の言語
  • 英語
  • 中国語
  • 韓国語
  • スペイン語
  • ドイツ語
  • フランス語
  • イタリア語
  • オランダ語
  • ポルトガル語
  • スウェーデン語
  • ロシア語
  • チェコ語
  • 日本語
  • ほか多数の言語
  • 英語
  • スペイン語
  • ドイツ語
  • フランス語
  • ポルトガル語
  • 日本語
  • チェコ語
  • イタリア語
  • オランダ語
  • 中国語
  • ほか多数の言語
  • 日本語
  • 日本語
  • 日本語
  • 日本語
  • 英語
  • 日本語
  • 英語
  • 中国語
  • 韓国語
  • スペイン語
  • ドイツ語
  • フランス語
  • イタリア語
  • ポルトガル語
  • ロシア語
  • ベトナム語
  • タイ語
  • 日本語
  • ほか多数の言語
  • 日本語
連携サービス
  • Box
  • Skype
  • Slack
  • OneDrive
  • Microsoft Teams
  • Okta
  • HipChat
  • Firefox
  • Zapier
  • Backlog
  • Box
  • MotionBoard Cloud
  • マネーフォワード クラウド経費
  • RECEPTIONIST
  • Acall
  • Unipos
  • SmartHR
  • X-point Cloud
  • X
  • Gmail
  • Google カレンダー
  • Zapier
  • Zoom
  • Google Workspace
  • Salesforce Sales Cloud
  • desknet's NEO
  • Dropbox
  • Slack
  • Zoho CRM
  • Zoom
  • OneDrive
  • Salesforce Sales Cloud
  • Box
  • Zendesk
  • Slack
  • Microsoft Teams
  • Microsoft 365 (旧称 Office 365)
  • Workplace from Meta
  • Miro
  • Vbrick
  • Theta Lake
  • X
  • Mural
  • Prezi
  • Oblong
  • Appspace
  • Synergy SKY
  • Slack
  • Trello
  • Miro
  • YouTube
  • Google ドライブ
  • スキイキ
  • Google Workspace
  • Chatwork
  • Slack
  • Outlook カレンダー
  • Google カレンダー
  • Discord
社内会議向け
社外会議・オンライン商談向け
セミナー・ウェビナー向け
画面共有
録音
録画
テキストチャット・メッセージ
バーチャル背景
URL共有・アプリなしでの参加
同時接続数(無料)
100名
2名
100
100名
100名
100名
10名
同時接続数(有料)
1000名
14名
100〜1000
1000人
150名〜1000名
200名
3名
無制限
250名
参加人数分
5〜50名
50名〜無制限
15名
会議時間(無料)
40分
1時間
24時間
40分
45分
会議時間(有料)
30時間
24時間
30時間
24時間
無制限
常時接続
無制限
無制限
会議のパスワード設定
SOC
  • SOC2 Type2
  • SOC1 Type1
  • SOC2 Type2
  • SOC3
  • SOC1 Type2
  • SOC2 Type2
  • SOC3
  • SOC2 Type2
  • SOC3
  • SOC2 Type2
ISO
  • ISO/IEC 27001
  • ISO/IEC 27001
  • ISO/IEC 27017
  • ISO/IEC 27018
  • ISO/IEC 27001
  • ISO/IEC 27017
  • ISO/IEC 27018
  • ISO/IEC 27001
  • ISO/IEC 27017
  • ISO/IEC 27001
  • ISO/IEC 27017
  • ISO/IEC 27018
  • ISO 9001
  • ISO/IEC 27001
  • ISO/IEC 27001
  • ISO/IEC 27018
  • ISO/IEC 27001
  • ISO/IEC 27001
  • ISO/IEC 27001
プライバシーマーク

一覧で料金・機能を比較したい方にはBOXILが作成した比較表がおすすめです。各社サービスを一覧で比較したい方は、下のリンクよりダウンロードしてください。

【特典比較表つき】『WEB会議システムの資料4選』 はこちら⇒無料ダウンロード

※ダウンロード可能な資料数は、BOXILでの掲載状況によって増減する場合があります。

次の記事では、口コミ評判で人気のWeb会議システムを多く紹介しています。Web会議システムを比較検討したい方は、ぜひ参考にしてください。

【比較表あり】Web会議システム比較26選!選び方・テレワークにおすすめのツール
【比較表あり】ZoomやWherebyなど、Web会議システムの代表的なサービスを徹底比較。同時接続人数や無料の会...
詳細を見る

Web会議システムの導入手順

Web会議システムを導入する際は、次のステップで行いましょう。

  1. ソフトウェアのインストール
  2. カメラや音声機器の準備
  3. カメラや音声機器の設定

1. ソフトウェアのインストール

Web会議システムを利用するためには、はじめにソフトウェアのインストールを行います。ソフトウェアのインストール方法はWeb会議システムの種類によって異なります。

クラウド型の場合は、Webブラウザやアプリを利用して、Web会議システムのサイトにアクセスするだけで利用可能です。オンプレミス型の場合は、社内サーバーにWeb会議システムのソフトウェアをインストールします。

2. カメラや音声機器の準備

Web会議システムを利用するためには、カメラや音声機器などのハードウェアも必要です。カメラや音声機器の準備には、次のポイントに注意しましょう。

カメラの性能

カメラの性能は、画質や解像度、視野角などによって異なります。カメラの性能が高いほど、映像の品質が向上しますが、価格も高くなります。予算やニーズに合ったカメラを選びましょう。

音声機器の種類

音声機器には、マイクやスピーカー、ヘッドセットなどがあります。音声機器の種類によって、音質やノイズ、エコーなどの問題が発生する可能性があります。音声機器の種類は、会議の規模や環境に合わせて選びましょう。

3. カメラや音声機器の設定

カメラや音声機器を準備したら、Web会議システムのソフトウェアと連携させる必要があります。カメラや音声機器の設定は、Web会議システムのソフトウェアのメニューやオプションから行えます。

設定の際には、カメラや音声機器の動作や音量などをテストしておきましょう。

自社に合うWeb会議システムを導入して業務効率を改善

Web会議システムとは、インターネットを介して複数の人がリアルタイムで映像や音声をやりとりできるシステムのことです。Web会議システムには、仕組みや種類、メリットや選び方、導入ステップなどがあります。

Web会議システムを利用すれば、場所や時間にとらわれずに会議ができ、会議の効率化やコスト削減、業務の効率化などに貢献できます。

Web会議システムを導入する際には、環境やニーズに合ったものを選び、適切に設定や準備を行いましょう。

\料金や機能を資料で比較する!/

WEB会議システム選び方ガイド_20240402.pptx.pdf
WEB会議システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
WEB会議システムの最近更新された記事